この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

土屋太鳳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つちや たお
土屋 太鳳
土屋 太鳳
本名 土屋 太鳳
生年月日 (1995-02-03) 1995年2月3日(22歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 155 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2005年 -
著名な家族 土屋神葉(弟)
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
公式サイト 土屋太鳳公式サイト
主な作品
映画
『果てぬ村のミナ』
トウキョウソナタ
釣りキチ三平
映画 鈴木先生
orange
テレビドラマ
鈴木先生
花子とアン
まれ
下町ロケット
IQ246〜華麗なる事件簿〜

土屋 太鳳(つちや たお 、1995年2月3日 - )は、日本女優である。東京都出身[1]ソニー・ミュージックアーティスツ所属。身長は155cm。血液型はO型。

略歴

2005年、角川映画ソニーミュージックYahoo! JAPAN が合同で実施したスーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスにて審査員特別賞を受賞[1]。同オーディションの受賞者の中では最年少。

初仕事は2007年12月1日より放送されたカプコンのゲームソフト『WE LOVE GOLF!』のテレビCM(松原剛監督)[2]2008年に公開された『トウキョウソナタ』で映画デビューを果たした[1]。その撮影現場で共演者の香川照之津田寛治と交流し、彼らの仕事ぶりを目の当たりにしたことで女優への決意を強める[3]

2008年、ジュニアファッション誌『Hana*chu→』(主婦の友社)のニューフェイスオーディションを経て専属モデルとなった。同年、約500名の候補者の中から劇場版『釣りキチ三平』のゆりっぺ役に抜擢され、主人公・三平の幼馴染を演じる。

2010年、芸能活動が許される高校に入学。女子校で[4]、在学中は創作ダンス部に所属し、仕事の合間をぬって全国大会にも出場した[5]。同年、NHK大河ドラマ龍馬伝』でテレビドラマ初出演、主人公・坂本龍馬の姉・坂本乙女の少女期を演じた。

2011年、『鈴木先生』(テレビ東京)で連続ドラマ初レギュラー出演。キーパーソンとなる女子生徒・小川蘇美役を演じ、注目を浴びる。

2012年10月、当時の所属事務所・ウエストサイドの吸収合併に伴い、親会社で、現在の所属事務所であるソニー・ミュージックアーティスツへ移籍。

2013年、浜松市天竜区水窪町を中心とした地域振興プロジェクト、映画『果てぬ村のミナ』の松下神菜役にて、初の主演を務めた。

2013年3月、高校を卒業。同年4月、日本女子体育大学体育学部運動科学科舞踊学専攻に入学[6][7][8]。多忙のため出席日数が足りず、ストレート(4年間)での卒業は叶わなかった[9][10]

2014年、NHK連続テレビ小説花子とアン』出演期間中に、2015年上半期放送の『まれ』のオーディションに参加し、2020人の応募者の中からヒロインに選ばれる[11][12]。 ヒロインのキャラクターが活発なイメージということから、役作りのためにデビュー以来のトレードマークだったロングヘアを40cmも切った[13]。今作では、オープニング・テーマ曲「希空〜まれぞら〜」の1番の作詞を担当した。なお、2番の歌詞は一般公募で、土屋も審査に参加した[14]

2017年、初めての洋画吹替となった劇場アニメ『フェリシーと夢のトウシューズ英語版』では、主題歌「Felicies」の作詞と歌唱も担当した[15][16]

人物

  • 憧れの人物はエンヤ中島美嘉柴咲コウCHARA(みんな自分の声を持っているから)、トム・クルーズ[17]ジョニー・デップ、香川照之、蒼井優[18]
  • 尊敬する人は家族[17]。兄弟は、2歳上の姉(富士通の社員で、Xリーグ富士通フロンティアーズのチアリーディングチームに所属している)[19]と2歳下の弟(土屋神葉[20]がいる。
  • 座右の銘は「自分を信じる」「感謝」「ごはんをよく噛む」[21]。テレビ東京のドラマ『鈴木先生』公式サイト内のプロフィールでは「LAST ONE STANDING」「感謝と初心を忘れない」を挙げている[22]
  • 『鈴木先生』(2011年4月 - 6月放送。同年9月7日に『完全版 DVD-BOX』発売)の先行版DVD『鈴木先生〜2-A 僕らのGo!Go!号外版〜』(8月10日発売)の発売記念イベントにて、長谷川博己が演じる主役の鈴木章との妄想シーン撮影時のエピソードを尋ねられた際、「原作を読んだ時には、これは放送出来ないのでは?と驚いたが、自分はこの作品にお嫁に行くんだなと思い、覚悟を決めて取り組んだ」と当時の決意を明かした。
  • お笑いコンビ・ダウンタウン浜田雅功の次男とは同じ私立幼稚園、私立小学校出身で、土屋が小学4年生の時に『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』を視聴した次の日の授業参観で、浜田の存在を知った[23]
  • 2016年10月8日の『オールスター感謝祭』(TBS)で「赤坂5丁目ミニマラソン」に出場し、女子の1位となる(総合8位)[24]
  • 俳優の野村祐希野村将希の次男)とは、3歳からの幼なじみ[25][注 1]
  • まれ』(2015年NHK連続テレビ小説)のヒロインを務めたことがきっかけで、2016年10月に輪島観光大使および白米千枚田オーナー制度特別名誉会員に就任した。
  • ブログをほぼ毎日欠かさず更新し長文を掲載していることで知られる[26]。2016年8月23日に更新が途切れた際には、そのこと自体がニュースの一部として報じられた[27]
  • 2016年12月16日、インスタグラムを始める[28]

名前の由来

「太鳳」は本名。胎児の性別を教えない産院で生まれたため、名前を決めるのに困った母親が「生まれたばかりの裸の赤ん坊が雲の上で寺子屋のような低い長机に正座し、細長い紙に筆で『二月三日生まれ 女 太凰』と書いていた」という内容の予知夢を見たことに由来。予定日は先だったが夢見どおり2月3日朝に突然女児が誕生したため、「女の子なのに『太』という字を名前につけていいのか?」と家族が「太」の字を中国の辞書で検索したところ「女性の尊称(西太后等)にも使う」とあったことから、女児に使ってもよいだろうとの結論を得る。しかし、1995年当時「凰」は人名用漢字になっておらず(2004年に追加)、「雄のフェニックス」という意味になるが形と意味が似ている「鳳」を使い(一般に「鳳凰」のオスが「鳳」、メスが「凰」とされる)、「太鳳=たお」と命名された[29]。芸能界入りのきっかけとなった「ミス・フェニックス」オーディションには、名前のつながりから「私だ!」と思い、直感で応募したという[30]。  

趣味

  • 趣味は読書、映画鑑賞、音楽鑑賞、スポーツ[17]。ドラマ『鈴木先生』公式サイト内のプロフィール[22]では「映画館に一日いること」、「空の写真を撮る」ことを挙げている。

特技

嗜好

出演

主演作は、作品名と役名を太字で表記。

映画

テレビドラマ

吹き替え

テレビアニメ

アニメ映画

オリジナルビデオ

ミュージック・ビデオ

バラエティ番組

音楽番組

ドキュメンタリー

ラジオ

CM

広告

舞台

書籍

写真集

雑誌

楽曲

  • 希空〜まれぞら〜 - 連続テレビ小説『まれ』オープニング曲・作詞(2015年)
  • Fēliciesフェリシーズ - アニメ映画『フェリシーと夢のトウシューズ』日本版主題歌作詞・歌唱(2017年)[16]

受賞歴

2015年
2016年

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 2017年3月26日の『行列のできる法律相談所』で、野村との初共演を果たした。
  2. ^ 女優デビュー作品。
  3. ^ 映画初主演。2012年12月15日、静岡先行上映 果てぬ村のミナ上映情報
  4. ^ 一人二役。
  5. ^ テレビドラマ初出演作品。
  6. ^ 東名阪ネット6加盟局・UHF局などで放送した連続ドラマ。
  7. ^ 2013年3月24日、2DバージョンをBSスカパー!で放送。
  8. ^ 全3話のオムニバス中の1作品。

出典

  1. ^ a b c 来春朝ドラヒロイン抜擢の美女・土屋太鳳とは?“NHKの申し子”としての活躍ぶりと2つの起用理由”. モデルプレス (2014年7月31日). 2014年7月31日閲覧。
  2. ^ 土屋太鳳 (2007年12月7日). “初めてのお仕事に感謝!m(u_u)m”. スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス公式ブログ「☆ヒロイン誕生物語☆」. 2014年8月4日閲覧。
  3. ^ 心の先生*:"°”. オフィシャルブログ「たおのSparkling Day」 (2011年5月26日). 2013年12月11日閲覧。
  4. ^ 土屋太鳳 (2010年5月8日). “お答えします☆その3”. 「たおのSparkling Day」. 2013年12月11日閲覧。
  5. ^ 土屋太鳳 (2010年11月27日). “本物は凄い!!!”. 「たおのSparkling Day」. 2013年12月11日閲覧。
  6. ^ 土屋太鳳 (2013年3月9日). “.。゜+.高校卒業゜+.゜。”. 土屋太鳳 公式ブログ「たおのSparkling day」. 2014年8月4日閲覧。
  7. ^ 土屋太鳳 (2013年4月17日). “近況報告1♪…大学に入学しました!”. 土屋太鳳 公式ブログ「たおのSparkling day」. 2014年8月4日閲覧。
  8. ^ 「まれ」な大抜擢!土屋太鳳、朝ドラ“出世魚”ヒロインに(2014年8月1日)、サンケイスポーツ(紙面から)、2014年8月1日閲覧。
  9. ^ “土屋太鳳、大学の出席日数足りず 卒業は「時間をかけて目指す」”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2017年1月27日). http://www.cinematoday.jp/page/N0089237 2017年1月27日閲覧。 
  10. ^ 土屋太鳳 (2017年1月26日). “取材していただいた記事でもお話してるのですが、私が通う大学は実技の大学でもあり、出席日数の...”. 土屋太鳳オフィシャルブログ「たおのSparkling day」Powered by Ameba. サイバーエージェント. 2017年1月27日閲覧。
  11. ^ ヒロインは土屋太鳳さん! 平成27年度前期 連続テレビ小説「まれ」”. NHKドラマ トピックス. NHK ONLINE (2014年7月31日). 2014年7月31日閲覧。
  12. ^ “土屋太鳳、来春朝ドラ『まれ』ヒロイン決定 「チャンスください!」と懇願”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年7月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2040426/full/ 2014年7月31日閲覧。 
  13. ^ “朝ドラヒロイン・土屋太鳳、役作りで髪バッサリ!「しっかり修業します」”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年9月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2041884/full/ 2014年11月2日閲覧。 
  14. ^ 『まれ』OP曲、2番の歌詞を一般公募 朝ドラ史上初の試み”. ORICON STYLE (2015年5月1日). 2015年5月1日閲覧。
  15. ^ a b “土屋太鳳、初の洋画吹き替えに挑戦「フェリシーと夢のトウシューズ」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年5月30日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170529-OHT1T50241.html 2017年5月30日閲覧。 
  16. ^ a b “土屋太鳳 映画主題歌&作詞に初挑戦「未熟者ですが受け取って頂けたら」”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2017年7月20日). https://news.dwango.jp/2017/07/20/141338/girls/ 2017年7月20日閲覧。 
  17. ^ a b c d 2007年現在の公式プロフィールより[出典無効]
  18. ^ a b c 2008年現在の公式プロフィールより
  19. ^ 土屋太鳳 (2013年1月19日). “新しい道へ!”. 「たおのSparkling Day」. 2013年12月11日閲覧。
  20. ^ 土屋太鳳 (2011年4月5日). “今日から毎日!”. 「たおのSparkling Day」. 2013年12月11日閲覧。
  21. ^ a b c d 土屋 太鳳 tao tsuchiya”. 雑誌ハナチュー公式サイト. 2009年1月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年10月28日閲覧。
  22. ^ a b c 小川蘇美”. 連続ドラマ「鈴木先生」. テレビ東京. 2013年12月11日閲覧。
  23. ^ 土屋太鳳 (2011年10月27日). “ダウンタウンDXッ!(≧∇≦*)”. 「たおのSparkling Day」. 2011年10月27日閲覧。
  24. ^ “土屋太鳳「ミニマラソン」で力走!立ち上がれないほどの頑張りに女優陣号泣”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年10月8日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161008-OHT1T50190.html 2016年10月9日閲覧。 
  25. ^ 土屋太鳳、あのイケメン“2世俳優”と幼なじみだった!シネマトゥディ 2016年10月11日
  26. ^ “土屋太鳳タジタジ…松岡修造ワールド全開「ブログが本当に長いね」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/09/kiji/K20151109011477800.html 2016年12月17日閲覧。 
  27. ^ “土屋太鳳、連日更新していたブログが…「まれ」で高畑容疑者と共演”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年8月24日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160823-OHT1T50155.html 2016年12月17日閲覧。 
  28. ^ “土屋太鳳がインスタグラム開始! ファンは「更新楽しみ」と歓喜”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2016年12月17日). http://www.crank-in.net/entertainment/news/47180 2016年12月17日閲覧。 
  29. ^ 土屋太鳳 (2009年2月6日). “ほんとうに、ありがとう!(≧∇≦*)”. ☆ヒロイン誕生物語☆ スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス公式ブログ. Yahoo! JAPAN. 2017年8月19日閲覧。
  30. ^ “土屋太鳳、芸能界入りのきっかけは直感 「私だ!と思って」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2017年8月18日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/18/0010474508.shtml 2018年8月19日閲覧。 
  31. ^ a b 週刊女性2017年7月11日号
  32. ^ 2015年8月2日ブログより
  33. ^ 注目度No.1実力派美少女・土屋太鳳さんが、映画 『アルカナ』 で初主演。一人二役にも挑戦!”. 日活 ニュース (2013年3月15日). 2013年3月20日閲覧。
  34. ^ a b 若手実力派女優・土屋太鳳「アルカナ」で映画初主演!一人二役に挑戦”. 映画.com (2013年3月15日). 2013年3月20日閲覧。
  35. ^ 『赤々煉恋』12月21日(土)より角川シネマ新宿ほか全国順次ロードショー公開決定!”. SankeiBiz (2013年9月24日). 2013年11月6日閲覧。
  36. ^ 「るろ剣」操役の土屋太鳳「本当にこの役がやりたかった」”. コミックナタリー (2014年2月24日). 2013年5月20日閲覧。
  37. ^ 土屋太鳳、オーディションでつかんだ「るろ剣」巻町操を熱演!”. 映画.com (2014年2月24日). 2014年5月19日閲覧。
  38. ^ 土屋太鳳が“人狼”に! 映画「人狼ゲーム」続編8月公開”. 映画.com (2014年7月18日). 2014年7月20日閲覧。
  39. ^ 図書館戦争:続編映画に朝ドラヒロイン 松坂桃李、中村蒼も”. まんたんウェブ (2015年5月29日). 2015年6月1日閲覧。
  40. ^ “まれ夫婦”土屋太鳳&山崎賢人、次は映画で恋!早くも年内再共演”. SANSPO.COM (2015年7月20日). 2015年7月20日閲覧。
  41. ^ 映画「青空エール」つばさ役は土屋太鳳、大介役は竹内涼真!葉山奨之も出演”. コミックナタリー (2016年1月11日). 2016年1月11日閲覧。
  42. ^ 笑福亭鶴瓶、『金メダル男』出演 内村光良監督の手腕に「憧れた」”. ORICON STYLE (2015年11月27日). 2015年11月27日閲覧。
  43. ^ 「PとJK」実写映画化!亀梨和也&土屋太鳳が警察官と女子高生のカップルに”. コミックナタリー. ナターシャ (2016年5月7日). 2016年5月7日閲覧。
  44. ^ “土屋太鳳に千葉雄大と片寄涼太が急接近、「兄に愛されすぎて困ってます」映画化”. 映画ナタリー. (2016年9月19日). http://natalie.mu/eiga/news/202343 2016年9月19日閲覧。 
  45. ^ “土屋太鳳「トリガール!」で主演、毒舌ツッコミ女子大生役で新境地”. 映画ナタリー. (2016年7月12日). http://natalie.mu/eiga/news/194179 2016年7月12日閲覧。 
  46. ^ “佐藤健×土屋太鳳で難病と闘ったカップルの実話を映画化、監督は瀬々敬久”. 映画ナタリー. (2016年12月7日). http://natalie.mu/eiga/news/212205 2016年12月7日閲覧。 
  47. ^ “菅田将暉&土屋太鳳 W主演で映画初共演“友達ゼロ”高校生初恋描く”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年5月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/15/kiji/20170514s00041000432000c.html 2017年5月15日閲覧。 
  48. ^ “土屋太鳳&芳根京子がキス!来年公開映画「累-かさね-」W主演”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年8月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170804/geo17080405040002-n1.html 2017年8月4日閲覧。 
  49. ^ ヒロインに土屋太鳳「役と一緒に成長したい」=来春スタートの朝ドラ「まれ」- NHK”. 時事ドットコム (2014年7月31日). 2014年7月31日閲覧。
  50. ^ 「B.A.D.」桐山ドラマ初出演”. デイリースポーツ (2013年1月14日). 2013年3月23日閲覧。
  51. ^ すえのぶけいこ原作コミック『リミット』がテレビ東京でドラマ化!主演は桜庭ななみ、土屋太鳳、工藤綾乃、山下リオが出演”. テレビドガッチ (2013年5月13日). 2013年5月18日閲覧。
  52. ^ 阿部寛 池井戸氏「下町ロケット」主演 娘役は土屋太鳳”. Sponichi Annex (2015年8月19日). 2015年8月19日閲覧。
  53. ^ “土屋太鳳&門脇麦「まれ」コンビ再び//”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2015年11月25日). http://www.daily.co.jp/gossip/2015/11/25/0008594445.shtml 2015年11月25日閲覧。 
  54. ^ “日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 東野圭吾 カッコウの卵は誰のもの”. WOWOWオンライン (WOWOW). http://www.wowow.co.jp/dramaw/kakkou/ 2016年1月23日閲覧。 
  55. ^ “田中メカ原作のドラマ「お迎えデス。」堤円は福士蒼汰、阿熊幸は土屋太鳳”. コミックナタリー. (2016年2月18日). http://natalie.mu/comic/news/176575 2016年2月18日閲覧。 
  56. ^ “織田裕二、ディーンフジオカと初共演 9年ぶりTBS連ドラで“天才貴族””. ORICON STYLE. (2016年8月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2077360/full/ 2016年8月26日閲覧。 
  57. ^ “『兄こま』連ドラ化決定 土屋太鳳が片寄涼太らイケメンに愛されまくり”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2086934/full/ 2017年3月29日閲覧。 
  58. ^ “向井理、初バーテンダー役!大泉洋&土屋太鳳と主演3人“演技合戦””. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年3月29日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170329/geo17032905050004-n1.html 2017年3月29日閲覧。 
  59. ^ 制作陣”. TVアニメ「僕だけがいない街」公式サイト. 2015年12月3日閲覧。
  60. ^ “土屋太鳳、『僕だけがいない街』でアニメ声優初挑戦 満島真之介と“2人1役””. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年12月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2063248/full/ 2015年12月26日閲覧。 
  61. ^ “コブクロの新曲「hana」PVに土屋太鳳、松井愛莉、広瀬すずが出演”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ株式会社). (2015年4月20日). http://www.musicman-net.com/artist/46359.html 2016年1月27日閲覧。 
  62. ^ “コブクロ、映画『orange-オレンジ-』の主題歌「未来」PV3本同時公開”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ株式会社). (2015年12月4日). http://www.musicman-net.com/artist/52272.html 2016年1月27日閲覧。 
  63. ^ “土屋太鳳「GReeeeNはやっぱり熱い!」新曲「夢」MV主演に”. MusicVoice (株式会社アイ・シー・アイ). (2016年1月27日). http://www.musicvoice.jp/news/20160127035914/ 2016年1月27日閲覧。 
  64. ^ “土屋太鳳、世界的歌姫SIAのMVで華麗なダンス披露”. スポーツ報知 (株式会社報知新聞社). (2016年3月2日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160301-OHT1T50139.html 2016年3月2日閲覧。 
  65. ^ a b “土屋太鳳、圧巻ダンスMVに反響続々 吉高由里子も感服「カッコよすぎ」”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年3月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2068131/full/ 2016年3月8日閲覧。 
  66. ^ “ねごとMVで土屋太鳳が東京の空を飛ぶ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年8月10日). http://natalie.mu/music/news/244432 2017年8月11日閲覧。 
  67. ^ “土屋太鳳、紅白前の番組でバラエティー初司会「紅白へ“しあわせバトン”をつなぎたい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年12月26日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161226-OHT1T50117.html 2016年12月26日閲覧。 
  68. ^ “土屋太鳳、ダンサーで『紅白』出演 郷ひろみとコラボ”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年12月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2083602/full/ 2016年12月25日閲覧。 
  69. ^ ワザビト〜BRIDGE OF DREAMS〜(TBS)、2015年10月19日閲覧
  70. ^ ザ・プレミアム(日本放送協会)、2015年12月28日閲覧
  71. ^ “土屋太鳳、初挑戦のナレーターで五輪めざすアスリートにエール”. スポーツ報知 (株式会社報知新聞社). (2016年2月20日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160219-OHT1T50114.html 2016年2月20日閲覧。 
  72. ^ 土屋太鳳(女優): 情熱大陸”. 毎日放送. 2016年3月1日閲覧。
  73. ^ 特別映像&WEBラジオ独占配信!僕だけがいない街×dアニメストア”. NTT DOCOMO. 2016年1月25日閲覧。
  74. ^ 土屋太鳳・松井愛莉・広瀬すず、憧れのロッテ「ガーナ」CM出演に感激!”. マイナビニュース (2014年4月14日). 2014年4月21日閲覧。
  75. ^ 羽生結弦が、土屋太鳳と松井愛莉にはさまれて照れまくり!”. web ザテレビジョン (2014年8月27日). 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月1日閲覧。
  76. ^ ““注目”女優3人が手作りチョコに挑戦”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年1月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2047204/full/ 2017年1月18日閲覧。 
  77. ^ “土屋太鳳&松井愛莉&広瀬すず、母の日に感謝! 新CMは「コブクロ」の新曲で”. シネマカフェ (イード). (2015年4月14日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/04/14/30587.html 2017年1月18日閲覧。 
  78. ^ “土屋太鳳、松井愛莉、広瀬すずが手作りチョコで「好き」”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2016年1月13日). http://news.walkerplus.com/article/70780/ 2017年1月18日閲覧。 
  79. ^ “土屋太鳳&松井愛莉&広瀬すず、母の日はサプライズプレゼント!新CM到着”. シネマカフェ (イード). (2016年4月10日). http://www.cinemacafe.net/article/2016/04/10/39569.html 2017年1月18日閲覧。 
  80. ^ “土屋太鳳、思いを寄せる先輩の意外な行動に大慌て”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年1月18日). https://thetv.jp/news/detail/98179/ 2017年1月18日閲覧。 
  81. ^ 土屋太鳳、意味深告白に赤面「大切な人と…アハハ」”. ORICON (2015年9月9日). 2015年9月9日閲覧。
  82. ^ 土屋太鳳がナビゲーターやオペレーターなど1人4役”. RBB TODAY (2014年10月3日). 2014年10月4日閲覧。
  83. ^ “織田裕二と土屋太鳳がCM初共演 事故解決のプロフェッショナルに”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年11月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2062577/full/ 2016年1月2日閲覧。 
  84. ^ “織田裕二さん・土屋太鳳さんが登場する新CMを開始 〜“事故解決のプロフェッショナル”に、示談交渉まですべてお任せください。〜” (プレスリリース), イーデザイン損害保険株式会社, (2015年11月20日), http://www.edsp.co.jp/company/company_010/2015/2015_11_20.html 2016年1月2日閲覧。 
  85. ^ 織田とともに『IQ246〜華麗なる事件簿〜』でも共演している。
  86. ^ “土屋太鳳:CMでリクルートスーツ姿披露 等身大の就活生を熱演 エイブル”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2015年11月20日). http://mantan-web.jp/2015/11/20/20151119dog00m200041000c.html 2015年11月20日閲覧。 
  87. ^ 就活に、自分らしさをプラスする。”. キャリタス就活2017. 株式会社ディスコ. 2015年11月20日閲覧。
  88. ^ “グリーンの看板エイブルの新CMはGReeeeNの書き下ろしが!?2016年1月3日より『始まりの唄』にのせて放映開始!ストーリーは土屋太鳳さんの「あたらしい私」篇と高畑裕太さんの「新生活応援」篇の二本立て” (PDF) (プレスリリース), 株式会社エイブル, (2015年12月28日), http://pdf.irpocket.com/C3272/OumS/dDdt/T8AD.pdf 2016年1月2日閲覧。 
  89. ^ ““いいこと「たんもり」⁉”土屋太鳳がエイブルの新CMで、可愛く“たんもり”力説!” (プレスリリース), 株式会社エイブル&パートナーズ, (2016年12月27日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000016136.html 2017年1月13日閲覧。 
  90. ^ “土屋太鳳、はじけるような笑顔で180°開脚!?”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年4月20日). https://thetv.jp/news/detail/106995/ 2017年4月20日閲覧。 
  91. ^ “JRA新CMに松坂桃李、柳楽優弥、充希&太鳳も”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年12月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1757375.html 2016年12月27日閲覧。 
  92. ^ “土屋太鳳:コミカルな“ちちんぶいぶいダンス”で秩父旅PR 最後はほっこり気分に”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年4月17日). http://mantan-web.jp/2017/04/17/20170416dog00m200025000c.html 2017年4月17日閲覧。 
  93. ^ 平成25年度自殺予防週間”. 内閣府. 2015年6月7日閲覧。
  94. ^ 「がぶ飲み」ブランド全商品刷新、ロックバンド氣志團が頑張る中高生を応援”. マイナビニュース (2014年2月21日). 2014年5月20日閲覧。
  95. ^ 平成26年度全国労働衛生週間実施要領”. 建設業労働災害防止協会 (2014年8月1日). 2015年6月7日閲覧。
  96. ^ 土屋太鳳さんが「ウルトラマンフェスティバル2017」公式サポーターに就任!今年のテーマは「親子の絆」!”. 円谷プロ (2017年5月15日). 2017年5月15日閲覧。
  97. ^ “土屋太鳳:初の教師役に苦戦?「慣れてないから…」 得意の創作ダンスも披露”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年7月6日). https://mantan-web.jp/2017/07/06/20170705dog00m200027000c.html 2017年7月6日閲覧。 
  98. ^ “土屋太鳳、舞台初挑戦! 『プルートゥ PLUTO』2018年に上演決定”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2017年6月23日). http://www.crank-in.net/entertainment/news/50349 2017年6月23日閲覧。 
  99. ^ 第3回ジャパンアクションアワード”. 協同組合 日本俳優連合. 2016年2月10日閲覧。
  100. ^ “武井咲、歓喜!『るろうに剣心』が「第3回ジャパンアクションアワード」MVP作品に決定!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2015年3月20日). http://www.cinematoday.jp/page/N0071642 2016年2月10日閲覧。 
  101. ^ 土屋太鳳、“笑顔”にコンプレックス「迷うことが多かった」”. ORICON STYLE (2015年11月9日). 2015年11月9日閲覧。
  102. ^ DIMEトレンド大賞:2015年は「インバウンド」 外国人旅行客が経済効果”. 毎日新聞 (2015年11月11日). 2015年11月12日閲覧。
  103. ^ “日本アカデミー賞:「海街diary」が最多12部門でノミネート “4姉妹”もそろって選出”. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2016年1月18日). http://mantan-web.jp/2016/01/18/20160118dog00m200015000c.html 2016年1月18日閲覧。 
  104. ^ 土屋太鳳、気合い入れる時は「ボウリング」 『下町ロケット』でも話題に”. ORICON STYLE (2016年1月20日). 2016年1月20日閲覧。
  105. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会. 2016年1月21日閲覧。
  106. ^ Blog of the year 2015”. 株式会社サイバーエージェント. 2016年2月10日閲覧。
  107. ^ “土屋太鳳、BLOG of the year優秀賞に喜び ブログは「読者の方々との文通」”. マイナビニュース (株式会社 マイナビ). (2016年2月8日). http://news.mynavi.jp/news/2016/02/08/244/?rt=top 2016年2月10日閲覧。 
  108. ^ “「クリスマスジュエリー賞」土屋太鳳&カトパン&乃木坂46ら受賞”. ORICON STYLE. (2016年10月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2080571/full/ 2016年10月27日閲覧。 

外部リンク