渡辺大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
わたなべ だい
渡辺 大
本名 渡辺 大
別名義 新 晋一郎(しん しんいちろう)
生年月日 (1984-08-01) 1984年8月1日(34歳)
出生地 日本の旗 日本東京都渋谷区
国籍 日本
身長 185 cm
血液型 A型
職業 俳優
配偶者 既婚(2008年 - )
著名な家族 渡辺謙(父)
南果歩(義母)
(妹)
東出昌大(義弟)
事務所 ケイパーク
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
県警強行殺人班 鬼哭の戦場

渡辺 大(わたなべ だい、1984年8月1日 - )は、日本俳優

東京都渋谷区出身。青山学院大学卒業。身長185cm、体重74kg。

父は俳優の渡辺謙、実妹はモデル・女優の。義弟(妹の夫)はモデル・俳優の東出昌大

人物[編集]

2002年1月放送の『壬生義士伝〜新撰組でいちばん強かった男〜』で、父である渡辺謙演じる吉村貫一郎の青年期役でデビュー。デビュー当時は親の七光りと揶揄されることを嫌って「渡辺謙の息子」であることは自ら語ることはなかったが、容姿も声も若き日の父親に似ているため、オーディションなどでもすぐに知れてしまったという。

一時期、芸名を新 晋一郎(しん しんいちろう)と改めていた。その改名していた頃、妹の杏と『non-no』で初共演した際、晋一郎の「郎」を「朗」と間違えられた。

父の渡辺謙の離婚騒動の最中に、家庭の内幕を書いた手記を『週刊文春』に寄稿する[1]。所属事務所の許可をとらずに自身の判断で行ったため、所属契約を解除されしばらくの間活動停止となるが、芸名を本名に戻して復帰した。

熱狂的な阪神タイガースファンである父とは違い、読売ジャイアンツの大ファンである。また、プロレスファンでもある。

ゲーム、アニメなどにも興味を示している。『桃太郎電鉄』や『サクラ大戦』などのファンである。さくまあきらとの交流もあり、その縁で、サクラ大戦の真宮寺さくら役の声優、横山智佐と対面したときは感激した模様を自身のブログに綴った。

2007年7月公開の『県警強行殺人班 鬼哭の戦場』(宮坂武志監督)で映画初主演を果たした。

2008年3月14日ホワイトデーに一般女性と結婚、8月には第1子誕生、父親となった。この事は本人が公表する前に、妹の杏が『徹子の部屋』で明かした。また自ら出演した2008年8月7日放映の『徹子の部屋』で実父・謙への結婚報告のエピソードなどを語った。2010年3月末に、第2子が誕生した。

デビュー以来「グランパパプロダクション」に所属していたが、2014年8月1日付けでケイダッシュグループの新設事務所「ケイパーク」へ移籍。

受賞[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “杏と父・渡辺謙の間にある愛憎 恋人・東出昌大との共演に複雑?”. LITERA. (2014年8月24日). http://lite-ra.com/2014/08/post-393.html 2014年8月27日閲覧。 
  2. ^ “vol.114 第20回日本映画批評家大賞”. OKStars (OKWave). http://okstars.okwave.jp/vol114.html 2018年7月30日閲覧。 
  3. ^ “父・謙に続く!世界の渡辺大だ!!マドリード映画祭で最優秀外国語映画主演男優賞”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年7月30日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180730/geo18073004000006-n1.html 2018年7月30日閲覧。 
  4. ^ “渡辺大 アムステルダム国際映画祭で最優秀主演男優賞 マドリードに続き2冠!”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年8月20日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/20/kiji/20180820s00041000233000c.html 2018年8月20日閲覧。 
  5. ^ 渡辺大、父・渡辺謙の甲冑まとい意気込み「政宗公のパワー借りる」”. SANSPO.COM (2015年6月12日). 2015年6月12日閲覧。
  6. ^ 山岸秀樹 (2015年7月24日). “女装する男たちの苦闘を描くハートフル・コメディー。父子"共演"の渡辺大さん・謙さんらの演技にご注目! ~「独眼竜 花嫁道中」~”. NHK BSオンライン. NHK. 2016年12月10日閲覧。
  7. ^ “尾上菊之助、義父・中村吉右衛門と映像初共演「しびれました」”. ORICON STYLE. (2016年9月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2077795/full/ 2016年9月2日閲覧。 
  8. ^ “岡田准一と西島秀俊が時代劇で初共演、木村大作の監督3作目「散り椿」”. 映画ナタリー. (2017年5月24日). http://natalie.mu/eiga/news/233834 2017年5月24日閲覧。 
  9. ^ “日本ワインの常識を覆した若者たちの実話 渡辺大主演「ウスケボーイズ」今秋公開”. 映画.com. (2018年4月8日). https://eiga.com/news/20180408/4/ 2018年6月17日閲覧。 
  10. ^ “役所広司×小泉堯史で司馬遼太郎「峠」を初映像化、松たか子、田中泯ら出演”. 映画ナタリー. (2018年9月4日). https://natalie.mu/eiga/news/298122 2018年9月4日閲覧。 

外部リンク[編集]