名古屋市営地下鉄名港線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名古屋市交通局 名港線
Nagoya Subway Logo (Meijo & Meiko Line).svg Nagoya Subway Logo V2 (Meiko Line).svg
2000形電車
2000形電車
基本情報
日本の旗 日本
所在地 愛知県名古屋市
種類 地下鉄
路線網 名古屋市営地下鉄
起点 金山駅
終点 名古屋港駅
駅数 7駅
路線記号 E
路線番号 2号線
路線色       紫(藤色)+ 白
DIC105、マンセル値0.4P 5.3/11.9[1]
開業 1971年3月29日
所有者 名古屋市交通局
運営者 名古屋市交通局
車両基地 大幸車庫名港工場
使用車両 車両の節を参照
路線諸元
路線距離 6.0 km
軌間 1,435 mm
線路数 複線
電化方式 直流600 V 第三軌条方式
閉塞方式 車内信号式
保安装置 CS-ATC
最高速度 65 km/h
路線図
Linemap of NMS Meikō Line.svg
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
tABZgl tSTR+r
↑栄方面
HUBrg
0.0 E01 金山駅
tKRZ tKRZ
JR東海:中央本線
tKRZ tKRZ
名鉄:名古屋本線
tKRZ tKRZ
←JR東海:東海道本線
tSTR tSTRl
Nagoya Subway Logo (Meijo & Meiko Line).svg 名城線
tKRZW
堀川
tBHF
1.5 E02 日比野駅
tBHF
2.6 E03 六番町駅
hSTRq tKRZh hSTRq
←JR東海:東海道新幹線
tBHF
3.8 E04 東海通駅
tBHF
4.6 E05 港区役所駅
tBHF
5.4 E06 築地口駅
KDSTaq tSTRaq tABZg+r
名港工場
tKBHFe
6.0 E07 名古屋港駅

名港線(めいこうせん)は、愛知県名古屋市中区金山駅から同市港区名古屋港駅を結ぶ、名古屋市営地下鉄の路線の愛称。正式名称は、名古屋市高速度鉄道第2号線であり、名港線の愛称が付けられているのはその一部である。ラインカラー藤色)地にの一本線([注釈 1]駅ナンバリングで用いられる路線記号はE[注釈 2]

すべての駅でmanacaなどの交通系ICカード全国相互利用サービス対応カードが使用できる。

概要[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)や名鉄などのターミナル駅である金山駅と、名古屋港を結ぶ路線である。

金山駅では、前述各線のほか、地下鉄名城線大曽根方面に直通して、名古屋市中心部を結んでいる。名古屋市営地下鉄の路線で唯一、港区を通っている。

名古屋港駅から順に見ると、ガーデン埠頭に隣接した同駅から国道154号下を北上する。築地口駅手前で名港工場(旧・名港車庫)への引き込み線が分岐する。その後は江川線下を日比野駅まで北上する。ただし、港区役所駅付近では、港北運河をくぐる所で、一部港区役所の敷地下を経由する。日比野駅からは金山駅へ直線的に向かうルートとなり、名古屋市中央卸売市場本場の敷地下を経由し、堀川をくぐって、名鉄・JR東海の各金山駅を抜け、金山駅に至る。この日比野 - 金山間のごく一部で中川区を通る。金山駅では、新瑞橋駅方面からの名城線と合流する。

接近メロディは、名古屋港方面が ハッピータイム、金山方面が である。

2020年度稼働予定で、順次各駅に可動式ホーム柵が設置される予定である[2]

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):2号線 金山 - 名古屋港間 6.0 km
  • 軌間:1435mm
  • 駅数:7駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:全線
  • 電化区間:全線(直流600V・第三軌条方式
  • 閉塞方式:車内信号式
  • 最高速度:65 km/h

運行形態[編集]

基本的な運行は、名城線に直通し、名古屋港駅 - 大曽根駅間となっている。朝夕のラッシュ時は名城線の大曽根駅以東との直通運転も多くある。そのため、各駅の時刻表及び発車標には、「名城線右回り」や「ナゴヤドーム前矢田」の行先表示も設定されている。また、早朝と夜間は名古屋港駅 - 金山駅間での折り返し運転となる(車両の方向幕の行先表示は「金山(名城線金山のりかえ)」)が、この場合、金山駅での栄駅・大曽根駅方面への名城線の乗り換えが配慮されている(最終の金山行きは栄駅・大曽根駅方面の列車には接続せず新瑞橋駅行きの列車にのみ接続する)。線内折り返し運転を行う時間帯では、金山駅に終着した名港線電車は金山駅の東別院寄りの引上線に入った後、おおむね金山駅1番線に到着する名城線左回り電車に合わせて2番線に同時入線する(対面乗換え)。

ナゴヤドームにて中日ドラゴンズの試合や各種イベントが行われる際は、通常大曽根駅止まりの列車もナゴヤドーム前矢田駅まで臨時に延長運行される。また、毎年海の日に開催されるみなと祭り花火大会などの多客時は金山 - 名古屋港間に臨時列車が運行される。なお、名城工場が存在していた2004年までは、みなと祭の日に限り、名古屋港発市役所駅行きの臨時増発列車も運転されていた。同工場への引込み線を利用して折り返していたので、同工場が閉鎖されてからは運行されていない。

また、正月三が日は、2011年まで名城線方面の列車を増発するため、昼間時は金山 - 名古屋港間の折り返し運転となっていたが、2012年以降は通常の土曜・休日ダイヤで運転されることになった。大晦日から元旦にかけては終電後に終夜運転を行う(30分間隔、名港線内折り返し。2003年大晦日までは20分間隔、2008年大晦日までは25分間隔だった。)。

運転間隔は、平日・休日問わず、昼間時間帯で10分毎となっている。以前は昼間時間帯で8分間隔で運転されていたが、市営交通事業中期経営健全化計画(平成14年度 - 平成17年度)に基づき、2004年の名城線環状部開業に合わせて10分間隔に改められ、減便となった。

なお、基本的に地下鉄は台風による影響を受けないが、名港線は台風接近時に高潮が警戒される場合、運転見合わせや名城線との直通が中止になることがある。なお、平成21年台風第18号が来た際は高潮による被害が出る恐れがあったため、始発から運転を見合わせた。

車両[編集]

現用車両[編集]

  • 2000形
    • 名港線となってからはこの車両しか走ったことがない。まだ名城線の一部だった2000年までは1000・1100・1200形(黄電)も走っていた。

歴史[編集]

当線は、元々1961年昭和36年)の都市交通審議会[注釈 3] 名古屋部会答申において、2号線(大曽根 - 名古屋港)として計画され、1971年(昭和46年)3月29日 、当時すでに市役所駅 - 金山駅で完成していた名城線の南方への延伸部分として開業した[3]

当初の構想では当時の日本国有鉄道東臨港線に並行して高架式で築地口までの路線を建設する計画だったが、東海道新幹線の開通や沿線の市街地化が進んで用地買収が困難となったことから、現在の名古屋市道江川線の地下を通る路線に変更された[3]

この区間は、歴史的には伊勢湾浅瀬干拓したところであるため、浸水対策として各駅の出入口を周囲より高くした他、防水扉も設置されている[3]

当線の着工に伴い、区間が重複することになる名古屋市電の築港線の一部(築地口 - 名古屋港間)と野立築地口線(日比野 - 築地口間)が、1969年(昭和44年)2月20日に廃止された。

開業時は、栄駅・大曽根駅方面のほぼ2本に1本が乗り入れ、1974年(昭和49年)の4号線金山駅 - 新瑞橋駅間の一部開業[3] により、早朝・夜間および正月の昼間は金山駅 - 名古屋港駅間での折り返し、それ以外の時間帯では新瑞橋駅方面と分け合うという運行形態となった。

1989年平成元年)の世界デザイン博覧会開催時には、メイン会場となった白鳥会場(現在の名古屋国際会議場)の最寄り駅となった日比野駅や名古屋港会場の最寄り駅となった名古屋港駅が改装されたほか、新型2000形車両が導入されるなど、設備の更新がなされ、当線はデザイン博の各会場を結ぶ役割を担った。

金山駅 - 名古屋港駅間は従来金山駅以北と合わせて名城線の愛称で呼ばれていた[3] が、2004年(平成16年)10月6日、4号線の名古屋大学駅 - 新瑞橋駅間が開通して環状運転が開始されるのに合わせ、改めて同路線の愛称が公募され、金山駅 - 名古屋港駅間については名港線と改称された[4][注釈 4]

  • 1971年(昭和46年)3月29日 名城線金山 - 名古屋港間開業[3]
  • 2003年(平成15年)3月27日 全駅の発車標を内照式からLED式に更新。
  • 2004年(平成16年)10月6日 4号線全通・環状運転開始に伴い、金山 - 名古屋港間の愛称を名港線とする[4]
  • 2005年(平成17年)10月6日 全駅で列車到着前の接近チャイムに代わりJR東日本の発車メロディと同じメロディを接近メロディとして導入[注釈 5]
  • 2007年(平成19年)3月19日 全駅の接近メロディをJR東日本の発車メロディと同じメロディからオリジナルのものに変更。
  • 2009年(平成21年)3月18日 全駅の発車標で「先発」「次発」の表示に代わり発車時刻を表示。
  • 2016年(平成28年)7月4日 平日の始発から午前9時まで女性専用車両を導入[5][6]

駅一覧[編集]

  • 全駅名古屋市に所在
  • 副駅名は括弧内に示す。
  • 金山駅 - 日比野駅間でごくわずかに中川区を通るが、駅はない。
駅番号 駅名 駅間
キロ
営業
キロ
接続路線 所在地 ホーム形状
 
E01 金山駅 - 0.0 名古屋市営地下鉄:Nagoya Subway Logo V2 (Meijo Line).svg 名城線(M01)(大曽根方面直通運転)
東海旅客鉄道CA 東海道本線CF 中央本線
名古屋鉄道NH 名古屋本線(NH34)
中区 島式2面
E02 日比野駅
中央卸売市場
1.5 1.5   熱田区 島式1面
E03 六番町駅 1.1 2.6   相対式
E04 東海通駅 1.2 3.8   港区
E05 港区役所駅 0.8 4.6  
E06 築地口駅 0.8 5.4  
E07 名古屋港駅 0.6 6.0   島式1面

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 名城線もラインカラーは紫(藤色)であるが、こちらは白の一本線がない。名港線のラインカラーは、紫に白の一本線を入れたものになっているが、市販の手帳などに掲載されている地下鉄路線図には、名城線の紫に対して、色違いのカラーを使う場合が多い。
  2. ^ mEiko。Mは名城線 (Meijo) で使われており、2文字目の「E」とした。
  3. ^ 後の運輸政策審議会
  4. ^ 環状運転となった4号線は名城線となった[4]
  5. ^ 曲名は名古屋港方面が「twilight」で、金山方面が「光と風と」となっている。

出典[編集]

  1. ^ 名古屋市:名古屋の景観づくり(市政情報) に掲載の「名古屋市歩行者系サインマニュアル[第2次改訂版]」p.67 カラーチャート による
  2. ^ 「施策を推進する事業一覧」『名古屋市営交通事業経営計画(2015-2018)』 (PDF) - 名古屋市交通局、2016年5月22日閲覧
  3. ^ a b c d e f 新修名古屋市史編集委員会 『新修名古屋市史 第7巻』 名古屋市、1998年3月31日。
  4. ^ a b c 「鉄道記録帳」、『RAIL FAN』第52巻第1号、鉄道友の会、2005年1月号、 24頁。
  5. ^ ★女性専用車両の路線拡大について - 名古屋市交通局、2016年5月11日
  6. ^ 名古屋市営地下鉄名城線・名港線に女性専用車両 - 鉄道ファン・railf.jp 鉄道ニュース、2016年7月5日

関連項目[編集]