石田明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石田 明
生年月日 (1980-02-20) 1980年2月20日(37歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
血液型 B型
身長 173cm
方言 関西弁 共通語
コンビ名 NON STYLE
相方 井上裕介
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2000年 -
配偶者  既婚
受賞歴
2006年 MBS新世代漫才アワード優勝
2006年 NHK新人演芸大賞演芸部門大賞
2006年 上方お笑い大賞最優秀新人賞
2008年 M-1グランプリ優勝

石田 明(いしだ あきら、1980年2月20日 - )は、日本お笑い芸人俳優演出家脚本家である。大阪府大阪市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。NON STYLEでは主にボケを担当しているが、まれにツッコミとネタ作りを担当する[要出典]。基本白い服を着ている。相方は、井上裕介。立ち位置は左。

身長173cm、体重49kg。血液型B型大阪府立東淀川高等学校卒業。

略歴・人物[編集]

2000年、東淀川高等学校で仲が良かった井上とともにNON STYLEを結成。衣装は基本的に全身白であることが多い。

2011年、舞台『スピリチュアルな1日』で主演を務めるも、東日本大震災の影響で一部公演中止となる。2012年に再演[1]

2012年10月2日、12歳年下の一般女性と結婚[2]

2014年10月、舞台『ダンガンロンパ THE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜』で、出演のほか、スタッフとして演出を担当[3]

2016年4月13日、転倒した際に右上腕を骨折し全治3ヵ月の怪我を負う[4]

同年、劇団間座旗揚げ公演『恋の虫』で脚本を担当し、初めてミュージカルの脚本を手掛ける[5]

2017年8月13日、第1子・第2子となる双子の女児が誕生[6]

エピソード[編集]

  • 吉本男前ランキング最高3位(2009年)。
  • 実家が貧しく食生活に恵まれなかったため、身体が弱く骨年齢が72歳血管年齢は73歳と判定されている。その他にも虚弱なエピソードが豊富である[7][8]
    • スキップをしたら足の指を骨折した[8]
    • デコピンをしたら中指を粉砕骨折した[7]
    • 医者からシッペを止められている[8]
    • 相方、井上のツッコミにより肩を脱臼した[8]
    • 写真撮影で後ろに振り返ったら肋骨にヒビが入った[8]
    • 病院食で痛風になったことがある[8]
    • 蛍光灯で日射病になったことがある[8]
    • タバコを吸ったら風邪をひく[8]
    • 手を洗うと指先から流血することがある[8]
    • 野球をしているとき、ボールを投げただけで腕を螺旋骨折した[7]。螺旋骨折した右腕は、16本の金属のプレートとボルトで補強しているため、電磁波や静電気に過剰反応してしまう[8]
  • このほか、2013年7月7日放送の『明石家さんま主催 ならでは体験!THEコンプレッくすっ杯』において、「もやしだけが入った鍋料理をすき焼きと思っていた」「音楽の授業で使うリコーダーが買えないためあちこちから部品をかき集めて1本に組み立てて使う事にしたが、各部の色がバラバラだったので『3色リコーダー』というあだ名をつけられた」などの貧乏エピソードが語られている[9]
  • 石田の母親が石田を妊娠した際に経済的負担やすでに子供がいたため、母親は石田の出産を諦めようとしたが、父親が「お腹の子供が可哀想やろ! せっかく授かった命を無駄にするな!」と止めて、無事石田は出産された[8]
  • 遠足のお弁当が食パン2枚だった[10]
  • 全身白の衣装がトレードマークとなったきっかけは、井上に「ボケやったらもっと明るい色を着てこい」と言われたことであった。しかしそれに納得できず、反抗心から全身白にした[11]という経緯がある。衣装はネクタイ、シャツ、パンツ、靴、ベルトを毎回変えているが、本人曰く「誰にも気づかれない」。元々は白ネクタイを着用していたが、2009年8月頃から「かわいく見えるように」という理由で、白の蝶ネクタイを着用している。白ネクタイを外したきっかけは、山崎弘也と上半身の衣装が被りネット上で『コザキヤマ』と書かれているのを見てしまったことだった[12]。しかし部屋着はかなりラフなものを着ている[13]
  • 閉所恐怖症でありフルフェイスのヘルメットが被れない(そのためオートバイに乗れない)[14]。また番組の企画で酸素カプセルに入った際、過呼吸に陥った。マスクを被るスキューバダイビングも駄目で、ウェットスーツを着ただけで不安になるという[15]
  • 重度の神経過敏・不安症である。寝床につく時に呼吸の仕方がわからなくなり、メトロノームに合わせて呼吸をしていた事を吉田敬ブラックマヨネーズ)に相談していた[16]
  • M-1グランプリ以前から、自分のもの、家族のもの含めて借金が400万円以上あり、親の保証人にもなっていたため、賞金500万円のほとんどを借金返済に充てなければならなかった。当時は本人曰く「全部返済するにはあと5回くらい優勝しないと」という状態だった[17]
  • 演歌歌手のジェロと親交があり、ジェロを通じて藤あや子坂本冬美とも交流している[18]
  • 趣味は読書、紙粘土、ガチャポン[19]、ブーメラン[20]等。
  • ペットはオカヤドカリ(ブログのタイトルにもなっている)が居り、かつてはヤシガニも飼っていた[21]
  • 家には大量の玩具があり、おもちゃ好き芸人と言われる[22]
  • トータルテンボスの野球チーム「アフロモンキーズ」の一員[23]
  • 無類の酒好きであり、酒豪。酔うと気が大きくなる節があり、以前酔った際に白い服を着ていた井上に「白い服着んのやったら俺に許可とらんかい」と絡んだ[12]
  • 板前の経験があり、料理が得意[24]
  • 動物の毛のアレルギー[25]
  • 小学校から高校までの9年間野球を経験しており、巨人のファンである[10]
  • 彼女にプレゼントをしすぎて150万の借金をしたことがある[26]
  • 21歳の時に受けてもいないバイトの不合格通知が届いた事がある[27]
  • 実家に帰ると兄から突然「借金苦で自己破産する」と相談された。少しでも助けになろうと、石田が借金が幾らあるのか聞くと「8万円」と言われた。唖然とした石田はM-1で優勝したのもあって、30万円ほど兄に渡したが、兄は返済して残った金で仔犬を購入していた[28]
  • 2012年10月2日に一般女性と入籍し、翌週10月9日に発表。

出演[編集]

※ 個人での出演のみを記載。コンビでの出演は「NON STYLE#出演番組」を参照。

テレビ番組[編集]

冠番組(特番含む)
  • NON STYLE石田 映画番組やります(テレビ朝日)※不定期特番
  • ノンスタ石田のガクショク!朝日放送、2011年6月3日 - 2013年3月1日)
  • ハッキリ5〜そんなに好かれていない5人が世界を救う(テレビ朝日、2015年10月17日)- MC
  • ひるキュン!(TOKYO MX、2017年1月7日 - ) - 月曜MC ※ 井上の代役 [29]

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • A.I. love you(2016年12月10日) - 波岡健二 役[32]

CM[編集]

MV[編集]

  • rhythmic「キミに伝えたくて」

ネット配信[編集]

  • NON STYLE石田の明語(2012年12月18日-、星海社運営Webサイト「最前線セッションズ」に掲載)佐藤友哉との対談
  • フリップ芸人王座決定戦〜2017春〜(2017年4月15日、AbemaTV)- 優勝

主な作品[編集]

舞台[編集]

  • た組。コント的公演『弱者の吠えかた』(2013年9月、秋葉原ACT&B) - 脚本 [33]
  • 劇団間座旗揚げ公演『恋の虫』(2016年12月24日・25日、HEP HALL) - 脚本[5]

書籍[編集]

  • 万歳アンラッキー(2012年2月20日、ワニブックス)

脚注[編集]

  1. ^ a b “石田&片桐が衣装談義「スピリチュアルな1日」公開稽古”. お笑いナタリー. (2012年6月1日). http://natalie.mu/owarai/news/70342 2016年11月8日閲覧。 
  2. ^ “ノンスタ石田、結婚生報告でおのろけ連発 妻は「亀梨くんの女装似」”. eltha by ORICON STYLE. (2012年10月10日). http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/trend/news/2017568/full/ 2016年11月8日閲覧。 
  3. ^ a b “本郷奏多&神田沙也加出演×NONSTYLE石田明演出 舞台『ダンガンロンパ』が開幕”. シアターガイド. (2014年10月29日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/10/29_04.php 2016年11月8日閲覧。 
  4. ^ “ノンスタ石田、腕の手術成功 笑い交え妻が報告「本人はとても元気」”. ORICON STYLE. (2016年4月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2070427/full/ 2016年11月8日閲覧。 
  5. ^ a b “寛平の劇団旗揚げ公演「恋の虫」でNON STYLE石田明がミュージカル初脚本”. ステージナタリー. (2016年10月21日). http://natalie.mu/stage/news/206289 2016年11月8日閲覧。 
  6. ^ “ノンスタ石田明に双子の女児誕生「笑顔の絶えない家庭を」 相方・井上も祝福「めでたいこっちゃ~!!」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年8月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2095626/full/ 2017年8月14日閲覧。 
  7. ^ a b c M-1優勝もアンラッキー?骨折、貧乏、相方。NON STYLE石田明の『万歳アンラッキー』”. exciteニュース (2012年3月8日). 2015年7月15日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k 「万歳アンラッキー」第1章「アンラッキー幼少期」より。
  9. ^ TVでた蔵 2013年9月7日放送 明石家さんま主催 ならでは体験!THEコンプレッくすっ杯”. ワイヤーアクション (2013年9月7日). 2015年7月15日閲覧。
  10. ^ a b お笑いポポロ(麻布台出版社)2008年5月号 p.50-51
  11. ^ TVでた蔵 2012年11月8日放送 アメトーーク!”. ワイヤーアクション (2012年11月8日). 2015年7月15日閲覧。
  12. ^ a b 「万歳アンラッキー」第4章「アンラッキー芸人期」より。
  13. ^ 「おうち大好き」若林、大吉、石田ら、部屋着で集結”. お笑いナタリー (2010年11月22日). 2015年7月15日閲覧。
  14. ^ TVでた蔵 2011年9月2日放送 スッキリ!!”. ワイヤーアクション (2011年9月2日). 2015年7月15日閲覧。
  15. ^ ノンスタ石田 深刻な閉所恐怖症を告白”. デイリースポーツ (2014年12月14日). 2015年7月15日閲覧。
  16. ^ 「ノンスタ」石田、M-1獲れたのは「ブラマヨ」吉田さんがいたから”. THE PAGE (2015年1月18日). 2015年7月15日閲覧。
  17. ^ M-1新王者NON STYLE、賞金1000万はまさかの「借金返済」”. オリコン (2008年12月22日). 2015年7月15日閲覧。
  18. ^ 竹山&和田アキ子、ノンスタ石田&ジェロら仲良し6組集結”. お笑いナタリー (2012年11月15日). 2015年7月15日閲覧。
  19. ^ 芸人流・ガチャポン生活とは”. J-WAVE (2012年5月20日). 2015年7月15日閲覧。
  20. ^ 有名人データベース PASONICA JPN「NON STYLE」
  21. ^ 09/09/28「DONとTALK」”. おもいっきりDON! 番組オフィシャルサイト (2009年9月28日). 2015年7月15日閲覧。
  22. ^ ネガティブすぎて笑える!? "おもちゃ好き芸人"NON STYLE石田が考案したカードゲームが面白い!”. トレンドニュース (2012年6月15日). 2015年7月15日閲覧。
  23. ^ アフロモンキーズ選手紹介
  24. ^ プロ論。石田明”. リクナビ. 2015年7月15日閲覧。
  25. ^ お笑いポポロ(麻布台出版社)2009年8月号 p.35-36
  26. ^ 「万歳アンラッキー」第3章「アンラッキー青春期」より。
  27. ^ ブサイク男と、ツイてない男の一発逆転!ラッキーのつかみ方 〜NON STYLE<2月26日 放送>”. 鴻上尚史と里田まいのサンデー・オトナラボニッポン放送)番組オフィシャルサイト (2012年2月26日). 2015年7月15日閲覧。
  28. ^ TVでた蔵 2012年8月23日放送 ダウンタウンDX”. ワイヤーアクション (2012年8月23日). 2015年7月15日閲覧。
  29. ^ “ノンスタ石田「ひるキュン!」1月男性MCに!相方・井上の代役”. スポニチアネックス. (2017年1月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/06/kiji/20170106s00041000137000c.html 2017年1月6日閲覧。 
  30. ^ “NON STYLE・石田明、片桐仁、須藤理彩らが送るファンタジック・コメディー『スピリチュアルな1日』が開幕”. シアターガイド. (2012年6月14日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2012/06/14_02.php 2016年11月8日閲覧。 
  31. ^ “松井玲奈主演「新・幕末純情伝」、追加キャストにNON STYLEの石田明”. ステージナタリー. (2016年4月8日). http://natalie.mu/stage/news/182855 2016年11月8日閲覧。 
  32. ^ “NON STYLE石田、パティシエ演じた映画の初日舞台挨拶に登壇”. お笑いナタリー. (2016年12月6日). http://natalie.mu/owarai/news/212117 2016年12月6日閲覧。 
  33. ^ ―公演概要― た組。コント的公演 「弱者の吠えかた」”. わをん企画. 2016年11月8日閲覧。

外部リンク[編集]