出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平仮名
文字
字源 乃の草書体
JIS X 0213 1-4-46
Unicode U+306E
片仮名
文字
字源 乃の部分
JIS X 0213 1-5-46
Unicode U+30CE
言語
言語 ja, ain
ローマ字
ヘボン式 NO
訓令式 NO
JIS X 4063 no
アイヌ語 NO
発音
IPA no̞
種別
清音

は、日本語音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。

五十音図において第5行第5段(な行お段)に位置する。な行音は清音でありながらその子音は有声子音であり、濁音半濁音は持たない。

概要[編集]

「の」の筆順
「ノ」の筆順
Japanese Semaphore Basic Stroke 3.svg

「の」に関わる諸事項[編集]

  • のの字:ひらがなの「の」の字形。
    • 「のの字運転」
    • 「のの字橋」とは、ループ橋のこと。
    • 「のの字を書く」 - 女性が意中の人の前で畳に指で丸を幾度も書くこと。
  • 「の」の法則 - 大ヒットしたメディア作品は題名、もしくは副題が「~の~」という形式になっているという法則。(例:「もののけ姫」、「崖の上のポニョ」)
  • 「の」はyahoo検索で50音で最も多く、約135億ほどヒットする[いつ?]

「ノ」に関わる諸事項[編集]

  • 「ノ」は漢字の部首である「丿」とほぼ同形である。「ノ」が「丿」を含む「乃」という字を略して造られた為で、「丿」の名称はそのものずばり「の」となっている(他には「はらいぼう」や音読みで「へつ」)。
  • 「ノ」は、インターネット上では挙手(肯定、YES)を示す意味合いで使われることが多い。
  • 記号(ディット)の別名が、「ノノ字点」。

脚注[編集]


関連項目[編集]