文学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

文学部(ぶんがくぶ)あるいは人文学部は、「人間の生み出した文化」もしくは「人間そのものとしての在り方」についての教育研究を行う学部である。主に思想歴史言語文化 (文学/言語学)・行動科学の4領域を扱う。[1]ただし以下に述べるとおり、実際の教育及び研究領域は、大学により大きく異なる。また2005年上智大学が文学部から一部専攻を独立させ「総合人間科学部」を設立した例に見られるように、近年は行動科学系の分野は別個の学部として設置されることが多い。[2]学位は主に学士(文学)など。

主な専攻[編集]

大学により異なるが、下記のような分野を専攻できる。

哲学倫理学美学芸術学宗教学 など
日本史東洋史西洋史考古学美術史学など
日本文学英文学フランス文学ドイツ文学中国文学言語学など
心理学社会学教育学文化人類学など
  • その他
地理学図書館情報学新聞学など

特徴的な教育を行う大学・近年の動向[編集]

創作に興味を持ち、文学部を志望する学生は、文学だけでなく演劇映像にも興味を持つなど、そのニーズは多様化している。しかし、元来、文学部は哲学歴史学文学を柱とした教育研究を行ってきたが、これらの分野は伝統古典を重視し独立性も高く、時代のニーズに対応出来ず、また学問の新たな進展も阻害していた。それらの課題に対応する動きで2000年代半ば以降から以下の動きが活発になってきた。[3]

  • 1学科制もしくは少数学科多専攻方式
従来の学科を1つにまとめ、入試段階では一括募集もしくは「思想」「歴史」などの系統ごとに大括りにし、2年次以降の進学時に専修や専攻に分かれるシステム。慶應義塾大学文学部などが従来より、この方式であったことに加え立教大学関西大学立命館大学などの文学部がこの方式に移行した。加えて東京大学文学部も2018年度より1学科制へ移行する。
  • 学科間の学際的領域を副専攻用のコースとして設ける方式
上智大学文学部は、2015年より「文学部横断型人文学プログラム」を開講している。7学科共通の3コース「身体・スポーツ文化論」「芸術文化論」「ジャパノロジー」を開講している。
  • 宗教系大学の文学部
仏教系大学では僧侶養成という側面もあるため仏教学部を有していたが、少子高齢化やニーズの多様化に合わせ仏教学科として再編し文学部や人文学部の学科とする大学もある。ミッション系大学でも同様である。皇學館大学では文学部神道学科で神職の養成を行っている。

文学部を持つ日本の大学[編集]

国立[編集]

なお、筑波大学では人文・文化学群、金沢大学では人間社会学域の人文学類が文学部に相当する。

公立[編集]

私立[編集]

人文学部を持つ日本の大学[編集]

文化学系学部を持つ日本の大学[編集]

公立[編集]

私立[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京大学ホームページ「文学部について」
  2. ^ 実験や理数系的手法が用いられるなど、他3領域とは異なるう部分が多い
  3. ^ ベネッセ教育研究所between 2005.6.7号

関連項目[編集]

近接的な学部[編集]

文学部を包摂する学部[編集]

文学部から派生した学部[編集]

といった学際系学部など。国際性をアピールすることも