DICカラーガイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

DICカラーガイド(ディーアイシー-、DIC Colorguide)は、DICが出版する色見本帳で、同社の登録商標

概要[編集]

1967年から出版され、印刷会社デザイナーなどの間での指定や色合わせに利用される代表的な色見本帳である。DICカラーや、単にDICとも呼ばれる。

色は、マンセル・カラー・システムオストワルト・カラーPCCSの色相環を元に、系統的に分類、配列され、カラーナンバーと色相インキの配合比率が表示されている。の印刷方法は特色で、実際の印刷の際に同じ配色を用いれば限りなく近い色を再現することができる。姉妹品のカラーチャートシリーズなどはプロセスカラーで印刷されている。

色が印刷されているアート紙なので、それ以外の紙に印刷する場合は見本通りの色の再現は難しい。

基本の643色は、デザイナーの田中一光勝井三雄灘本唯人を中心に選定された。

シリーズ[編集]

  • DICカラーガイド(643色、1~654番、欠番あり)
    • 1巻(257色)
    • 2巻(244色)
    • 3巻(142色)
  • DICカラーガイド PART2(637色、2001~2638番、欠番あり)
    • 4巻(240色)
    • 5巻(240色)
    • 6巻(157色)
  • 日本の伝統色(300色、N-701~N-1000番)
  • 中国の伝統色(320色、C-1~C-320番)
  • フランスの伝統色(321色、F-1~F-322番、欠番あり)
  • グレイトーンカラーガイド(323色、G-1~G-323番)
  • DICプロセスカラーガイド1000(1000色、P-1~P-1000番)
  • プロセスカラーノート(1280色)
  • カラートレイン(1580色)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]