第48回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第48回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送時間 20:00 - 23:45(215分)
放送期間 1997年12月31日(NHK紅白歌合戦第48回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 和田アキ子(紅組司会)
中居正広(白組司会)
宮本隆治(総合司会)他
音声 ステレオ放送
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第48回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1997年12月31日
放送時間 1997年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第48回NHK紅白歌合戦』(だいよんじゅうはっかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1997年平成9年)12月31日NHKホールで行われた、通算48回目の『NHK紅白歌合戦』。20時から21時25分および21時30分 - 23時45分にNHK生放送された。2部制は採用されていない。

概要[編集]

放送まで[編集]

両組司会は和田アキ子中居正広SMAP)が担当。和田は第39回1988年)以来9年ぶりの紅組司会起用。当時25歳の中居は白組司会の最年少記録を打ち立てた。

総合司会は3年連続で宮本隆治が務めたが、今回は自身初の単独での担当となった(過去2年間は後輩の草野満代と共同での担当)。

今回の司会発表は11月18日に行われた。

当日のステージ[編集]

  • 前回に引き続きオープニングで「乾杯の歌」が使用された。
  • 冒頭で中居は「ド緊張」と書かれた扇子を披露。以後、中居は組司会を担当する際、冒頭で文字の書かれた扇子を披露することが恒例となった。
  • 初出場のSPEEDが紅組トップバッターを担当、女性のみで構成されるグループがトップバッターを務めるのは初めて。
  • フラれて元気」を披露したTOKIOは、一部歌詞を白組を応援するものに変えて歌った。
  • 反町隆史は自身主演のフジテレビ系ドラマ『ビーチボーイズ』の主題歌「Forever」を歌唱。歌唱終了後、反町と『ビーチボーイズ』で共演した竹野内豊が登場し、「紅白出場おめでとう」と祝辞を述べ、握手で激励した。
  • 第1部には長野オリンピックを先駆けたコーナーが設けられた。コーナーのラストには同オリンピックの公式テーマソングであるAGHARTAの「ILE AIYE〜WAになっておどろう〜」が三倉茉奈・佳奈前田愛前田亜季鈴木杏と出場歌手らで大合唱された。
  • 松たか子の歌唱前、和田は松が前回紅組司会を務めたことに触れた後、松が和田に「去年はありがとうございました」、和田が松に「いえいえ、どう致しまして」とのやりとりがそれぞれ交わされた。
  • 伍代夏子の曲前に和田が審査員の吉永小百合に「紅組・白組どちらが優勢でしょうか?」と振ったところ、「去年は松さんが司会で松さんが初々しくて、皆で守ってあげようという雰囲気を感じましたが、今年は和田キャプテンが怖いからということで、紅組に勢いがありますね」と吉永が返した。
  • 森高千里の曲紹介を美川憲一が行った。
  • SMAPは前回に引き続き第2部の先行トップバッターを務め、「ダイナマイト」、「セロリ」のメドレーを披露。なお、SMAPの出番の曲紹介は中居が自ら行った。
  • 華原朋美には、当時彼女の音楽プロデューサーで交際者だった小室哲哉が駆けつけ、ギター演奏+コーラスを担当した。
  • 美川憲一はこの年から、プリンセス・テンコーの協力によりイリュージョンを第53回2002年)まで6回披露している。
  • X JAPANはこの日東京ドームで解散ライブを行い、その後NHKホールに移動して「Forever Love」を歌い解散した。
  • この年還暦を迎えた加山雄三は、白組メンバーのさだまさし(ギター)、西城秀樹(ドラム)、城島茂(TOKIO・ギター)、はたけシャ乱Q・ギター)、まこと(シャ乱Q・ドラム)とスペシャルバンドを結成し、「夜空の星」、「蒼い星くず」などのメドレーを披露した。
  • 由紀さおり安田祥子は「トルコ行進曲」を「ダバダバ」とハミング歌唱。
  • 森進一はこの年、北海道えりも町に自身の歌う銅像が建った記念に「襟裳岬」を歌唱した。
  • 和田アキ子の歌唱前、松が和田の曲紹介を行った。
  • この年デビュー5周年を迎え、結婚・妊娠を発表、本紅白を最後に産休に入る安室奈美恵が「CAN YOU CELEBRATE?」(同曲で2年連続で日本レコード大賞受賞)で紅組トリを飾り、注目を集めた。
  • 白組トリおよび大トリは五木ひろしが担当し、翌1998年2月の直前に迫った長野オリンピックへの賛歌として、五木が当地・長野県を舞台にして1975年に発表した「千曲川」を歌唱。同曲発表年の第26回でも五木は同曲を自身初の白組トリを務めた際にも歌唱しており、紅白で2回目の披露となった。
  • 白組が優勝し、紅白両軍では第25回1974年)以来23年ぶり、白組単独では第13回1962年)以来35年ぶりに3連勝を達成した。

その他[編集]

司会者[編集]

演奏[編集]

審査員[編集]

大会委員長[編集]

  • 河野尚行・NHK放送総局長

出場歌手[編集]

紅組 白組
曲順 歌手 曲順 歌手
第1部
2 SPEED(初) White Love 1 T.M.Revolution(初) WHITE BREATH
4 広末涼子(初) 大スキ! 3 TOKIO(4) フラれて元気
6 岩本公水(初) 涙唱 5 反町隆史(初) Forever
8 中村美律子(5) 人生桜 7 鳥羽一郎(10) カサブランカ・グッバイ
10 Every Little Thing(初) Shapes Of Love 9 山川豊(5) 酒場のろくでなし
12 香西かおり(6) 人形(おもちゃ) 11 堀内孝雄(10) 愛しき日々
ショーコーナー・98ナガノ
13 松たか子(初) 明日、春が来たら 14 シャ乱Q(3) パワーソング
15 伍代夏子(8) 憂愁平野 16 藤井フミヤ(5) Go the Distance
17 森高千里(6) SWEET CANDY 18 前川清(7) 薔薇のオルゴール
19 長山洋子(4) たてがみ 20 南こうせつ(5) うちのお父さん
第2部
22 華原朋美(2) Hate tell a lie 21 SMAP(7) ダイナマイトセロリ![4]
24 MAX(初) Give me a Shake 23 GLAY(初) HOWEVER
26 Le Couple(初) ひだまりの詩 25 郷ひろみ(18) お嫁サンバ'97[5]
ショーコーナー・ありがとう1997ショー
27 DREAMS COME TRUE(8) PEACE! 28 西城秀樹(14) moment
29 天童よしみ(2) 珍島物語 30 美川憲一(14) 慕情
31 オーロラ・輝子(河合美智子)(初) 夫婦みち 32 河村隆一(初) Love is...
33 小林幸子(19) 幸せ 34 X JAPAN(5) Forever Love
35 由紀さおり安田祥子(6) トルコ行進曲 36 さだまさし(9) 秋桜
37 藤あや子(6) うたかたの恋 38 吉幾三(12) 津軽平野
39 森山良子(7) さとうきび畑 40 加山雄三(13) 若大将 '97スペシャル[6]
41 坂本冬美(10) 大志(こころざし) 42 谷村新司(11) 櫻守
43 都はるみ(29) 海峡の宿 44 細川たかし(23) 冬の宿
45 石川さゆり(20) 天城越え 46 森進一(30) 襟裳岬
47 和田アキ子(21) 48 北島三郎(34)
49 安室奈美恵(3) CAN YOU CELEBRATE? 50 五木ひろし(27) 千曲川

「98ナガノ」の曲目・歌手

「ありがとう1997ショー」の曲目・歌手

選考を巡って[編集]

今回の出場歌手の選考に際しては、同年NHK放送文化研究所が実施した世論調査の結果が反映され、前回出場した小沢健二ウルフルズは紅白出場への支持の低さにより落選し、逆に支持の高かった広末涼子西城秀樹反町隆史の出場が決定した[7]。この年「白い雲のように」が大ヒットした猿岩石も支持の低さにより落選した[8]。前回まで3年連続で出場(通算34回)した島倉千代子も落選[8]

この年CDデビューを果たし、「硝子の少年」「愛されるより 愛したい」が大ヒットしたKinKi Kidsは大晦日に東京宝塚劇場で公演を行うことを理由に出場辞退した[8]TOKIOの出場を優先させるため辞退したという説もある[8]

前回初出場したglobeはメンバーの小室哲哉が年末海外にいるという理由で出場辞退[8](ただし、小室はゲスト出演している)。相川七瀬も出場辞退[8]松田聖子は映画出演のため出場辞退[8]

前回初出場したJUDY AND MARYは同ボーカルYUKIが喉のポリープの摘出手術を受けるため辞退した[8]

松任谷由実(この年デビュー25周年)、井上陽水などには、NHKが最初からオファーしなかった[8]

前年下期の連続テレビ小説ふたりっ子』で河合美智子が扮した歌手「オーロラ・輝子」が、実際に挿入歌を発売したところ大ヒットになり紅白に出場(ドラマの劇中でも紅白に出場していた。ただし劇中紅白では「まごころの橋」を歌唱)。『ふたりっ子』の共演者が応援に駆けつけ、曲紹介もその中の1人である段田安則によって行われた(劇中でオーロラ・輝子は死亡したため、段田は「オーロラ・輝子は紅白の舞台に甦りました」と述べた)。

前回の紅組司会で、この年CDデビューを果たした松たか子が初出場(前回の組司会担当者が翌年歌手として初出場するケースは初めて)。

前回落選した香西かおり西城秀樹第46回1995年)以来2年ぶり出場を果たす。

SHAZNAはこの年デビューし「Melty Love」「すみれ September Love/C'est la vie」がヒットし多大な人気を得たものの紅白出場は果たせなかったが、メンバーのIZAMのヘアスタイルのかつらをシャ乱Qのたいせー(現:たいせい)が鳥羽一郎のバックコーラスの際に被った。

ゲスト出演者[編集]

演奏ゲスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「ポケモン」紅白落選、ZAKZAK、1997年12月18日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  2. ^ サッカー選手は紅白が嫌い?、ZAKZAK、1997年12月25日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  3. ^ 厳密には仁左衛門名義は翌月の襲名披露からで放送時点では「片岡孝夫」だった。
  4. ^ 「セロリ」「ダイナマイト」のメドレー
  5. ^ 「お嫁サンバ」「マイレディー」「よろしく哀愁」のメドレー
  6. ^ 夜空の星」「ブラック・サンド・ビーチ」「蒼い星くず」のメドレー
  7. ^ 読売新聞』1997年12月4日付東京夕刊、13頁。
  8. ^ a b c d e f g h i 紅白「あの人がいない!」、ZAKZAK、1997年11月28日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)

参考文献[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

外部リンク[編集]