渡辺哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わたなべ てつ
渡辺 哲
本名 非公表
生年月日 1950年3月11日(66歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県常滑市
身長 181 cm[1]
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
著名な家族 アントーニオ本多
本多英一郎
事務所 今井事務所( - 2015年3月31日)
株式会社アウルム(2015年4月1日 - )

渡辺 哲(わたなべ てつ、1950年3月11日[1] - )は、日本俳優。本名非公表。愛知県常滑市出身[2]。株式会社アウルム所属[1]。2015年3月31日までは今井事務所に所属していた[3]

来歴・人物[編集]

東京工業大学工学部化学工学科中退[4]。大学在学中は柔道部に所属[4]。同じ下宿にいた舞台芸術学院の学生に誘われてシェイクスピア劇の劇団に参加、1975年に劇団シェイクスピア・シアターを旗揚げする[4]。メンバーには佐野史郎田代隆秀(現劇団四季)がいた[4]。当初は制作志望だったが主宰者に俳優としても参加するように言われ、同年から始まった全38作品の連続公演中37作品に参加[2][5]。裏方として経理を担当していて抜けるに抜けられない状態だったということもあったが、この時、3本ほど主役をやったことで芝居をすることが楽しいと思うようになり[4]1985年黒澤明監督の『』で映画デビュー[6]。俳優として生きていくことを決意したが、それだけでは食べていけず、アルバイトと掛け持ちしていた[4][5]。1991年、オーディションでたまたま合格したオーストラリアの映画『アンボンで何が裁かれたか』への出演がきっかけでドラマや映画の出演が次々と決まり、40歳でアルバイトを辞め、俳優に専念することになる[5]

2015年4月1日、今井事務所のHPにて、福士誠治沢井正棋と共に株式会社アウルムへの移籍が発表された[3]

プロレスラーアントーニオ本多俳優の本多英一郎は息子(双子)である。

特技は英会話と乗馬[1][6]。柔道は2段[1]

エピソード[編集]

  • 強面で剛健な顔立ちをしており[2]、90年代にはVシネマにヤクザ役や殺し屋の役で多く出演した[5]。その後も叩き上げの刑事役や頑固オヤジ役などが十八番となっている[5]。一方、コメディ、お笑い、ラブストーリーなどのテレビドラマにも多く出演しており、スタジオジブリの劇場用映画への声優としての出演、バラエティ番組への出演もある。
  • 劇団わらび座に同姓同名の俳優がいるが、別人である。
  • 2013年8月17日に開催されたDDTプロレスリング両国国技館大会にて、「哲元帥」なるキャラクターで息子のアントーニオ本多と共演した(対戦相手には、渡辺と同じポジションとして坂口憲二がいた)[7]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK総合[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

WOWOW[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • (暴)株式会社1・2・3(1994年)
  • 雀豪列伝 海に眠る月(1994年)
  • OL博徒 緋牡丹のお龍1・2(1994年)
  • ブラックマネー(1994年)
  • コンプレックス・ブルー(1994年)
  • 極道の門 最後の首領(ドン)(1995年)
  • 喧嘩ラーメン(1996年)- 鉄五郎
  • 82分署 Rebirth(1996年)
  • 本気!5死闘篇(1996年)
  • XX(ダブルエックス)美しき機能(1996年)
  • リップスッティック 堕ちていく女(1996年)
  • 仁義7 代理戦争勃発(1996年)
  • Zero WOMAN 名前のない女(1996年)
  • 借王(1997年)
  • 鉄砲玉散るゲスは殺ったれ!(1997年)
  • キタの帝王 闇の咆哮(1997年)
  • 疵血の黙示録1・2(1998年)
  • 極道一匹狼(1998年)
  • ザ・ハングマン MISSION-2000(1999年)
  • 仁義23 ボディーガード(2000年)
  • 女形気三郎1・2(2001年)
  • 荒ぶる獅子 外伝(2004年)

舞台[編集]

WEBドラマ[編集]

  • グラウエンの鳥籠 (1999年)
  • 火花(2016年春配信開始予定、Netflix) - ロクさん 役

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

連載[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 渡辺哲 PROFILE”. 株式会社アウルム. 2015年4月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 渡辺哲ひとり芝居 校長失格 (PDF)”. トム・プロジェクト (2009年). 2015年3月19日閲覧。
  3. ^ a b 今井事務所公式Twitter2015年4月1日の発言
  4. ^ a b c d e f 渡辺哲 (2012年1月16日). ひとインタビュー 映画は参加することに意義あり 舞台はいい役の方が楽しい 第二百六回 渡辺哲さん(2/3). インタビュアー:井上理江. どらく.. オリジナルの2012-01-21時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120121072503/http://doraku.asahi.com/hito/interview/html/120116_02.html 2015年3月19日閲覧。 
  5. ^ a b c d e 渡辺哲 (2015年3月18日). ベテラン扱い困るなあ…渡辺哲. インタビュアー:田中誠. YOMIURI ONLINE.. http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20150309-OYT8T50163.html 2015年3月19日閲覧。 
  6. ^ a b 渡辺哲 (2012年1月16日). ひとインタビュー 映画は参加することに意義あり 舞台はいい役の方が楽しい 第二百六回 渡辺哲さん(3/3). インタビュアー:井上理江. どらく.. オリジナルの2012-01-21時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120121074945/http://doraku.asahi.com/hito/interview/html/120116_03.html 2015年3月19日閲覧。 
  7. ^ “坂口憲二“プロレスデビュー”兄のセコンドからリングに乱入”. Sponichi Annex. (2013年8月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/08/18/kiji/K20130818006439120.html 2015年8月9日閲覧。 
  8. ^ 渡辺哲 (2012年1月16日). ひとインタビュー 映画は参加することに意義あり 舞台はいい役の方が楽しい 第二百六回 渡辺哲さん(1/3). インタビュアー:井上理江. どらく.. オリジナルの2012-01-18時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120118195644/http://doraku.asahi.com/hito/interview/html/120116.html 2015年3月19日閲覧。 
  9. ^ “キャスト”. 映画「シン・ゴジラ」公式サイト. http://shin-godzilla.jp/cast/ 2016年4月16日閲覧。 
  10. ^ “熊林弘高演出「かもめ」に、満島ひかり×田中圭×坂口健太郎×渡辺大知”. ステージナタリー. (2016年4月4日). http://natalie.mu/stage/news/181761 2016年4月5日閲覧。 
  11. ^ こちら葛飾区亀有公園前派出所”. メディア芸術データベース. 2016年8月7日閲覧。
  12. ^ 株式会社アウルム公式Twitter2015年8月1日の発言

外部リンク[編集]