松島聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まつしま そう
松島 聡
生年月日 (1997-11-27) 1997年11月27日(19歳)
出生地 日本の旗 日本 静岡県
身長 166 cm[1]
血液型 A型
職業 歌手タレントアイドル
ジャンル バラエティ番組CM
活動期間 2011年 -[要出典]
活動内容 Sexy Zone
事務所 ジャニーズ事務所

松島 聡(まつしま そう、1997年11月27日 - )は、日本の歌手タレントであり、男性アイドルグループSexy Zoneのメンバー。

静岡県出身。ジャニーズ事務所所属。

略歴[ソースを編集]

小学5年生の時に初めてジャニーズ事務所に履歴書を送るが、その時は返事がもらえず、中学生になってから再度履歴書と自分の思いを書いた手紙を送り、オーディションに呼ばれる[2]2011年3月[要出典]に入所。2011年9月29日、Sexy Zoneの結成とともに、11月にCDデビューすることが発表される[3]。              

2014年5月、『Sexy Zone Spring Tour Sexy Second』横浜公演でSexy Zoneの弟分ユニット「Sexy 松」の結成を発表。メンバーは松島聡、松倉海斗、松田元太の全員“松”がつく3人になっている。

2015年10月21日、10thシングル「カラフル Eyes」の詳細が発表され、公式ホームページのプロフィールから「Sexy Boyz」と「Sexy 松」が消滅。Sexy Zone表記へ戻る。

2016年8月、「Johnnys' Summer Paradise 2016」内でマリウス葉とユニット単独コンサートを行った(全6公演)。

出演[ソースを編集]

グループでの活動についてはSexy Zone#出演Sexy 松(Show)を参照。個人の活動のみを記載。

舞台[ソースを編集]

  • Live House ジャニーズ銀座(2013年4月28日・5月12日・5月26日、シアタークリエ[4]
  • ガムシャラ J's Party!! Vol.7(2015年1月23日 - 1月26日、東京・EXシアター六本木)
  • ジャニーズ銀座 2015(2015年5月12日 - 5月14日、シアタークリエ[5][6]
  • ガムシャラ! サマーステーション(2015年7月18日 - 8月20日、東京・EXシアター六本木)

イベント[ソースを編集]

  • 『リアルスコープハイパー』スペシャルイベント Sexy Zone 佐藤勝利 with ジャニーズJr. In お台場合衆国2013(2013年8月21日) - マリウス葉とともに特別ゲストとして出演[7]

コンサート[ソースを編集]

  • Johnnys' Summer Paradise 2016『Hey So!Hey Yo!〜summertime memory〜』(2016年8月7日 - 9日、東京ドームシティホール)- マリウス葉と共演

作品[ソースを編集]

ソロ曲[ソースを編集]

  • Break out my shell  (作詞: zopp 作曲:Susumu Kawaguchi・Joakim Bjornberg・Christofer Erixon)

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『Myojo (ミョウジョウ) 2017年 03月号』2017年3月号、集英社、2017年1月23日、月刊版。ASIN B01N7PLEX1
  2. ^ 「Sexy Zone A La Mode Vol.4 ―いまだから話せること―」、『duet』2015年10月号、ホーム社、 37頁。
  3. ^ Sexy Zone気合、バレー11月開幕”. SANSPO.COM (2011年9月30日). 2011年11月6日閲覧。
  4. ^ シアタークリエ『Live House ジャニーズ銀座』”. 東宝. 2013年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月5日閲覧。
  5. ^ ジャニーズJr.がクリエ公演で初座長!”. Smartザテレビジョン (2015年4月26日). 2017年1月5日閲覧。
  6. ^ シアタークリエ『ジャニーズ銀座2015』”. 東宝. 2015年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月5日閲覧。
  7. ^ “Sexy Zone・佐藤勝利のイベントにマリウス葉と松島聡が特別出演! ジャニーズJr.からは35人が登場!!”. webザテレビジョン (角川マガジンズ). (2013年8月22日). オリジナル2014年8月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140808045923/http://news.thetv.jp/article/40657/ 2017年1月5日閲覧。 

外部リンク[ソースを編集]