警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
警視庁ゼロ係
〜生活安全課なんでも相談室〜
ジャンル 刑事ドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
監督 倉貫健二郎
竹村謙太郎
岡野宏信
原作 富樫倫太郎
脚本 吉本昌弘
深沢正樹
船橋勧
プロデューサー 中川順平(テレビ東京)
松本拓(テレビ東京)
加藤章一
出演者 小泉孝太郎
松下由樹
安達祐実
木下隆行
原田夏希
大杉漣
ナレーター 三宅健太
FIRST SEASON
放送時間 金曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2016年1月15日 - 2月26日(7回)
エンディング コブクロSNIFF OUT!
外部リンク 公式サイト
SECOND SEASON
放送時間 金曜 20:00 - 20:54
放送期間 2017年7月21日 -
エンディング スキマスイッチリチェルカ
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜』(けいしちょうゼロがかり せいかつあんぜんかなんでもそうだんしつ)は、2016年1月15日から2月26日まで毎週金曜日20時 - 20時54分に、テレビ東京系の「金曜8時のドラマ」枠で放送された日本の刑事ドラマ。全7話。主演は小泉孝太郎[1][2]

なんでも相談室は警視庁杉並中央署生活安全課に新設された部署。メンバーは別の部署で問題を起こしたり、お払い箱になった人員で構成される[3]

2017年7月21日から毎週金曜日20時 - 20時54分に、続編のSECOND SEASONが放送されている[4]

キャスト[編集]

杉並中央警察署[編集]

なんでも相談室(ゼロ係)[編集]

小早川 冬彦(こばやかわ ふゆひこ)
演 - 小泉孝太郎[5][6]
階級は警視。東大法学部卒のキャリア。以前の配属先は科警研。発言が非常に軽く、ふざけて見えるが、観察は鋭く頭が切れる。
7年前に発生し、解決済みの殺人事件に疑問を抱き、独自に調査をし、レポートを島本刑事局長に提出した[7]。同じく疑問を持ち独自に捜査をしていた元刑事の佐藤が彼を尋ねた時に真摯な姿勢に心を打たれ「独り言ならいいよね。」とその内容を話した。翌朝、偶然にも佐藤が遺体で発見された現場を通りがかる[8]
寺田 寅三(てらだ とらみ)
演 - 松下由樹[9]
階級は巡査長。ノンキャリアの叩き上げ。以前の配属先は杉並中央警察署刑事課。
暴力に物を言わせ、相談者をキツく叱ったりするが、一本気の真面目な性格で、おちゃらけた冬彦とは凸凹コンビ。
冬彦に文句を言う際には「警視殿、タメ口いいですか?」と前置きをする。陰で冬彦を「○○野郎」と呼んでいる。
本条 靖子(ほんじょう やすこ)
演 - 安達祐実
事務員。以前の配属先は丸の内東警察署総務課の事務方主任。
小柄で可愛らしい外見に反し、ストレートに意見を言ううるさ型。「ゼロは何をかけてもゼロ」が口癖。
桜庭 勇作(さくらば ゆうさく)
演 - 木下隆行[10]
以前の配属先は八王子西警察署地域課所属の交番。
気の強い曲者ぞろいのメンバーの中では、愛嬌があるムードメーカー(だが、美人に弱い)。カレー好きで「黄レンジャー」と呼ばれている。
安智 理沙子(あんち りさこ)
演 - 原田夏希(FIRST SEASON)
以前の配属先は渋谷南警察署刑事課。
要領がよく勇作をうまく使い、仕事を押し付けたりする。
太田 文平(おおた ぶんぺい)
演 - 戸塚純貴(SECOND SEASON)
元サイバー捜査官。
頭は良いらしいが、のんきで腰が重い。勤務中もネットの掲示板などを見ている。
亀山 良夫(かめやま よしお)
演 - 大杉漣
なんでも相談室(ゼロ係)の係長。階級は警部補。以前の配属先は杉並中央警察署刑事課。
よく「腹が痛くなった」と言い、トイレへ駆け込んでいる。「ゼロは始まりのゼロ」が信条。
実は、刑事局長・島本の命令で、小早川を監視、報告していた。
谷本 敬三(たにもと けいぞう)
演 - 石丸謙二郎
FIRST SEASONでは杉並中央警察署副署長。階級は警視。愛称は「だるま(さん)」。
SECOND SEASONでは杉並中央警察署生活安全課長。
氷川小百合(ひかわ さゆり)
演 - 若村麻由美(SECOND SEASON)
副署長に着任した謎多き警視正。元は公安部の参事官で首相や大臣の護衛も務めた。杉並中央警察署で唯一、冬彦より階級が上である。愛車はポルシェ・ボクスターで、着任初日から署に乗り付けて来た。

刑事課[編集]

古河 祐介
演 - 手塚とおる
刑事課主任。階級は警部補。対抗心から冬彦らに嫌味を言う。寅三の殉死した元相棒を気遣うなど人情に厚い面も見せる。
中島 敦夫
演 - 堀井新太
刑事。古河の部下。
早野 宏
演 - 日向丈
刑事。おしゃべりで古河に度々叱られる。

他の関係者[編集]

青山 進
演 - 六角慎司
鑑識課主任。「警視殿を尊敬している」と明言し、冬彦にいつも協力してくれる署内の強い味方。
野沢 友和
演 - 足立尭之
鑑識課員。控え目で目立たないが、仕事はきっちりやる。青山とともに「眼鏡コンビ」などと呼ばれる。
鮫島 弥生
演 - 岸明日香[11][12]
地域課の巡査。相談者を連れて来たり、パトロールで冬彦たちと遭遇し、手を貸してくれる場合がある。

警視庁[編集]

刑事部[編集]

伊達 春馬(だて はるま)
演 - 駿河太郎
SECOND SEASONから登場した捜査一課の係長。階級は警視で、複数の部下を従えている。冬彦の同期で上級職(キャリア)試験の成績が二位だった秀才。
水上 真
演 - 清水優(SECOND SEASON)
刑事。伊達の部下。
浜野秀一(はまの ひでかず)
演 - 加藤雅也
刑事部長。事件解決のため捜査本部にも顔を出し、刑事たちを叱咤激励する。

警察庁[編集]

島本 雅之
演 - 団時朗
刑事局長。階級は警視監。冬彦の動向に目を光らせ間者を放つ。

居酒屋「春吉」[編集]

国仲 遥
演 - 加藤綾菜
春吉の娘。店員。岩瀬と寅三や冬彦が内密の話をする際には、使いに出されてしまう。
国仲 春吉
演 - 加藤茶
店主。冬彦によると彼の料理は塩分が多いらしい。

その他[編集]

大島警部補
演 - 神尾佑[13](FIRST SEASON 第4話・第5話)
寅三の元相棒・故人。
岩瀬 厚一郎
演 - 寺島進
情報屋。居酒屋「春吉」の常連客。詩集を持ち歩くなど意外な面もある。元刑事。
沢村 和男
演 - 小林稔侍(SECOND SEASON)
元総理大臣。民児党代議士。

ゲスト[編集]

FIRST SEASON[編集]

第1話
第2話
  • 沢田 邦枝(徘徊老人) - 藤田弓子(第1話のみ)
  • 杉内 義久(警視庁杉並中央警察署刑事課兼生活安全課の課長) - 半海一晃
  • 南郷 正敏(赤龍会組長) - 大浦龍宇一
  • 石嶺 剛(警視庁監察官) - 大鷹明良
  • 中曽根 達郎(赤龍会幹部) - 國本鐘建
  • 崎山 晋也(木村熱処理工業所の工員) - 須田邦裕
  • 木村 勝男(木村熱処理工業所の副社長) - 三浦誠己(第1話のみ)
  • 沢田(邦枝の息子) - 森山栄治(第1話のみ)
  • 皆川 太郎(木村熱処理工業所の工員) - 荒谷清水(第1話のみ)
  • 沢田(邦枝の義娘) - 今藤洋子(第1話のみ)
  • 村山 正四郎(警視庁捜査一課の管理官) - 山崎潤(第2話のみ)
  • 麻田(さやかの父) - 俊藤光利(第2話のみ)
  • 麻田(さやかの母) - 森レイ子(第2話のみ)
  • 麻田 さやか(迷子の少女) - 後藤由依良
  • 井村(練馬西警察署の刑事) - 松本勝(第1話のみ)
第3話
  • 宮島 沙月(桐秀学園高等学校の生徒) - 水上京香(幼少期:高野友愛[14]〈ノンクレジット〉)
  • 神崎 正勝(桐秀学園高等学校の生徒・沙月の幼馴染) - 松島庄汰(幼少期:小山大輝[15]〈ノンクレジット〉)
  • 森村 智之(桐秀学園高等学校の教師) - 相島一之
  • 福沢 仁志(桐秀学園高等学校の教師) - 金子昇
  • 今西 利治(コンビニエンスストア店長) - モロ師岡
  • 西森 隆弘(コンビニエンスストア店員・祥子のストーカー) - 松尾諭
  • 鮎川 祥子(桐秀学園高等学校の教師・生活指導員) - 吉川麻美
第4話
第5話
  • 利根川 和明(貿易会社取締役) - 山崎銀之丞
  • 太田 文平(喫茶店「BANFF」店長) - 金井勇太
  • 恩田 浩(仁美の元恋人・中溝運送社員) - 内村遥
  • 小菅 光春(元暴力団員) - 久保田創
  • 利根川 静江(和明の妻) - 杉山彩子
  • 利根川 仁美(和明と静江の娘・女子大生) - 筒井萌子
第6話
  • 佐藤 圭作(西新宿警察署の元刑事) - 徳井優(最終話にも出演)
    • 7年前に関わった解決済みの殺人事件に疑問を抱き、独自に捜査をしていた。冬彦が同じく疑問を持ち調査したことを知り、彼を尋ねた翌日に遺体で発見される。
  • 金村 誠一(結婚詐欺師) - 袴田吉彦
  • 安永 珠代(誠一の恋人) - 小沢真珠
  • 徳丸 孝則(杉並の森遊園地の係員) - 武野功雄
  • 杉並の森遊園地の係員 - 片岡明日香
  • 磯沼 茂晴(杉並の森遊園地の係員) - 山本圭祐
  • 小原 茂樹(高岡殺害の容疑者) - 内田健介(最終話にも出演)
  • 高岡(闇金社長・故人) - ボブ鈴木(最終話にも出演)
  • 小牧 綾子(結婚詐欺の被害者) - 幸野紘子
  • 武下 美咲(小牧綾子のルームメイト) - 森祐佳
  • おばさん - 武藤晃子
最終話

SECOND SEASON[編集]

第1話
第2話

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

FIRST SEASON[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1話 2016年1月15日 変人? 悪人? 36歳の新人刑事あらわる! 吉本昌弘 倉貫健二郎 7.0%[18]
第2話 2016年1月22日 22時の放火魔vs変人刑事! 絶体絶命!? 8.3%[18]
第3話 2016年1月29日 連続殺人犯は10代? KY刑事vsヤンキー 深沢正樹 竹村謙太郎 5.4%[18]
第4話 2016年2月05日 奇妙な誘拐犯! 身代金は1億か5億か? 船橋勧 倉貫健二郎 6.8%[18]
第5話 2016年2月12日 母娘見間違い殺人? 変人刑事撃たれる! 吉本昌弘 岡野宏信 5.9%[18]
第6話 2016年2月19日 12人の人質を狙う爆弾魔! 止められないメリーゴーランド? 深沢正樹 竹村謙太郎 6.9%[18]
最終話 2016年2月26日 さらば冬彦! 7年間封印された巨悪の陰謀Xレポートを暴け! 吉本昌弘 倉貫健二郎
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)

SECOND SEASON[編集]

各話 放送日 サブタイトル[19] 脚本 監督 視聴率
第1話 2017年7月21日 1372万都民を脅かす3つの連続殺人テロ! 模倣犯VS変人刑事 吉本昌弘 倉貫健二郎
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)

脚注[編集]

  1. ^ 小泉孝太郎、KY刑事役で新境地なるか 父譲り(!?)の“変人”ぶりに期待”. ORICON STYLE (2015年11月23日). 2016年1月23日閲覧。
  2. ^ 小泉孝太郎、『下町』悪役で苦笑 好青年イメージ崩壊「たった1ヶ月で…」”. ORICON STYLE (2016年1月9日). 2016年1月23日閲覧。
  3. ^ 小泉孝太郎「刑事っぽくない刑事楽しみ」 主演ドラマ撮入”. ORICON STYLE (2015年12月16日). 2016年1月23日閲覧。
  4. ^ 小泉孝太郎主演『ゼロ係』続編決定 松下由樹との“迷コンビ”復活”. ORICON NEWS (2017年5月16日). 2017年7月11日閲覧。
  5. ^ 小泉孝太郎 (2016年1月15日). “KY刑事”演じる小泉孝太郎「何よりも楽しみたい」. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. http://thetv.jp/news_detail/70929/ 2016年3月1日閲覧。 
  6. ^ 小泉孝太郎 (2016年2月18日). 小泉孝太郎が「ゼロ係」の魅力語る&乗馬姿を披露!?. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. http://thetv.jp/news_detail/72446/ 2016年3月1日閲覧。 
  7. ^ その際、島本刑事局長が再捜査を約束し、口外しないよう命令されていた。
  8. ^ 第6話、最終話
  9. ^ 松下由樹 (2016年1月22日). 「警視庁ゼロ係」で松下由樹が男勝りな寅三を熱演中!. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. http://thetv.jp/news_detail/71320/ 2016年2月12日閲覧。 
  10. ^ 木下隆行 (2016年2月19日). さえない刑事・桜庭を熱演中のTKO・木下隆行を直撃. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. http://thetv.jp/news_detail/72779/ 2016年3月1日閲覧。 
  11. ^ “岸明日香、正月食べ過ぎで女性警官役も「制服のスカートがきつくなって…」”. マイナビニュース. (2016年1月9日). http://news.mynavi.jp/news/2016/01/09/227/ 2016年2月12日閲覧。 
  12. ^ 岸明日香 (2016年2月12日). 岸明日香がKY刑事・冬彦を「ぶれなくていい」と絶賛. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. http://thetv.jp/news_detail/72403/ 2016年3月1日閲覧。 
  13. ^ a b ご当地ヒーローみたいな『ゼロ係』 小泉孝太郎のKY刑事がはまり役”. ORICON STYLE (2016年2月12日). 2016年2月12日閲覧。
  14. ^ 高野友愛 テレビ東京「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜」第3話 出演”. Gurre Kids (2016年1月16日). 2016年2月1日閲覧。
  15. ^ 小山大輝 テレビ東京「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜」第3話 出演”. Gurre Kids (2016年1月16日). 2016年2月1日閲覧。
  16. ^ コブクロ、小泉孝太郎主演刑事ドラマ主題歌「“生きるスリル”感じて」”. ORICON STYLE (2016年1月5日). 2016年1月23日閲覧。
  17. ^ スキマスイッチ、小泉孝太郎主演『警視庁ゼロ係』で連ドラ主題歌を初担当”. BARKS (2017年7月7日). 2017年7月11日閲覧。
  18. ^ a b c d e f SMAP・草なぎ剛『スペシャリスト』だけ2ケタキープ! 冬ドラマは“大爆死”オンパレード”. サイゾーウーマン (2016年2月28日). 2016年2月29日閲覧。
  19. ^ 該当各日 読売新聞 テレビ欄

外部リンク[編集]

テレビ東京 金曜8時のドラマ
前番組 番組名 次番組
釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜
(2015年10月23日 - 12月11日)
警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜
(FIRST SEASON)
(2016年1月15日 - 2月26日)
釣りバカ日誌 Season2〜新米社員 浜崎伝助〜
(2017年4月21日 - 6月16日)
警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜
SECOND SEASON
(2017年7月21日 - )
-