カミュなんて知らない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カミュなんて知らない
監督 柳町光男
脚本 柳町光男
出演者 柏原収史
吉川ひなの
前田愛
音楽 清水靖晃
撮影 藤澤順一
編集 吉田博
製作会社 「カミュなんて知らない」製作委員会
配給 ワコー、グアパ・グアポ
公開 日本の旗 2006年1月14日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

カミュなんて知らない』(カミュなんてしらない)は、2006年公開の日本映画である。柳町光男監督。2005年カンヌ国際映画祭出品作品。2005年ニューヨーク映画祭出品作品。PG-12指定。

あらすじ[編集]

大学の文学部の「映画ワークショップ」で実際にあった「高校生による老婆殺人事件」を題材に映画を製作することになった学生たちの群像劇。「人を殺してみたかった」という高校生の心理を「正常」か「異常」かで学生たちが激論を交わす。

特徴[編集]

ロバート・アルトマン監督『ザ・プレイヤー』を意識した6分40秒の長回しでトップシーンが始まる。

出演者・スタッフ[編集]

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:柳町光男
  • 音楽:清水靖晃
  • 特別協力:立教大学
  • 製作:「カミュなんて知らない」製作委員会(プロダクション群狼、ワコー、Bugs film)
  • 配給:ワコー、グアパ・グアポ

受賞[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]