林田健司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
林田 健司
生誕 (1965-11-23) 1965年11月23日(51歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル J-POPアイドルポップ
職業 歌手
作詞家作曲家編曲家

林田 健司(はやしだ けんじ、1965年11月23日 -)は、日本の歌手作詞家作曲家編曲家シンガーソングライター東京都出身。身長178cm。A型

概要[編集]

自身のシングルアルバムより、他のアーティストへ提供した曲のヒットによって作曲家としての知名度が高い。

自身がデビューする前から作曲家として楽曲提供を行っており、代表的なものにSMAPに提供した楽曲『$10』、『君色思い』、『KANSHAして』、『青いイナズマ』、ブラックビスケッツの『STAMINA』などがある。その他、KinKi KidsSPEED藤井隆中山美穂奥井雅美中森明菜など多方面に楽曲提供を行っている。

経歴[編集]

1991年BMGビクターよりシングル『SHERRY』でデビュー。当初はカップリング曲の「夏を揺らさないで」がデビュー曲となる予定だったが、「SHERRY」が「ブティックJOYCMタイアップになったため、急遽変更された。同年、デビューアルバム『RAPHLES(ラフレス)』発売。

1992年発売の2ndシングル『Jealousy In Love』がメナード化粧品CM曲として、1993年発売の3rdシングル『Heart Of Gold』がミラービールのCM曲として、1994年発売の5thシングル『Crazy Funky Down』が日本テレビ系『マジカル頭脳パワー!!』のED曲としてタイアップされる。

1994年、米倉利紀の4thアルバム『adesso』で数曲の楽曲提供とコーラスに参加する。この時、同じくコーラスを担当した、後に夫人となる歌手の"CINDY"こと高尾のぞみと知り合う。

1998年、夫人・のぞみ(CINDY)が劇症肝炎で急逝。この夫人の死がきっかけとなり、林田は後に一時期休養することになる。2000年、休養宣言。

2001年、シングル『imaがよければいいんじゃない?』で活動再開。活動再開後は、自身のライブ活動とKinKi Kids(シングル『ビロードの闇』、『夏模様』)、関ジャニ∞(シングル『イッツ マイ ソウル』)、石田燿子(アルバム曲)、アニメ『こいこい7』(OP曲)、忍足侑士(アニメ『テニスの王子様』登場人物)、中森明菜(シングル『落花流水』など)、郷ひろみなど他のアーティストへの楽曲提供が活動の中心となっている。

ソロとしての活動のほかに、ユニット『東京コール・プロジェクト』(Kwenji Hayashida名義)や、ラテンファンクバンド『eroticao』ボーカル(KJ de la noche en estrellas名義)としても活動している。

エピソード[編集]

  • デビュー前はNHKの「みんなのうた」で自作曲を歌っていたこともある(『遊園地』※みんなのうた放送曲一覧参照)。
  • デビューアルバムのタイトルにもなっている「RAPHLES」について、林田自身は初期のファンクラブ会報にて「若い頃、音楽活動を継続するかどうか悩んでいたとき、たまたまデパートの屋上にある100円占い機を試したところ『アナタノカイウン(開運)ノキーワードハRAPHLESデス』と書かれていたから」と述べている。
  • 好きな言葉は「」。理由は「滅多に使われない言葉だから」。
  • プロ野球東京ヤクルトスワローズの大ファンであり、それが昂じて2009年(平成21年)に球団歌「We Are The Swallows」を提供した(CDは球場などで限定発売)。また、その縁から2009年4月7日神宮球場での東京ヤクルト主催試合開幕戦(対中日戦)にて国歌独唱を行い、同年11月23日に開催された「ファン感謝デー」にゲストとして登場し、スペシャルライブを行った。

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

  • 歌スタ!! - ウタイビトハンター(1〜2ヶ月に1回程度の出演。ニックネームは監督

ラジオ[編集]

過去[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

BMGビクター

ビクターエンタテインメント

レントラックエンタテインメント

自主制作

  • Mr.Raphles「Y.T.O」「Eat Time」(2005年11月19日
  • Sketch of Raphles「MottO xxx」「Love Sick Friday」(2006年8月30日
  • Sketch of Raphles 2「King Of Monkey」「晴れ…1999」(2006年11月17日

Brand New Music

アルバム[編集]

BMGビクター

  • RAPHLES(1991年8月7日
  • Unbalance RAPHLES II(1992年5月21日
  • VOX(1992年10月21日)<ミニアルバム>
  • GEBO(1993年6月2日
  • 紅組(1994年4月21日)
  • 白組(1994年4月21日)<※『紅組』『白組』は共に「花の紅白歌合戦」と題して同日発売>
  • RAPHLES V(1994年11月23日)
  • RAPHLES HISTORY 〜Best of Kenji Hayashida(1996年5月3日)<ベスト・アルバム
  • RAPHLES HISTORY 2(1998年5月21日)<アルバム収録曲を中心としたベストアルバム>
  • ゴールデン☆ベスト(2005年4月20日)<ベスト・アルバム>

ビクターエンタテインメント

  • Marron(1996年5月22日
  • 東洋一(1997年9月22日
  • Oil Men(1998年3月18日)<リミックスベストアルバム>※アナログ盤
  • Oil Men+(1998年3月18日)<リミックスベストアルバム>
  • マボロシ(1999年4月21日)
  • 今夜はBEST 2000(2000年5月24日)<一部新作含むベストアルバム>

レントラックエンタテインメント

自主制作

  • Targi(2005年4月1日)<ミニアルバム>
    • [収録曲]1.ティンダリン~涙の近くにいたいかい~、2.キャンドル・ヴォイス、3.LUNA

Brand New Music

キングレコード

  • RE-WORKS(2015年3月11日)<楽曲提供曲のセルフカバーアルバム第2弾>

DVD/VIDEO[編集]

BMG JAPAN

Brand New Music

  • 「Resurrection Live!! ~King Of Monkey Tour 20070302~」(2007年8月15日

その他[編集]

楽曲提供[編集]

石田燿子

上原多香子

奥井雅美

Girls Forever.

  • 「The Girl of Fate」(作詞・作曲・編曲)

杏子

  • 「特別な A Midsummer Night」(作詞・作曲・コーラス)

こいこい7

郷ひろみ

  • 「強引 Love!」(作曲)
  • News」(作詞・作曲・コーラス)

ジャニーズ事務所関連

SPEED

DIAMOND☆DOGS

  • 「アトランティスの女神 〜Goddess of Love〜」(作詞・作曲)

貴水博之

  • 「踊ろ! 〜I&I partII」(作曲)

東京女子流

TOKU

  • 「Half Moon Bay」(作曲)

Dream

AAA

中山美穂

中森明菜

夏川りみ

  • 「五四 〜いつ世の世まで〜」(作詞・作曲)

palet

  • VICTORY」(作曲)
  • 「勝利のシール」(作詞・作曲)
  • 「Celebration 〜トキメキ Good Time〜」(作詞・作曲)

FYT

  • 「徐々に素敵な冒険」(作曲)

藤井隆

  • 「Sa ら Sa」(作詞・作曲)

ブラックビスケッツ

BESTIEM

松岡卓弥

  • 「スタートライン」(作曲)
  • 「Gonna Clutch!」(作曲)
  • 「Peach Girl」(作曲)

松田弘

  • 「ふたり」(作曲)

MarryDoll

  • 「走れ! 全力少女」(作詞・作曲)

MISIA

  • 「HOLIDAY」(作曲)
  • 「来るぞスリリング (feat. Raul Midon)」(作曲)
  • 「運命loop (feat. Marcus Miller)」(作曲)

Lead

  • 「Hungry Sniper」(作詞・作曲)

和央ようか

  • 「New Voyage」(作曲)

アニメソング[編集]

イナズマイレブン

外部リンク[編集]