出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平仮名
文字
字源 奴の草書体
JIS X 0213 1-4-44
Unicode U+306C
片仮名
文字
字源 奴の旁
JIS X 0213 1-5-44
Unicode U+30CC
言語
言語 ja, ain
ローマ字
ヘボン式 NU
訓令式 NU
JIS X 4063 nu
アイヌ語 NU
発音
IPA nɯ̹
種別
清音

は、日本語音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第5行第3段(な行う段)に位置する。清音でありながら子音は有声子音であり、濁音半濁音は持たない。

概要[編集]

「ぬ」の筆順
「ヌ」の筆順
Japanese Semaphore Basic Stroke 9.svgJapanese Semaphore Basic Stroke 4.svg

ぬ に関わる諸事項[編集]

  • 「ぬ」は日本語において音読されることが極めて少ない。特に常用漢字表にて「ヌ」及び「ヌ」から始まる音読をする漢字は存在しない(訓読みは存在する。なお、表外音訓なら「奴」(ヌ)がある)。これは「」「」を除けば唯一である。
  • フランス語の名詞や固有名詞をカタカナ転記する場合、ヌで終わるケースが少なくないが、これはフランス語の場合、子音で終わる単語のあとに曖昧母音/ə/をつけることがあり、このためne(/nə/)で終わる固有名詞が日本語話者の耳には「ヌ」と聞こえるためである。例: Joséphine(ジョゼフィーヌ、ナポレオンの最初の妻の例が有名)、Madeleine(マドレーヌ)、Antoine(アントワーヌ)。
  • 「ぬ」は、日本語の古語における完了の助動詞である。
  • 2021年2月より、集英社による「ぬ」の文字で構成されたLINEスタンプが販売されている。これは同社の漫画『ボボボーボ・ボーボボ』の登場キャラクターところ天の助が愛用するハンカチにあしらわれた文字にスポットを当てたもので、全て漫画作者の澤井啓夫による書字である[1]

状況的表現[編集]

漫画などの作中において、何の前触れもなく突然にゆっくりと顔を出すようなシーンを描く際に状況的表現として「」「ぬっ」「ぬ・・・」などと吹き出しの枠外に手書きで記載されることがある。

脚注[編集]

関連項目[編集]