堀内孝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
堀内 孝雄
出生名 堀内 孝雄
別名 ベーヤン
生誕 1949年10月27日(66歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市阿倍野区
学歴 京都産業大学中退
ジャンル J-POP
ニューミュージック
演歌・歌謡曲
歌謡フォーク
ニューアダルトミュージック
職業 ギタリスト
歌手
作曲家
担当楽器 ギター
ボーカル
活動期間 1971年 -
レーベル 東芝EMI
(1972年 - 1979年)
ポリスター
(1980年 - 1995年)
Y.J.サウンズ
(1995年 - 1997年)
zetima
(1998年 - 2004年)
Rice Music
(2005年 - )
事務所 アップフロントクリエイト
共同作業者 アリス
荒木とよひさ
川村栄二
ブラザーズ5
公式サイト 堀内孝雄 公式ホームページ

堀内 孝雄(ほりうち たかお、1949年10月27日 - )は、日本歌手作曲家俳優タレントアリスのメンバー。愛称は「ベーヤン」。大阪市阿倍野区出身。大衆食堂を営む家の3人兄弟の末っ子として生まれる。血液型はO型。桃山学院高等学校卒業、京都産業大学中退。所属事務所アップフロントクリエイトアップフロントグループ)。

来歴[編集]

1971年12月25日谷村新司と堀内孝雄が西心斎橋二丁目にあるビジネスホテル・大阪帝国ホテルの一室にて、矢沢透が合流することを前提に「アリス」を結成。翌1972年3月5日シングル走っておいで恋人よ」でデビュー。同年5月5日に矢沢が正式に合流し、晴れて現在のアリスとなる。「遠くで汽笛を聞きながら」「冬の稲妻」「ジョニーの子守唄」「夢去りし街角」「秋止符」など、数々の曲を生み出した。

その傍らでソロ歌手としても活動、「君のひとみは10000ボルト」や、滝ともはるとのデュエット曲「南回帰線」(売上40万枚[1])などを大ヒットさせている。アリス活動停止後はソロ歌手として、ニューアダルトミュージック、そして演歌・歌謡曲路線に転向後、「愛しき日々」、「恋唄綴り」、「影法師」など数々のヒット曲を出した。歌手活動のほかにも作曲家として楽曲の提供(山口百恵の「愛染橋」、五木ひろしの「山河」など)や、俳優・タレントとしても活躍している。

1980年代には、「堀内孝雄&ケインズ」を結成し「逆光線」などをリリース。1980年代後半からは徐々に演歌・歌謡曲路線へ転向。

1988年にリリースされた「ガキの頃のように」が、テレビ朝日系列で放映されていた刑事ドラマ『はぐれ刑事純情派』の主題歌に起用され、以降、最終シリーズまでの全18シリーズにわたって、シリーズごとに主題歌を変更しながら継続して起用され、役者としても『はぐれ刑事純情派』の劇中に度々ゲスト出演していた。また、『さすらい刑事旅情編』のPART1、PART2の主題歌にも採用された。

1990年には、「第32回日本レコード大賞」において、「恋唄綴り」で、日本レコード大賞を受賞。

2001年末の「第52回NHK紅白歌合戦」では、同じ大阪府出身で親友だった河島英五(同年4月、48歳で病死)の代表曲「酒と泪と男と女」を終始男泣きしながら熱唱披露した。

2004年11月、松浦亜弥CMで共演。12月16日に横浜国際総合競技場で開催された、サッカーの国際試合日本代表ドイツ代表戦の試合前に国歌独唱を務めた。

2014年、杉田二郎ばんばひろふみ高山厳因幡晃とブラザーズ5を結成。

人物[編集]

「ベーヤン」というニックネームは、「堀内」と言う名前から苗字が似ている「堀部安兵衛」のベエからいつの間にか気づいたら呼ばれていたと言う(本人談)。

高校では、軽音楽部に所属。「べー」と呼ばれていた。

髭と唄の最後の「サンキュー!」または「ありがとうございましたー!」がトレードマーク。 清水アキラらがものまねする時そのフレーズを頻繁に歌う前と終わった後に連呼している。

嫌いな食べ物は漬物、好きな食べ物はメロンパン。ゲーム好きである。

やしきたかじんとは桃山学院高等学校の時の同級生であり、『やしき』、『ベーヤン』と呼び合う仲であった。ちなみにたかじんが新聞部部長、堀内が軽音楽部部長(後輩部員として桐野丈二郎が在籍)であった。20代後半の頃、売れない歌手を続けていたたかじんは当時生活していた東京で堀内と再会する。「今アリスやってるねん」と近況を話した堀内に対して、まさか同級生が当時売り出し中のグループのメンバーであるとは思いもしなかったたかじんは、堀内がアダルト向け書籍(ビニホン)のアリス出版で働いているものと勘違いし「お前ええ歳してもう少し真面目な仕事せんかあ!!」と説教をしたと言う逸話がある。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 君のひとみは10000ボルト(1978.8.5)
    • この曲によって「君の10000ボルト(あるいは100万ボルト)の瞳」という言葉が流行した。
  2. 忘れな詩(1979.9.5)
  3. 南回帰線(1980.4.25)
  4. デラシネ(1980.9.5)
  5. 裸樹(1980.12.20)
    • フジTV系『本郷菊坂赤門通り』主題歌
  6. 青春まよい人(1981.4.5)
    • 仁丹スペッキーCMソング
  7. Don't Stop My Love(1982.4.5)
    • 東芝テレビ「コア」CMソング
  8. 冬の蝶(1982.12.5)
  9. 少年達よ(1983.3.25)
  10. 不思議なパートナー(1983.7.10)、ジューシー・フルーツ奥野敦子とのデュエット曲
  11. I LOVE OSAKA(1983.8.21)
  12. 逆光線(1984.4.21)
  13. センチメンタル・ウインド(1984.10.25)
  14. 憧れ遊び(1985.12.1)
  15. 言い古されても(1986.5.25)
  16. ハンリーラ(1986.6.21)
  17. 愛しき日々(1986.10.25)
  18. 青春(ゆめ)追えば(1986.12.27北海道地区限定発売)(1987.5.25全国発売)
    • ホクレン'86お歳暮ギフトキャンペーンイメージソング
    • 86年盤と87年盤ではB面が異なる、当初はカラオケが収録されていたが、87年盤ではB面は『あの頃の微笑』である。レコード番号もそれぞれ異なるが、表紙の写真は同じ物を使用している。
  19. 遥かな轍(1987.11.25)
    • 日本テレビ系年末時代劇『田原坂』主題歌
  20. ガキの頃のように(1988.5.25)
  21. 野郎たちの挽歌(1988.12.1)
  22. 冗談じゃねえ(1989.5.25)
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌
  23. 愛さずにいられない(1990.1.1)
  24. 川は泣いている(1990.1.1)
  25. 今日も最高やねェ!-浪花に夢の風が吹く-(1990.3.25) 朝日放送創立40周年記念イメージソング。他に岡元昇宮根誠司が歌ったバージョンもある。その後「恋唄綴り」のカップリングにも収録。
  26. 恋唄綴り(1990.4.25)
    • 元々は麻生詩織への提供曲だった。カップリングには「今日も最高やねェ!-浪花に夢の風が吹く-」を収録。
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌
    • 日本レコード大賞受賞曲
  27. 青春でそうろう(1990.12.21) 作詞の多夢星人とは阿久悠の別名
    • 年末ドラマ『勝海舟』(日本テレビ)テーマ曲
  28. さよならだけの人生に(1991.5.25)
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌
  29. 恋文(1991.12.1)
    • 年末ドラマ『源義経』(日本テレビ)テーマ曲。
  30. 遠き日の少年(1991.12.1) テレビ東京系正月時代劇 スペシャル『天下の副将軍・水戸光圀 徳川御三家の激闘』主題歌
  31. 都会の天使たち(1992.3.11)
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌、桂銀淑とのデュエット曲
  32. 影法師(1993.4.25)
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌
  33. 波の調べに(1993.12.1)
  34. 夢の道草(1994.3.25)
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌
  35. 永遠に―翼をあげよう―(1994.8.25)
    • 関西地区限定発売、関空イメージソング
  36. 夢酔枕(1995.1.25)
  37. 東京発(1995.4.26)
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌
  38. 悲しい乾杯(1995.10.25)
  39. 酔いれんぼ(1996.3.25)
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌
  40. 愛が見えますか(1997.2.26)
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌
  41. 坂道(1997.11.6)
    • テレビ朝日系時代劇スペシャル「赤ひげ」主題歌
  42. 竹とんぼ(1998.3.18)
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌
  43. カラスの女房(1998.11.21)
  44. 続・竹とんぼ ―青春のしっぽ―(1999.3.20)
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌
  45. いいじゃない(2000.3.23)
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌
  46. 時代屋の恋(2001.3.23)
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌
  47. かくれんぼ(2002.3.20)
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌
  48. 灯(ともしび)(2002.10.30)
  49. 河(2003.3.19)
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌
  50. カラスの女房(ニューバージョン)(2004.4.28)
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌
    • 元々は、中澤裕子への提供曲であった。
  51. ふたりで竜馬をやろうじゃないか(2005.4.20)
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌、五木ひろしとのデュエット曲。
    • すぎもとまさと作曲。後にすぎもと自身が湯原昌幸とのデュエット〔「ルービー・ブラザーズ」名義〕でセルフカバーしている。
  52. 不忍の恋(2006.4.26)
    • ドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌
  53. 男が抱えた寂しさ(2007.6.13)
  54. 置き手紙(2008.4.23)
    • 藤本美貴との競作。51.同様すぎもとまさと作曲。
  55. 大事な人(2009.3.25)
  56. 愛すべき男たち(2010.4.23)
    • 39周年記念シングル。
  57. 倖せの求め方(2010.10.27)
    • 友近&堀内孝雄
  58. 面影橋(2011.4.27)
  59. 笑うは薬(2012.5.9)
  60. 人生雨のち時々晴れ(2015.3.18)

ベストカップリングシリーズ[編集]

2009年10月28日発売

  1. 愛しき日々
  2. ガキの頃のように
  3. 恋唄綴り
  4. 影法師
  5. 竹とんぼ

アルバム[編集]

  1. 言葉にならない贈り物(1975.10.5)
  2. 忘れかけていたラブ・ソング(1977.3.5)
  3. あいつが死んだ晩(1978.9.5) オリコン1位獲得。
  4. ソング・フォーエバー(1979.9.5)
  5. デラシネ(1980.6.25)
  6. DAY BREAK(1982.4.5)
  7. I A.M. P.M.(1983.5.25)
  8. CANES ―ON THE SAME ROAD―(1984.5.1)
  9. ブラウン(1986.10.25)
  10. 愛しき日々(1987.3.1)
  11. Fall In Love Again(1987.11.25)
  12. DEAR FRIEND/BEST SONGS(1988.5.25)
  13. BEST OF BEST(1988.12.1)
  14. HELLO FORTY(1989.6.1)
  15. FIRST(1990.5.25)
  16. ニュー・ベスト(1990.10.25)
  17. ジェンツ(1991.6.1)
  18. テイスティー(1991.6.5)
  19. カプチーノ(1992.5.25)
  20. 影法師(1993.5.26)
  21. 夢の道草(1994.4.25)
  22. 東京発(1995.5.25)
  23. 酔いれんぼ(1996.4.25)
  24. 愛が見えますか(1997.4.25)
  25. 竹とんぼ(1998.3.30)
  26. 青春のしっぽ(1999.4.14)
  27. 風のレジェンド(2000.4.12)
  28. MOON(2001.4.11)
  29. 永遠の夏(2002.4.10)
  30. 河(2003.4.23)
  31. 縁(2004.9.9)
  32. 男達のララバイ(2005.7.13)
  33. OLD&NEW(2006.5.31)
  34. いつまでもラブソング(2007.6.27)
  35. OLD FRIENDS(2008.5.21)

記念アルバム[編集]

  1. 30th ANNIVERSARY BEST(2001.6.20)
    • 30周年記念アルバム。
  2. Thank you!~愛すべき男たち~(2010.8.4)
    • 39周年記念アルバム。
  3. 40周年記念ベストセレクション~時の流れに~(2011.10.26)
    • 40周年記念アルバム。

NHK みんなのうた[編集]

主な楽曲提供[編集]

いずれも作曲。

出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

2000年の第51回、2005年の第56回、2009年の第60回は、アリスとして出場。

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1988年(昭和63年)/第39回 ガキの頃のように 07/21 桂銀淑 (1)
1989年(平成元年)/第40回 2 冗談じゃねえ 16/27 坂本冬美
1990年(平成2年)/第41回 3 恋唄綴り 16/29 大津美子
1991年(平成3年)/第42回 4 愛しき日々(初選出) 20/28 八代亜紀
1992年(平成4年)/第43回 5 都会の天使たち 19/28 桂銀淑(2)
1993年(平成5年)/第44回 6 影法師 18/26 桂銀淑(3)
1994年(平成6年)/第45回 7 夢の道草 05/25 伍代夏子
1995年(平成7年)/第46回 8 東京発 03/25 長山洋子
1996年(平成8年)/第47回 9 遠くで汽笛を聞きながら 21/25 島倉千代子
1997年(平成9年)/第48回 10 愛しき日々(2回目) 06/25 香西かおり
1998年(平成10年)/第49回 11 竹とんぼ 15/25 川中美幸
1999年(平成11年)/第50回 12 続・竹とんぼ―青春(ゆめ)のしっぽ― 09/27 Kiroro
2001年(平成13年)/第52回 13 酒と泪と男と女 24/27 石川さゆり
2002年(平成14年)/第53回 14 かくれんぼ 05/27 藤あや子
2003年(平成15年)/第54回 15 10/30 石原詢子
2004年(平成16年)/第55回 16 カラスの女房 06/28 川中美幸(2)
2006年(平成18年)/第57回 17 愛しき日々(3回目) 08/27 平原綾香

ラジオ番組[編集]

  • 堀内孝雄のミュージック・イン・キャンパス(1979年 - 1980年、ニッポン放送

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、567頁。ISBN 978-4-636-82548-0

関連項目・人物[編集]

外部リンク[編集]