Hey! Say! 7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Hey! Say! 7
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2007年9月24日[1] -
レーベル ジェイ・ストーム
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト Johnny's net > Hey! Say! JUMP
J Storm > Hey! Say! JUMP
メンバー 山田涼介
知念侑李
中島裕翔
岡本圭人

Hey! Say! 7(ヘイ セイ セブン)は、Hey! Say! JUMP内のユニットである。期間限定ユニットのHey! Say! 7についてはHey! Say! 7(期間限定ユニット)を参照。

Hey! Say! 7の「7」は2007年結成を意味している[1]

メンバー[編集]

元メンバー

  • 森本龍太郎(もりもと りゅうたろう、1995年4月6日 - 、神奈川県出身)

メンバー変移[編集]

当初は高木雄也有岡大貴山田涼介中島裕翔知念侑李の5人で2007年9月末までの期間限定ユニットとして結成された。詳しくはHey! Say! 7(期間限定ユニット)を参照のこと。

2007年9月24日のHey! Say! JUMP結成時に高校生だった高木雄也、有岡大貴がHey! Say! BESTへ分類され、岡本圭人森本龍太郎が新たに加わり、Hey! Say! JUMPのグループ内ユニットとなる[1]

メンバーの1人が無期限活動停止処分を受けたため、2011年6月以降のメンバーは4人となる[2]

略歴[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

  • 3月21日 - 25日、Hey! Say! 7が初の単独コンサート『Hey!Say!7 spring concert 09 MONKEY』を開催[4]
  • 4月5日、『時空間☆世代バトル 昭和×平成 SHOWはHey! Say!』が放送終了し『スクール革命!』がスタート。出演者が変更され山田、知念、八乙女の3人となった。
  • 6月7日、山田と知念が7人組ユニット・NYC boysとしても活動開始。

2010年[編集]

2011年[編集]

  • 6月28日、森本が不祥事によって無期限活動休止に。以降4人での活動となる。

2013年[編集]

2018年[編集]

オリジナル曲[編集]

JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」において、アーティスト名に「Hey! Say! 7」を含む楽曲の検索結果をもとに記述。

  • サルサいいないいね(作詞:並河祥太、作曲:森村献) - JASRAC作品コード:156-7568-8
  • Brave Story(作詞・作曲:浅利進吾) - JASRAC作品コード:159-7065-5
  • GET!!(作詞:tomomi、作曲:h-wonder) - JASRAC作品コード:159-6823-5
  • いいんじゃない(作詞:岡嶋かな多、作曲:Erik Lidbom、編曲:宗像) - JASRAC作品コード:1A1-4002-0
  • ウタウタウ (作詞・作曲:youth case、編曲:吉岡たく) - JASRAC作品コード:159-7086-8
  • 脳内☆Dance(作詞:森田文人、作曲:清水あきお、編曲:鈴木雅也) - JASRAC作品コード:161-6301-0
  • 輝きデイズ(作詞:村野直球、作曲:馬飼野康二、編曲:大坪直樹) - JASRAC作品コード:166-6067-6
  • ガンバレッツゴー![5](作詞:藤林聖子・MAKOTO 作曲:h-wonder) - JASRAC作品コード:167-8261-5
  • ユー・ガッタ・モール(作詞:相田毅 作曲・編曲:原一博) - JASRAC作品コード:178-3485-6
  • Just For You(作詞:Komei Kobayashi、作曲:Alex Gerings・Andy Simon、編曲:立山秋航) - JASRAC作品コード:1E6-3205-9
  • Oh! My Jelly! 〜僕らはOK〜(作詞:Vandrythem、作曲:アキダス・石塚知生、編曲:石塚知生) - JASRAC作品コード:709-2789-8
  • ただ前へ(作詞・作曲:オカダユータ、編曲:山下洋介) - JASRAC作品コード:203-6531-4
  • KAZEKAORU(作詞:ムラヤ=コエニギー、作曲:野村陽一郎、編曲:石塚知生) - JASRAC作品コード:712-4446-8
  • パーリーモンスター(作詞:MiNE、Komei Kobayashi、作曲:Andeas Ohrn、MiNE、川口進、Komei Kobayashi、編曲:Andeas Ohrn、川口進) - JASRAC作品コード:1J0-3852-7
  • Sweet Liar(作詞:Xisco、作曲:HIKARI、KOUDAI IWATSUBO、編曲:HIKARAI) - JASRAC作品コード:229-2425-6
  • やんちゃなヒーロー(作詞:松井五郎、作曲:馬飼野康二、編曲:佐々木博史)[6]
  • Virtual Butterfly(作詞:JUNO、作詞:Maria Marcus, Tommy Clint, 坂室賢一、編曲:Maria Marcus, 坂室賢一)[7] - JASRAC作品コード:1M1-9949-1(Hey! Say! JUMP名義)

出演[編集]

個人での出演はそれぞれの単独記事で記載する

バラエティ[編集]

CM[編集]

  • Wii[要出典]
  • ロッテ
    • 「ガーナミルクチョコレート」(2009年11月 - )[8]
    • 「プラスXフルーティオ」(2010年3月 - )[9]
  • ブルボン
    • 「くだものいっぱいゼリー」「くだもの習慣」(2012年4月 - )[10]
    • 「アーモンドラッシュ」(2012年9月 - )[11]

ラジオ[編集]

  • Hey! Say! 7 Ultra Power(2008年9月29日 - 、2015年9月24日)文化放送『レコメン!』内) - Hey! Say! 7(メンバーが週変わりで2人が担当)[2]
  • Hey!Say!7 Ultra JUMP(2015年10月1日- )文化放送『レコメン』内) - Hey! Say! 7(メンバーが週替わりで担当)[12]

バレーボール[編集]

イメージキャラクターやスペシャルサポーターに就任し、イメージソングを担当した大会を挙げる。

  • 第41回春の高校バレー全国大会(2010年3月20日 - 26日) - イメージソング「ガンバレッツゴー!」も担当[5]

単独コンサート[編集]

公演日程 タイトル 公演規模 会場 備考
2009年3月21日 - 3月25日 Hey!Say!7 spring concert 09 MONKEY 2都市8公演
7万5000人動員[4]
横浜アリーナ、日本ガイシスポーツプラザ Hey! Say! 7として初の単独コンサート[4]。1日3回公演[4]八乙女光が演出を担当[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “「Hey!Say!JUMP」メンバー全員平成生まれ!…ジャニーズ最多10人グループ誕生!”. スポーツ報知. (2007年9月25日). オリジナル2007年10月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071015155539/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070925-OHT1T00048.htm 2016年6月19日閲覧。 
  2. ^ a b “Hey!Say!メンバー喫煙余波…9人でドーム”. Daily Sports Online. (2011年6月29日). オリジナル2011年7月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110702005329/http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/06/29/0004219604.shtml 2016年6月19日閲覧。 
  3. ^ a b 「新番組スタート!!爆笑100分テレビ!平成ファミリーズ」、『Wink up』2007年11月号、ワニブックス、 96頁。
  4. ^ a b c d “「Hey!Say!7」“マラソンライブ”完走”. スポーツ報知. (2009年3月23日). オリジナル2010年8月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100812000858/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20090322-OHT1T00290.htm 2018年5月3日閲覧。 
  5. ^ a b c “Hey!Say!7春高バレー応援します!”. SANSPO.COM. (2010年3月1日). オリジナル2010年5月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100523193708/http:/www.sanspo.com/geino/news/100301/gng1003010506000-n1.htm 2018年5月3日閲覧。 
  6. ^ a b 「忍たま乱太郎」第26シリーズ 新EDテーマ決定!”. NHKアニメワールド. NHK (2018年3月23日). 2018年4月5日閲覧。
  7. ^ SENSE or LOVE”. Hey! Say! JUMPオフィシャルサイト. J Storm (2018年). 2018年9月6日閲覧。
  8. ^ “Hey!Say!7、ロッテ新CMに登場”. SANSPO.COM. (2009年11月12日). オリジナル2009年11月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091115170000/http:/www.sanspo.com/geino/news/091112/gng0911120502000-n1.htm 2018年5月1日閲覧。 
  9. ^ “Hey!Say!7、水上ステージでダンス”. SANSPO.COM. (2010年3月5日). オリジナル2010年5月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100523225655/http:/www.sanspo.com/geino/news/100305/gng1003050506000-n1.htm 2018年5月3日閲覧。 
  10. ^ “ゼリー新CM オンエアスタート Hey! Say! 7のゼリーで新習慣” (PDF) (プレスリリース), ブルボン, (2012年4月13日), http://www.bourbon.co.jp/static/pdf/jellysinncm.pdf 2018年5月3日閲覧。 
  11. ^ “アーモンド増量で、おいしさ・食感さらにアップ「アーモンドラッシュ」新登場!!” (PDF) (プレスリリース), ブルボン, (2012年9月19日), http://www.bourbon.co.jp/static/pdf/20120919sinamondorashsintoujyou.pdf 2018年5月3日閲覧。 
  12. ^ Hey! Say! 7”. レコメン!. 文化放送. 2018年4月5日閲覧。
  13. ^ “ヘイセイ7が熱唱「東京マラソンに負けない」”. Sponchi Annex. (2009年3月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2009jani/KFullNormal20090323018.html 2016年6月19日閲覧。