この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

奥菜恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おきな めぐみ
奥菜 恵
生年月日 1979年8月6日(37歳)
出生地 日本の旗 日本 広島県広島市
身長 155 cm
血液型 O型
職業 女優歌手
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台・CM
活動期間 1992年 -
配偶者 藤田晋(2004年1月 - 2005年7月)
一般男性(2009年3月 - 2015年9月)
木村了(2016年3月 - )

奥菜 恵(おきな めぐみ、1979年8月6日 - )は、日本女優歌手。本名非公開。広島県広島市出身[1]

人物

日出女子高校卒業。両親とも広島の出身[2]。父親の仕事の都合で上京[2]。広島のことはあまり覚えていないが、家では広島弁東京弁が混ざった言葉だったという[2]

1992年、13歳の時にフジテレビのテレビドラマパ★テ★オ』で宝田明の娘役で芸能界デビュー[1]1995年には「この悲しみを乗り越えて」で歌手としてもデビューする。

2004年1月にIT関連会社のサイバーエージェント社長藤田晋結婚したものの2005年7月に離婚[3]

2007年5月30日、引退報道が流れ[4]、所属事務所のパーフィットプロダクションも当月いっぱいでの退社を認めた。サンケイスポーツは、事務所と契約解除したと報じている[5]。しかし、7月初めに、芸能界を引退した覚えはないという本人のコメントが報道された[6]

2008年4月8日、双葉社より、自叙伝『紅い棘』を発売し、同時に公式サイトを開設して芸能活動を再開した。

2009年3月12日、妊娠・再婚を発表。相手は同い年の一般男性で、都内の会社員[7]。同年9月15日、第1子となる2984gの女児を出産[8]

2010年7月、大手レコード会社ユニバーサルミュージックの子会社であるUM360に所属。

2010年10月23日、第2子を妊娠中である事をブログで公表[9][10]、2011年5月4日、第2子である3480gの女児を出産。

2014年7月、UM360(ユニバーサル ミュージック&EMIアーティスツ合同会社)を退社。

2015年9月2日、離婚を正式に発表[11][12]

2016年3月12日、俳優の木村了と3度目の結婚[13]

音楽

シングル

  1. 『この悲しみを乗り越えて』(1995.08.19)
    (c/w)あなたが好きだから
  2. 『そんなの悲しいね』(1996.04.23)
    (c/w)Everyday
  3. 『あなたのそばで』(1996.09.21) 江崎グリコチョコレート『絹練り』CM曲
    (c/w)夕日
  4. 『今でも...あなたが好きだから』(1997.02.25)
    (c/w)瞳の言葉〜Believe in your eyes〜 コンタクトレンズ専門店『アイシティ』CM曲
  5. 淑女の夢は万華鏡』(1997.05.28)アニメこちら葛飾区亀有公園前派出所』エンディングテーマ
    (c/w)Spring Field
  6. 『それでも愛してる』(1997.10.29)
    (c/w)夢のほとり
  7. 『ゆらゆら』(1998.02.25)
    (c/w)YuKi
  8. 『Eternity』(1998.08.21)

アルバム

リリース日 タイトル 収録曲 備考
1995年9月21日 BLOSSOM 1stアルバム
1996年5月21日 illusion 2ndアルバム
1997年3月20日 gradation 3rdアルバム
1998年4月1日 i・n・g 4thアルバム・CDエクストラ仕様
98年9月1日 STAIRS-The Best Songs- ベストアルバム

ゲーム

コンサート

  • First Concert BLOSSOM'97

出演

テレビドラマ

映画

舞台

ラジオ

バラエティ

書籍

  • 三日月の椅子に腰掛けて(小学館
  • 紅い棘(双葉社)2008年4月8日発行

写真集

受賞歴

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b 奥菜 恵 (2011年12月3日). 清純派、演技派…… 「多面性」を持つ女優、奥菜恵。. インタビュアー:片岡英彦. ダカーポ.. http://dacapo.magazineworld.jp/column/67186/ 2014年5月2日閲覧。 
  2. ^ a b c 天願大介 『女優以前、以後』 新潮社、2004年、136頁。
  3. ^ “離婚報告もブログの時代--サイバーエージェント藤田氏と奥菜恵が破局”. CNET. (2005年7月22日). http://japan.cnet.com/news/biz/20085681/ 2014年5月2日閲覧。 
  4. ^ “奥菜恵、引退!芸能界に疲れた…”. スポーツ報知. (2007年5月30日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070530-OHT1T00064.htm 2007年5月30日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ 女優の奥菜恵が引退 事務所と契約解除”. サンケイスポーツ (2007年5月30日). 2007年5月30日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ “奥菜恵が芸能界引退を否定”. 日刊スポーツ. (2007年7月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20070705-222368.html 2007年7月5日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ 奥菜恵 妊娠4カ月!「素朴な」会社員と再婚へ[リンク切れ] 2009年3月12日 スポニチ閲覧
  8. ^ “奥菜恵が長女出産していた、ブログで公表”. 日刊スポーツ. (2009年9月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20090924-547320.html 2014年5月2日閲覧。 
  9. ^ ご報告本人ブログ2010年10月23日付記事 2011年2月27日閲覧
  10. ^ 奥菜恵が第2子妊娠「きょうだいが欲しかった」と大喜び[リンク切れ] 2010年10月23日付報知新聞 2011年2月27日閲覧。
  11. ^ 公式ブログより
  12. ^ 奥菜恵、離婚成立で宣言「木村了は大切なパートナーで家族」”. スポーツ報知 (2015年9月3日). 2015年9月3日閲覧。
  13. ^ “奥菜恵が木村了と結婚「家族4人で明るい家庭を築いていけたら」”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年3月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2068416/full/ 2016年3月13日閲覧。 
  14. ^ 海のオーロラ”. メディア芸術データベース. 2016年10月20日閲覧。

外部リンク