木内晶子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きのうち あきこ
木内 晶子
本名 木内 晶子
別名義 nanami
生年月日 (1981-09-02) 1981年9月2日(35歳)
出生地 日本の旗 日本香川県高松市
血液型 O
職業 女優歌手
活動期間 1998年 -
事務所 nanami office
公式サイト Akiko Kinouchi Official Web Site
主な作品
映画
踊る大捜査線 THE MOVIE』『GTO
テレビドラマ
PU-PU-PU-』『はみだし刑事情熱系
女医・優〜青空クリニック〜』『砂時計
備考
「第1回 ザ・ジャパン・オーディション」合格

木内 晶子(きのうち あきこ、1981年9月2日 - )は、日本女優nanami(ななみ)名義で歌手としての活動も行っている。香川県高松市出身。身長163cm、血液型O型。nanami office 所属。

居住地[ソースを編集]

現在は東京都在住。

来歴・人物[ソースを編集]

1997年、香川県立高松西高等学校在学中に同級生の勧めにより「第1回 ザ・ジャパン・オーディション」に応募。19万人の中から俳優部門にて合格して芸能界入り。翌年、V6Coming Century が主演を務めたTBS系『PU-PU-PU-』にてヒロイン役でデビュー。

映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』、『GTO』、TBS系『ケイゾク』特別篇、フジテレビ系『HERO』など話題作に出演し、2001年には朝日放送『部長刑事シリーズ・シンマイ。』にて、関西ローカル番組ながら主人公の新米婦人警官に挑戦した。また、同年からはテレビ朝日系『はみだし刑事情熱系』にて柴田恭平の娘役を演じて人気を集める。

2004年には全国ネット番組として初主演となるフジテレビ系『女医・優〜青空クリニック〜』にて、北海道天売島で活躍する女性医師を演じた。その後、NHK『てるてる家族』、TBS系『砂時計』、『水戸黄門』、『ラブレター』、フジテレビ系『美しい罠』などや、2時間ドラマのゲストヒロインを中心に数多くの作品に出演している。

2011年からは俳優の要潤と一緒に香川県の観光大使「うどん県副知事」としても活躍しており、2016年6月にはその功績から「かがわ21世紀大賞」を受賞した。2016年1月、デビュー当時から所属していたイザワオフィスを独立して、nanami officeを設立。近年ではその演技力を活かした朗読劇を精力的に上演しており、nanamiという名前で歌手活動も行っている。

共立女子短期大学日本文学科卒業。特技は、歌、ダンス、バレエ、日舞。趣味は、舞台・映画鑑賞、読書。中高時代には生徒会副会長を務めていたこともあり、共演者からは真面目な努力家だと言われることが多い。また、女優の田中麗奈とは長年に渡って親交があり、26歳の誕生日にはDREAMS COME TRUEのチケットをプレゼントされたり、2016年9月の『UDONフェス2016 ~ART&MUSIC~』に遊びに来てもらったことをブログやInstagramに掲載している。

出演[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

バラエティ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

さぬき映画祭 企画映画[ソースを編集]

ラジオ[ソースを編集]

その他[ソースを編集]

  • ヒミツの関係〜先生は同居人〜(2010年7月、NTTドコモ Bee TV) - アナウンサー役
  • 『うどん県』(香川県 2011年10月-):栗林公園の茶店の看板娘役。香川県のPR。うどん県副知事。
  • 瀬口侑希古村勇人 夏まつりランチショー(2016年8月21日、氷見あいやまガーデン)スペシャルゲスト
  • デビュー10周年記念 古村勇人トーク&ライブ 〜風の盆恋歌が聞こえる〜(2016年8月21日、ホテルニューオータニ高岡)スペシャルゲスト

CM[ソースを編集]

写真集[ソースを編集]

  • 木内晶子写真集「水晶」(2001年発行 角川書店)ファースト写真集
  • SHINCHO MOOK「月刊 木内晶子」(2002年8月26日 新潮社

DVD[ソースを編集]

ディスコグラフィ[ソースを編集]

題名 作詞 作曲 発表年 備考
約束の桜 野村精司 中森智志 2011年 nanami名義での歌唱
映画「めおん」の挿入歌
行かないで・夏 2011年 nanami名義での歌唱
風のノマド 2014年 nanami名義での歌唱
ふたり時間 来生えつこ 平見勇雄 2015年 nanami名義での歌唱
映画「よるべしるべ」[1]主題歌

注釈[ソースを編集]

  1. ^ a b これらは2015年さぬき映画祭での企画作として作られた作品。木内は「うどん県副知事」の立場から様々なスタンスで同イベントでのいくつかの企画に参画している。

外部リンク[ソースを編集]