岡田准一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おかだ じゅんいち
岡田 准一
生年月日 (1980-11-18) 1980年11月18日(37歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府枚方市[1]
身長 169 cm[2]
血液型 B型[3]
職業 俳優歌手タレント
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 1995年 -
活動内容 1995年:V6/Coming Century、歌手デビュー
配偶者 宮﨑あおい2017年 - )
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品
映画
木更津キャッツアイ』シリーズ
花よりもなほ
SP 野望篇・革命篇
図書館戦争』シリーズ
永遠の0
蜩ノ記
海賊とよばれた男
関ヶ原
テレビドラマ
木更津キャッツアイ
タイガー&ドラゴン
SP 警視庁警備部警護課第四係
軍師官兵衛
声の出演
サンダーバード
ゲド戦記
コクリコ坂から
備考
V6、Coming Centuryのメンバー

岡田 准一(おかだ じゅんいち[3]1980年11月18日[3] - )は、日本俳優歌手タレント。男性アイドルグループ[4]V6、Coming Century(カミセン)のメンバー[3]

大阪府枚方市出身[1]ジャニーズ事務所所属。妻は女優宮﨑あおい[5]

概要[編集]

1995年、バラエティ番組で開催された公開オーディションを通じて芸能界入り。直後にバレーボールワールドカップの公式応援団として結成された6人組ダンス&ボーカルユニット・V6のメンバーに選ばれ、14歳にしてジャニーズ事務所史上最短でのCDデビューを果たす。2015年日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞・最優秀助演男優賞の2冠に輝くなど、現在ではジャニーズ屈指の演技派として映画界でも活躍している。

来歴[編集]

1995年日本テレビのバラエティ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』のコーナー「ジャニーズ予備校」に母親が応募し、オーディションに合格する[6]。同年10月、V6のメンバーとしてグループ主演のドラマ『Vの炎』で俳優デビュー[6]。同年11月1日、V6のメンバーとして「MUSIC FOR THE PEOPLE」でCDデビュー(当時14歳)[6]。V6の年少組ユニット「Coming Century(カミング・センチュリー)」での活動も開始する[3]

1999年堀越高等学校を卒業[7]

2003年、Coming Century主演の映画『COSMIC RESCUE(コズミック・レスキュー)』で映画初出演[8]。同年には、2002年放送の主演テレビドラマ『木更津キャッツアイ』の映画化作品『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』で、単独での映画初主演を果たす[9]

2006年、『木更津キャッツアイ』シリーズの続編映画『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』が公開。同シリーズ作品のキャスト・スタッフの一員として木更津市民栄誉賞を受賞[10]

同年、主演映画『花よりもなほ』の演技で日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎新人賞を受賞[11]。翌2007年、同作で第49回ブルーリボン賞・主演男優賞にノミネートされたが、事務所側の意向により辞退を申し入れた[12]

2009年5月21日、バラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気企画『グルメチキンレース・ゴチになります!』にゲスト出演。初挑戦にして見事に誤差0円で1位となり、ピタリ賞として100万円を手にした。以降も同企画には3回出演している。

2013年4月から、出身地の枚方市に位置する遊園地・ひらかたパークのイメージキャラクター「スーパーひらパー兄さん」を務めている[1]

2014年、『軍師官兵衛』でNHK大河ドラマ初出演にして主演を務める[13]

2015年第38回日本アカデミー賞において『永遠の0』で最優秀主演男優賞を、『蜩ノ記』で最優秀助演男優賞をダブル受賞した[14]。男優賞での最優秀賞のダブル受賞は同賞で初めて[14]。また、現役のジャニーズ事務所所属タレントの日本アカデミー賞受賞も初のことだった[注 1][15]

2017年12月23日、女優の宮﨑あおい結婚したことを、2人の連名によるFAXで発表した[16]

2018年、主演作品『散り椿』が、第42回モントリオール世界映画祭で最高賞に次ぐ審査員特別グランプリを受賞[17]

2018年10月、宮﨑あおいとの間に第1子男児が誕生[18]

人物[編集]

趣味・嗜好[編集]

2010年9月28日カリジークンドーのインストラクター認定を受けた[19]。後に、USA修斗のインストラクターの資格も取得[20]

天地明察』の舞台挨拶で、出演者が何のオタクであるかを発表することになった際、「歴史格闘技オタク」であることを明かしている[21]

家族・親族[編集]

両親の離婚は小学2年の頃で、父親も覚えている[22]。14歳で上京してから、母親とは年に1回会えるかどうかである[22]。母親には、「男なんだから自分で考え、自分で責任を持ちなさい」と言われて育った[22]

その他[編集]

2010年10月24日放送の『ボクらの時代』で「20歳になったらジャニーズ事務所を辞め、中学校の社会の先生になりたかった」と明かしている[23]

受賞歴[編集]

  • 2006年05月、第9回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 助演男優賞 - 『タイガー&ドラゴン』[24]
  • 2006年11月、木更津市民栄誉賞[10][25]
  • 2006年12月、第19回日刊スポーツ映画大賞 石原裕次郎新人賞 - 『花よりもなほ』[11]
  • 2008年04月、第56回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞 - 『SP 警視庁警備部警護課第四係』[26]
  • 2014年12月、第39回報知映画賞 主演男優賞 - 『永遠の0』[27]
  • 2014年12月、第27回日刊スポーツ映画大賞 主演男優賞 - 『永遠の0』『蜩ノ記』[8]
  • 2015年02月、第38回日本アカデミー賞、最優秀主演男優賞 - 『永遠の0』[14]
  • 2015年02月、第38回日本アカデミー賞、最優秀助演男優賞 - 『蜩ノ記』[14]
  • 2015年02月、第38回日本アカデミー賞、話題賞 俳優部門 - 『永遠の0』[28]
  • 2015年02月、第83回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞 - 『軍師官兵衛』[29]
  • 2017年01月、第40回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞 - 『海賊とよばれた男』[30]
  • 2018年 1月、第41回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞 - 『関ヶ原』

出演[編集]

テレビドラマ、映画における太字は主演。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

舞台[編集]

  • SHOW劇'97 MASK(1997年)
  • エレクトラ(2003年) - オレステス 役[49]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

参加作品[編集]

シングル[編集]

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

  • Olive「Tempo Rubato」(2003年3月号 No.437 - 2003年8月号 No.442、マガジンハウス)
  • Myojo「虹の橋で踊ろう!」(2004年1月号 - 2011年3月号、集英社) - 井ノ原快彦と共同連載。
  • anan(マガジンハウス)
    • 「岡田准一のEXPOSURE」(2004年10月6日号 No.1432 - 2013年12月25日発売 No.1887)
    • 「岡田准一 軍師官兵衛ルポ。」(2013年12月25日発売 No.1887 - 2014年12月10日発売 No.1934)
    • 「EXPOSURE season2『オカダのジショ』」(2015年1月14日号 No.1937 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2006年に木村拓哉が『武士の一分』で優秀主演男優賞を事務所の方針により辞退している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 新「ひらパー兄さん」はV6岡田准一”. ORICON STYLE. oricon ME (2013年3月29日). 2016年3月14日閲覧。
  2. ^ PROFILE(V6)-Johnny's web”. Johnny's web. 2016年8月閲覧。
  3. ^ a b c d e 岡田准一のプロフィール”. ORICON STYLE. oricon ME (2009年3月18日). 2016年3月14日閲覧。
  4. ^ https://www.asahi.com/articles/ASL5C65XGL5CUCVL037.html
  5. ^ “V6の岡田准一さんと宮崎あおいさんが結婚”. NHK NEWS WEB. (2017年12月24日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171224/k10011269951000.html?utm_int=news_contents_news-main_006 2017年12月25日閲覧。 
  6. ^ a b c 日曜日のヒーロー 第461回 岡田准一”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2005年4月24日). 2005年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月14日閲覧。
  7. ^ 岡田准一、100万人突破しなければ解任!「ひらかたパーク」園長に(3/3ページ)”. SANSPO.COM. 産経デジタル (2014年3月31日). 2016年3月14日閲覧。
  8. ^ a b 岡田准一が初の主演男優賞/映画大賞”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2014年12月4日). 2016年3月14日閲覧。
  9. ^ V6岡田「ドキドキと脱力感がある」主演映画”. SANSPO.COM. 産業経済新聞社 (2003年6月24日). 2003年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月14日閲覧。
  10. ^ a b 岡田「木更津」市民栄誉賞だニャー”. デイリースポーツonline. デイリースポーツ (2006年11月24日). 2006年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月14日閲覧。
  11. ^ a b 岡田准一に裕次郎新人賞/映画大賞”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2006年12月5日). 2006年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月14日閲覧。
  12. ^ キムタクとV6岡田は辞退申し入れ”. デイリースポーツonline. デイリースポーツ (2007年1月25日). 2007年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月14日閲覧。
  13. ^ a b 歴史マニア岡田、大河主役「身が震える」”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2012年10月11日). 2016年3月14日閲覧。
  14. ^ a b c d 岡田准一、初の快挙!最優秀主演&助演男優賞をW受賞!【第38回日本アカデミー賞】”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2015年2月27日). 2016年3月14日閲覧。
  15. ^ 岡田准一涙の2冠…健さんと拳さんに感謝”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2015年2月28日). 2016年3月14日閲覧。
  16. ^ “岡田准一&宮崎あおい、結婚を正式発表…連名で「未熟な二人ではございますが」”. スポーツ報知. (2017年12月24日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171224-OHT1T50103.html 2017年12月24日閲覧。 
  17. ^ “岡田准一主演「散り椿」が特別賞 モントリオール映画祭”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年9月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180904/geo18090413080023-n1.html 2018年9月4日閲覧。 
  18. ^ “V6岡田准一&宮崎あおいに第1子男児が誕生「奇跡に感謝」 - LINE NEWS”. http://news.line.me/issue/entertainment/2b72cc8774f8? 
  19. ^ 岡田准一氏、正式指導員に認定!(2010年10月5日、IUMA日本振藩國術館公式ホームページ-ニュース)2014年10月20日閲覧。
  20. ^ V6岡田、母親への一言に今も後悔(2013年12月22日、ライブドアニュース)2014年10月20日閲覧。
  21. ^ 『天地明察』初日で岡田准一が市川染五郎に「早く優美な踊りとお芝居を」とエール 2012年9月15日付 MovieWalker
  22. ^ a b c 母親の影響 本読む習慣…岡田准一さん、2013年4月30日、読売新聞
  23. ^ 【エンタがビタミン♪】「V6辞める予定だった」。岡田准一がアイドルを捨てて目指そうとしたものとは?”. Techinsight (2010年10月27日). 2011年8月18日閲覧。
  24. ^ 第9回ドラマグランプリ年間助演男優賞”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2006年5月16日). 2006年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月13日閲覧。
  25. ^ 名誉市民・市民栄誉賞 - 千葉県木更津市公式ホームページ”. 千葉県木更津市 (2010年12月15日). 2011年8月18日閲覧。
  26. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 > 【第56回 主演男優賞】岡田准一”. webザテレビジョン. KADOKAWA (2008年4月24日). 2009年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月14日閲覧。
  27. ^ 岡田准一、日本の心を演じられる役者に!主演男優賞に感無量!-第39回報知映画賞”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2014年12月27日). 2016年3月14日閲覧。
  28. ^ 岡田准一、日本アカデミー賞話題賞を初受賞”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2015年2月13日). 2016年3月14日閲覧。
  29. ^ 第83回ドラマアカデミー賞 > 主演男優賞”. Smartザテレビジョン. KADOKAWA. 2016年3月14日閲覧。
  30. ^ 岡田准一、「海賊とよばれた男」で優秀主演男優賞に!”. Smartザテレビジョン. KADOKAWA (2017年1月17日). 2017年1月18日閲覧。
  31. ^ 菅野美穂とV6岡田准一が奇跡の夫婦愛を演じる”. ORICON STYLE. oricon ME (2006年11月24日). 2016年3月14日閲覧。
  32. ^ 岡田准一が体張る!2年ぶり連ドラ、フジ系「SP」で新境地”. SANSPO.COM. 産経デジタル (2007年8月28日). 2007年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月14日閲覧。
  33. ^ a b c 映画版『SP』、2部作じゃなくて3部作だった!?ドラマ「SP 革命前日」放送決定!!SPたちの私服も初公開!!”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2011年2月10日). 2016年3月14日閲覧。
  34. ^ 『図書館戦争』映画&ドラマSP、2夜連続テレビ放送!”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2015年8月24日). 2016年3月14日閲覧。
  35. ^ 岡田准一、滝田洋二郎監督から絶賛!映画『天地明察』に「運命を感じた」”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2012年5月15日). 2016年3月14日閲覧。
  36. ^ 榮倉奈々、V6岡田に頭ナデナデされ赤面!逆ハーレムにニンマリ”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2013年3月19日). 2016年3月14日閲覧。
  37. ^ 岡田准一、福士蒼汰の壁ドンは日本一と太鼓判!松坂桃李の誘いは断る”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2015年7月22日). 2016年3月14日閲覧。
  38. ^ 岡田准一、キャリア初の“丸刈り”「気合の表れと書いて」と報道陣に要望!”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2013年7月22日). 2016年3月14日閲覧。
  39. ^ 岡田准一「蜩ノ記」で本格的殺陣初挑戦”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2013年3月11日). 2016年3月14日閲覧。
  40. ^ 岡田准一が阿部寛をストーキング?阿部が暴露”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2015年12月14日). 2016年3月14日閲覧。
  41. ^ “岡田准一「海賊とよばれた男」主演 「永遠の0」トリオが再結集”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/05/kiji/K20151105011451410.html 2015年11月5日閲覧。 
  42. ^ 岡田准一「映画界至宝と仕事」降旗監督らと初タッグ”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2016年3月18日). 2016年3月18日閲覧。
  43. ^ “岡田准一と原田眞人が「関ヶ原」映画化で初タッグ、共演に役所広司と有村架純”. 映画ナタリー. (2016年8月10日). http://natalie.mu/eiga/news/197665 2016年8月10日閲覧。 
  44. ^ 映画「散り椿」公式サイト”. 2017年5月24日閲覧。
  45. ^ “「怖くて脚本を読むのも大変」岡田准一がホラー映画で中島哲也監督と初タッグ”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2018年2月12日). https://news.walkerplus.com/article/137059/ 2018年2月12日閲覧。 
  46. ^ “岡田准一主演で「ザ・ファブル」実写映画化!木村文乃、福士蒼汰、安田顕、佐藤浩市ら豪華共演”. 映画.com. (2018年6月23日). https://eiga.com/news/20180623/2/ 2018年6月23日閲覧。 
  47. ^ 海がきこえる/ゲド戦記”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月18日閲覧。
  48. ^ ジブリ最新作声優に長澤まさみ&V6岡田”. SANSPO.COM. 産経デジタル (2011年5月13日). 2016年3月14日閲覧。
  49. ^ V6岡田が大竹しのぶに恋告白!?”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2003年6月2日). 2003年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月14日閲覧。
  50. ^ V6岡田准一がMCに初挑戦!!“明日しゃべりたくなる歴史”を紹介!”. Smartザテレビジョン. KADOKAWA (2012年5月25日). 2016年3月14日閲覧。
  51. ^ 岡田准一がMCを務める「ザ・プロファイラー」が復活!”. Smartザテレビジョン. KADOKAWA (2013年8月30日). 2016年3月14日閲覧。
  52. ^ 岡田准一が黒田官兵衛の次に演じるのは土方歳三!?”. Smartザテレビジョン. KADOKAWA (2014年9月28日). 2016年3月14日閲覧。
  53. ^ 岡田准一続投!「ザ・プロファイラー」新シーズン開始”. Smartザテレビジョン. KADOKAWA (2015年9月2日). 2016年3月14日閲覧。
  54. ^ 岡田准一、松本潤、香里奈が「ペプシネックス」新CMに登場”. ORICON STYLE. oricon ME (2008年3月3日). 2016年3月14日閲覧。
  55. ^ ボーダフォン新CMキャラにV6岡田さんと伊東美咲さん”. ITmedia Mobile. アイティメディア (2005年6月8日). 2016年3月14日閲覧。
  56. ^ V6岡田、実は建築マニア? 大和ハウス新CMに”. SANSPO.COM. 産経デジタル (2008年3月27日). 2008年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月14日閲覧。
  57. ^ a b 岡田准一カメラCMも撮られたことは無言”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2008年9月1日). 2016年3月14日閲覧。
  58. ^ a b 岡田准一CM収録で「素の状態になった」”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2009年8月24日). 2016年3月14日閲覧。
  59. ^ 岡田准一、新CMで「包み込む」愛”. SANSPO.COM. 産経デジタル (2010年3月18日). 2010年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月14日閲覧。
  60. ^ V6岡田准一が最近はまっていること…”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2010年12月13日). 2016年3月14日閲覧。
  61. ^ 岡田准一、等身大サラリーマン・スゴロクで主任を目指す!”. ORICON STYLE. oricon ME (2011年3月8日). 2016年3月14日閲覧。
  62. ^ V6岡田准一、石橋貴明の“美肌”にうっとり”. ORICON STYLE. oricon ME (2012年4月20日). 2016年3月14日閲覧。
  63. ^ 岡田准一、クリスマスにプライベートの予定なし”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2013年11月14日). 2016年3月14日閲覧。
  64. ^ V6岡田准一、“お兄ちゃん”浅野忠信に尊敬のまなざし”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2014年1月28日). 2016年3月14日閲覧。
  65. ^ 岡田准一、凛々しい表情で寡黙にヨーグルトを味わう”. SANSPO.COM. 産経デジタル (2014年2月27日). 2016年3月14日閲覧。
  66. ^ 岡田准一さんと遠藤憲一さんのダブル主演!シュールな世界観で二人がパズルの虜に!?世界中で人気のパズルゲーム“キャンディークラッシュ” 新TVCM”. PR TIMES (2014年4月15日). 2016年3月14日閲覧。
  67. ^ 岡田准一「クセになる」と絶賛!遠藤憲一がキャンディーの妖精に変身!”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2015年2月13日). 2016年3月14日閲覧。
  68. ^ 岡田准一、役所広司との再共演を熱望 あの名ぜりふを引用”. ORICON STYLE. oricon ME (2015年9月30日). 2015年9月30日閲覧。
  69. ^ 【眼鏡市場】新CMキャラクターに 岡田准一さん を起用!TVCM 「みんなで歌おうゼログラ篇」12月10日(木)より放送スタート”. PR TIMES (2015年12月9日). 2015年12月10日閲覧。
  70. ^ - 日本特殊陶業 新企業TV-CM - 創立80周年の新コーポレートメッセージは 「IGNITE YOUR SPIRIT 心と夢に火をつけろ」岡田准一さんが巨大オブジェを舞台に躍動!「特殊で何が悪い?」篇 3月11日(金)から全国でオンエア開始”. 共同通信PRワイヤー (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  71. ^ 岡田准一、驚異のパンチを披露 ケタ違いの数値に会場どよめき”. ORICON NEWS. oricon ME (2017年4月12日). 2017年4月12日閲覧。

外部リンク[編集]