WAGE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
WAGE
メンバー 森迅史
岩崎宇内
野中淳
小島義雄
槙尾祐介
結成年 2001年
解散年 2006年3月
事務所 アミューズ
活動時期 2001年 - 2006年
2012年10月2日
出会い 早稲田大学お笑いサークル
現在の活動状況 解散(森は脚本家、野中はミュージシャン、小島はピン、岩崎と槙尾はコンビで活動)
芸種 コント
現在の代表番組 なし
過去の代表番組 クチ×コミ
三宅裕司のドシロウト
ゼベック・オンライン
エンタの神様
など
テンプレートを表示

WAGE(ワゲ)とはアミューズに所属していたコントグループである。2006年3月31日より活動休止し、後に解散した。

メンバー[編集]

来歴[編集]

メンバーは全員、早稲田大学の学生数十人が在籍したお笑いサークル「WAGE」に在籍していた。学年は、森と岩崎が4年生の時、野中が3年生、槙尾が2年生、小島が1年生であった(小島と槙尾は同い年だが、小島は1年浪人したため槙尾の1学年後輩)。

2001年1月に開催された「ギャグ大学偏差値2000」3位入賞を機にアミューズに所属。サークルの名前をそのままグループ名に使用した。5人という人数を生かしたスタイリッシュで作り込んだコントが特徴だった。グループでの活動にとどまらず、メンバーそれぞれが路上ライブを始め、テレビラジオなどで活躍していた。

その人気と実力からは大学お笑いサークルの草分け的存在とまで言われた[1]。「ウケてるイメージしかない」「上の世代まで食い込むウケ方」と若林正恭オードリー)に評されるが、岩崎はただ5人っていう物珍しさだけでネタ番組に呼ばれてる、自分たちは面白くない、弱いっていう現実を感じてた[2]2004年のWAGEvsナイスミドル(後のオードリー)というライブで、WAGEはナイスミドルに惨敗。岩崎によると既に解散を考えており、メンバーに打ち明けるタイミングを探していた時期で、ライブでの敗因がそのタイミングのひとつになったという[2]

森は脚本家、野中はミュージシャン、岩崎と小島は芸人、槙尾は俳優を志望し、方向性の違いが生じたため、事務所との契約が切れるタイミングで岩崎が活動休止を提案。メンバー内で話し合いが行われた結果、2006年3月31日を以てグループ活動を休止し、そのまま解散した。

2012年10月2日に6年ぶりにメンバーが再結集し、座・高円寺2にて単独ライブ「サイカイ」が開催された。

解散後のそれぞれの活動

早稲田大学お笑いサークルとしての「WAGE」[編集]

WAGEの名称の由来は、「Waseda Academic Gag Essence」の頭文字を取ったもの。1997年の文学部に所属していた学生2人が授業前にコントを始めたのがその始まりという。その後サークルとして発展、人数は増加し、1999年からは月に1回の頻度で渋谷のライブハウスでライブを行うなどマニアックながら独特の笑いを求める学生の中で徐々に知名度を上げていった。名物の集団コントをはじめ、二人・三人ネタ、ピン芸などネタによって組み合わせが変わる面白さから、一部では熱狂的なWAGEマニアまでいたとされる。現在WAGE卒業生はTV、広告業界、ビジネスと多方面で活躍している。

DVD[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “広末涼子、早大時代の小島よしおを覚えてた!イタい失態指摘「知らないフリして」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2022年11月19日). https://www.daily.co.jp/gossip/2022/11/19/0015822924.shtml 2022年11月19日閲覧。 
  2. ^ a b WAGE解散、小島よしおブレイクの裏にオードリーとの奇妙な縁(11月25日のテレビ)”. Yahoo!ニュース (2022年11月26日). 2022年12月13日閲覧。

関連項目[編集]