山上賢治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまがみ けんじ
山上 賢治
生年月日 (1961-12-03) 1961年12月3日(60歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府堺市
身長 175cm
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
事務所 山上商店
テンプレートを表示

山上 賢治(やまがみ けんじ、1961年12月3日 - )は、日本の俳優大阪府堺市出身。大阪府立泉北高等学校大阪経済大学経営学部卒業[1]東映マネージメントを経て、現在は個人事務所「山上商店」所属。同じ事務所には佐藤もみじも所属している。特に、連続ドラマ2時間ドラマなどに多数出演している。

来歴[編集]

生まれた時の体重が3990グラムで幼少期は健康そのものだったが、小学校低学年で小児喘息を患い、夜の発作で眠れない日々の中、唯一の癒しがテレビの世界だった。

関西人なので、芸人の道を目指そうと思ったが、友人に、おもろないと言われたので、俳優を目指すようになる。

大学卒業時に進路を決める際、俳優になりたいと親に言えず、東京で男を磨きたいと嘘をついて転勤のない都内カーディーラーに就職するのを口実に上京。たった1年だけサラリーマンをやって、俳優の道に進むつもりの確信犯だったが、売れない営業マンだから辞めたと言われたくないので、初めてのノルマを達成したあと退職して演劇の道へ。退職願いを申し出ると上司に引き止められると自惚れていたが、「君の意思の強さを知っているので止めるだけ無駄でしょ」と言われて拍子抜けしたそうだ。

円演劇研究所卒業後、先輩に誘われて小劇場劇団「劇企画 翔舞」結成に参加。十数年の活動後、映像の道へ。

だが引き受けてくれる所属事務所が見つからず途方に暮れていたところ、売り込みに行った先のプロデューサーの助言で、自らオフィス・ネバーギブアップ(山上商店の前身)を立ち上げる。

人物・エピソード[編集]

不器用を絵に描いたような性格で、運動神経も悪く、幼少期からどんくさいと言われ続けていた。

兄と妹の間で、真ん中特有のボォーとした子供だった。

兄と妹は小学校で何度も学級委員に選ばれていたが、本人は6年生の3学期、最後の最後に一度だけ選ばれたので、両親がことのほか喜んだ。

所属していた劇団の演出家がジャニーズ事務所と縁があったことから、少年隊ミュージカル「MASK」にアンサンブルで出演した経験があり、ダンスが得意でないのにミュージカル俳優を目指していたこともある。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

BS-i[編集]

フジテレビ[編集]

FOD

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

BSテレビ東京[編集]

WOWOW[編集]

CM[編集]

  • 大東建託「将来のこと篇」(2017年)-初孫を抱く八百屋の親父
  • ジャパネット「Goods for you 伝える篇」(2013年)-スーパーの店長
  • 大和証券「魂を打ち込む男篇」(2013年)-工場主
  • ヤマキ めんつゆ(2008年 - 2009年)-漁師
  • 味の素「アミノバイタル」(2008年)-市民マラソンランナー
  • 日本生命(医療名人・バンド篇)(2005年)-おやじバンドのボーカル
  • 三井住友銀行(2003年)-工場職人
  • かながわan(2001年)-中華料理店主
  • プレイステーション(1999年)
  • タカラ 缶チューハイ(1999年)
  • 明治生命(現・明治安田生命)(1998年)
  • ダイワ釣具(1998年)
  • エルセーヌ(1998年)

web広告

モデル

zozoプライベートブランド(2017/11~2018/11)「zozo

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 山上 賢治” (日本語). www.facebook.com. 2021年4月13日閲覧。

外部リンク[編集]