Hi-Hi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hi-Hi
メンバー 岩崎一則
上田浩二郎
結成年 1994年4月
事務所 ケイダッシュステージ
活動時期 1994年 - 1996年
1998年10月 -
旧コンビ名 岩崎・上田
ダブルモッシュ
バリカンステッチ
ハミングステッチ
ハミング
現在の活動状況 ライブ・テレビ
芸種 漫才コント
ネタ作成者 上田浩二郎
現在の代表番組 はたらくヨロコビ
マサカメTV
スパゲッTV
めんこい8オシ研究所
など
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
オンバト+
ザ・イロモネア
爆笑ホワイトカーペット
爆笑レッドカーペット
Hi-Hiの真王伝説
など
同期 ロンドンブーツ1号2号
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

Hi-Hi(ハイハイ)は、ケイダッシュステージ所属のお笑いコンビ1994年4月に結成。

プロフィール[編集]

上田 浩二郎(うえだ こうじろう、 (1973-11-09) 1973年11月9日(43歳) - )ボケ担当

  • 埼玉県鳩ヶ谷市(現:川口市)生まれ。身長168cm、体重57kg、血液型O型。
  • 兄が1人いる。
  • 横文字に弱いところが時折見られるが、一方で時事に強い部分も見受けられる。
  • 猫アレルギーである[1]。また、軽度の日光アレルギーでもあるため、1年を通して肌の色が白い[2]
  • ネット視聴者を表す「チャッター」という言葉は、上田がケイダッシュステーション、ブレイクは突然に!で使ったのがきっかけで使われるようになった言葉。
  • ネタ中と同様にかなりのせっかち[3]で、フリートークも普段の漫才のように進めるが、進行には忠実である。
  • 読書が趣味であるが、漢字に弱く、せっかく読み終わっても内容が良くわからないということがよくある[4]
  • THE MANZAI 2011では決勝に行けると思っておらず、決勝進出通知の際に号泣した。その際、「俺ね、ほんと何度も(芸人)辞めようと思ったんすよ」「誰にも愛されてこなかったんすよ僕ら」と発言した[5]。また2012年1月13日放送のTOKYO FM「よんぱち 48hours」での発言によると、その年はTHE MANZAI以外のテレビ出演は皆無だったそうで、収入すら皆無の月もあったという[6]
  • THE MANZAI 2011のネタ中に発した「あー漫才楽しい!」「(岩崎に向けて)放り込んで来い! お前の18年間放り込んで来い!」という発言が話題となり[7]、ブログのヒット数・コメント数が爆発的に伸びた。
  • ロンドンハーツのマジックメールに引っかかってしまったが、その時仕掛け人の谷澤恵里香の「ミートソース作ったんで巻いてくれますか?」に対する「巻くよ、バカ」という発言がネット上で話題を呼び、ブログのヒット数・コメント数が再び急増した(上田曰く『THE MANZAI 2011の直後より多かったかも知れない』らしい)[8][9]
  • 以前は人力舎の芸人の和田貴志(鬼ヶ島)と同居していた[10]

岩崎 一則(いわさき かずのり、 (1973-09-17) 1973年9月17日(43歳) - )ツッコミ担当

  • 埼玉県さいたま市生まれ。身長170cm、体重71kg、血液型B型。左利き[11]
  • 兄が1人おり、肉屋を経営している[12]
  • スキンヘッドがトレードマーク。最近は舞台上などで眼鏡をかけている。衣装は以前はネルシャツを着ていることが多かったが、THE MANZAI2011の決勝以降は基本的にワイシャツにネクタイ姿で通している。愛称は「ガンちゃん」。
  • 上田の両親が経営するアパートに10年以上住んでいる。しかし、ここ5年ほど家賃を滞納している。また、15年以上掃除をしておらず、2012年7月26日放送の黄金伝説の企画で掃除をした際に冷蔵庫の上から様々な菌が検出されるほどの不潔さであったことが明らかとなった[13]
  • 某番組にて占い師に「売れないかも知れない」と言われるが、「今は好きでやっているんだから、やれるとこまでやっていきましょうよ」と前向きな発言をする。
  • M-1グランプリでは、結成10年を迎えた2008年限りで出場資格が無くなったが(成績は最高で3回戦止まり)、翌2009年にも同じ事務所の川村わかな(連戦姉妹)と「カズくんとワカナちゃん」というコンビを組んで出場した[14]
  • ゲームが趣味であり特技。パックマンの一面を目隠し状態でクリアすることができる[15]。また、モンスターハンターシリーズのファンでもあり[16]、この累計プレイ時間は4000時間を越えている。
  • クッキー作りが趣味[17]。クッキーの家を作れるほどの腕前である。しかし小さいオーブントースターしかないため、1枚1枚個別に焼かなくてはならず、完成まで8時間はかかるそうである[18]
  • 私生活では各1回結婚・離婚を経験[17]
    • 前妻はHi-Hiのファンであった女性[17]。結婚式の司会は事務所の後輩のオードリーが担当したという(その時の春日のブログ)。
    • 上田曰く、離婚の原因は「岩崎の携帯から勝手に先輩芸人の番号を入手して電話をかけ、合コンのセッティングをしようとした」「岩崎の給料を自分(前妻)の口座に振り込んでくれと(事務所に)頼んだ」といったことがあったためという[17]
    • 現在はmixiで知り合ったファンと交際し、半同棲状態である[18]
  • 性格は温和で怒ることがほとんどない。そのせいか同事務所の後輩芸人と仲がよく、オードリーの若林は「ケイダッシュに入ってきた芸人は初めにガンちゃんと仲良くなる」と語っている。その一方で上田が渡したネタ帳を収支簿に使っていたり、トークでも喋らなかったりなどマイペースな面も持ち合わせており、上田が苦労する事も多い。事務所の先輩である前田健は「(岩崎に)慣れるまで2年かかる」と評している。

略歴[編集]

  • かつて専門学校の友人たちとの4人組のバンド「ガムガムスリーちゃんねる」として活動していたが、卒業と同時に他のメンバーが脱退し2人だけになったことから「2人でできる事はないか」と考えた上田が岩崎を誘ってお笑いコンビを結成[19]吉本興業東京本社のオーディションに合格し所属芸人となるが、2年後の1996年2月銀座7丁目劇場で行われたライブ「タッチアウト!!スペシャル -リストラの嵐-」での結果クビを宣告され[20]、この時点で一旦芸人を辞めてフリーターをしながらバンド活動を再開[21]。さらに2年半後、生活が行き詰まった事もあって再びお笑いコンビとして再出発し、オーディションを受けて現在の事務所に所属する[22][23]
  • コンビ名を何度も変えており、「ダブルモッシュ」から始まって、
    「岩崎上田」(ケイダッシュ移籍間もない頃)→「バリカンステッチ」(上田案が「バリカン」、岩崎案が「ステッチ」で、この2つを合わせた[24]
    →「ハミングステッチ」(事務所から、ハゲを連想させるバリカンの名前に待ったがかかり、もっときれいな響きの言葉をと言われ改名。トラックの運転手をしていた時に視かけた「ハミング」の看板を思い出して名付けた[24]
    →「ハミング」と変遷し、今に至る。ハミングに改名したのは、コンビ名をよく略されてハミングだけで呼ばれていたからであるが、この時は事務所から「お前らがハミングだと意味がわからない」とも言われたという[24]
    現コンビ名は、GyaOジョッキーでの企画で決定したが、表向きは「30案くらい候補を出して、その中から事務所が決めた」と答えるようにしているという。「灰になるまでハイになろう」「high、highで高い所まで上がれるように」という由来は全部後付けだという[24]
  • 初めての前説は「進め!電波少年」(日本テレビ)で、初めてのゴールデンタイムでのテレビ出演は「ジャングルTV 〜タモリの法則〜」(毎日放送TBS系。「50人隊」の企画での出演)[25]
  • THE MANZAI 2011にて認定漫才師50組に選ばれ本戦サーキットに出場。その結果サーキットランキング14位に入り決勝進出を決めた後、決勝戦でBブロックを制して最終決戦の4組まで勝ち上がった。
  • 翌年のTHE MANZAI 2012でも認定漫才師に選ばれたが、サーキットランキング18位でワイルドカード決定戦進出に終わる。
  • 初の著書として2012年9月14日に「リストラ芸人」(講談社)が上田を作者として出版された。

芸風[編集]

  • 漫才コントともに行っている。
  • 漫才のネタは上田の「どうもね!笑ってね!気ぃ遣ってね!」の挨拶から始まる。岩崎が自分の興味のある事などを話題にするが、上田がいい加減な受け答えや適当に思いついたことを話し出して話が進まないという流れが多い。
  • 漫才の冒頭や終わる直前に上田が「最近どう?みんな、○○してる?」と問いかける(「○○してる?」の部分には「パスタ巻いてる?」や「湯沸かし器『カッチッチッチボッ』っといってる?」などがある)[26]
  • 最近では岩崎のツッコミの台詞を上田が無理矢理モノマネ扱いしてしまうネタもある。
  • 岩崎のハゲ頭をネタにすることがある。また、ショートコントとして岩崎の頭に吸盤をくっつけるパターンのネタもある[27]

逸話[編集]

  • ネタ作りは、岩崎も同伴するが、ほとんど上田が一人で進める[28]
  • ネタ中に上田が岩崎の頭に旗の付いた吸盤を投げてくっつけるが[27]、成功まで何度もかかる事が多い。しかし、爆笑オンエアバトルの初オンエア時は1度で成功した。
  • 両者ともにパチンコ、スロットの腕前はプロ級。岩崎の年間収支は+100万を超える。上田は引きに自信があるらしく、まりか&Hi-Hiの真王伝説というパチンコ番組で1日に18万円以上も稼いだ事がある。 一時期、Hi-Hiを題材にしたマンガがパチスロ大連勝(現在は休刊中)で連載されていた。
  • その18万勝った番組内で、大当たりの連発に興奮した上田が「俺の北斗の引きを見ろ!」と何度も発言した事に端を発し、「俺の引きを見たか!」という決め台詞が誕生した。今では出演したパチンコ・パチスロ番組の全てで(大当たりした時に)披露される[29]。余談だが、その模様を見ていた南まりかが2人のファンになり、南自身も「あたいの引きを見たかぁ〜」という決め台詞を使用する事になった[30]。2012年7月より3人で「まりか&Hi-Hiの真王伝説」としてレギュラー出演している。
  • 音楽活動をしていた経緯もあるため、音楽に対する造詣も深い。ちなみに上田はベース、岩崎はドラムを担当していた。
  • 高校時代の同級生。後に上田が結成を持ちかけた理由が「こいつ(岩崎)しかフラフラしてる奴がいなかった」[31]
  • 爆笑オンエアバトルでは初期から挑戦しているが、400KB以上の成績を経験しているにもかかわらずオンエア経験のないまま10連敗を記録(きぐるみピエロヴェートーベンも経験)。2回目の挑戦(2001年11月10日放送)で445KBの高得点ながら6位オフエア(5位のいつもここからが461KB)というまさかの不運に恵まれる[32]、これは、最高オフエア記録の中でも歴代7位の記録である。これが影響したかその後の挑戦では100KBや200KB台を記録。4回目の挑戦(2002年7月6日放送)では405KBの高得点ながらまたしても6位オフエア(5位の佐久間一行が409KBでボール1個差)であった。その後2006年9月1日放送分で、11回目の挑戦にして念願の初オンエアを達成する(11回目での挑戦でのオンエアは番組最多記録)。初オンエアの勝者コメントで、上田は「良かった~」と、岩崎は「もうねぇ、もう『嬉しい』とかじゃなくて、(オンエアを達成できて)良かったね」と発言している。また、その際のナレーションでは「念願の初オンエア!目指せ、10連敗後の10連勝!」とコメントされていた。その後2007年8月31日放送分では、自己最高となる477KBを獲得し、自身初のトップ通過となった。なおオフエア数16回は番組最多記録で、ダンディ坂野の15回がこれに続いている[33][34]
  • THE MANZAI 2011の1回目のネタで使用した「最近どう?みんな、パスタ巻いてる?」というフレーズをナインティナインの岡村が気に入り、いろんな場所で使うようになった結果、岩崎は街中で「パスタ職人の方ですよね?」、上田は「どこでお店やってるんですか?」と訊かれるようになってしまった。本人たちはこの事を「パスタの一人歩き」と称している[35]
  • 2003年に事務所の先輩であるはなわの横浜アリーナでのライブでバックバンドとして参加した。上田はギター、岩崎はドラムを担当した。
  • 20年以上の付き合いであるにもかかわらず、岩崎はプライベートで上田の名前を1度も呼んだことがない。また、上田のことを「相方」と言わず「うちの人」と言う[28]
  • 菅良太郎パンサー)は「高校時代に学園祭に来た2人を見たのがお笑いを目指すきっかけになった」と語っている[36]
  • 芸人に戻ってからは、関東の若手・中堅クラスの芸人たちの相談相手もやっていた。自身の経験も踏まえてのアドバイスはかなり好評だったらしい。
  • 2人とも喫煙者である。
  • 2011年1月、永沢たかし(磁石)が結成した、芸歴10年前後の吹きだまり芸人によるユニット「FKD48」に加入。上田が特に吹きだまってる担当→テキトー担当で担当カラーは小豆色、岩崎がおっさん担当で担当カラーは肌色となっている。なお2人とも1973年生まれでメンバー最年長である。

賞レース[編集]

  • 2001年 M-1グランプリ 2回戦進出
  • 2002年 M-1グランプリ 2回戦進出
  • 2004年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2005年 M-1グランプリ 2回戦進出
  • 2006年 M-1グランプリ 2回戦進出
  • 2007年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2008年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2011年 THE MANZAI 決勝Bブロック1位・最終決戦4位
  • 2012年 THE MANZAI ワイルドカード決定戦進出
  • 2013年 THE MANZAI 認定漫才師

出演番組[編集]

テレビ[編集]

現在出演中の番組[編集]

過去の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

過去の出演番組[編集]

インターネット放送[編集]

  • 渋スタお笑いライブ(ニコニコ生放送)不定期配信
  • 裏裏ケイダッシュライブ(GyaO!
  • ケイダッシュステージの殴るなら殴れ!!(2011年7月20日開始、ニコジョッキー
  • ケイダッシュステージの殴るなら殴れ!! #100 〜祝100回!記念SP〜(2013/07/09,ニコジョッキー)相沢まき、原アンナ

CM[編集]

  • 模造品撲滅キャンペーン(特許法CM)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ”. Hi-Hi上田のブログもどーもねっ! (2010年9月30日). 2015年6月8日閲覧。
  2. ^ ”. Hi-Hi上田のブログもどーもねっ! (2012年7月16日). 2015年6月8日閲覧。
  3. ^ Hi―Hi上田が作家に?「紆余“積雪”を書いたら熱い文章になったぜ」”. スポーツニッポン (2012年11月27日). 2015年6月8日閲覧。
  4. ^ オカッパ”. Hi-Hi上田のブログもどーもねっ! (2012年1月2日). 2015年6月8日閲覧。
  5. ^ 上田浩二郎『リストラ芸人』(講談社)第7章『人生を変えた「THE MANZAI 2011」』より。
  6. ^ 2012/01/13 お笑いコンビ・Hi-Hi”. TOKYO FM「よんぱち 48hours」番組公式サイト (2012年1月13日). 2015年6月8日閲覧。
  7. ^ ブレイク中のHi-Hi 「パスタ巻いてる?」誕生の秘密語る”. NEWSポストセブン (2012年9月22日). 2015年6月8日閲覧。
  8. ^ 2012年4月17日(火)「ロンドンハーツ」- 3時間スペシャル -”. gooテレビ (2012年4月17日). 2015年6月8日閲覧。
  9. ^ へへへ~落ちちゃつた”. Hi-Hi上田のブログもどーもねっ! (2012年4月18日). 2015年6月8日閲覧。
  10. ^ 和田!”. Hi-Hi上田のブログもどーもねっ! (2009年11月27日). 2015年6月8日閲覧。
  11. ^ 岩崎一則twitter(2015年5月31日)
  12. ^ TVでた蔵「2012年4月16日放送 ライオンのごきげんよう」”. ワイヤーアクション (2012年4月16日). 2015年6月8日閲覧。
  13. ^ TVでた蔵「2012年7月26日放送 いきなり!黄金伝説。」”. ワイヤーアクション (2012年7月26日). 2015年6月8日閲覧。
  14. ^ 10/10(土) 1回戦・東京12 シアターD(M-1グランプリ2009 オフィシャルサイト)
  15. ^ 2013年8月5日「次世代の名人を探せ!!「ファミコン スゴ技道場」」”. テレビ朝日お願い!ランキング』番組公式サイト (2013年8月5日). 2015年6月8日閲覧。
  16. ^ CAPCOM「モンスターハンターシリーズ10周年記念サイト」に祝福のコメントを寄せている。
  17. ^ a b c d あの人気芸人、番組内でバツイチ告白?クレイジーな元妻は奇行連発?”. ビジネスジャーナル (2013年2月15日). 2015年6月8日閲覧。
  18. ^ a b TVでた蔵「2012年3月3日放送 メレンゲの気持ち」”. ワイヤーアクション (2012年3月3日). 2015年6月8日閲覧。
  19. ^ 「リストラ芸人」p.69-72
  20. ^ 「リストラ芸人」第2章(p.43〜)
  21. ^ 東京吉本ではロンドンブーツ1号2号ペナルティDonDokoDonと同期だったがネタの受けはイマイチだったらしい。「タッチアウト!!スペシャル」でクビを宣告された後「どうしても同期の連中や先輩のココリコのようにはなれない」との挫折感と絶望感から芸人を辞める事を決めたという[1]。半年後輩に当たる大谷ノブ彦(ダイノジ)は自身のブログラジオ番組のインタビューでその時の事を詳しく語っている。
  22. ^ 「リストラ芸人」第5章(p.83〜)「もう一回、お笑いやってみない?」より。
  23. ^ ケイダッシュに入ってからも先輩の原口あきまさはなわ、後輩のオードリーらの陰で目立たない存在だった。ただオードリーが売れた時は「普通に応援できる気持ちだった」という。
  24. ^ a b c d 「リストラ芸人」p.118-119
  25. ^ 「リストラ芸人」p.104、p.108
  26. ^ 公式プロフィールより。
  27. ^ a b パーソナリティ日記 2014年7月18日(金)”. STVラジオオハヨー!ほっかいどう』番組公式サイト (2014年7月18日). 2015年6月8日閲覧。
  28. ^ a b THE MANZAIで飛躍! 2012年注目芸人・Hi-Hiインタビュー
  29. ^ 8万枚”. Hi-Hi上田のブログもどーもねっ! (2012年8月7日). 2015年6月8日閲覧。
  30. ^ 今夜もドル箱!!放送内で発言。またHi-Hiがレギュラー出演する前から「真王伝説」の中でもたびたび発言している。
  31. ^ 上田浩二郎『リストラ芸人』(講談社)第2章『芸人「ダブルモッシュ」結成』より。
  32. ^ この回は1位517KBが2組、3位493KB、4位489KB、5位461KBで高得点の挑戦者がいた異例の回であった。
  33. ^ オンバトサポーター「Hi-Hi」
  34. ^ 「オンバト+」- オンバト最終章 チャンピオン大会直前 15年間ありがとうスペシャル -”. gooテレビ (2014年3月16日). 2015年6月8日閲覧。
  35. ^ 「わかってくれてる」Hi-Hiの「オールナイトニッポン0」始動”. お笑いナタリー (2012年4月6日). 2015年6月8日閲覧。
  36. ^ パンサー菅、憧れのHi-Hiとモジり合い「フットンダ」”. お笑いナタリー (2013年12月10日). 2015年6月8日閲覧。

外部リンク[編集]