SP THE MOTION PICTURE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SP THE MOTION PICTURE
野望篇/革命篇
監督 波多野貴文
脚本 金城一紀
製作 亀山千広
藤島ジュリー景子
製作総指揮 石原隆
和田行
島谷能成
加太孝明
出演者 岡田准一
香川照之
真木よう子
松尾諭
神尾佑
山本圭
堤真一
音楽 菅野祐悟
主題歌 V6way of life
撮影 相馬大輔
編集 穂垣順之助
製作会社 「SP」プロジェクトチーム
配給 東宝
公開 野望篇2010年10月30日
革命篇2011年3月12日
上映時間 野望篇:98分
革命篇:128分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 野望篇:36.3億円[1]
革命篇:33.3億円[2]
テンプレートを表示

SP THE MOTION PICTURE』(エスピー ザ・モーション・ピクチャー)は、2010年2011年に公開された岡田准一主演の日本映画

2007年からフジテレビ系土曜ドラマ枠で放送された連続ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』の劇場版であり、『野望篇』(やぼうへん)『革命篇』(かくめいへん)の2部作からなる。監督はドラマ版でも演出を務め、本作が初監督映画となる波多野貴文テロに対抗するSP(セキュリティポリス)の戦いと連続ドラマで描かれた謎が明らかにされる。

概要[編集]

2009年9月から8か月に渡る撮影が行われた。2010年10月30日に『SP THE MOTION PICTURE 野望篇』、2011年3月12日に『SP THE MOTION PICTURE 革命篇』が全国東宝系にて公開され、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)3週連続1位となる。『野望篇』は最終興行収入36.3億円[1]。2011年3月11日に発生した東日本大震災により、『革命篇』は全国4割ほどの劇場の休館や節電のため上映時間縮小などが行われたものの、興行収入33.3億円を記録[2]。年間総合興行収入ランキング9位となる[3]。この収益の一部は復興支援のため被災地へ寄付された[4]

『SP 野望篇』は第34回日本アカデミー賞・話題賞作品部門を受賞[5]

『SP 革命篇』の公開に先立ち、2011年3月4日金曜プレステージ枠では、『革命篇』のメイキング映像と共に2008年放送の『スペシャルアンコール特別編 Episode IVex.』を再放送。翌日3月5日土曜プレミアム枠では、『野望篇』のダイジェストとスペシャルドラマ『SP 革命前日 Pre Episode VI 』が放送された。シリーズにおいては、映画『野望篇』がEpisode V、『革命篇』がEpisode VI(THE Final Episode)となる。また、2011年2月26日から『革命篇』公開までの期間、一部劇場では割引価格で『野望篇』とロングバージョンの予告編「予習編」を上映する復習上映が実施された。

2013年3月29日に『野望篇』、3月30日に『革命篇』が地上波初放送された。視聴率は、それぞれ『野望篇』13.7%、『革命篇』17.8%。

ストーリー[編集]

野望篇(Episode V)[編集]

麻田首相襲撃事件後、西島の死に「大義のためだ」と謎の言葉を発した尾形に対し、井上は疑念を募らせていた。1ヶ月後、第4係機動警護班のメンバーと共に六本木ヒルズのイベントで応援警護に当たっていた井上は、爆弾テロを起こそうとする不審な男の存在を察知、追跡劇の末に男を逮捕する。

尾形は公安部に目をつけられながらも、同じ大学の政治サークル「雄翔会」に所属し官僚として要職に就く成員と、彼らを支援する与党幹事長・伊達と一堂に会す。彼らは国民の価値観を揺るがす強大な計画を実行に移す時を伺っていた。井上を疑問視する伊達に対し、計画に引き入れることを決めた尾形は20年前の場所で井上と対峙し、その過去と大義に同調させようとするも決裂する。

翌日、伊達の警護を命じられた第4係が丁度任務を終えた時、北朝鮮日本海に向けて弾道ミサイルを発射したという情報が入る。尾形に命じられた井上たち4人は、この事態に対応するため国会議事堂に向かう官房長官の警護を担当することに。尾形を監視していた伊達らはこの機に井上を排除するべく動き出し、第4係は突如送り込まれたテロリストの襲撃を受ける。

革命前日(Prelude to Episode VI)[編集]

前作『野望篇』等のダイジェストと共にテレビ放送されたスペシャルドラマ。『革命篇』で描かれる事件を巡る1日のエピソードとなっている。

官房長官襲撃事件から2ヶ月後、第4係の5人は異例の休暇を過ごしていた。一人病院へと赴いた井上は脳内の症状が亢進していることを指摘され、医師から休養を強く勧められるが、今は現場を離れることは出来ないと断る。病院を訪れた笹本は「リハビリ」と称して井上を強引に誘い出す。一方、尾形らに疑惑を募らせる公安の田中は、上層部に難色を示されながらも独自の身辺調査を開始、ある衝撃の事実へと辿り着く。しかし情報を報告しようとした田中は、突如尾形らの仲間に襲われてしまう。

革命篇(Episode VI<The Final Episode>)[編集]

官房長官襲撃事件による怪我も回復し、第4係のメンバーは通常任務に復帰していた。新たなメンバーと共に麻田内閣の内閣不信任決議が行われる国会議事堂での応援警護に付くが、尾形からの違和感を確実に感じている井上の症状は悪化の一途を辿っていた。正にその日、尾形の人生を賭けた計画が実行に移されることとなる。

周到な計画により、無防備な議事堂内に次々と潜入するテロリスト達。彼らは「革命」に共鳴する精鋭SP達と共謀し、水面下で衆議院棟を分断・制圧。全ての根回しを終えた尾形らは、遂に本会議場へと突入した。その凶行の一部始終は全国民に知らされることとなる。

一方、尾形の指示によって本会議場から引き離されていた井上達も異変を察知し、記者クラブのテレビでこの事態を知る。犯行を止めるべく決意した4人は、要人の拘束される議場に向かってテロリストとの戦いを開始する。

出演[編集]

警視庁[編集]

四係
  • 井上薫(警護課第四係機動警護班隊員・巡査部長) - 岡田准一(20年前:中島凱斗
  • 尾形総一郎(警護課第四係機動警護班隊員・係長) - 堤真一(20年前:中井澤亮
  • 笹本絵里(警護課第四係機動警護班隊員・巡査部長) - 真木よう子
  • 山本隆文(警護課第四係機動警護班隊員・巡査部長) - 松尾諭
  • 石田光男(警護課第四係機動警護班隊員・警部補) - 神尾佑
警護課・上層部
公安
  • 田中一郎(公安部公安第一課・巡査部長) - 野間口徹
  • 室伏茂(公安部公安第一課・係長) - 春田純一
  • 絹山洋子(公安部公安第一課・警部補) - 村岡希美
  • 小田恵(公安部公安第一課・巡査部長) - 山田キヌヲ
  • 三井(公安部公安第一課・巡査部長) - 松本たけひろ
四係・新人チーム(新四係)
  • 木内教永(警護課第四係機動警護班隊員・巡査部長) - 古山憲太郎
  • 青池由香莉(警護課第四係機動警護班隊員・巡査部長) - 入山法子
  • 川尻伸一(警護課第四係機動警護班隊員・巡査部長) - 三元雅芸
  • 澤村泰治(警護課第四係機動警護班隊員・巡査部長) - 蓉崇
  • 片岡正和(警護課第四係機動警護班隊員・巡査部長) - 光山文章
一係(総理担当SP)
警察関係者

政界[編集]

テロリスト[編集]

その他[編集]

製作[編集]

撮影は、2009年9月5日よりクランクインしており、お台場湾岸スタジオ滋賀県庁[6][7]新桜台駅[8]桜蔭中学校・高等学校等で撮影が行われ、8ヶ月間の撮影の末に撮影終了。4月19日に製作報告記者会見が東京都内で開かれた[9]

ドラマ版の撮影のために肉体改造を行っていた岡田は本作の撮影にあたりフィリピン伝統武術カリを2年稽古していた。 撮影にはアクションシーンを事前にアニメで作り、その上で撮影を開始する「プレビジュアリゼーション」という手法が採用されており、ポストプロダクションはハリウッドのスタジオで行われた。[10][11]。サウンドデザインは、ルーカスフィルムの音響部門であるスカイウォーカーサウンドが担当した。

スタッフ[編集]

使用楽曲[編集]

野望篇(Episode V)[編集]

リヒャルト・ワーグナー
楽劇ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第1幕への前奏曲
ポーランド国立放送交響楽団ヨハネス・ヴィルトナー指揮)
ジャコモ・プッチーニ
歌劇トゥーランドット」-誰も寝てはならぬ
ヤネス・ロトリッチ(テノール),キエフ室内合唱団
ウクライナ国立歌劇場交響楽団(ヨハネス・ヴィルトナー指揮)

ドラマスペシャル 革命前日(Pre Episode VI)[編集]

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
G線上のアリア
アントニン・ドヴォルザーク
交響曲第9番「新世界より」より第4楽章
ジャコモ・プッチーニ
歌劇「トスカ」よりアリア星は光りぬ(星はきらめき)」

革命篇(Episode VI<The Final Episode>)[編集]

クラシック楽曲なし 革命篇のために書かれた楽曲を使用

DVD/Blu-ray[編集]

野望篇は2011年4月23日、革命前日・革命篇は2011年8月26日発売。Blu-rayとDVDでリリース。発売元はフジテレビジョン、販売元はポニーキャニオン

野望篇[編集]

  • SP 野望篇 通常版(1枚組)
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編・TVスポット集・プロモーション映像
      • 『SP 革命篇』劇場予告編
  • SP 野望篇 特別版(3枚組、特典ディスクは2枚ともDVD版はDVDで、BD版はBDで収録)
    • ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)
    • ディスク2:特典ディスク1
      • ビジュアルコメンタリー(波多野貴文監督×岡田准一、MC:笠井信輔)
    • ディスク3:特典ディスク2
      • メイキング“制作篇”
      • キャンペーン“広報篇”(製作報告会見、フジテレビの日、完成披露試写会、広島県警察学校訪問、東京国際映画祭、公開初日舞台挨拶、大ヒット御礼舞台挨拶)
      • 未公開シーン集
    • 封入特典
      • SP CONFIDENTIAL 〜Episode V〜(56P)
    • プレミアムアウターケース仕様&初回生産分のみデジパック仕様

革命前日[編集]

  • SP 革命前日(1枚組)
    • 映像特典
      • 岡田准一 in Hollywood
      • ノンクレジットエンディング
      • 『SP 野望篇』劇場予告編
      • 『SP 革命前日』番組予告
      • 『SP 革命篇』劇場予告編
    • 封入特典
      • SP CONFIDENTIAL 〜Prelude to Episode VI〜(8P)
    • 初回生産分のみプレミアムアウターケース仕様&デジパック仕様

革命篇[編集]

  • SP 革命篇 通常版(1枚組)
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編・TVスポット集・プロモーション映像
      • 『SP 野望篇』劇場予告編
  • SP 革命篇 特別版(3枚組、『野望篇』同様、特典ディスクは2枚ともDVD版はDVD、BD版はBDで収録)
    • ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)
    • ディスク2:特典ディスク1
      • ビジュアルコメンタリー(波多野貴文監督×岡田准一、MC:笠井信輔)
    • ディスク3:特典ディスク2
      • メイキング“制作篇”
      • キャンペーン“広報篇”
        • イベント映像集(完成披露試写会、大阪舞台挨拶、東京舞台挨拶)
        • CS特番集
        • インタビュー集
      • 未公開シーン集
      • 隠し映像
    • 封入特典
      • SP CONFIDENTIAL 〜The Final Episode〜(60P)
    • プレミアムアウターケース仕様
    • 初回生産分のみデジパック仕様&映画『SP』シリーズ『野望篇』『革命前日』『革命篇』完全収納コンプリートBOX付き

脚注[編集]

  1. ^ a b 2010年度(平成22年)興収10億円以上番組 (平成23年1月発表)[邦画] (PDF)”. 日本映画製作者連盟 (2011年1月27日). 2011年1月28日閲覧。
  2. ^ a b 2012年記者発表資料(2011年度統計) (PDF)” (日本語). 最新映連発表資料. 一般社団法人日本映画製作者連盟. p. 3 (2012年1月). 2012年1月26日閲覧。
  3. ^ 2011年興収トップ、邦画は『コクリコ坂』、洋画は『ハリー・ポッター』Business Media 誠(2012年01月27日)2013年3月30日閲覧。
  4. ^ 「これからは元気が大事」 映画「SP革命篇」震災で延期の舞台あいさつ実現毎日jp (2011年03月26日)2013年3月30日閲覧。
  5. ^ 第34回日本アカデミー賞優秀作品(2011年) 日本アカデミー賞公式サイト 2013年3月21日参照。
  6. ^ 『SP革命篇』滋賀県庁ロケレポート!(2011年2月28日)、滋賀ロケーションオフィス、2013年3月21日参照。
  7. ^ 引き続き『SP革命篇』滋賀県庁ロケレポート!(2011年3月1日)、滋賀ロケーションオフィス、2013年3月21日参照。
  8. ^ 作中では架空の「麻布台駅」という設定。西武ニュース『ゆうゆうゆう』2010年11月号より。
  9. ^ 映画版「SP」は2部作…岡田が限界に挑戦 - SANSPO.COM 2010年4月19日(2010年4月22日時点のアーカイブ
  10. ^ 『スポーツニッポン』2009年9月7日及び公式サイトより
  11. ^ 映画『SP(エスピー)』公開記念フォトギャラリー楽天エンタメナビ、2013年3月21日参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]