大相似形テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大相似形テレビ!!
ジャンル バラエティ番組
構成 沢口義明、矢頭浩、浜田悠、小山薫堂
ディレクター 李闘士男、佐藤浩仁
小澤太郎藤井淳、中村靖、黒田計彦(以上ロケ)
演出 菅原正豊(総合)
司会者 堺正章
楠田枝里子
審査員 和田アキ子
ほか
ナレーター 内海賢二関口伸沼尾ひろ子
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
製作
プロデューサー 小杉善信
新国誠
製作 日本テレビ
放送
放送チャンネル日本テレビ系列
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1992年10月24日 - 1992年12月26日
放送時間土曜 19:00 - 19:54
放送分54分
回数10回
テンプレートを表示

大相似形テレビ!!』(だいそうじけいテレビ)は、日本テレビ系列局ほかで放送された日本テレビ製作のバラエティ番組。全10回。製作局の日本テレビでは1992年10月24日から同年12月26日まで、毎週土曜 19:00 - 19:54 (JST) に放送。

概要[編集]

「似ていること」をエンターテインメント化していた番組で、似ている有名人同士や、人とモノ、モノ同士など、あらゆるパターンの面白い相似形を紹介する内容だった。エジプトタイ香港など海外発のもの、江戸時代の資料などからのそっくりネタなどが登場していた。タレント、有名人などからなるパネラー(審査員)は、それらが本当に似ているのかどうかを「IPPON」(一本)、「W-ARI」(技あり)、「TAIJO」(退場)のいずれかで評価するようになっていた。そして「IPPON」は1点、「W-ARI」は0.5点、「TAIJO」は-1点として計算し、合計が3点以上で合格、賞金3万円を獲得、また全員が「IPPON」だったら賞金10万円を獲得、逆に全員が「TAIJO」だったら「和田アキ子の手形」が賞品となる。

1992年11月21日放送の回で「顔面ミックスマシン(顔面変化マシン)」を登場させたり、「早押し顔面合成クイズ」や、音楽のそっくりネタなど、新企画を導入してテコ入れを図ろうとした[1]ものの、わずか2か月半で終了した。この番組の放送回数10回は、1時間枠時代のこの枠で放送された番組の中では『全員出席!笑うんだってば』の9回に次ぐワースト記録である。最終回においては出演者がそれらしきコメントを一切行っておらず、その旨は後付けのナレーションのみで伝えられた。終了した理由としてそもそもそんなに似てる人がいないと分かり、最終的には無理をしている感じの放送もあった。

その後、2003年8月に日本テレビ開局50周年記念特番として放送された『ダウンタウンのバラエティ50年史』や、2019年3月23日に放送された『月曜から夜ふかし 平成のテレビ問題大精算スペシャル』の中で、短命で終了した番組の1つとして紹介された。

出演者[編集]

司会[編集]

パネラー[編集]

ナレーター[編集]

テーマ曲[編集]

  • 恋のフリフリ(GO-BANG'S) - この曲の1番ではなく、「だけどあなたは大相似形」という歌詞が出てくる2番が使われていた。特に「フリフリフ」の部分はジングルとして多用された。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1992年11月21日当日の各新聞テレビ欄より。
日本テレビ 土曜19時枠
前番組 番組名 次番組
大追跡(第2期)
大相似形テレビ