円堂都司昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

円堂 都司昭(えんどう としあき、1963年 - )は、日本文芸評論家音楽評論家。本名・遠藤利明探偵小説研究会会員。

来歴[編集]

1963年千葉県生まれ。千葉県立千葉東高等学校早稲田大学第二文学部東洋文化専修卒。石油化学製紙関係の業界誌記者のかたわら、『Rockin'on』『ROCKIN'ON JAPAN』などで音楽ライターとして活動[1]

1999年、「シングル・ルームとテーマパーク 綾辻行人『館』論」で第6回創元推理評論賞を受賞[2]2008年、『「謎」の解像度』で日本推理作家協会賞[3]本格ミステリ大賞[4]を受賞。江戸川乱歩賞予選委員。

浅井健一ロッキング・オン社との確執ができるきっかけとなったJUDEのレコードレビューの執筆者だった。

著書[編集]

  • YMOコンプレックス』平凡社、2003
  • 『「謎」の解像度 ウェブ時代の本格ミステリ』光文社、2008
  • 『ゼロ年代の論点 ウェブ・郊外・カルチャー』ソフトバンク新書、2011
  • 『ソーシャル化する音楽 「聴取」から「遊び」へ』青土社、2013 
  • 『エンタメ小説進化論 = The theory of "ENTAME" novels evolution "今"が読める作品案内』講談社 2013
  • ディズニーの隣の風景 オンステージ化する日本』原書房 2013  
  • 『戦後サブカル年代記 日本人が愛した「終末」と「再生」』青土社 2015

共著[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 【円堂都司昭氏インタビュー】Google、ニコニコ動画、電子書籍、Twitter……メディア環境によって言葉の流通も変化する
  2. ^ 創元推理評論賞 受賞作一覧”. 東京創元社. 2012年8月11日閲覧。
  3. ^ 第62回 日本推理作家協会賞受賞作決定”. 日本推理作家協会 (2009年4月24日). 2012年8月11日閲覧。
  4. ^ 第9回本格ミステリ大賞 受賞作一覧”. 本格ミステリ作家クラブ. 2012年8月11日閲覧。

外部リンク[編集]