藤島ジュリー景子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふじしまじゅりーけいこ
藤島ジュリー景子
生誕 (1966-07-20) 1966年7月20日(53歳)
日本の旗 日本 東京都
別名 藤島ジュリーK.
出身校 上智大学比較文化学部(現・国際教養学部)卒業
職業 ジャニーズ事務所副社長
ジェイ・ストーム社長
東京・新・グローブ座社長
藤島泰輔(父)
メリー喜多川(母)
親戚 ジャニー喜多川(叔父)

藤島 ジュリー景子(ふじしま ジュリーけいこ、1966年7月20日 - )は、日本芸能事務所ジャニーズ事務所代表取締役副社長。関連会社「ジェイ・ストーム」、「ユニゾン」、「東京・新・グローブ座」の代表取締役社長。元女優タレント。別名:藤島ジュリーK.東京都出身。

経歴[編集]

  • 1966年、当時藤島泰輔は高浜虚子の孫娘である朋子という妻がおり、内縁関係にありバーを経営していたメリー喜多川の長女として生まれる。
  • 1973年、6歳でフジシマ ジュリーの名でフォーリーブス主演のミュージカル『見上げてごらん夜の星を』にて、芸能界デビュー。以来、『おはよう!こどもショー』、『小さなスーパーマン ガンバロン』、『3年B組金八先生(第1シリーズ)』、『HOT-TV』などで活躍した。
  • 中学校は元麻布の「西町インターナショナルスクール」へ進学。高校は父親とともにアメリカへ留学。大学は叔父のジャニー喜多川と同じ上智大学比較文化学部(現・国際教養学部)を卒業。なお、大学時代にはスイスに留学している。
  • 大学卒業後は、フジテレビに入社。同社の秘書室勤務を経て、「藤島ジュリー」や「ジュリー・ケイ」の名でジャニーズ事務所のスタイリストになる。更に、初の自社レコードレーベル「ジャニーズ・エンタテイメント」の初代社長を経て、新レコードレーベル「ジェイ・ストーム」の代表取締役社長へと就任。また、母親のメリー喜多川と共にジャニーズ事務所の代表取締役副社長も務めている。

人物[編集]

父・泰輔と同じく日本中央競馬会(JRA)の馬主資格を取得し、競走馬の「エドノタイクーン」、「ベストオブジュリー」、「ジュリースター」、「ビーマイロミオ」(2,800万円で購入)、「ゴートゥザトップ」、「マイハピネス」などを所有した。一部の馬は父親の死後に所有権を引き継いだものである。

また、泰輔の著作に関しても著作権継承者となっている[1]

家族・親族[編集]

藤島家

東京都港区、新宿区[2]

1896年 - 1976年
1909年 -
1933年 - 1997年
1926年 -
  • 夫との間に一女がいる。
親戚

出演[編集]

バラエティ[編集]

  • おはよう!こどもショー (日本テレビ
  • HOT-TV (1980年4月6日 - 、フジテレビ
    • 鈴木ヒロミツと共に司会を務めた生放送の音楽バラエティ番組。「勝ち抜きバンド合戦」などのコーナーがあった。当初の放送枠は毎週日曜・10:00 - 11:00だったが、途中から毎週日曜・14:00 - 14:30に縮小された。

テレビドラマ[編集]

  • 小さなスーパーマン ガンバロン (1977年4月24日、日本テレビ)
    • 第4話に街頭インタビュアーの少女役でゲスト出演
  • 3年B組金八先生 (第1シリーズ) (1979年10月26日 - 1980年3月28日、TBS
    • 越智はるみ役。 第8話「子供の喧嘩に親が」でメイン。
  • 3年B組金八先生(第2シリーズ)(1980年12月26日、TBS)
    • 越智はるみ役。第13話「同窓会・贈る言葉」にゲスト出演。
  • 木曜ゴールデンドラマ「名犬ゴローの愛」 (1981年7月30日、読売テレビ
  • 3年B組金八先生スペシャル(1) (1982年10月8日、TBS)
    • 越智はるみ役

ミュージカル[編集]

  • 見上げてごらん夜の星を 1973年6月17日 - 8月、フォーリーブス結成7周年記念ミュージカル)
  • おはよう! こどもショー・ポケットミュージカル (JJSとの共演作)

ディスコグラフィ[編集]

映画製作[編集]

製作[編集]

製作総指揮[編集]

エグゼクティブプロデューサー[編集]

プロデューサー[編集]

企画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 藤島, 泰輔『孤獨の人』岩波書店岩波現代文庫〉、2012年、奥付。ISBN 978-4-00-602201-3
  2. ^ a b c 『人事興信録 第15版 下』フ16頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月13日閲覧。
  3. ^ 『人事興信録 第13版 上』カ180頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年7月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 下』人事興信所、1948年。

関連項目[編集]