前田愛 (女優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まえだ あい
前田 愛
本名 波野愛(旧姓:前田)
生年月日 (1983-10-04) 1983年10月4日(40歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 157 cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 1993年 -
配偶者 六代目 中村勘九郎
著名な家族 前田亜季(実妹)
三代目 中村勘太郎(長男)
二代目 中村長三郎(次男)
二代目 中村七之助(義弟)
主な作品
テレビドラマ
はみだし刑事情熱系』シリーズ
ベストフレンド
光の帝国
映画
ガメラ3 邪神<イリス>覚醒
バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】
テンプレートを表示

前田 愛(まえだ あい、1983年10月4日 - )は、日本女優。所属事務所はファーンウッド。

東京都出身。桜美林高等学校青山学院大学国際政治経済学部卒業。

実妹は女優の前田亜季であり、共演も多数。夫は歌舞伎俳優の六代目中村勘九郎。義弟は歌舞伎俳優の二代目中村七之助

略歴[編集]

人物[編集]

  • 自他共に認める童顔。後頭部を刈り上げたショートヘアスタイルがトレードマークだった。また幼少期は、その短い髪の毛や、ズボンキュロットを着用する事が多かったため、男の子と間違われることもあったという。
  • 1994年より出演の 『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ)の生徒役で人気を集め、当時流行したジュニアアイドルとしてブレイク。後に「Pretty Chat」を組む浜丘麻矢野村佑香大村彩子と「チャイドル四天王」と呼ばれる事もあった。
  • 『あっぱれさんま大先生』のルーツはさんまと中村勘三郎ラジオ番組でのやり取りであったが、結婚後に勘三郎とは義理の父の関係となり「こんな巡り会わせがあるの」とその事実を知り驚いた[1]。『あっぱれ』は2023年7月1日放送の同窓会スペシャルにもビデオ出演している[1]

出演[編集]

※役名の太字は主演や主要人物。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

ラジオ[編集]

テレビアニメ[編集]

アニメ映画[編集]

ゲーム[編集]

舞台[編集]

  • LOVE LETTERS CHRISTMAS SPECIAL(2003年)

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

CD[編集]

シングル[編集]

  • the Beautiful World 2003年6月18日(キノの旅 テレビシリーズエンディングテーマ)オリコン40位
  1. the Beautiful World[4:45]
    作詞:時雨沢恵一/補作(詞・曲):わたなべもも/作曲・編曲:酒井良
  2. CALL BACK YESTERDAY[4:41]
    作詞:前田愛/補作(詞・曲):Jim Steele/作曲:山口由子/編曲:坂下正俊
  3. the Beautiful World (VOCAL LESS)[4:46]
  4. CALL BACK YESTERDAY (VOCAL LESS)[4:37]

ミニアルバム[編集]

  • night fly 2005年3月16日 オリコン297位
  1. 夏の終わり[4:43]
  2. Cleansing[4:39]
  3. Night Flight[4:07]
  4. やさしい月[4:39]
  5. はじまりの日[4:43]
    アニメ映画「キノの旅 何かをするために -life goes on」エンディングテーマ
  6. the Beautiful World[4:41]

CD-ROM写真集[編集]

  • 前田愛 歯医者と私とみずねずみ
  • 前田愛 デスクトップマスコット
  • 前田愛のDIARIES

書籍[編集]

写真集[編集]

  • ガラスの動物園(1996年、英知出版
  • 1311(1997年、ワニブックス) - 前田亜季と姉妹共作。
  • 放課後の天使たち(1997年、ワニブックス)
  • 恋写「あい」(1998年、TIS) - 前田亜季の写真集“恋写「あき」”と併せて姉妹共作となる。
  • 前田愛 in GAMERA3 写真集(1999年、秋田書店
  • まるごと愛 - 前田愛パーフェクトブック(2000年、学習研究社
  • 眠り姫(2001年、ワニブックス)
  • Luv XXX(2002年、秋田書店) - DVD付き写真集
  • 前田愛 in バトル・ロワイヤルII(2003年、秋田書店)

雑誌[編集]

  • ピチレモン(20世紀末、学研パブリッシング) - ピチモとしても活動。
  • 山下シオン(編)「わたしのきもの愛:前田愛 子供たちが元気になる応援の装いを」『きものSalon 2020-21秋冬号』、世界文化社、2020年10月1日、36-39頁、ISBN 978-44182012112023年12月17日閲覧 ※9月1日発売。
2021年春開始の連載:「前田 愛さんのきもの暦」
  1. 桜を纏う」『きものSalon 2021春夏号』2021年4月1日、76-79頁、ISBN 978-4418211050 
  2. 「正月を寿ぐ」『2021-2022秋冬号』2021年10月1日、92-95頁、ISBN 978-4418211319 
  3. 「涼夏を彩る」『2022春夏号』2022年4月1日、128-131頁、ISBN 978-4418221035 
  4. 「銀杏文様を装いに生かす」『2022-2023秋冬号』2022年10月1日、126-129頁、ISBN 978-4418221257 
  5. 「夏のお洒落を涼やかに」『2023春夏号』2023年4月1日、126-129頁、ISBN 978-4418231072 
  6. 「幸せを呼ぶ休日きもの」『2023-24秋冬号』2023年10月1日、124-127頁、ISBN 978-4418231256 

脚注[編集]

外部リンク[編集]