ヤメ検の女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤメ検の女
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜21:00 - 23:06(126分)
放送期間 2009年11月14日 -(7回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 ABC
監督 藤嘉行
脚本 ブラジリィー・アン・山田
プロデューサー 飯田新(ABC)
見留多佳城(G・カンパニー)
神崎良(G・カンパニー)
出演者 賀来千香子
川平慈英
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
エンディング 土曜ワイド劇場」と同じ
外部リンク 土曜ワイド劇場
テンプレートを表示

ヤメ検の女』(ヤメけんのおんな)は、テレビ朝日系の2時間ドラマ土曜ワイド劇場」(土曜日21:00 - 23:06)で2009年から放送されているテレビドラマシリーズ。制作はABCとG・カンパニー。主演は賀来千香子

第6弾からは『新ヤメ検の女』として、タイトルと設定の一部を変更している。

登場人物[編集]

葵あかね法律事務所[編集]

葵 あかね
演 - 賀来千香子
東京地方検察庁(第1作) → 石川比呂也法律事務所(第1作) → 葵あかね法律事務所(第2作 - )
ヤメ検。かつては検事だったが、捜査中の事件が上層部からの圧力で幕引きにされた事に憤りを覚え検事を辞職。検事時代の先輩・石川に誘われプロボノ弁護士として働く。第2作からは自身の事務所を構えている。『新ヤメ検の女』からは、国選弁護人専門として活動するため、雑居ビルの屋上のプレハブを事務所としている。
桜井 花子
演 - 須藤温子(第1作 - 第5作)
石川比呂也法律事務所(第1作) → 葵あかね法律事務所(第2作 - 第5作)
事務員。あかねのアシスタント。
矢吹 真緒
演 - 雛形あきこ(新第1作 - )
小劇団の看板女優。元ヤン。あかねの協力者。DV被害から救ってもらった縁で、あかねを姐さんと慕っている。
奥本 健三
演 - 竜雷太(新第1作 - )
あかねの事務所の大家。あかねの協力者。

あかねの関係者[編集]

葵 健介
演 - 温水洋一(第1作 - 第5作)
あかねの夫。普段は農業を営んでいる。
堺 虎之助
演 - 泉谷しげる(第1作 - 第5作)
弁護士。カネに汚いダーティワークを行うが、腕はたつ。

検察庁関係者[編集]

剣崎 十志男
演 - 川平慈英(新第1作 - )
東京地方検察庁検事。あかねとは司法修習の同期生。口の減らない猛烈トークの端々で野球用語を使う。
田上 道明
演 - 小木茂光(第1作・第2作・新第1作・新第2作)
東京地方検察庁検事正(第1作・第2作) → 最高検察庁検事(第1作・新第2作)
あかねの元上司。女装クラブ「クレオパトラ」会員(新第1作)。地下アイドル「武蔵村山ベイビーズ」の追っかけ(新第2作)。
鴨下 大輔
演 - 中村靖日(新第1作 - )
東京地方検察庁事務官。

警察関係者[編集]

野瀬 剛史
演 - 市川知宏(第4作 - )
警視庁芝浦南警察署(第4作) → 警視庁捜査一課(第5作 - )。階級は巡査部長
事件の不審な点を見つけるが高岡に一蹴され、あかねに協力する。
高岡 宗一
演 - 中西良太(第5作 - )
警視庁捜査一課。階級は警部

ゲスト[編集]

ヤメ検の女[編集]

第1作(2009年)
種苗メーカー「テヅカのタネ」部長。傷害致死事件加害者。その後不起訴処分になるが殺される。
菊夫の妻。介護施設でボランティアをしている。
石川比呂也法律事務所の弁護士。ヤメ検。あかねの検事時代の先輩。辞職後は弁護士に転身している。検事を辞めたあかねをスカウトする。
第2作(2011年)
警視庁多摩東警察署刑事課課長。事件解決に消極的な空気の中孤軍奮闘する。
警視庁多摩東警察署署長。事件捜査に及び腰。
「週刊新星」記者。偽装自殺で殺された被害者。民自党幹事長・藤井の政治疑惑のスクープをつかむ。
冒頭部の、あかねの離婚訴訟のクライアント・ドメスティックバイオレンス被害者。
民自党幹事長。死因究明制度に反対の立場だがターチ製薬との献金スキャンダルがある。
民自党衆議院議員。あかねの検事時代の先輩。「死因究明制度を考える会」発起人。
第3作(2012年)
  • 石田貴子(克人の妻) - 三浦理恵子
  • 牛寺恒夫(事件目撃者・ドリームトーイ総務部部長) - 徳井優
  • 石田克人(事件被害者・ドリームトーイ開発部社員) - 山田純大
  • 平山雄一(事件容疑者・ドリームトーイ総務部社員) - 蟹江一平
  • 北山光子 - 谷川清美[12]
石田家の隣人。電動乗用カートの欠陥が原因での智也の怪我への謝罪に訪れた克人に文句を言う。
部品メーカー「ウエストロック」社長。電動乗用カートの駆動部モーターの製造を担当。
警視庁聖橋警察署の刑事。階級は警部。事件のスピード解決の記録更新を目指し、あかねと敵対する。
玩具メーカー「ドリームトーイ」専務。企業防衛のため平山に罪を認めさせることをあかねに迫る。
第4作(2013年)
第5作(2014年)
ピアニストの道を歩んでいる。
  • 小早川純平(嶋田の部下で大学時代の後輩) - 河相我聞
  • 井原綾(ネット通販会社「クローバー」営業部社員・花子の友人) - 木内晶子
殺された嶋田と不倫関係にあった。
  • 飯島誠治(「クローバー」常務) - 新井康弘
  • 金子修(「クローバー」営業部社員) - 城咲仁
  • 嶋田秋俊(「クローバー」経営企画室室長) - 石田登星
ホテル内で殺害された第1被害者。
ワンマン経営で、社員からの恨みが大きい。

新ヤメ検の女[編集]

第6作(2015年)
  • 井坂英子(居酒屋チェーン「友民亭」本社経理部スタッフ) - 菜葉菜
  • 飯塚誠(「友民亭」本社人事部長) - 宮川一朗太
  • 山瀬陽二(「エッグ」ホスト・源氏名はアキラ) - 山口翔悟
  • 尾関紗理奈(「友民亭」本社お客様相談室スタッフ・殺人被害者) - 多岐川華子
  • 嶋村美久(デザイナー・梨花の同級生) - おのののか
  • 阿部梨花(泰子の娘・「友民亭」の元アルバイト・2年前死亡) - 前田希美[26]
  • 藤塚瑞枝 (「友民亭」本社お客様相談室スタッフ・紗理奈の同僚) - 川村亜紀[27]
  • 「友民亭」本社清掃員 - 松井紀美江
  • 「友民亭」本社清掃員 - 横尾香代子
  • 高嶋杏奈(梨花とデザイナー同期) - 板木彩香[28]
  • 桂木(「友民亭」店長) - 辰巳智秋
  • 東京中央警察病院医師 - 高橋K太
  • トオル(「エッグ」ホスト) - 藤田富[29]
  • ボクシングジムのトレーナー - 松島圭二郎[30]
  • 女装クラブ「クレオパトラ」会員 - 河内浩
  • 「クレオパトラ」会員 - 斉藤淳
  • 「クレオパトラ」会員 - 蔵本康文
  • 交番巡査 - 保東洸太
  • 牛島里美(「友民亭」本社経理部課長) - 井上晴美
  • 阿部泰子 (「友民亭」本社清掃員) - りりィ
紗理奈を刺殺し、そのまま自身の罪として自供したが・・・
第7作(2016年)
  • 萩原由香里(萩原の妻) - 遊井亮子
  • 安元恵美(由香里の母・故人) - 遊井亮子(二役)
  • 萩原郁人(「MMAコンサルティング」社長) - 加藤虎ノ介
  • 片倉秀俊(「MMAコンサルティング」ファンドマネージャー・萩原の側近) - 近江谷太朗
  • 矢田部康太(フリーライター) - 今野浩喜
  • 下中智子(由香里のママ友) - 松田沙紀
  • 「喫茶店ロマン」マスター - なぎら健壱
  • 小幡博(大関鞄工房社長) - 山上賢治
  • 矢田部正平(康太の父・6年前死亡) - 島英臣
  • 篠田(「MMAコンサルティング」社員) - 谷部央年
  • 名越照之(安元恵美のストーカー・35年前死亡) - 出口高司
  • 小菅(「MMAコンサルティング」社員) - 佐藤勇真
  • 検事 - 田中美央
  • 検事 - 久保田翔一
  • きらりーな(地下アイドル「武蔵村山ベイビーズ」メンバー) - 佐藤日向[31]
  • 東京消防庁救急隊員 - 藤田一真
  • 片倉と同じマンションの入居者 - 村松恭子
  • 藤原保(大関鞄工房従業員) - 飛坂光輝[32]
  • 橋口純矢(警視庁葛飾東警察署巡査・橋口卓夫警部補の息子) - 大和孔太[33]
  • 都西中央総合病院看護師 - 加島碧
  • 都西中央総合病院医師 - 森山栄治
  • 萩原春斗(萩原と由香里の息子・誘拐される) - 鴇田蒼太郎
  • 下中唯花(智子の娘) - 上杉美風[34]
  • 古木勝義(元裁判長裁判官) - 穂積隆信
  • 矢田部静恵(康太の母・正平の妻) - 鷲尾真知子
  • 平川清(萩原春斗誘拐事件の容疑者・大関鞄工房の元従業員) - 升毅

スタッフ[編集]

エピソードリスト[編集]

  • 話数の第6作以降の括弧は「新ヤメ検の女」の回数。
話数 エピソードタイトル 初回放送日 脚本 監督 視聴率
1 権力に屈しない!父を殺され心閉じた少女を救え!
検察を出た女弁護士が隠蔽された連続殺人の真相を暴く

2009年11月14日 小澤俊介 藤嘉行 14.3%
ある種苗会社で、社員同士の傷害致死事件が発生。検察の捜査が進んでいく途中、検察上層部から圧力がかかり、被疑者は不起訴処分になる。ところが、不起訴処分になった被疑者が殺され、傷害致死事件の被害者の姉が殺人容疑で逮捕されてしまう。
2 殺人を隠蔽する検察!夫は自殺じゃない!
権力に塗り替えられた真実…
謎のペンダントに隠された哀しい過去

2011年2月19日 小澤俊介 藤嘉行 11.8%
あかねが週刊誌の記者の首吊り現場に遭遇する。自殺でできる内出血が遺体の首にないことに気づき、警察に偽装自殺の可能性を伝えるが、警察は司法解剖もせずに早々に自殺との結論を発表してしまう。あかねは検事時代の先輩である国会議員の力を借りて遺体の画像診断を行い、他殺の証拠をつかむ。しかし政治スキャンダルの巨大な力があかねの行く手を阻む。
3 検察を辞めた情熱弁護士!父を殺された難病少女を救え!
死者が残したメッセージ“うして”の謎!? 連続殺人の闇…

2012年7月21日 小澤俊介 藤嘉行 15.1%
玩具メーカー『ドリームトーイ』にて、社員同士の殺人事件が発生。同社の顧問弁護士となっていたあかねだったが、事件に疑問点を感じ、顧問弁護士本来の仕事である玩具メーカーの防衛を拒否して容疑者の無実解明に乗り出す。そして、発売中の電動乗用カートの欠陥事故の裏が明らかとなる。
4 検察を辞めた情熱弁護士!半落ち!? 動機を語らぬ犯人
消えた指紋の謎 遺留品に潜む復讐殺人の罠?
愛娘に迫る死のタイムリミット

2013年12月21日 小澤俊介 藤嘉行 11.1%
あかねがまだ検事だった頃に担当した強姦殺人事件の被告となった男性が事件から4年後に殺害され、容疑者として逮捕されたのは、強姦事件の被害者の父親だった。今回の事件は4年前の事件について証拠不十分により男性が無罪とされたことに端を発していた。父親は男性の殺害を認め、あかねの弁護を断る。それでも、父親の無実を信じてあかねは事件解決に奔走する。
5[35] 元検事の弁護士VSストーカー殺人!?
東京〜神戸を結ぶ謎の200万円!
美人ピアニストを襲う誘拐事件

2014年12月20日 ブラジリィー・アン・山田 藤嘉行 10.1%[36]
用賀のホテルの一室で通販会社の社員が殺害され、傍らで凶器を持って倒れていた、同じ会社の女性社員が容疑者となった。女性社員は花子の友人だった。冤罪を主張する女性社員と花子を信じ、あかねは解決に奔走する。やがて通販会社の個人情報漏洩疑惑が明らかになるが、被害者の妻子の前に現れた謎の男の存在によって、殺人事件は意外な方向に進み始める。
6 (1)[37] 情熱弁護士&機関銃トークのクセ者検事!
水と油のNEWコンビが挑む復讐殺人と青い蝶の謎

2015年11月7日 ブラジリィー・アン・山田 藤嘉行 12.8%[38]
居酒屋チェーンのお客様相談室スタッフが、出入りの清掃スタッフに刺殺された。犯人はそのまま自首し自供したが、あかねと剣崎はそれぞれの立場から犯行の不自然な点を見抜き真相究明に動き出す。
7 (2) 情熱弁護士VS空気読めないクセ者検事!
水と油の迷コンビが挑む動機なき誘拐事件!!

2016年11月26日 ブラジリィー・アン・山田 藤嘉行

脚注[編集]

  1. ^ 『土曜ワイド劇場』見ましたか〜??? - 新田純一オフィシャルブログ 2009年11月15日
  2. ^ プロフィール - 宮内理沙ブログ
  3. ^ 本日ドラマ「ヤメ検の女2」オンエア - 村井美樹オフィシャルブログ 2011年2月19日
  4. ^ プロフィール - ハーヴェストプロダクション
  5. ^ プロフィール - 麗タレントプロモーション
  6. ^ プロフィール - バウスプリット(アーカイブ)
  7. ^ プロフィール - 今井事務所
  8. ^ ロケ日和 - 西川美也子ブログ 2010年6月17日
  9. ^ 告知☆土曜ワイド劇場『ヤメ検の女2』 - 五十嵐舞ブログ 2011年2月18日
  10. ^ a b プロフィール - 手力プロダクション
  11. ^ 朝丘マミ 出演情報 - 朝丘マミオフィシャルブログ 2011年1月26日
  12. ^ ヤメ検の女3 - 谷川清美ブログ 2012年7月21日
  13. ^ プロフィール - パワーピット
  14. ^ プロフィール - ヒラタオフィス新人部 フラッシュアップ
  15. ^ やっと - 芳野友美オフィシャルブログ 2012年7月23日
  16. ^ a b 明日はヤメ検の女(3) - 麗タレントプロモーションブログ 2012年7月20日
  17. ^ プロフィール - アウルム
  18. ^ メリークリスマス! - 折井あゆみオフィシャルブログ 2013年12月25日
  19. ^ プロフィール - 今井事務所
  20. ^ プロフィール - パワーピット
  21. ^ プロフィール - オフィス松田
  22. ^ Activity - kyosuke-mukai.net
  23. ^ テレビ朝日『ヤメ検の女4』明日OA - 麗タレントプロモーションブログ 2013年12月20日
  24. ^ a b テレビ朝日土曜ワイド劇場「ヤメ検の女 5」 - 麗タレントプロモーションブログ 2014年12月20日
  25. ^ プロフィール - REMAX
  26. ^ ハロウィン。 - 前田希美オフィシャルブログ 2015年10月31日
  27. ^ プロフィール - オスカー電子カタログ
  28. ^ プロフィール - オフィス斬
  29. ^ 藤田富 - Twitter 2015年11月7日
  30. ^ 今日放送!「新・ヤメ検の女」 - 松島圭二郎ブログ 2015年11月7日
  31. ^ 佐藤日向 - Twitter 2016年11月26日
  32. ^ プロフィール - オフィス斬
  33. ^ プロフィール - YG ENTERTAINMENT JAPAN
  34. ^ プロフィール - スマイルモンキー
  35. ^ 賀来千香子、主演のサスペンスシリーズ第5弾に手応えをアピール”. インターネットTVガイド (2014年12月13日). 2015年9月5日閲覧。
  36. ^ テレビ視聴率ランキング”. インターネットTVガイド (2015年1月9日). 2015年12月4日閲覧。
  37. ^ 賀来千香子主演の“ヤメ検の女”がリニューアル。川平慈英とのバトルに注目!”. インターネットTVガイド (2015年10月23日). 2015年10月30日閲覧。
  38. ^ テレビ視聴率ランキング”. インターネットTVガイド (2015年11月20日). 2015年12月4日閲覧。

外部リンク[編集]