生田斗真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いくた とうま
生田 斗真
生年月日 1984年10月7日(31歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道室蘭市[1]
(出身地は北海道登別市
身長 175 cm[2]
血液型 A型
職業 俳優タレント
ジャンル テレビドラマ舞台バラエティ映画
活動期間 1996年[3][4] -
活動内容 1996年度:『天才てれびくん
著名な家族 生田竜聖フジテレビアナウンサー
主な作品
テレビドラマ
魔王
魔女裁判
ウロボロス
映画
人間失格
源氏物語 千年の謎
僕等がいた
脳男
土竜の唄

生田 斗真(いくた とうま、1984年10月7日 - )は、日本俳優タレント

北海道登別市出身(出生地は北海道室蘭市[1])。ジャニーズ事務所所属。フジテレビアナウンサー生田竜聖[5]

来歴[編集]

1996年2月[3]天才てれびくん』とジャニーズ事務所のオーディションに同時に合格して芸能界入り[要出典]SMAPファンの母親が「SMAPに会えるかも」と考えたことをきっかけに、ジャニーズ事務所に入所し、ジャニーズJr.として活動を開始する[3]。その2か月後から[3]2年間、NHK『天才てれびくん』に、てれび戦士として出演。番組の企画でウエンツ瑛士とバンドを組んで「ストロベリーパフェ」というグループ名でCDデビューもした[6]

1997年朝の連続テレビ小説あぐり』およびフジテレビ系バラエティ番組『中居正広のボクらはみんな生きている』への出演により、知名度を高める[要出典]

舞台中心の活動していたが、2007年夏に放送されたフジテレビ系テレビドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』に中津秀一役で出演したことにより知名度を高め、注目されるようになる[4]。同作では第54回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞・助演男優賞と第11回日刊スポーツ・ドラマグランプリ・助演男優賞を受賞した。

2010年8月31日、生田単体の公式サイトが開設され、事実上のジャニーズJr.卒業となる。

2011年、主演映画『人間失格』と『ハナミズキ』でジャニーズ初のキネマ旬報ベストテン新人男優賞[7]ブルーリボン賞新人賞[8][9]を受賞した。

人物[編集]

受賞歴[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ番組[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

舞台[編集]

コンサート[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

  • ちゃぱら☆Fight ジャニーズJr.の月曜日(1999年4月 - 9月、文化放送)
  • DOKI2 アフタースクール(1998年4月 - 2002年3月、ニッポン放送)
  • 生田斗真のオールナイトニッポン(2007年12月14日、ニッポン放送)
  • 生田斗真のオールナイトニッポンGOLD(2012年11月23日、ニッポン放送)

ネット配信[編集]

  • 生田斗真のトマゴト(2005年11月4日 - 2006年2月3日、Johnny's Web)連載
  • トマゴト改(ハイパー)(2006年9月1日 - 2007年3月1日、Johnny's Web)連載
  • MAとの合同企画「禁断のトMAゴト」(2006年12月25日 - 2007年3月6日、Johnny's Web)連載
  • トマゴト超(ネオ)(2007年6月15日 - 10月31日、Johnny's Web)連載
  • トマゴト(2008年1月7日 - 2009年12月31日、Johnny's Web)連載
  • 生田斗真の部屋(2010年1月1日 - 、Johnny's Web)連載

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

  • 生田斗真の生きた言葉(『Wink Up』2003年12月号 - 2010年4月号、ワニブックス
  • さらば、紅い髪のエイリアン(『+act.(プラスアクト)』2010年7月号 -2015年11月号、ワニブックス)
  • 紅い髪のエイリアン2(『+act.(プラスアクト)』2015年12月号 -、ワニブックス)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『ポポロ』(2008年3月号)ほか[要ページ番号]
  2. ^ PROFILE(生田斗真) - Johnny's web”. 2016年9月閲覧。
  3. ^ a b c d “生田斗真、20年前のジャニーズ入り経緯告白「SMAPに会えるんじゃないかと…」”. DAILY SPORTS ONLINE. (2016年8月9日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/08/09/0009370796.shtml 2016年9月18日閲覧。 
  4. ^ a b c 生田斗真 (2016年7月29日). 生田斗真「中堅になったぜ!」変化を経て…30代で芽生えた意識「それくらいしかできない」 モデルプレスインタビュー. (インタビュー). モデルプレス.. http://mdpr.jp/interview/detail/1601590 2016年9月18日閲覧。 
  5. ^ 生田斗真の弟・生田竜聖アナ かぶりものデビュー”. Sponichi Annex (2011年5月22日). 2011年5月23日閲覧。
  6. ^ 生田斗真、“CDデビュー”の過去明かす ウエンツ瑛士とバンド結成していた”. ORICON STYLE (2016年6月22日). 2016年9月18日閲覧。
  7. ^ 2010年 第84回キネマ旬報ベスト・テン結果発表”. キネマ旬報社. 2011年2月8日閲覧。
  8. ^ 生田斗真、ジャニーズ初ブルーリボン賞”. デイリースポーツ (2011年1月26日). 2011年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月8日閲覧。
  9. ^ “異端児”生田斗真、ジャニーズ初受賞…ブルーリボン賞”. スポーツ報知 (2011年1月26日). 2011年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月8日閲覧。
  10. ^ 生田斗真 (2016年9月17日). 生田斗真、新感線に牽引され今は「天職」「Vamp Bamboo Burn〜~ヴァン!バン!バーン!〜」主演(2/3ページ). インタビュアー:亀岡典子. 産経ニュース.. http://job.rikunabi.com/2011/media/sj/work/business/business_vol10.html 2016年9月18日閲覧。 
  11. ^ マイナビニュース (2014年8月9日). “生田斗真、『ウロボロス』で小栗旬と8年ぶり共演「この作品で爆発したい!」”. 2014年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月9日閲覧。
  12. ^ 生田斗真が光源氏に!角川映画で実現”. asahi.com朝日新聞社) (2010年8月3日). 2010年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月5日閲覧。
  13. ^ “生田斗真が荻上直子の新作でトランスジェンダーの介護士演じる、恋人役は桐谷健太”. 映画ナタリー. (2016年3月21日). http://natalie.mu/eiga/news/180532 2016年3月22日閲覧。 
  14. ^ “劇団☆新感線「Vamp Bamboo Burn」宮藤官九郎が当て書き、“無様”な生田斗真も”. ステージナタリー. (2016年6月18日). http://natalie.mu/stage/news/190191 2016年9月21日閲覧。 

外部リンク[編集]