どきどきキャンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
どきどきキャンプ
DOKI-DOKI CAMP
メンバー 岸学
佐藤満春
結成年 2001年
事務所 ケイダッシュステージ
活動時期 2001年8月 -
影響 ドランクドラゴン
旧コンビ名 ハーバード
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 コント漫才
ネタ作成者 岸学
(単独ライブでは佐藤が作ったネタも披露される[要出典]
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
オンバト+
笑いの金メダル
エンタの神様
爆笑レッドカーペット
など
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示

どきどきキャンプは、日本お笑いコンビである。ケイダッシュステージ所属。2001年8月結成。過去にはアミューズ、自主経営の事務所「T.G.A.C」の所属だった。

メンバー[編集]

  • 佐藤 満春(さとう みつはる、 (1978-02-17) 1978年2月17日(43歳) - )ツッコミ担当
    東京都町田市出身、桜美林大学文学部中国語中国文学科卒[1]。血液型O型、身長170cm。
    岸が『24 -TWENTY FOUR-』ネタを始めた当初はドラマ本編を見たことがなく、「相方みたいな太ったオッサンが大暴れするドラマ」という間違った解釈をしていた。今では同作のファンである。
    ゆってぃによると、マクドナルドのセットも食べ切れない程の少食だという[2]。また、急いで食べるために美味しそうに食べることが出来ない[3]。これらの事を2019年大晦日にbayfmの年越し特番でその事を明かした上に、お酒も呑めない体質であることを伝えると、その時のDJであった門脇知子から「つまんない男」と弄られている。
    お笑いコンビの地味な方で構成された「地味ーズ」の一員である[4]

概要[編集]

落語研究会出身の岸が知人に紹介された佐藤を誘い、2001年にコンビ結成[5]。佐藤は結成以前から岸のことを知っており、結成は素直に嬉しかったとのこと。岸は「とりあえずハゲてないし、太ってないからいいか」と佐藤とのコンビ結成を承諾。岸は最初「どきどきマングース」という名前で別の人とコンビを組んでいたが、佐藤と組む段になって「どきどき」を残し「どきどきキャンプ」とした(佐藤曰く「岸さんは『どきどき』だったんだね。」)

結成当初は、アミューズのお笑い部門に所属。同じくお笑い部門に所属するWAGEらと一緒にライブに出ていた。その後、お笑い部門が閉鎖し、フリーを経て、2005年にケイダッシュステージに所属した[6]

憧れの芸人は塚地武雅ドランクドラゴン)である[7]

ドラマ『24 -TWENTY FOUR-』のネタを行なっていることから、本家『24』のファイナルシーズンのDVDのCMに出演した。

佐藤単独の仕事が増えているが、岸は寛容で、やりたいことを許している[8]。佐藤も岸のものまねで世に出ることができたため、感謝している[8]

ネタ[編集]

主にコント。岸のキャラクターを押した内容が多い。ボケとツッコミを入れ替えたネタやダブルアタックのネタも存在する。『爆笑オンエアバトル』や『キングオブコント』の予選では佐藤がデスメタル歌手に扮したコントを披露している。

修学旅行や学級選挙を題材にした学生コントが多い。理由はデビュー当時に衣装を用意するのが楽だったから(同じ理由でセットもパイプ椅子のみが多い)。最近では私服のコントが多くなっている。M-1グランプリに出場したこともある。

2013年には、佐藤の話の要所要所で岸が微妙な例えを挙げていく(それに対して佐藤は基本的にツッコまずにそのまま話を進める)漫才でTHE MANZAIの認定漫才師に選ばれ、ワイルドカード決定戦に進出した。

爆笑レッドカーペット』と『エンタの神様』では岸がジャック・バウアーに扮したネタを行っている。先輩がジャック・バウアーをまねたのを見て岸が楽屋でやってみたのが始まり[5]。その時点で佐藤は、ドラマ「24」すら知らなかった。2008年1月にライブで初披露し、客の大半はわからなかったものの、一部で大受けし、徐々にテレビに呼ばれるようになった[5]。普段は岸だけがジャック・バウアーに扮しているが、『爆笑レッドカーペット』では佐藤が『24 -TWENTY FOUR-』の登場人物に扮したこともある。また、ジャック・バウアーはディランと全く同じ自転車を持っているという設定が出たことがあった。

ネタによってはボケとツッコミが逆になる。漫才では佐藤がボケ、岸がツッコミを行うものもある。

過去の出演番組[編集]

佐藤満春単独での出演歴については佐藤満春#出演を参照。※印は岸のみの出演

テレビ[編集]

バラエティ[編集]

初オンエア(2005年10月29日放送回、481KB・2位)は初出場から約2年半かかったが、その次の出場回で再びオフエアとなってしまい、そのまま6連敗を記録。[9]その後2008年5月15日放送回にてリベンジを果たしたが、2勝目達成まで今度は約2年半もかかってしまった[10]
2006年6月16日放送回においては最下位を記録したが、通常収録初のオーバー300(301KB)を記録しながらの最下位となってしまった[11]。なお、これは通常収録に限定すれば番組内における最下位の歴代最高KB[12]となっており、地方収録を含めても歴代2位タイの記録[13]となっている。
2008年度はそれまでの不調とは打って変わって、9月4日放送回で自身初のオーバー500及びトップ通過、更に初の連勝を記録するなど好調であった。この勢いで3連勝を達成するも、チャンピオン大会出場最低条件である年間4勝目を狙いに行った放送回でまさかの自己最低KB(185KB)を記録してしまい連勝がストップ。以降の年度内は出場しなかったため、自身初のチャンピオン大会出場は果たせなかった。月1回の放送となった翌年の2009年度にも1度だけ挑戦しているが、317KBで15組中13位に終わりオンエアは果たせなかった[10]
100KB台~400KB台までの敗退を全て経験した事があるという珍しい記録を持つコンビである[14]。また、2006年11月17日~2007年7月20日放送回まで200KB台、300KB台、400KB台と出場する度に獲得KB数が上昇しているのに全てオフエアとなるという珍しい経験もしている[10]
上述のように2008年度は3連勝を記録するなど好調であったが、同時期に他のネタ番組で多く披露され、且つコンビの知名度を飛躍的に上げる事となった岸が『24』のジャック・バウアーに扮するネタは1度も披露しなかった
コラボカーペットで、なだぎ武ディラン名義)や5GAP久保田賢治やまもとまさみ(岸のみ)と共演

ラジオ[編集]

CM[編集]

インターネット[編集]

単独ライブ[編集]

  • 2004年
    • 8月9日-10日 - 「DOKIDOKICAMP THE RIDE」(銀座小劇場)
  • 2005年
    • 3月26日-27日 - 「どきどきキャンプF91」(笹塚ファクトリー)
    • 9月27日-28日 - 「月は出ているか?」(新宿モリエール)
  • 2006年
    • 7月17日 - 「我々は3年待った」(新宿モリエール)
  • 2007年
    • 3月24日 - 「完全平和主義」(恵比寿・エコー劇場)
  • 2008年
    • 1月28日 - 「木星帰り」(恵比寿エコー劇場)
  • 2009年
    • 3月29日 - 「私の愛馬は凶暴です」(恵比寿エコー劇場)
  • 2010年
    • 3月14-15日 - 「サスロ」(恵比寿エコー劇場)
  • 2011年
    • 7月24日 - 「climb on」(恵比寿エコー劇場)
    • 11月10日 - 「カラビナ」(しもきた空間リバティ)
  • 2012年
    • 4月23日 - 「イノベーター」(シアターミラクル)

舞台[編集]

  • ザ☆夕方カレー 第1回プロデュース公演『スプーンおじさん』(2009年7月10日 - 12日)
  • ザ☆夕方カレー 第2回プロデュース公演『トレジャーボックス』(2010年6月25日 - 7月27日)
  • ザ☆夕方カレー 第4回プロデュース公演『Just you and me』(2011年10月28日 - 30日)
  • ザ☆夕方カレー 第3回(復活)プロデュース公演『サヨナラ雪』(2012年3月25日 - 28日)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Gyaoジョッキー「ケイダッシュステーション、ブレイクは突然に! #16」2008年8月8日放送より
  2. ^ ゆってぃオフィシャルブログ「ワカチコブログ」 2009年1月29日付記事より
  3. ^ 公式ブログ・佐藤日記 2009年2月5日付記事より(2019年現在は閉鎖)
  4. ^ 他のメンバーは亘健太郎(フルーツポンチ)、ひぐち君(髭男爵)、小林優介()、谷田部俊我が家)。
  5. ^ a b c 「(ネタができるまで)どきどきキャンプ 「24」ジャック・バウアーでコント」、朝日新聞 大阪夕刊 Do2、2009年5月28日、3頁。
  6. ^ WEBザテレビジョン. “サトミツ、コンビ解散危機を明かす「芸人も辞めるつもりだった」【連載:佐藤満春って何者?】(2/5)” (日本語). WEBザテレビジョン. 2021年11月6日閲覧。
  7. ^ お笑いポポロ」2006年5月号、麻布台出版社
  8. ^ a b “どきどきキャンプ・佐藤満春、“オードリー支える”裏方で才能開花 多様化の時代にあった芸人の生き方”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年9月18日). https://www.oricon.co.jp/special/55156/ 2021年5月28日閲覧。 
  9. ^ 2007年5月4日放送回では357KB、同年7月20日放送の石川大会では409KBと2回連続で6位となり、惜しい所でオンエアを逃していた。また石川大会でオフエアとなった回の5位は417KBを記録したチーモンチョーチュウであり、どきどきキャンプとはボール2個差であった。
  10. ^ a b c どきどきキャンプ - オンバトサポーター
  11. ^ この回は1~6位までが400KB台以上を記録(因みに5位・6位が同点で6組オンエアだった)しており、また9位まで360KB以上を記録するという、通常収録としては非常に珍しいハイレベルな戦いであった。通常収録において出場した全組が300KB台以上を獲得した例はこの回が史上唯一となっている。
  12. ^ ただし後継番組の「オンバト+」を含めた場合はアイデンティティトミドコロがどちらも2013年11月30日放送回で353KBながら最下位となっており、どきどきキャンプの記録を上回っている。
  13. ^ 地方収録も含めるとふうらいぼう。が2003年9月26日放送の大阪収録で記録した305KBが最高記録となり、またその翌週である10月3日放送の千葉収録ではメインストリートも301KBを記録しながら最下位となっており、これらの成績を含めるとどきどきキャンプの記録は歴代2位タイとなる。
  14. ^ 他にはインスタントジョンソンなども記録した事がある。
  15. ^ 田上よしえ「バケツ持って泣きそうになった」“同窓会”のようなオンバト収録味わう(コメントあり)”. お笑いナタリー (2019年3月23日). 2019年4月4日閲覧。
  16. ^ TBS. “オールスター後夜祭” (日本語). TBSテレビ. 2018年10月7日閲覧。

外部リンク[編集]