平良とみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たいら とみ
平良 とみ
本名 平良とみ子
別名義 平良トミ
生年月日 1928年11月5日
没年月日 2015年12月6日(満87歳没)
出生地 日本の旗 日本沖縄県那覇市
死没地 日本の旗 日本・沖縄県那覇市
国籍 日本
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画ラジオ
活動期間 1942年 - 2015年
配偶者 平良進
著名な家族 子供4人あり
事務所 ACO沖縄
公式サイト 「ACO沖縄」
主な作品
テレビドラマ
ちゅらさん』シリーズ
映画
ナビィの恋
涙そうそう (映画)

平良 とみ(たいら とみ、1928年11月5日 - 2015年12月6日[1])は、日本女優。本名、平良 とみ子(たいら とみこ)。旧姓:比嘉。愛称は、おばぁ

沖縄県那覇市松山町出身。ACO沖縄所属。平良トミ名義を使用していたこともあった。


略歴[編集]

幼少期を石垣島で過ごし、1942年、13歳のときに八重山にて「翁長座」に入団後、数々の舞台で芝居をこなす。

1999年公開の映画『ナビィの恋』で、おばぁ(ナビィ)役で主演し、一躍有名に。

そして、2001年放送のNHK連続テレビ小説ちゅらさん』では、ヒロイン・古波蔵恵里国仲涼子)の祖母・「おばぁ」役を演じ、大ブレイク。「おばぁ」は沖縄では祖母を指す一般的な愛称(愛称なので見ず知らずの他人に使うと、あまりいい顔をされない。通常は「ハーメー(おばあさん)」と呼んだ方が良い)だが、この2作品での「おばぁ」役で有名になったことから、愛称となった。

地元・沖縄県では演劇、一人芝居の公演に数多く出演した。

2015年12月6日午前4時27分、敗血症による呼吸不全のため那覇市内の病院で死去[2]。87歳没。人を愛した優しい人柄から法名は「淨誠院釋優愛(じょうせいいんしゃくゆうあい)」となった。 夫は俳優の平良進、4子をもうけている。

賞歴[編集]

出演[編集]

舞台[編集]

  • 「首里子ユンタ」「五人の母」「多幸山」
  • 「流れ雲」「口なしの花」「一人豊見城」
  • 「綾船あやぐ」「人頭税物語」「洞窟」「美ら島」
  • 「ちむぐりさ座間味島」「コーンの道」「あんま一達のロックンロール」
  • 沖縄戦50周年事業演劇「洞窟」「さらば福州琉球館」「可愛いユーレー」
  • 喜劇「めんそーれ沖縄-なんくる狂想曲-」「南海のムリカ星」他多数

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

(劇中の仲田幸子の役を吹き替えたことから、奇しくも沖縄喜劇芝居の第一人者の声を、沖縄伝統芝居の第一人者が吹き替える形になった)

ラジオ[編集]

インターネットポッドキャスティング放送を提供中

ゲーム[編集]

CM[編集]

  • 公共広告機構(現:ACジャパン) 臓器移植(2001年)
  • ちゅら花株式会社(旧リプレ)・琉球もろみ酢飲料「ちゅら花(―はなぎ)」
    以前は夫婦で顔出ししていたが、最近は高齢となったのに加え別商品の販売に力を入れるようになったため顔写真だけの出演に。なお会社は北九州市にある。
  • ギンガネット「ギンガネット電話」 - 沖縄のおばぁ役
  • NHK「九州国立博物館開館記念特別展『うるま 美ら島(ちゅらしま) 琉球』PR」(2006年)
  • NHK「受信料負担のお願い」九州・沖縄版(沖縄局制作、2006年 -)

監修[編集]

  • 琉球暦 第2弾(日本ビジネスサポート 2009年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]