ゆってぃ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゆってぃ
本名 藤堂 雄太(とうどう ゆうた)
別名義 とーどーゆーた(旧芸名)
生年月日 (1977-01-25) 1977年1月25日(45歳)
出身地 日本の旗 日本東京都杉並区
血液型 O型
身長 174cm
言語 日本語
方言 なし(共通語
最終学歴 堀越高等学校卒業
出身 スクールJCA4期
コンビ名 マンブルゴッチ(1995年 - 2002年)
ロケット(2003年)
トリオ名 グーニーズ(2003年 - 2006年)
相方 川村龍俊(マンブルゴッチ)
寺崎仁人(ロケット、グーニーズ)
秋山潤(グーニーズ)
芸風 漫談
事務所 プロダクション人力舎
活動時期 1996年 -
同期 北陽
角田晃広東京03
品川庄司
西田幸治笑い飯
ランディーズなど
現在の代表番組 東京03角田&ゆってぃのぶらり作曲の旅
過去の代表番組 爆笑レッドカーペット
オンバト+ など
配偶者 石川あんな(2022年 - )
親族 藤堂高虎(祖先)
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

ゆってぃ1977年1月25日 - )は、プロダクション人力舎に所属する日本お笑い芸人東京都杉並区出身、本名および旧芸名:藤堂 雄太(とうどう ゆうた)。「とーどーゆーた」という名義での活動も行っていた。妻はタレントで元グラビアアイドル石川あんな[1]

来歴[編集]

1995年スクールJCAへ4期生として入学、当初はコンビマンブルゴッチ』のツッコミ担当として活動していた。しかし相方の川村龍俊ラッパーを目指すため[2]2002年に解散[3]

マンブルゴッチ解散後、2003年NSC東京校7期出身の寺崎仁人(現在は吉本興業へ移籍、コンビ『ガジラー』を経てピン芸人・寺崎ガザオとして活動中)とコンビ『ロケット』を結成し、同年6月に秋山潤(元プレパラート)が加入する形でトリオグーニーズ』となる。マンブルゴッチ時代と同じくツッコミだったが、2006年11月30日に解散。

しばらくして『とーどーゆーた』と名乗り、ピン芸人となる。ピン活動を始めて間もない頃は正統派漫談をやっていたが、ある日に人力舎のスタッフから呼び出され「漫談とかはいいのでアイドル路線で行け」と言われたことで、現在のゆってぃキャラが誕生した。第8回『R-1ぐらんぷり』では敗者復活戦にあたる「R-1ぐらんぷり2010サバイバルステージ」に進出し、6位(250点)であった。

芸風[編集]

「スーパーアイドルゆってぃ」というキャラクターに扮しての漫談を得意とする。

「辛いことがあってもそれがなになにー」「ゆってぃ、もう小さいことがあっても全く気にしないの」というセリフと共に最近起こった自虐的な出来事などから入り、「キョーレツゥ! チッチャイことは気にするな! それ、ワカチコ! ワカチコ!」で締める。本人は小さいことと称しているが、どう考えても大きいことを言う場合もある(人力舎の社長の眼中にもない、ネタの内容を全部MCにバラされるなど)。

ちなみに「なになにー」はマンブルゴッチ時代の元相方・川村発案のギャグで、「キョーレツゥ!」はロケット及びグーニーズ時代の元相方・寺崎が考えたもの。「なになにー」のギャグについて許可を貰う際、川村から「マンブルゴッチのギャグは、全部おまえのものだから」と背中を押されたという[4]。その後は同じような自虐ネタながらも、オチの台詞を「○○が強め~!」に変えて締めることもある。これは同期の角田晃広東京03)がナンパをしていた時の女性の発言に由来する[4]

衣装は全盛期の西城秀樹をイメージした派手なものだったが、楽屋で盗まれた。そのため少年隊っぽくしようとなり、現在の衣装に至る。「ワカチコ」は少年隊『デカメロン伝説』のイントロから引用し、「ゆってぃ」の設定も少年隊の2期後輩となっている。「ワカチコ」は「若さ・力・根性」を意味する。

「ゆってぃ」のキャラ以外もやりたいという理由により、2008年8月27日放送の『爆笑レッドカーペット』で「ゆってぃ」名義で出演してからもしばらく芸名を変えていなかったが、同年9月18日深夜放送のTBSラジオアンタッチャブルのシカゴマンゴ』内で正式に芸名を「ゆってぃ」へと変更した。なおプロダクション人力舎の公式プロフィールにおいては、名義が「ゆってぃ(とーどーゆーた)」と併記される形になっている。

『レッドカーペット』初出演時、本人は「とーどーゆーた」名義で出演する予定だったが香盤表に「ゆってぃ」と表記されていたため、「ああ、俺、『ゆってぃ』って名前なんだ」と初めて認識していた(なお、ゆってぃと命名したのは山崎弘也アンタッチャブル))[5]。また本人はカタカナ表記の「ユッティー」だと思っていたが、以降はひらがな表記となった[4]

マンブルゴッチ時代からゆってぃを知るバカリズムは、ゆってぃのコンビ時代は芸人とは思えないお洒落な風貌でネタも正統派だったため、アイドルキャラで登場した時は非常に驚かされ「最終手段」だと思って受け止めたという[3]。ブレイク前に何度かライブで共演しているカンニング竹山によると、コンビ時代は「どちらかというと突っ張った芸風」で今のような芸風はゆってぃ自身が嫌っていた。

人物[編集]

出演番組[編集]

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

Webドラマ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “ゆってぃ&石川あんなが結婚を発表「今後は夫婦共々よろしくお願いいたします!」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年4月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2229987/full/ 2022年4月1日閲覧。 
  2. ^ その後川村はヒップホップグループ・オトノ葉Entertainmentボーカルとなった。
  3. ^ a b アメトーーク!DVD 19』よしもとアール・アンド・シー、2012年
  4. ^ a b c d TV Bros.東京ニュース通信社)2013年第25号での記事より。
  5. ^ Girls TV! feat.SUPER☆GiRLSより。
  6. ^ “オーレ!東京 われらサポーター お笑い芸人ゆってぃさん(34)目黒区”. 東京新聞. (2011年11月28日). オリジナルの2011年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111202013311/http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20111128/CK2011112802000163.html 
  7. ^ ゆってぃ [@YUTTY52] (2013年12月5日). "A Day To Rememberの新譜を購入。ダメなワケがないのを知ってるの。" (ツイート). Twitterより2022年4月1日閲覧
  8. ^ ゆってぃ [@YUTTY52] (2014年4月7日). "赤坂ブリッツにkillswitch engage見てきた。これでハワードバージョンもジェシーバージョンもみたー!あー楽しかった。" (ツイート). Twitterより2022年4月1日閲覧
  9. ^ 『ロンドンハーツ』DVDに付属する「ロンハー新聞」インタビュー記事では「付き合い上、狩野英孝から無理矢理買わされた」と言及している。
  10. ^ 祖先と初対面”. ゆってぃ(とーどーゆーた)オフィシャルブログ「ワカチコブログ」 (2012年2月15日). 2019年2月11日閲覧。
  11. ^ ゆってぃに関するご報告”. プロダクション人力舎オフィシャルウェブサイト (2022年4月1日). 2022年4月1日閲覧。
  12. ^ プロダクション人力舎広報室【公式】 [@jinrikisha_PR] (2022年4月1日). "この度弊社の芸人ゆってぃが入籍致しましたことをご報告致します。" (ツイート). Twitterより2022年4月1日閲覧
  13. ^ ゆってぃ [@YUTTY52] (2022年4月1日). "【結婚のご報告】 ゆってぃです。3月30日にグラビアアイドルの、石川あんなさんと入籍させて頂きました。日にちのせいで、嘘みたいになってますが、今後は夫婦共々よろしくお願いいたします!" (ツイート). Twitterより2022年4月1日閲覧
  14. ^ オールスター後夜祭”. TBSテレビ. 2018年10月7日閲覧。
  15. ^ SICK'S大好きプレゼントキャンペーン”. TBS (2018年8月). 2018年8月25日閲覧。

外部リンク[編集]