刑事吉永誠一 涙の事件簿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
刑事吉永誠一 涙の事件簿
ジャンル 刑事ドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
BSジャパン
監督 赤羽博
池添博(season1)
本橋圭太(season2・第14作)
岡嶋純一(season2)
原作 黒川博行
脚本 田子明弘
安藤康太郎(season1)
白石雄大(season1)
安井国穂(season1)
ひかわかよ(season2・第13作)
出演者 船越英一郎
中山忍
林泰文
小泉孝太郎(第12作 - )
眞野あずさ(第8作 - season2・第14作)
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
第1 - 2作
(女と愛とミステリー)
放送時間 水曜 20:54 - 22:48(地上波)
日曜 21:00 - 22:54(衛星放送)
(114分)
放送期間 2004年5月26日 - 12月15日(2回)
エンディング 歴代主題歌を参照
外部リンク 女と愛とミステリー
第3 - 7作
(水曜ミステリー9〈第1期〉)
放送時間 水曜 21:00 - 22:48(108分)
放送期間 2005年11月16日 - 2008年10月1日(5回)
エンディング エンディングテーマを参照
第8 - 12作
(水曜ミステリー9〈第2期〉)
放送時間 水曜 21:00 - 22:48(108分)
放送期間 2011年10月12日 - 2013年10月2日(5回)
エンディング エンディングテーマを参照
外部リンク 水曜ミステリー9
season1
放送時間 金曜 19:58 - 20:54(56分)
放送期間 2013年10月11日 - 12月13日(9回)
エンディング THE ALFEEGLORIOUS
外部リンク 公式サイト
season2
放送時間 金曜 19:58 - 20:54(56分)
放送期間 2014年10月17日 - 12月12日(9回)
エンディング 甲斐バンドBlood in the Street
外部リンク 公式サイト
第13作
(水曜エンタ・水曜ミステリー9)
放送時間 水曜 21:00 - 22:48(108分)
放送期間 2016年1月6日(1回)
エンディング エンディングテーマを参照
外部リンク 刑事 吉永誠一 13
第14作
(年末ドラマスペシャル)
放送時間 水曜 21:00 - 22:50(110分)
放送期間 2016年12月28日(1回)
外部リンク 刑事 吉永誠一 ファイナル

特記事項:
水曜女と愛とミステリー・水曜ミステリー9での放送日時はテレビ東京でのもの。
連続ドラマ版の初回は2時間スペシャル(19:58 - 21:48)。
テンプレートを表示

刑事吉永誠一 涙の事件簿』(けいじよしながせいいち なみだのじけんぼ)は、2004年から2016年までテレビ東京BSジャパン共同制作で放送された刑事ドラマシリーズ。主演は船越英一郎

タイトルは『熱血刑事・吉永誠一』(第1作) → 『刑事吉永誠一 涙の事件簿』(第2作 - season1) → 『新・刑事吉永誠一』(season2) → 『刑事 吉永誠一』(第13作) → 『刑事 吉永誠一 ファイナル』(第14作)

2時間ドラマの放送枠は「女と愛とミステリー」(第1作・第2作)、「水曜ミステリー9(第1期)」(第3作 - 第7作)、「水曜ミステリー9(第2期)」(第8作 - 第12作)、「水曜エンタ・水曜ミステリー9」(第13作)。

作品の時間軸は、第1作〜第12作 → season1 → season2 → 第13作 → 第14作

概要[編集]

仕事一筋の熱血刑事、しかし半面、家族を大切にする愛妻家神奈川県警の刑事「吉永誠一」の活躍を描くミステリードラマである。船越英一郎中山忍が13歳の年の差を感じさせない愛情あふれた夫婦を演じるのも、この作品のみどころ。黒川博行の原作(こちらでは吉永は大阪府警所属で、全編で大阪弁による会話が展開される。また、吉永を含めた複数の刑事がかわるがわる主役や脇役をつとめている)も、ミステリーファンから支持されている。

2006年8月に放送された第4作「いちばん大切な死体(ひと)」では、京都地検の女で共演する名取裕子友情出演。水曜ミステリー9史上1位となる視聴率14.9%(関東地区)を記録[1]。船越自身も連載を持っているテレビ誌で「とてもうれしい。」と喜びを爆発させた。

水曜ミステリー9枠が2009年春の改編によって一旦休止、2011年秋の改編で2年半ぶりに復活したため、第7作と第8作の間に3年の間隔が空いている。このシリーズ再開及び続く第9作の際に、誠一の所属する班の顔ぶれも交代している。

2013年10月期から「金曜8時のドラマ」の第1作作品として、連続ドラマが放送された[2][3]2014年10月期から『新・刑事吉永誠一』とタイトルを変えてseason2が放送された[4][5]。テレビ東京開局50周年特別企画作品。

テレビ東京では2013年10月25日の13:25 - 15:25にseason1第1話の再放送を放送した他、2013年11月15日から12月20日まで「ランチチャンネル」金曜枠において再放送を実施した。

2016年からは再度2時間ドラマとして「水曜エンタ・水曜ミステリー9」枠で放送されたが、12月28日の『刑事 吉永誠一 ファイナル[注 1] をもってシリーズ完結となった[1]

キャスト[編集]

吉永家 / 神奈川県警察本部 / 警察関係者の家族 / 重田家 / ゲスト

単発ドラマ版は第○作・連続ドラマ版はseason表記で記載。

吉永家[編集]

吉永 誠一(よしなが せいいち)
演 - 船越英一郎(高校生:松村遼[6]〈第14作〉)
経歴:神奈川県警捜査一課(深町班〈第1作・第2作〉 → 平塚班〈第3作〉 → 深町班〈第4作 - 第7作〉 → 片山班〈第8作 - 第12作 / season1・2〉 → 吉永班班長〈第13作・第14作〉) → 神奈川県警察学校第一教養部教官(第14作)。階級は警部補 → 警部。
仕事も家庭も大事にする熱血刑事。真犯人や関係者に事件の全貌を明かす際、その事情に涙を流すことが多い。県警鴨居官舎に愛する家族と一緒に住んでおり、5つ上の姉がいる[注 2]
署内には「吉永が非番の日に事件が発生する」というジンクスが存在し、家族団欒や菜摘のイベントを邪魔されることがお約束になっている。第8作で片山班に移動。
神奈川県立湘北高等学校の卒業生(第76期生)で元ボクシング部員(第14作)。第14作で警察庁への出向を打診されたが、最終的に話を断り「後進を育てる」という本人の強い希望で刑事を辞め、警察学校の教官に異動した。
吉永 照子(よしなが てるこ)
演 - 中山忍[7]
誠一の妻。通称:デコ。誠一とは12歳年下で、彼を愛するがゆえに時折やきもちを焼いている。夫の仕事に理解を示しており、捜査にも協力的。
第1作で菜摘を出産、第12作の終盤で第2子の妊娠が判明。season1最終話で鼓太郎を出産する。第3作で高校のバレーボール部の先輩の月村素子を小沢に紹介する。
吉永 菜摘(よしなが なつみ)
演 - 稲垣鈴夏(第3作 - 第7作)、須藤菜々子[8](第8作 - 第12作 / season1・2 / 第13作・第14作)
誠一と照子の娘。シリーズが進むごとに、しっかりした女の子へと成長している[注 3]
吉永 鼓太郎
演 - 灘辺敬太朗&灘辺爽太朗[9](season2 / 第13作)、志田歩[10](第14作)
誠一と照子の息子。

神奈川県警察本部[編集]

深町班[編集]

川崎 拓司
演 - 河原さぶ(第1作 - 第7作)
経歴:神奈川県警捜査一課(深町班〈第1作・第2作〉 → 平塚班〈第3作〉 → 深町班〈第4作 - 第7作〉)。係長。
呼称は川さん。暴走しがちな吉永を制する役回り。
文田 涼人
演 - 吉満涼太(第1作・第3作 - 第7作)
経歴:神奈川県警捜査一課(深町班〈第1作〉 → 平塚班〈第3作〉 → 深町班〈第4作 - 第7作〉)
後藤 誠
演 - 遠山俊也(第1作 - 第7作)
経歴:神奈川県警捜査一課(深町班〈第1作・第2作〉 → 平塚班〈第3作〉 → 深町班〈第4作 - 第7作〉)
5人の子を持つ。
木島
演 - 渋谷哲平(第2作)
捜査一課の刑事。
深町 剛男
演 - 大杉漣(第1作 - 第2作・第4作 - 第7作)
深町班班長。誠一の執念深さを高く評価している。

平塚班[編集]

平塚 次郎
演 - 佐戸井けん太(第3作)
平塚班班長。

片山班[編集]

九条 一馬(くじょう かずま)
演 - 柿澤勇人[11][12](season2)
経歴:神奈川県警捜査一課(管理官 → 片山班)。階級は警視 → 警視長(2階級特進)。
東大在学中に弁護士資格も取得した警察官僚。一度は県警本部捜査一課の管理官に就任したが、本人たっての希望で特例として3カ月限定で片山班の刑事に着任する。
最終話で、爆破事故に巻き込まれ、昏睡状態になる。一度は目を覚ましたが、容体が悪化し、殉職。
六条 利之
演 - 松澤一之(第8作)
捜査一課の刑事。
立花 芳樹
演 - 加瀬信行(第8作)
捜査一課の刑事。
木谷 久三
演 - 嘉島典俊(第8作)
捜査一課の刑事。

吉永班[編集]

鑑 貴一(かがみ きいち)
演 - 小泉孝太郎[13](第12作 / season1・2 / 第13作・第14作)
経歴:本牧署(第12作) → 神奈川県警捜査一課(片山班〈season1・2〉 → 吉永班〈第13作・第14作〉)。階級は巡査。
第12作では本牧署に勤務していたが、その後捜査一課へ異動し、小沢に代わり誠一と新コンビを組む。以前は会社員だった。
父である貴志は、神奈川県警で敏腕刑事として活躍していたが、5年前に殉職している。
玉田 隆一(たまだ りゅういち)
演 - 山田純大(第9作 - 第12作 / season1・2 / 第13作・第14作)
経歴:神奈川県警捜査一課(片山班〈第9作 - 第12作 / season1・2〉 → 吉永班〈第13作・第14作〉)。階級は巡査部長。
強情な面もあり、事件の推理について誠一と衝突することがある。捜査の過程で重要な情報を仕入れてくることも多く、その情報を誠一らへ報告する際には「ちょっと面白いことが分かりました」と前置きするのが定番。
木島 拓也(きじま たくや)
演 - 松尾諭(第9作 - 第12作 / season1・2 / 第13作・第14作)
経歴:神奈川県警捜査一課(片山班〈第9作 - 第12作 / season1・2〉 → 吉永班〈第13作・第14作〉)。階級は巡査部長。
玉田とコンビを組む刑事で捜査にパソコンを活用している通称「データマン」。絵も得意で、目撃証言を元に似顔絵を作成することもある。
牧村 仁(まきむら じん)
演 - 河西健司(第9作 - 第12作 / season1・2 / 第13作・第14作)
経歴:神奈川県警捜査一課(片山班〈第9作 - 第12作 / season1・2〉 → 吉永班〈第13作・第14作〉)。階級は警部補。
呼称は仁さん。熱くなった誠一の止め役でもあるベテラン刑事。オヤジギャグ好きで、深刻なときにもついダジャレなどを言ってしまう(本人曰くもはや「病気」らしい)。

鑑識課[編集]

一色 理香(いっしき りか)
演 - 平山あや[14](season1・2)
主任。階級は巡査 → 巡査部長。
小沢 慎一(おざわ しんいち)
演 - 林泰文
経歴:神奈川県警捜査一課(深町班〈第1作・第2作〉 → 平塚班〈第3作〉 → 深町班〈第4作 - 第7作〉 → 片山班〈第8作 - 第12作〉) → 鑑識課(season1 - )。階級は巡査部長。
第8作で誠一が片山班に移動後、小沢も片山班に移動になった。刑事時代は誠一とコンビを組んでいたが、本人の希望で鑑識課へ異動となった。
刑事らしからぬ軽率な発言や気の利かない行動が多い。普通自動車免許を所持しておらず、覆面パトカーを運転するときは誠一が担当していた。一方で何気ない言葉が事件解決の糸口に繋がることもあり、誠一とのコンビは良くも悪くも名コンビであった。
第3作で照子から月村素子を紹介されるが悲恋に終わる。
塚田 篤志(つかだ あつし)
演 - 金山一彦(season1 / season2第8話)
主任 → 課長。階級は警部補。誠一とは同期で、交番勤務時代にお互いが刑事を目指し張り合っていたが、その後は鑑識の道に進む。
水島 信吾(みずしま しんご)
演 - 佐藤孝之[15](season1・2 / 第13作・第14作)
階級は巡査 → 巡査部長。
六条 鉄馬(ろくじょう てつま)
演 - 長島琢磨(season1・2 / 第13作・第14作)
階級は巡査。

捜査一課[編集]

緒形 雄一
演 - 大石吾朗(第11作)
捜査一課課長。
沢田 正
演 - 後藤凌二(season2第1・5・最終話)
沢田班班長。
辰巳 耕造(たつみ こうぞう)
演 - 中原丈雄(season1)
捜査一課管理官。階級は警視。
生え抜きタイプの管理官で、手柄を上げる為なら証拠捏造等の違法捜査も辞さない偏った正義感の持ち主。以前吉永と片山が交際していたことを知っていて、何かにつけて意見が対立する吉永とは犬猿の仲である。生前の貴一の父・貴志とは、互いの捜査方法を巡って対立することが多く、5年前、貴志が狭心症を患っていることを知りながらも捜査班から外す事はせず、車に待機させた貴志が張り込みに戻った際に犯人と出くわし射殺されたことについても「自業自得だ」と冷たく言い放った。

他の関係者[編集]

望月 哲也
演 - 金田明夫(第1作 - 第3作)
捜査二課の刑事。
神山 隆治
演 - 大石吾朗(season2第1・5・8・最終話 / 第13作・第14作)
本部長。階級は警視監。
片山 桐子(かたやま きりこ)
演 - 眞野あずさ(第8作 - 第12作 / season1・2 / 第14作)
経歴:神奈川県警捜査一課(片山班班長〈第8作 - 第12作 / season1・2〉) → 神奈川県警本部 管理官(第14作)。階級は警部 → 警視。
第8作で片山班に移動してきた吉永とは交際歴があり、現在も班のミーティングとは別に二人きりのときは吉永に助言を求めることがある。
第13作は警視庁に出向のため不在。

警察関係者の家族[編集]

鑑 貴志(かがみ たかし)
演 - 古谷一行(特別出演 / season1)
鑑貴一の父。神奈川県警の刑事だったが犯人に撃たれて殉職。殉職時の階級は警部。
吉永誠一が駆け出しだった頃の班長で、彼の師匠に当たる上司。狭心症を患っており、5年前に犯人との揉み合いの最中に発作が起こり、拳銃を奪われ射殺された。
鑑 佐和子
演 - 多岐川裕美(友情出演 / season1第8話)
鑑貴一の母。貴志の妻。
江端 千尋
演 - 鯉迫ちほ[16](season2第2話・第3話)
玉田隆一の異父妹。江端篤志の妻。8年前、高校時代の美術の臨時講師だった江端と結婚するため、家族に紹介したが玉田に反対され家を出て行く。
玉田 貴代
演 - 川島美津子(season2第2話・第3話)
玉田隆一と江端千尋の母。シングルマザー。3年前死亡。
牧村 茜
演 - 伊東愛[17](season2第6話)
牧村仁の娘。

重田家[編集]

重田 流星
演 - 諒太郎[18](season2第1・2・5話 - 第8話)
ちなみの兄。小料理「ひろこ」の板前。
重田 ちなみ
演 - 小林歩乃佳[19](season2第1話)
被害者NO.1。
重田 敏美
演 - 宮崎美子(season2第1・2・4話 - 第8話)
ちなみの母。小料理「ひろこ」の女将。
重田 高雄
演 - 渡辺徹(season2第1・5・8話)
ちなみの父。電気めっき工場の元社長。失踪中。

ゲスト[編集]

第1作 - 第12作 / season1 / season2 / 第13作 - 第14作

第1作 - 第12作(2004年 - 2013年)[編集]

第1作「絵が殺した女」(2004年)
第2作「帰れない遺骨」(2004年)
第3作「一億円の幸せ」(2005年)
  • 川添 律子(川添の妻・名古屋の資産家の娘) - 遠野凪子
  • 杉井 悦子(チェリーファイナンス 社員) - 井上晴美
  • 美容師 - KABA.ちゃん
  • 川添 隆幸(帝協銀行本牧支店 融資課長) - 乃木涼介
  • 桜木 肇(チェリーファイナンス 社長) - 坂西良太
  • 紅茶と料理の店「サモアール」店長 - 南雲勝郎
  • 山田 治(赤い髪の男・フリーター) - 根岸大介
  • 籠谷 伸一(帝協銀行本牧支店 行員・新婚) - 俵広樹
  • 能谷 信義(帝協銀行本牧支店 行員・新婚) - 白木隆史
  • 鮫島 博人(トラック運転手) - 三角大
  • 山田のアパート管理人 - 藤井びん
  • 金髪の男 - 加賀健治
  • 須田 隼人(科学警察研究所 警察技術要員) - 小宮健吾
  • 朝野 恭子(帝協銀行本牧支店 支店長) - あいはら友子
  • 月村 素子(帝協銀行本牧支店 行員・吉永照子の高校の先輩) - 藤田朋子
第4作「いちばん大切な死体(ひと)」(2006年)
第5作「約束の指切り」(2007年)
第6作「五億円の黒い白髪」(2007年)
  • 土屋 弥生(辰彦の愛人・小料理屋「やよい」女将) - 山口果林
  • 滝沢 涼子(辰彦の長女) - 岡まゆみ
  • 榊 真一郎(辰彦の長男) - 寺尾繁輝[22]
  • 滝沢 俊之(涼子の夫) - 吉村明宏
  • 榊 真二郎(辰彦の二男・榊ビル 社長) - 武野功雄
  • 榊 久子(辰彦の本妻) - 佐久間良子
  • 葛西 喜一郎(葬儀社「永松祭典」従業員) - 徳井優
  • 前島 美枝子(ホステス) - 仁藤優子
  • 榊 辰彦(榊ビル 会長・故人) - 千波丈太郎
  • 土屋 琢磨(弥生の息子・小料理屋「やよい」板前) - 菊池健一郎
  • 永松 晋(永松祭典 社長) - 春海四方
  • 岡村(諏訪警察署 刑事) - 阪田マサノブ
  • 永松 浩次(晋の弟・永松祭典 副社長) - 佐野圭亮
  • 仲居 - 田村もとこ[23]
第7作「不幸を呼ぶ宝石」(2008年)
第8作「虹が消えた交差点」(2011年)
第9作「迷い骨」(2012年)
第10作「沈黙の宴」(2012年)
  • 安井 佳子(クリーニング工場勤務) - 床嶋佳子
  • 新倉 一平(新倉の息子) - 金井勇太[31]
  • 瀬良 昌孝(ふぐ料理チェーン「大谷楼」関東本部長) - 金山一彦
  • 宮本 ユキナ(キャバクラ勤務) - 多岐川華子
  • 松下 照幸(料亭「浜ふぐ」本店板長) - 菊池健一郎
  • 安井 謙二(佳子の夫・パチンコ店員) - 渋谷哲平
  • 南原 規子(料亭「浜ふぐ」仲居) - 赤澤ムック[32]
  • 三島 達也(料亭「浜ふぐ」板前) - 出口哲也
  • 水木 真理 - 町理恵[33]
  • 飛田 拓次(板前) - 石田尚巳[34]
  • 安井 翔太(佳子の息子・失語症) - 澤田陸
  • 戸村(店長) - 並木幹雄[35]
  • 山谷 喜和子(佳子の母) - 水野久美
  • 新倉 善造(料亭「浜ふぐ」2代目社長) - 本田博太郎
第11作「赤い遺産」(2013年)
第12作「親しい敵」(2013年)

season1(2013年)[編集]

第1話「熱血&クールコンビが難病少女の夢を守る巨悪詐欺を許すな!」
第2話「飛びおりた覆面男」
第3話「魔性の母」
第4話「消えた指輪」
第5話「完全犯罪の男」
第6話「信じた男は白か黒か5つの殺意と動機!!」
  • 北沢 誠二(臨海配送 配達員・元ヨコハマキルズの幹部) - 渡辺大
  • 白河 美羽(誠二の妻) - 杉本有美
  • 新堂 一馬(元ヨコハマキルズの幹部) - 載寧龍二
  • 浜田 暁(定食「三宝食堂」従業員・元ヨコハマキルズのメンバー) - 竹内寿
  • 堺 拓次(ヨコハマキルズのサブリーダー) - 阿部亮平[42]
  • 深山 哲也(ヨコハマキルズのリーダー) - 大嶋航平[43]
  • 小森 亜紀(堺の恋人) - 川辺優紀子[44]
  • 小野寺 佐助(臨海配送 社長) - 原田大二郎
第7話「女タクシー運転手の秘密!消失した絆」
第8話「三億円強奪刑事を撃つ謎の銃弾」
最終話「巨悪を暴け!! 正義を貫く七人の刑事の絆」

season2(2014年)[編集]

第1話「家族と仲間達を愛し悪を憎む“あの男”が帰ってきた!イケメン刑事加入で緊急展開!! 冷凍死体にNo.1の文字 紫の女がつなぐ3つの連続殺人」
第2話「悪魔のペンが描く偽装殺人計画!! 妹はなぜ死んだ!?」、第3話「1/1000万円のワナ 巨悪を斬る逆転捜査」
  • 鎌田 真奈美(クラブホステス) - 宮地真緒(第2話のみ)
  • 坂城 公太(江端の大学時代の同期生) - 山崎樹範
  • 江端 篤志江端千尋の夫・彫刻家) - 弓削智久[55]
  • 山本 邦夫(クレジットカード盗難被害者) - スギちゃん(第2話のみ)
  • 六浦 忠雄(六浦倉庫 5代目社長・江端千尋の実父) - 朝日望
  • 沢地(江端の知合い) - 保科光志(第2話のみ)
  • 武井 竜二(歌手) - 甲斐よしひろ[56](スペシャルサンクス / 第2話のみ)
  • 六浦 広務(六浦倉庫 6代目社長・忠雄の弟) - 大和田獏(第3話のみ)
第4話「盲目の目撃者!! 6歳が聞いた“悪の音”」
第5話「満月の殺人トリック悪女の嘘と“誤算”」
  • 中西 朱里(岸田の秘書) - 寺田千穂
  • 相馬 友(中西の部下) - 吉井怜
  • 松沢 謙也(中西の元婚約者・レストランオーナーシェフ) - 斉藤祥太[61]
  • 韮山 成美(ヤオフルの契約農家) - 下村侑子[62]
  • 長谷川 みのり(ヤオフル 社員) - 仁藤萌乃
  • 岸田 愛美(ヤオフル 社長) - 床嶋佳子
第6話「“100の顔”を持つ死体!? 悪を愛した女」
  • 夏目 直樹(結婚詐欺師) - 大浦龍宇一[63]
  • 大和田 孝之(ありさの父・大和田地所 社長) - 中丸新将[27]
  • 大和田 ありさ(夏目の婚約者) - 小林涼子
  • 大和田 絹子(ありさの母) - 水木薫
  • 大和田 龍一(ありさの兄) - 西興一朗
  • 丸ノ内 浩二(ありさの元交際相手) - 玉置孝匡
  • 黒木 好美(結婚詐欺被害者・大和田家の家政婦) - 芳本美代子
第7話「リミットは48時間!! 17歳の殺人犯を救え」
  • 矢野 剛(秋田法律事務所の司法修習生) - 黄川田将也
  • 金井 響子(長江の婚約者・秋田法律事務所のアソシエイト弁護士) - 村井美樹[64]
  • 増谷 陸(自殺未遂者・浜風高校 生徒) - 西井幸人[65]
  • 原 正道(秋田法律事務所の弁護士) - 吉村明宏
  • 長江 俊正(秋田法律事務所の弁護士) - 花岡徹[66]
  • 秋田 幸生(秋田法律事務所の所長) - 桑原辰旺
第8話「“連続爆破パズル”最終ピースは娘の死!? 迫る悪意」
  • 青山 崇(神奈川県警察本部 受付担当・元神奈川県警捜査一課 大隅班捜査官) - 賀集利樹(最終話にも出演)
最終話「連続爆破!!都市全域ターゲット…100人の容疑者が入れ替わる!? 姿なき知能犯が嘲笑う最凶トリック!! 命と共に散った刑事の正義」

第13作 - 第14作(2016年)[編集]

第13作「湖で拾った女」(2016年)
第14作「シリーズ完結!最後の大捜査」(2016年)
  • 酒井 直子(NPO法人「サムデイ」代表・吉永誠一の初恋相手で高校の同級生) - 手塚理美
  • 水口 邦男(直子の元夫・吉永誠一の高校の同級生) - 伊藤正之
  • 福原 孝治(NPO法人「サムデイ」事務長・元コーヒー店員) - 大西武志
  • 高柳 啓吾(横浜理科大学 薬学部 教授・津村の教え子) - 並樹史朗
  • 辺見 慎介(リサイクル企業「エコロジーウィング」社長) - 仲本工事
  • 津村 文子(津村の妻) ‐ 立石涼子
  • 安達 晴彦(横浜理科大学 高柳研究室 助手) - 南雲勝郎
  • 長谷部 修(横浜理科大学 薬学部 准教授/高柳研究室所属) - 成島敏晴[72]
  • 矢島 恵(横浜理科大学 高柳研究室 助手) - 脊山麻理子[73]
  • 三浦(吉永誠一の高校の同級生) - 小川敏明
  • 山中 良二(イントロの逃亡犯) - 福井弘一
  • 津村 真奈美(津村と文子の娘・4年前 急性白血球症で死亡) - 向衣琴
  • リサイクル企業「エコロジーウィング」秘書 - 桃乃木まゆ
  • 水口 良太(水口と直子の息子・2年前 小児ガンで死亡) - 生駒星汰
  • 津村 健三(元教師・吉永誠一の高校時代の恩師) - 里見浩太朗(特別出演)

スタッフ[編集]

2時間ドラマ(スタッフ)[編集]

連続ドラマ(スタッフ)[編集]

  • 原案 - 黒川博行
  • 脚本 - 田子明弘、安藤康太郎 (season1)、白石雄大 (season1)、安井国穂 (season1)、ひかわかよ (season2)
  • 音楽 - 鈴木隆太 (season1)、林久美子、梅野悠大
  • 監督 - 赤羽博、池添博 (season1)、岡嶋純一 (season1)、本橋圭太 (season2)
  • 主題歌
  • オープニング曲 - 鈴木隆太 (season1)
  • 助監督 - 岡嶋純一、日暮英典 (season1)、須藤洋子 (season1)、宮崎龍太 (season1)、久保田太啓 (season1)、尾本克宏 (season2)、鈴木新 (season2)
  • サウンドデザイン - 石井和之
  • タイトルCG - クロフネプロダクト (season1)、永見康明 (season1)、宮島壮司 (season2)
  • 擬斗 - 深作覚
  • 警察監修 - 尾崎祐司 (season2)
  • 医療指導 - 中澤暁雄、山本昌督
  • 看護指導 - マエカ (season1)、松島由貴子 (season2)
  • ヨガ指導 - 亀山ななせ (season1)
  • 技術協力 - WING-T (season1)、ブル (season1)
  • 美術協力 - フジアール (season1)
  • 照明協力 - ラ・ルーチェ (season1)
  • 編集・MA - アムレック (season1)、バウムレーベン (season1)
  • 音響効果 - スポット (season1)
  • 企画協力 - 横山美智代 (season1)、田中信哉 (season1)
  • チーフプロデューサー - 岡部紳二
  • プロデューサー - 浅野太、川島永次、瀧川治水 (season1)、中田好美 (season1)、渡辺一仁 (season2)
  • ラインプロデューサー - 稲葉有也 (season2)
  • プロデューサー補 - 小松幸敏、杉坂幸則 (season1)、白石裕菜 (season1)、松本拓 (season2)
  • 製作 - テレビ東京、ホリプロ

放送日程[編集]

2時間ドラマ[編集]

話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督
1 2004年05月26日 絵が殺した女 「絵が殺した」(徳間書店 田子明弘 赤羽博
2 12月15日 帰れない遺骨 「ドアの向こうに」(東京創元社
3 2005年11月16日 一億円の幸せ 「雨に殺せば」(東京創元社)
4 2006年08月09日 いちばん大切な死体(ひと) 「暗闇のセレナーデ」(東京創元社)
5 2007年01月24日 約束の指切り 「切断」(東京創元社)
6 8月22日 五億円の黒い白髪 「黒い白髪」(文藝春秋刊)
7 2008年10月01日 不幸を呼ぶ宝石 「キャッツアイころがった」(東京創元社刊)
8 2011年10月12日 虹が消えた交差点 「アニーの冷たい朝」(東京創元社刊)
9 2012年06月20日 迷い骨 「迷い骨」(講談社刊)
10 10月17日 沈黙の宴 「てとろどときしん」(講談社刊)
11 2013年04月03日 赤い遺産 「爪の垢、赤い」(講談社刊)
12 10月02日 親しい敵 「うろこ落し」(文藝春秋・刊)
13[75] 2016年01月06日 湖で拾った女 ひかわかよ
14 12月28日 シリーズ完結!最後の大捜査 田子明弘 本橋圭太

season1[編集]

  • 2013年10月11日[76] - 12月13日、全9話。
  • 第1話は19時58分から21時48分の1時間50分SP。
  • 第2話の原作は「飛び降りた男」。
  • 2013年11月29日は『柔道グランドスラムTOKIO2013』中継のため、休止。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 2013年10月11日 熱血&クールコンビが難病少女の夢を守る巨悪詐欺を許すな! 田子明弘 赤羽博
第2話 10月18日 飛びおりた覆面男 安藤康太郎 池添博
第3話 10月25日 魔性の母 田子明弘 赤羽博
第4話 11月01日 消えた指輪 白石雄大 池添博
第5話 11月08日 完全犯罪の男 田子明弘 赤羽博
第6話 11月15日 信じた男は白か黒か5つの殺意と動機!! 池添博
第7話 11月22日 女タクシー運転手の秘密!消失した絆 安井国穂
第8話 12月06日 三億円強奪刑事を撃つ謎の銃弾 田子明弘 赤羽博
最終話 12月13日 巨悪を暴け!! 正義を貫く七人の刑事の絆
平均視聴率 6.8%[77](視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)

season2[編集]

  • 2014年10月17日[78] - 12月12日、全9話。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 2014年10月17日 家族と仲間達を愛し悪を憎む“あの男”が帰ってきた!イケメン刑事加入で緊急展開!!
冷凍死体にNo.1の文字 紫の女がつなぐ3つの連続殺人
田子明弘 赤羽博
第2話 10月24日 悪魔のペンが描く偽装殺人計画!! 妹はなぜ死んだ!? 本橋圭太
第3話 10月31日 1/1000万円のワナ 巨悪を斬る逆転捜査
第4話 11月07日 盲目の目撃者!! 6歳が聞いた“悪の音” ひかわかよ 赤羽博
第5話 11月14日 満月の殺人トリック悪女の嘘と“誤算” 本橋圭太
第6話 11月21日 “100の顔”を持つ死体!? 悪を愛した女 田子明弘 岡嶋純一
第7話 11月28日 リミットは48時間!! 17歳の殺人犯を救え ひかわかよ 赤羽博
第8話 12月05日 “連続爆破パズル”最終ピースは娘の死!? 迫る悪意 田子明弘
最終話 12月12日 連続爆破!!都市全域ターゲット…100人の容疑者が入れ替わる!?
姿なき知能犯が嘲笑う最凶トリック!! 命と共に散った刑事の正義

注釈[編集]

  1. ^ この回は「水曜エンタ・水曜ミステリー9」枠外で放送。
  2. ^ 第1作エピソードより。
  3. ^ 年齢設定では第2作時点ではもうすぐ1歳、第5作時点では5歳。連続ドラマseason1では小学5年生、season2では小学6年生。

出典[編集]

  1. ^ a b “テレ東・船越英一郎主演「刑事吉永誠一」シリーズ、12・28完結へ”. ORICON STYLE. (2016年12月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2082784/full/ 2016年12月9日閲覧。 
  2. ^ テレ東、金曜夜8時枠で連ドラ復活 大物俳優二人が熱演”. ORICON STYLE. オリコン (2013年8月14日). 2013年8月14日閲覧。
  3. ^ “テレ東、プライムタイムで連ドラ枠復活! 主演は船越英一郎と北大路欣也”. マイナビニュース. (2013年8月14日). http://news.mynavi.jp/news/2013/08/14/117/ 2017年6月7日閲覧。 
  4. ^ 船越英一郎「決意新たに」 『刑事吉永誠一』シーズン2 10月スタート”. ORICON STYLE (2014年8月24日). 2016年1月27日閲覧。
  5. ^ 船越英一郎:“刑事吉永誠一”再び 主演連ドラ第2弾10月スタート”. 毎日新聞デジタル (2014年8月24日). 2014年9月25日閲覧。
  6. ^ プロフィール - グリーンメディア
  7. ^ TV - 中山忍 オフィシャルサイト
  8. ^ プロフィール - 宝映テレビプロダクション
  9. ^ 本日OA!「新・刑事吉一」 - テアトルアカデミースタッフブログ 2014年11月7日
  10. ^ タレント出演情報2016年 1ページ - テアトルアカデミー
  11. ^ 柿澤勇人、刑事ドラマ初出演に「全力で挑む」『新・刑事吉永誠一』で警察官僚役”. ORICON STYLE (2014年8月27日). 2014年9月25日閲覧。
  12. ^ 柿澤勇人、船越英一郎の“プレッシャー”にタジタジ「やめてください…」”. ORICON STYLE (2014年10月10日). 2016年1月27日閲覧。
  13. ^ 小泉孝太郎、船越英一郎の新相棒に 『刑事吉永誠一 涙の事件簿』”. ORICON STYLE (2013年9月3日). 2016年12月25日閲覧。
  14. ^ 平山あや「すごく恥ずかしい」 ラブシーンに言及”. モデルプレス (2014年10月10日). 2015年5月3日閲覧。
  15. ^ プロフィール - office KOMACHI
  16. ^ お知らせ☆ - 鯉迫ちほオフィシャルブログ 2014年10月24日
  17. ^ 金曜8時のドラマ『新・刑事吉永誠一』 - 伊東愛オフィシャルブログ 2014年11月22日
  18. ^ プロフィール - フロム・ファーストプロダクション
  19. ^ プロフィール - サンミュージックブレーン
  20. ^ プロフィール - フラッシュアップ
  21. ^ プロフィール - 今井事務所
  22. ^ history - 寺尾 繁輝オフィシャルサイト
  23. ^ 8/22(水)はテレ東みるべし - たむらもとこブログ 2007年8月21日
  24. ^ Job Data - ホリエージェンシー
  25. ^ 放送されました・・・(;´Д`)ホッ - 中村直美ブログ 2011年10月13日
  26. ^ 見てくださった皆様”. 奈都美感 吉岡奈都美 Official Blog (2011年10月12日). 2016年1月7日閲覧。
  27. ^ a b ドラマ - アンフィニー
  28. ^ プロフィール - 町田英子事務所
  29. ^ プロフィール - ケイエムシネマ企画(アーカイブ)
  30. ^ プロフィール - グルー
  31. ^ プロフィール - クローバー(アーカイブ)
  32. ^ 刑事吉永誠一 涙の事件簿 - 赤澤ムックブログ 2012年10月20日
  33. ^ プロフィール - REMAX
  34. ^ プロフィール - 中野笑店
  35. ^ プロフィール - オフィス斬
  36. ^ TV - ジェイエフシーティー
  37. ^ 刑事吉永誠一・涙の事件簿11。 - 藤田朋子オフィシャルブログ 2013年3月27日
  38. ^ プロフィール - 萩本企画
  39. ^ プロフィール - テアトルアカデミー
  40. ^ ドラマの告知です。 - 佐藤すみれオフィシャルブログ 2013年10月25日
  41. ^ お知らせ! - 小橋めぐみオフィシャルブログ 2013年10月25日
  42. ^ TV - ジェイエフシーティー
  43. ^ プロフィール - オフィス テン
  44. ^ プロフィール - ベンヌ
  45. ^ プロフィール - ステッカー
  46. ^ TV - ジェイエフシーティー
  47. ^ プロフィール - ブライエンターテイメンツ
  48. ^ 『刑事吉永誠一涙の事件簿』撮影〜 - 吉川依吹オフィシャルブログ 2013年11月17日
  49. ^ ☆ドラマ☆ - 野村真美オフィシャルブログ 2013年11月21日
  50. ^ 田中瞳佳 - Twitter 2013年12月5日
  51. ^ プロフィール - クリエイティブ・ガーディアン
  52. ^ プロフィール - 浅井企画
  53. ^ プロフィール - 舞夢プロ
  54. ^ プロフィール - justicejapan
  55. ^ プロフィール - イトーカンパニー
  56. ^ 甲斐よしひろ、61歳で俳優デビュー&主題歌も決定!!”. サンケイスポーツ (2014年9月1日). 2014年10月26日閲覧。
  57. ^ 映像・舞台 - 青年座映画放送
  58. ^ 【出演】『新・刑事吉永誠一』第4話 - 中村靖日ブログ 2014年11月7日
  59. ^ ありがとうございます - 建みさとオフィシャルブログ 2014年11月8日
  60. ^ プロフィール - テアトルアカデミー
  61. ^ プロフィール - ムーン・ザ・チャイルド
  62. ^ プロフィール - オンディーナ
  63. ^ プロフィール - 浅井企画(アーカイブ)
  64. ^ ドラマ「新・刑事吉永誠一」 - 村井美樹オフィシャルブログ 2014年11月28日
  65. ^ 新・刑事吉永誠一! - 西井幸人オフィシャルブログ 2014年11月20日
  66. ^ プロフィール - 宝映テレビプロダクション
  67. ^ プロフィール - えりオフィス
  68. ^ プロフィール - 手力プロダクション
  69. ^ 西村雄正 - Twitter 2016年1月6日
  70. ^ プロフィール - LUCKY RIVER
  71. ^ プロフィール - カートプロモーション(アーカイブ)
  72. ^ 成島敏晴 - Twitter 2016年12月27日
  73. ^ 脊山麻理子 - Twitter 2016年12月27日
  74. ^ テリー伊藤,甲斐よしひろ (2014年10月29日). テリー伊藤対談「甲斐よしひろ」(2)“太陽にほえろ!”に誘われていた?. (インタビュー). アサ芸プラス.. http://www.asagei.com/excerpt/27581 2017年6月7日閲覧。 
  75. ^ 水曜ミステリー9 刑事・吉永誠一13”. インターネットTVガイド (2016年1月6日). 2016年1月27日閲覧。
  76. ^ テレ東、13年ぶり“新設ドラマ枠”初回視聴率8.5%”. ORICON STYLE (2013年10月15日). 2013年10月15日閲覧。
  77. ^ テレビ東京「三匹のおっさん」に惨敗したフジが金8から撤退の憂き目に”. アサ芸プラス (2014年3月27日). 2015年12月24日閲覧。
  78. ^ 船越英一郎主演、テレ東・金8ドラマ『新・刑事吉永誠一』初回7.6%”. ORICON STYLE (2014年10月20日). 2016年1月27日閲覧。

外部リンク[編集]

テレビ東京 金曜8時のドラマ
前番組 番組名 次番組
枠設立前につき無し
刑事吉永誠一 涙の事件簿
(2013.10.11 - 2013.12.13)
三匹のおっさん
(2014.1.17 - 2014.3.14)
新・刑事吉永誠一
(2014.10.17 - 2014.12.12)
テレビ東京系 金曜20時台
世界ナゼそこに?日本人
〜知られざる波瀾万丈伝〜

※19:54 - 20:54
(2012.10.26 - 2013.9.27)
【月曜21時台へ移動して継続】
【ここまでバラエティ枠】
刑事吉永誠一 涙の事件簿
(2013.10.11 - 2013.12.13)
【ここからドラマ枠】
三匹のおっさん
(2014.1.17 - 2014.3.14)
テレビ東京 ランチチャンネル金曜枠
刑事吉永誠一 涙の事件簿
(再放送)
(2013.11.15 - 2013.12.20)
まさはる君が行く!
ポチたまペットの旅
(2013.12.27 - 2014.1.24)
【BSジャパン・テレビ東京の共同制作】
まさはる君が行く!
ポチたまペットの旅
(2014.9.26 - 2014.10.24)
BSジャパン・テレビ東京の共同制作】
新・刑事吉永誠一
(再放送)
(2014.10.31 - 2014.12.12)
まさはる君が行く!
ポチたまペットの旅
(2014.12.19 - 2015.1.23)
【BSジャパン・テレビ東京の共同制作】