藤田富

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ふじた とむ
藤田 富
プロフィール
別名 TOM
生年月日 1992年4月14日
現年齢 26歳
出身地 日本の旗 日本大阪府
血液型 B型[1]
公称サイズ(2018年[2]時点)
身長 / 体重 180.6 cm / kg
スリーサイズ 89 - 76 - 86 cm
股下 / 身長比 83 cm / 46 %
靴のサイズ 27.5 cm
活動
デビュー 2012年
ジャンル ファッション・広告
モデル内容 一般
備考 読者モデル出身
他の活動 俳優
その他の記録
Samurai ELO』専属モデル
モデル: テンプレート - カテゴリ

藤田 富(ふじた とむ、1992年4月14日[3] - )は、日本モデル俳優である。

大阪府出身[3]ココジャパン所属。國學院大學久我山高等学校卒業[4]東京医科歯科大学歯学部在学中[5][6]だが、現在は休学中。

略歴[編集]

大阪で生まれ、小学生のときに家族の仕事の関係により上京[5]。小学1年生から4年生の間、NHK東京児童劇団に所属していた[7]

高校2年生のときに表参道でサロンモデルにスカウトされるが、学校の都合によりその誘いは断る[8]。元々は医師志望であり、私立大学の医学部に現役合格したが[9]、国公立の大学に進学したいという考えから浪人を選び、医学部を諦めて歯学部に進む[5]。大学進学後の2012年よりサロンモデルの仕事を始め、同年8月より読者モデルとして活動[10][11]大倉士門こんどうようぢらとともに、「原宿系」の人気男性読者モデルとなる[7][12][13]。2013年に開催された「Samurai ELO×読モBOYS&GIRLSオーディション」にて1位を獲得し、『Samurai ELO』の専属モデルとなる[14]

2014年8月に現事務所に所属[5]。2015年より舞台やテレビドラマ出演など俳優としても活動する[5][15][16]。2016年に特撮ドラマ『仮面ライダーアマゾンズ』の主演を務める[6][17]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 東京〜ここは、硝子の街〜(2014年)[22]
  • スリリングな日常 「Qちゃん」(2016年)[23]
  • 傷だらけの悪魔(2017年) - 黒木唯 役[24]
  • BRAVE STORM ブレイブストーム(2017年) - シュウ 役
  • おみおくり(2018年)
  • 劇場版 仮面ライダーアマゾンズ Season1 覚醒(2018年)[25] - 主演・水澤悠 / 仮面ライダーアマゾンオメガ(声) ※後述のAmazon プライム・ビデオ作品の劇場用総集編
  • 劇場版 仮面ライダーアマゾンズ Season2 輪廻(2018年)[26] - 主演・水澤悠 / 仮面ライダーアマゾンオメガ(声) / 仮面ライダーアマゾンニューオメガ(声) ※後述のAmazon プライム・ビデオ作品の劇場用総集編
  • 仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判(2018年) - 主演・水澤悠 / 仮面ライダーアマゾンオメガ(声) / 仮面ライダーアマゾンニューオメガ(声)[27]
  • 地獄少女(2019年秋公開予定、ギャガ) - 魔鬼 役[28]

バラエティ[編集]

舞台[編集]

  • 大正浪漫探偵譚 -東堂探偵事務所-(2015年) - 北早翔太 役[15]
  • 真っ白な図面とタイムマシン(2015年)
  • 不知森の神石〜アル・カポネに出逢ったら〜(2015年) - 主演・城島健司 役[29]
  • リボンの騎士 〜鷲尾高校演劇部奮闘記〜(2015年)
  • 獅子相承(2016年) - 主演[5]
  • 春蝉の声、なお遠く(2016年) - 主演[30]
  • B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』(2017年) - 愛染健十 役
  • B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』REMiX(2018年) - 愛染健十 役
  • bpm本公演「QUICK DRAW」(2018年)

ウェブドラマ[編集]

インターネット[編集]

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

モデル[編集]

  • インテル Web広告スチールモデル[1]
  • 胸キュン時計 掲載モデル(2012年)[8]
  • WEGO 契約モデル[35](2012年 - )
  • ライジングウェーブ 契約モデル[35]
  • ハウコレ 公式モデル[35]

ゲーム[編集]

その他[編集]

  • 読モボーイズ(2012年[10] - 2016年[37][38]
  • BACS BOYS(2012年)[1]
  • Sho-Comi『4月の君、スピカ。』DVDドラマ(2016年) - 宇田川泰陽 役[39]

書籍[編集]

写真集[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e BACS BOYS一覧 > 藤田富”. BACS official web site. 2015年8月18日閲覧。
  2. ^ http://tom.cocojapan.co.jp/_src/59/tom.pdf
  3. ^ a b 藤田富 オフィシャルウェブサイト”. 株式会社ココジャパン. 2016年4月9日閲覧。
  4. ^ 中高生見てね”. 藤田富オフィシャルブログ (2013年6月14日). 2015年8月18日閲覧。
  5. ^ a b c d e f “藤田富 演技に魅せられた男は運命を信じて進む!”. ライブドアニュース. (2015年12月5日). http://news.livedoor.com/article/detail/10904741/?p=1 2016年4月9日閲覧。 
  6. ^ a b “『仮面ライダーアマゾンズ』に抜擢 藤田富の意外な素顔とは”. 週刊女性PRIME. (2016年4月9日). http://www.jprime.jp/column/man/25931 2016年4月9日閲覧。 
  7. ^ a b 【初舞台インタビュー!】藤田富が挑戦する新たな一歩!”. MTRL (2015年6月15日). 2015年8月18日閲覧。
  8. ^ a b Pick Up『超胸キュン男子 file.2』”. 胸キュン時計. BACS. 2015年8月18日閲覧。
  9. ^ センター試験のこと”. 藤田富オフィシャルブログ (2014年1月6日). 2016年4月9日閲覧。
  10. ^ a b 2012”. 藤田富オフィシャルブログ (2012年12月31日). 2015年8月18日閲覧。
  11. ^ 遅咲き読モ。”. 藤田富オフィシャルブログ (2013年4月24日). 2015年8月18日閲覧。
  12. ^ “ようぢ&富&士門が豪華3ショットランウェイ 仲良し“ほっぺにチュー”で2500人歓声”. モデルプレス. (2015年8月11日). http://mdpr.jp/news/detail/1511493 2015年10月16日閲覧。 
  13. ^ “スマホ普及が生んだSNS世代のカリスマ”. ORICON STYLE. (2015年10月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2060178/full/ 2015年10月20日閲覧。 
  14. ^ 報告。”. 藤田富オフィシャルブログ (2015年5月29日). 2015年8月18日閲覧。
  15. ^ a b “藤田富が舞台デビュー「役者としての一歩」”. モデルプレス. (2015年4月23日). http://mdpr.jp/news/detail/1482872 2015年8月18日閲覧。 
  16. ^ “藤田富、書を出展 「ワイルドさ出したくて『俺』と書きました」”. SANSPO.COM. (2015年7月8日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150708/geo15070813150023-n1.html 
  17. ^ “人気読者モデル・藤田富が「仮面ライダーアマゾンズ」の主人公に!”. MovieWalker. (2016年3月18日). http://news.walkerplus.com/article/74515/ 2016年4月9日閲覧。 
  18. ^ さわやか3組(2002年版) - ドラマ詳細データ”. テレビドラマデータベース. 2015年8月18日閲覧。
  19. ^ “WEGO提供の新番組「原宿ドラゴン」が4月11日〜放送スタート!”. WEGO. (2015年4月15日). http://www.wego.jp/information/2015/04/harajuku-dragon.html 2015年10月20日閲覧。 
  20. ^ “藤田富はドM?過酷チャレンジで「褒めてあげたい」”. モデルプレス. (2015年11月2日). http://mdpr.jp/news/detail/1538991 2016年4月9日閲覧。 
  21. ^ “浅川梨奈&西銘駿の新感覚ラブコメ 『リケ恋』実写化でもシュールな笑いは健在”. オリコンNEWS (オリコン株式会社). (2018年9月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2118680/full/ 2018年9月15日閲覧。 
  22. ^ “中島知子に内山麿我、藤田富らがモントリオール出品の映画『東京』で揃い踏み!”. cinemacafe.net. (2014年9月13日). http://www.cinemacafe.net/article/2014/09/13/25972.html 2015年8月18日閲覧。 
  23. ^ “藤田富のスリリングな体験は「不審者かと思ったら南キャン山ちゃんだった」”. 映画.com. (2016年4月21日). http://eiga.com/news/20160421/13/ 2016年5月17日閲覧。 
  24. ^ comico発の実写映画「傷だらけの悪魔」いじめ受ける主人公は足立梨花”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年7月21日). 2016年7月21日閲覧。
  25. ^ “劇場版 仮面ライダーアマゾンズ Season1 覚醒 : 作品情報 - 映画.com” (日本語). 映画.com. https://eiga.com/movie/88937/ 2018年5月31日閲覧。 
  26. ^ “劇場版 仮面ライダーアマゾンズ Season2 輪廻 : 作品情報 - 映画.com” (日本語). 映画.com. https://eiga.com/movie/88938/ 2018年5月31日閲覧。 
  27. ^ 「仮面ライダーアマゾンズ完結編」特報公開!美月や七羽さんも続投、脚本は高橋悠也”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年2月3日). 2018年2月3日閲覧。
  28. ^ “玉城ティナ主演で「地獄少女」実写映画化、監督は白石晃士”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年9月13日). https://natalie.mu/eiga/news/299415 2018年9月13日閲覧。 
  29. ^ 稽古納め。”. 藤田富オフィシャルブログ (2015年10月5日). 2015年10月20日閲覧。
  30. ^ 藤田富・榊原徹士出演の舞台『春蝉の声、なお遠く』8-24開幕!アフタートーク開催決定!”. スマートボーイズ (2016年8月23日). 2016年9月4日閲覧。
  31. ^ “藤田富主演のドラマ「拝み屋怪談」に高田里穂、鎌田らい樹が出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年8月1日). https://natalie.mu/eiga/news/293601 2018年9月15日閲覧。 
  32. ^ 過去の放送”. BACS official web site. 2015年8月18日閲覧。
  33. ^ ヘアジャム”. 藤田富オフィシャルブログ (2013年9月14日). 2015年8月18日閲覧。
  34. ^ “神聖かまってちゃん・の子、「ズッ友」MVで藤田富とBL”. ORICON STYLE. (2014年6月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2039062/full/ 2015年8月18日閲覧。 
  35. ^ a b c 藤田富のプロフィール”. ハウコレ. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月17日閲覧。
  36. ^ CHARACTER”. ゲシュタルト・オーディン. 2018年9月27日閲覧。
  37. ^ 読モB&G 卒業”. 藤田富オフィシャルブログ (2016年3月25日). 2016年4月9日閲覧。
  38. ^ Dokumo Members! 参加読モボーイズ一覧”. dokumo boys&girls magazine. 2015年8月18日閲覧。
  39. ^ “白石ユキが純恋描く新連載、池山田剛描き下ろしの付録がSho-Comiに”. コミックナタリー. (2016年4月9日). http://natalie.mu/comic/news/182364 2016年9月4日閲覧。 
[ヘルプ]

外部リンク[編集]