Travis Japan

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉澤閑也から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Travis Japan
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2012年7月[注 1] -
事務所 ジャニーズ事務所
メンバー 川島如恵留
七五三掛龍也
吉澤閑也
中村海人
宮近海斗
松倉海斗
松田元太

Travis Japan(トラビス・ジャパン[3])は、ジャニーズ事務所所属のジャニーズJr.内の7人組男性アイドルグループ。略称は、トラジャ[3]。シンクロダンスに定評がある[3]

メンバー[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

プロフィール出典[4]

名前 生年月日 出身地 血液型 メンバーカラー 備考
川島如恵留
(かわしま のえる)
(1994-11-22) 1994年11月22日(24歳) 東京都出身 O型 [5][6] 兄組[7]
七五三掛龍也
(しめかけ りゅうや)
(1995-06-23) 1995年6月23日(24歳) 栃木県出身[注 2] AB型 ピンク[5][6] 兄組[7]
吉澤閑也
(よしざわ しずや)
(1995-08-10) 1995年8月10日(24歳) 神奈川県出身 A型 [5]黄色[6] 弟組[7]
中村海人
(なかむら かいと)
(1997-04-15) 1997年4月15日(22歳) 東京都出身 O型 [5][6] 弟組[7]
宮近海斗
(みやちか かいと)
(1997-09-22) 1997年9月22日(21歳) 東京都出身 O型 オレンジ[5][6] 弟組[7]
松倉海斗
(まつくら かいと)
(1997-11-14) 1997年11月14日(21歳) 神奈川県出身 O型 オレンジ[6]
松田元太
(まつだ げんた)
(1999-04-19) 1999年4月19日(20歳) 埼玉県出身 O型 [6]

旧メンバー[編集]

名前 生年月日 メンバーカラー[5] 備考
阿部顕嵐
(あべ あらん)
(1997-08-30) 1997年8月30日(21歳) 弟組[7]Love-tuneと兼任していた[9]
仲田拡輝
(なかだ ひろき)
(1994-01-04) 1994年1月4日(25歳) 兄組[7]
森田美勇人
(もりた みゅうと)
(1995-10-31) 1995年10月31日(23歳) 兄組[7]、Love-tuneと兼任していた[9][10]
梶山朝日
(かじやま あさひ)
(1998-11-09) 1998年11月9日(20歳) 弟組[7]

メンバー変遷[編集]

初期[7]
吉澤閑也、中村海人、阿部顕嵐、宮近海斗、梶山朝日
2012年『PLAYZONE』出演決定時[注 1][7]
仲田拡輝、川島如恵留、七五三掛龍也、森田美勇人、吉澤閑也、中村海人、阿部顕嵐、宮近海斗、梶山朝日
2016年10月 -
仲田拡輝、川島如恵留、七五三掛龍也、森田美勇人、吉澤閑也、中村海人、宮近海斗、梶山朝日
2017年3月 -
川島如恵留、七五三掛龍也、森田美勇人、吉澤閑也、中村海人、宮近海斗、梶山朝日
2017年9月 -
川島如恵留、七五三掛龍也、吉澤閑也、中村海人、宮近海斗、梶山朝日
2017年10月 -
川島如恵留、七五三掛龍也、吉澤閑也、中村海人、宮近海斗
2017年11月18日 -
川島如恵留、七五三掛龍也、吉澤閑也、中村海人、宮近海斗、松田元太、松倉海斗

略歴[編集]

2012年2月に日生劇場で行われていた舞台『ABC座 星(スター)劇場』を観劇していた吉澤・中村・阿部・宮近・梶山の5人と他のジャニーズJr.数人が幕間にリハーサル室に呼ばれ、そこで初めて振付師のトラヴィス・ペインに出会い、レッスンを受ける[7]。そこにはのちに兄組と呼ばれる当時JR.Aとして活動していた仲田・川島・森田・七五三掛の4人もおり、メンバー初対面の場となる[7]。そしてそこでTravis Japanが結成されたが、その時のメンバーはのちに弟組とも呼ばれる吉澤・中村・阿部・宮近・梶山の5人だけだった[7]。しかしその後、情報局から発行された会報に、兄組と合わせた9人でTravis Japanとして7月からの『PLAYZONE'12 SONG & DANC'N。PARTII。』に出演する旨が書かれており、本人達が増員の事実を知ることになる[7]

その後も『PLAYZONE』限定で活動していたが[7]、2015年の『近藤真彦 35周年ツアー 2015』のバックダンサーに起用され[11][12]、それを観に来た松本潤から「あいつらを使いたい」と指名されたことをきっかけに[7]タッキー&翼らのバックダンサーを務めるようになる[3]。しかし「兄組」と「弟組」の仲はまだ深まっておらず、2016年5月の『ジャニーズ銀座2016』には「兄組」「弟組」分かれて出演することも検討されたが、『PLAYZONE』シリーズが終わったら仕事が無くなるのではないか、グループとして何かやらなくてはという思いから9人で開催することを選び[7][13]、その結果、社長や周囲から「9人のダンスがいいよ!」と揃ったダンスが評価され、グループとしての強みを見つける[7][注 3]

しかしその直後に阿部が脱退の意向をメンバーに伝え[7]、8月の『サマステ ジャニーズキング』には9人で出演したが[14]、10月の舞台『ABC座2016 株式会社 応援屋!!〜OH&YEAH!!〜』に阿部は出演せず[15][16]、以降は8人で活動する[7][注 4]

2017年1月まで開催された『JOHNNYS' ALL STARS IsLAND』では8人で活動したが、その公演中に仲田から「夢を追いたい」と脱退の意向が兄組の4人に打ち明けられ、3月の『ジャニーズJr.祭り』には7人で出演した[7]。そして5月の『ジャニーズ銀座2017[18]および8月に開催された『サマステ 〜君たちが〜KING'S TRASURE』には7人で出演したが[19]、9月に上演された『JOHNNYS' YOU&ME IsLAND』で森田はTravis Japanとしては出演せず、6人で出演[注 5]。10月のフジテレビ系バラエティ番組『ジャニーズJr.dex』開始を伝えるニュース[21]、そして同月に制作発表が行われた舞台『JOHNNYS' Happy New Year IsLAND』公式HPには梶山の名前が無く、5人で出演した[22]

その後『お台場 踊り場 土日の遊び場』の11月18日14時公演にて松田元太松倉海斗が加入[23][24]。以降7人体制で活動することとなり、『ジャニーズJr.dex』の12月放送分には7人で出演[25][26]

2018年3月より、Johnny's Webにてグループ単独ブログ「とらまる 〜僕ら虎の子、ひのまるしょって〜」の定期掲載をスタート。「About」ページにて改めてメンバーカラーが決定したことが報告された[6]

作品[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

  • 「Namidaの結晶」(2019年)[27]

オリジナル曲[編集]

JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」において、アーティスト名に「Travis Japan」を含む楽曲の検索結果をもとに記述。

  • 夢のHollywood[24] - JASRAC作品コード:1L0-3418-9
  • DANCE WITH ME LESSON 1 - JASRAC作品コード:1L4-1272-8
  • HAPPY GROOVY - JASRAC作品コード:1L7-0920-8
  • LOCK LOCK - JASRAC作品コード:1L9-7780-6
  • VOLCANO - JASRAC作品コード:1M9-3827-8
  • TALK IT MAKE IT - JASRAC作品コード:1N1-9560-1

出演[編集]

特記無き場合は、当時のメンバー全員出演

舞台[編集]

コンサート[編集]

  • サマステ ジャニーズキング[永瀬廉SixTONES・Travis Japan](2016年8月17日 - 25日、EXシアター六本木[9]
  • ジャニーズJr.祭り(2017年3月24日 - 26日、横浜アリーナ / 4月8日 - 9日、さいたまスーパーアリーナ / 5月3日、大阪城ホール[48]
  • サマステ 〜君たちが〜KING'S TRASURE(2017年8月15日 - 17日〔単独公演〕、8月18日 - 8月20日〔Love-tuneと合同公演〕、EXシアター六本木)[19]
  • お台場 踊り場 土日の遊び場(2017年11月18日・19日、東京・お台場湾岸スタジオ 特別会場)[49]
  • ジャニーズJr.祭り 2018(2018年2月23日 - 25日、大阪城ホール / 3月24日、27日〔合同公演〕・26日〔単独公演〕、横浜アリーナ)[50]
  • Summer Paradise 2018(2018年8月18日 - 24日、TOKYO DOME CITY HALL[51]
  • Travis Japan Concert 2019 〜ぷれぜんと〜(2019年3月26日、横浜アリーナ)[52][53]
  • ジャニーズ IsLAND Festival(2019年5月25日・26日、さいたまスーパーアリーナ)[54][55]
  • Summer Paradise 2019(2019年8月10日 - 22日予定、TOKYO DOME CITY HALL)[56]
  • Austin Mahone Japan Tour 2019 スペシャルゲスト Travis Japan (2019年10月14日、横浜アリーナ)[57]

音楽番組[編集]

バラエティ[編集]

ネット配信[編集]

ラジオ[編集]

MV[編集]

WEB広告[編集]

イベント[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 結成は2012年7月とされているが[1]、実際にはそれ以前に弟組5人が2012年5月発売の雑誌『Wink up』などで「Travis Japan」として登場している[2]
  2. ^ 以前は茨城県出身とされていた[8]
  3. ^ メンバーもあの頃からやっとグループがひとつになっていったと述べている[7]
  4. ^ 阿部顕嵐から「Travis Japan」の表記も消えた[17]
  5. ^ 森田美勇人の名前は「Travis Japan」になく、「Love-tune」にのみ記載されている[20]
  6. ^ 川島・松田・松倉は1月7日から休演[46]

出典[編集]

  1. ^ 「ジャニーズJr. SPECIALカード」『Myojo』2018年10月号、集英社、2018年8月25日、 81 - 88頁。
  2. ^ 2012年6月号”. WiNK UPオフィシャルサイト. ワニブックス (2012年5月7日). 2019年5月1日閲覧。
  3. ^ a b c d ピタッと揃ったシンクロダンスが魅力! 実力派ジャニーズJr.「Travis Japan」”. マイナビニュース. マイナビ (2018年10月4日). 2018年10月7日閲覧。
  4. ^ Johnny's Web Travis Japanページ「とらまる 〜僕ら虎の子、ひのまるしょって〜」⇒「Profile」(2018年6月10日閲覧)
  5. ^ a b c d e f 「『「ジャニーズ銀座2017」大興奮レポート@東京シアタークリエ B公演」『Myojo』2017年7月号、集英社、2018年9月5日、 131頁。
  6. ^ a b c d e f g h Johnny's Web Travis Japanページ「とらまる 〜僕ら虎の子、ひのまるしょって〜」⇒「About」(2018年3月20日更新)
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 「On STAGE ジャニーズJr.! Vol.2」『STAGE navi』第13巻、産経新聞出版、2017年3月27日、 107-115頁。
  8. ^ Travis Japan”. ジャニーズJr.dex. フジテレビ (2018年3月3日). 2018年3月28日閲覧。
  9. ^ a b c ガムシャラ!サマーステーション スケジュール”. EX THEATER ROPPONGI 公式サイト. テレビ朝日 (2016年7月). 2018年3月1日閲覧。
  10. ^ a b シアタークリエ『ジャニーズ銀座2017』”. 東宝 (2017年5月). 2017年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月22日閲覧。
  11. ^ 近藤真彦、武道館2DAYS含むデビュー35周年ツアー開催”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年5月7日). 2019年5月1日閲覧。
  12. ^ 知っておきたいジャニーズJr.ユニットTravis Japan”. 女性自身. 光文社 (2015年8月14日). 2016年3月14日閲覧。
  13. ^ a b 今年はTravis Japan、SixTONESらが出演、「ジャニーズ銀座2016」”. ステージナタリー (2016年3月5日). 2016年3月14日閲覧。
  14. ^ Concert/Stage「サマステ ジャニーズキング」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2016年). 2016年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月1日閲覧。
  15. ^ Concert/Stage「ABC座2016 株式会社応援屋!!OH&YEAH!!」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2016年). 2016年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月1日閲覧。
  16. ^ a b 日生劇場『ABC座2016 株式会社応援屋〜OH&YEAH〜』”. ABC座2016 株式会社 応援屋!!〜OH&YEAH!!〜. 東宝 (2016年). 2016年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月1日閲覧。
  17. ^ a b 帝国劇場『ジャニーズ・オールスターズ・アイランド』”. JOHNNY‘S ALL STARS ISLAND. 東宝 (2016年). 2016年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月22日閲覧。
  18. ^ a b 【クリエ速報】Travis Japanが一糸乱れぬダンスで魅せる MCでは女子高生に言われた衝撃の一言を!!”. ザテレビジョン (2017年5月7日). 2017年8月22日閲覧。
  19. ^ a b サマステ 〜君たちが〜KING'S TRASURE”. テレビ朝日 (2017年6月). 2017年6月10日閲覧。
  20. ^ 帝国劇場 YOU & ME アイランド”. JOHNNY'S YOU&ME ISLAND. 東宝 (2017年). 2017年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月2日閲覧。
  21. ^ a b ジャニーズJr.10グループが真剣勝負!『ジャニーズJr.dex』10・21スタート”. TVLIFE web. 学研プラス (2017年10月6日). 2017年10月28日閲覧。
  22. ^ a b 帝国劇場『ジャニーズ Happy New Year アイランド』”. ジャニーズ Happy New Year アイランド. 東宝 (2017年10月). 2017年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月28日閲覧。
  23. ^ 「今週のイチメンFOCUS『Travis Japan』」『TVガイド』平成29年12月8日号、東京ニュース通信社、2017年11月29日、 111頁。
  24. ^ a b weekly_tvguideの2017年11月26日19時11分のツイート2017年11月30日閲覧。
  25. ^ 「今週のイチメンFOCUS『ジャニーズJr.dex』」『TVガイド』平成29年12月8日号、東京ニュース通信社、2017年11月29日、 110頁。
  26. ^ 出演者”. ジャニーズJr.dex 公式サイト. フジテレビ. 2017年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月30日閲覧。
  27. ^ ジャニーズ事務所YouTube公式チャンネル公開、第1弾はTravis Japan”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2019年8月23日). 2019年8月23日閲覧。
  28. ^ PLAYZONE'12 SONG & DANC'N。PARTII。”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2012年). 2012年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月1日閲覧。
  29. ^ 少年たち Jail in the Sky (JPEG)”. 松竹 (2012年9月). 2016年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月2日閲覧。
  30. ^ 滝沢演舞城 2013”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2013年). 2013年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月22日閲覧。
  31. ^ 『Live Houseジャニーズ銀座』”. 東宝. 2013年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月3日閲覧。
  32. ^ “銀座にジャニーズ若手集結!日替わり公演”. nikkansports.com. (2013年4月13日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130413-1111667.html 2016年5月3日閲覧。 
  33. ^ 2013 日生劇場9月公演 (PDF)”. ANOTHER. 松竹 (2013年). 2016年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月2日閲覧。
  34. ^ 今井翼、東京五輪開会式の演出にジャニー喜多川氏を推薦 成人を迎える中山優馬「今年は僕の年」”. エンタメOVO. 共同通信社 (2014年1月6日). 2016年4月16日閲覧。
  35. ^ 日生劇場『PLAYZONE IN NISSAY』”. 東宝. 2013年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月3日閲覧。
  36. ^ PLAYZONE 1986…2014★ありがとう!〜青山劇場★”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2014年). 2017年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月22日閲覧。
  37. ^ 中本裕己 (2014年7月19日). “さよなら青山劇場…来春閉館 最後の「PLAYZONE」”. zakzak. http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140719/enn1407191527017-n1.htm 2016年5月3日閲覧。 
  38. ^ “今井翼、貫禄の復活!タッキーにおそろいのパジャマ贈っていた”. SANSPO.COM. (2015年1月6日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150106/joh15010605040001-n1.html 2017年10月28日閲覧。 
  39. ^ 『ジャニーズ銀座2015』”. 東宝. 2015年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月3日閲覧。
  40. ^ Seo Mizuho「Johnnys' Jr.徹底解剖 File.4 Travis Japan 川島如恵留」『Dance SQUARE』第18巻、日之出出版、2017年3月27日、 74-82頁。
  41. ^ ジャニーズJr.だけで帝劇公演 Mr.KING・平野「すてきな舞台がつくれたら」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年6月20日). 2017年6月22日閲覧。
  42. ^ “A.B.C-Z、22グループ名登場の新曲「We're ジャニーズ」で伝説作る”. スポーツ報知 (報知新聞). (2017年10月6日). オリジナルの2018年9月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180905182720/https://www.hochi.co.jp/entertainment/20171006-OHT1T50204.html 2018年9月5日閲覧。 
  43. ^ Travis Japan・永田崇人ら、舞台『いまを生きる』生徒役ビジュアル公開”. マイナビニュース. マイナビ (2018年7月7日). 2018年9月24日閲覧。
  44. ^ 「タッキー、本番も見て」河合郁人が熱望!「ージャニーズ伝説」全31曲を1日でマスター!?”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2018年10月7日). 2018年11月25日閲覧。
  45. ^ “帝国劇場『ジャニーズ King&Prince アイランド』”. 東宝. (2018年11月). オリジナルの2019年1月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190107223427/https://www.tohostage.com/johnnys_kingprince_island/ 2018年11月25日閲覧。 
  46. ^ Concert・Stage(King & Prince)「JOHNNYS' King & Prince IsLAND」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年). 2018年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月25日閲覧。
  47. ^ 「少年たち」大阪&東京で上演、Travis Japan出演作の演出は滝沢秀明”. ステージナタリー. ナターシャ (2019年5月27日). 2019年5月27日閲覧。
  48. ^ “ジャニーズJr.異例の25万5000人動員!追加4公演開催を発表”. スポーツ報知. (2017年3月27日). オリジナルの2017年9月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170905231525/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170327-OHT1T50012.html 2017年4月1日閲覧。 
  49. ^ お台場 踊り場 土日の遊び場”. フジテレビ EVENT GUIDE. フジテレビ (2017年9月). 2017年9月29日閲覧。
  50. ^ 「ジャニーズJr.祭り 2018」開催決定 各ユニット単独公演も実施”. モデルプレス (2018年1月19日). 2018年6月10日閲覧。
  51. ^ Concert / Stage 「Summer Paradise 2018」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2018年). 2018年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月1日閲覧。
  52. ^ Concert/Stage「Travis Japan Concert 2019 〜ぷれぜんと〜」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2019年). 2019年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月5日閲覧。
  53. ^ SixTONES、Snow Man、Travis Japan単独ライブタイトルに込めた思い”. インターネットTVガイド. 東京ニュース通信社 (2019年4月2日). 2019年5月1日閲覧。
  54. ^ Concert/Stage「ジャニーズ IsLAND Festival」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2019年3月). 2019年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月1日閲覧。
  55. ^ ジャニーズJr.19年ぶりに東京D単独公演 東西Jr.が総勢300人出演予定”. ORICON NEWS. オリコン (2019年5月27日). 2019年5月27日閲覧。
  56. ^ Concert/Stage「Summer Paradise 2019」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2019年3月). 2019年5月27日閲覧。
  57. ^ [オースティン・マホーン AUSTIN MAHONE Japan Tour 2019 来日公演サイト]” (日本語). www.hipjpn.co.jp. 2019年5月27日閲覧。
  58. ^ ジャニーズJr. dex”. ジャニーズJr.dex. フジテレビ (2017年10月). 2017年10月28日閲覧。
  59. ^ ジャニーズ事務所、YouTubeに初の公式チャンネル開設 HiHi Jetsら5組が動画を配信”. ORICON NEWS. オリコン (2018年3月5日). 2018年3月5日閲覧。
  60. ^ “タッキー社長が新プロジェクト ジャニーズJr.コンサートを生配信”. スポーツ報知. (2019年2月24日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/feature/TO000262/20190222-OHT1T50025.html 2019年2月24日閲覧。 
  61. ^ 『らじらー!』公式Twitter@nhk_radirerの2019年3月9日のツイート2019年4月22日閲覧。
  62. ^ 中山優馬「笑顔でいれば、大丈夫」『TVfan CROSS』第14巻、共同通信社、2015年5月5日、 43頁。
  63. ^ Travis Japan、初広告で小手伸也と圧巻のフォーメーションダンス「ちょっとうるうる」”. ORICON NEWS. オリコン (2019年6月6日). 2019年7月15日閲覧。
  64. ^ ジャニーズ大運動会 2017”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2017年). 2017年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月28日閲覧。

外部リンク[編集]