興行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

興行(こうぎょう)とは、ひとつの会場に大衆を観客として集め、観客から入場料をとる代わりに娯楽を提供する行為、あるいはその内容自体。言葉の意味は英語圏における「ショー・ビジネス」と重なる。

概要[編集]

興行の内容[編集]

など

事業分類[編集]

日本において興行に関する事業は、総務省統計局の「日本標準産業分類」(平成26年4月1日施行)に基づき、大分類「生活関連サービス業、娯楽業」の中分類80「娯楽業」として分類される。そのうち主に、分類番号802「興行場(別掲を除く)、興行団」に興行に関する業種が配置されている[1]

興行を主催する事業者を英語でプロモーター(promoter)と呼ぶ[2]

興行場の例
  • 映画館
  • 劇場寄席・演芸場および、それらを所有・経営する事業者
  • 劇団・歌劇団が所有する劇場
  • プロスポーツチームが所有する球場等
興行団の例
  • 興行場を持たずして、興行を企画する事業者(コンサートプロモーターズ協会所属企業など)
  • 自ら持つ興行場で公演する、あるいは契約により出演する劇団・歌劇団
  • 俳優、舞踊家、落語家、またはそれらが所属する芸能事務所
  • プロ野球等のプロスポーツチーム、プロレス団体

法律[編集]

著作権には支分権として「興行権」が含まれる。現行の著作権法下では上演権および演奏権・上映権に分割されて解される[3]

興行場を営業するためには興行場法2条に基づき、都道府県知事許可が必要である。

現代のスポーツ興行[編集]

アマチュアの祭典であったはずの近代オリンピックが、1984年ロサンゼルスオリンピック以降、事実上商業的な興行になってしまったという指摘がある。テレビ放映料、スポンサーからの多額の協賛金、そして、プロスポーツ同様、観客から入場料を徴収するシステムを採用したことなどで、ロサンゼルス五輪は結果1セントの税金も使わず、多額の黒字を達成した。

現代のプロスポーツ興行では主に格闘技の興行などで八百長といった不正試合が度々問題になることがある。日本の総合格闘技「修斗」は、創設以来一切の不正試合を行っていないと公言している[4]

暴力団との関係[編集]

狭い区域にたくさんの観衆を集めるという構造上の特質から、暴力による妨害に弱いため、古くから不良を手なずける意味もあって、ヤクザ者・暴力団との腐れ縁があり、またヤクザ自身が興行を手がけることも多かった。山口組田岡一雄は昭和20年代の雑誌には「売り出し中の興行師」などと紹介されている。

かつて存在した日本の総合格闘技興行「PRIDE」は、2006年主催会社と暴力団との関係を「週刊現代」に報じられ、イベントが消滅した。

プロボクシング団体「日本IBF」の初代アジアコミッショナーは、暴力団柳川組」初代組長の柳川次郎であり、日本IBFのボクシング興行に関わっていた(ただし、日本IBFに関わっていた頃にはヤクザを引退していた)。

かつて日本国内でキックボクシング興行を打っていた「全日本キックボクシング連盟」は、2009年、代表を務めていた人物による偽装結婚公正証書原本不実記録・同供用)の容疑での逮捕と偽装結婚の元締めの暴力団員の逮捕が引き金となり、連盟と反社勢力との関係が報道で示唆され、連盟は解散した。

脚注[編集]

関連項目[編集]