名鉄豊田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名古屋鉄道 豊田線
NP-TT.png
200系(三好ヶ丘駅付近)
200系(三好ヶ丘駅付近)
概要
系統 豊田方面
起終点 起点:赤池駅
終点:梅坪駅
駅数 8駅
路線記号 TT
ウェブサイト 豊田線
運営
開業 1979年7月29日 (1979-07-29)(全通)
所有者 名古屋鉄道
路線諸元
路線総延長 15.2 km (9.4 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 直流1,500 V,
架空電車線方式
運行速度 最高100 km/h[1]
路線図
Linemap of Toyota Line.svg
テンプレートを表示

豊田線(とよたせん)は、愛知県日進市赤池駅から愛知県豊田市梅坪駅までを結ぶ名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線である。正式名称は開業時より豊田線だが[2]、1986年までは豊田新線の名称を併用していた[3]

概要[編集]

名古屋市と豊田市とを結ぶ通勤・通学路線である。沿線の大学・高校への通学目的の利用も多い。愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)同様、この路線もまた尾張丘陵を横断する路線であり、30以上の急勾配が随所に存在する。全区間が立体交差で踏切が存在しないが、すべて高架というわけではなく、丘陵地帯の地形に合わせ、トンネルや掘割なども多数ある。起点の赤池駅は地下駅であり、発車するとすぐに地上に出て高架に上がる。

三河線豊田市駅から名古屋市営地下鉄鶴舞線を経由して最長で名鉄犬山線犬山駅まで直通運行している(全40駅、距離58.4 km[4]。犬山線まで直通する列車は少なく、殆どの列車は鶴舞線終点の上小田井駅で折り返す。犬山線では「豊橋」行きの特急が走っているので、鶴舞線経由と頭に付けたうえで「豊田」行きと案内することもある。

運賃計算区分B(運賃計算に用いる距離は営業キロの1.15倍)で、さらに加算運賃を適用する。manacaなどの交通系ICカード全国相互利用サービス対応カードが使用できる。

鉄道要覧』による起点は赤池駅だが、列車運行および旅客案内、列車番号の設定においては、梅坪駅から赤池駅へ向かう列車が下り、逆方向が上りとなっている。

加算運賃[編集]

新線であるため、建設費を回収するためにキロ程で算出された運賃に加えて加算額を加算する。豊田線の建設費回収率は2018年で47.2%である[5]。普通運賃(大人)への加算額は、豊田線内の運賃計算キロ(営業キロ×1.15)に応じて下表の通りとなっている[6]

運賃計算キロ 加算額
0.1キロ - 3.9キロ 20円
4.0キロ - 7.9キロ 30円
8.0キロ - 11.9キロ 40円
12.0キロ - 15.9キロ 50円
16.0キロ - 17.5キロ 60円

地下鉄線と合算すると割高感があり(例:2006年7月時点で伏見 - 豊田市は地下鉄290円 + 名鉄500円 = 790円)、これを少しでも解消すべく、また建設費の回収も進んで来ていることから、2006年12月16日より普通運賃で10 - 50円引き下げられた(伏見 - 豊田市は地下鉄290円 + 名鉄450円 = 740円となった。2014年・2019年の消費税率引き上げにより2019年現在、伏見 - 豊田市は地下鉄310円 + 名鉄470円 = 780円となっている)。

連絡運輸[編集]

一部列車が名古屋市営地下鉄鶴舞線経由で直通している犬山線上小田井駅以遠との間の連絡乗車券が購入できる。この鶴舞線経由の犬山線との連絡乗車券は自動券売機には設定されていないが、赤池駅の駅長室と有人駅の窓口で購入することができる。ただし前後の会社の営業キロを通算して運賃を算出する通過連絡運輸ではなく、前後の名鉄の運賃は接続駅で打ち切って計算され、通算されない。2003年より地下鉄線経由で小牧線上飯田駅以遠へも中間改札なしで繋がっているが、こちらは通過連絡運輸や連絡乗車券が存在せず、2枚に分けて購入することになる。

路線データ[編集]

東海地震への対応[編集]

豊田線では(豊田市駅 -)梅坪駅 - 赤池駅間の全線が東海地震の防災対策強化地域に含まれており、東海地震に関する警戒宣言が発令された場合、列車の運行が休止されることになっている[9]

歴史[編集]

1927年(昭和2年)設立の新三河鉄道が八事 - 挙母(豊田)間の鉄道敷設免許を取得したのが起源である。同社は名古屋市東部で路面電車(後に名古屋市電へ譲渡)を運行していた尾張電気軌道を合併し、親会社の三河鉄道と連携して、名古屋 - 挙母 - 岡崎間の連絡を目指したが[注 1] 結局果たせず、敷設免許は三河鉄道を経て名古屋鉄道が引き継ぎ、1979年に名鉄が開業させた。

豊田市は名古屋市の中心部から30 km圏内に位置するが[10]、名古屋市との鉄道連絡は名鉄三河線 - (知立駅) - 名古屋本線と南に大きく迂回するルートしかなく、後に建設された国鉄岡多線(現:愛知環状鉄道線)も東海道本線岡崎駅)を経由するため、豊田市 - 名古屋を結ぶ大量輸送の交通機関は極めて不便な状況にあった[11]。このような公共交通の立ち遅れから、豊田市民の移動手段はマイカーへの依存度が高かった[12]。豊田市だけでなく、同市と名古屋市の間に位置し、名古屋の衛星都市である愛知郡の日進町(現:日進市)・東郷町も同様の不便を感じていた[13]。そのような状況を解消するため、名古屋市が偏った発展をしないような放射状鉄道路線を新設することも目的に、豊田市 - 三好 - 東郷 - 日進 - 名古屋を結ぶ鉄道路線を敷設する構想が浮上した[14]。以下がその案である。

  1. 国鉄建設線(千種 - 豊田):鉄道敷設法の予定路線として、千種から豊田を経て武節に至る路線(参照:鉄道敷設法別表一覧#第69号)が規定されていたため、そのうち千種 - 豊田間を工事線として建設する案[14]。1967年(昭和42年)には豊田市が、豊田・名古屋間の鉄道敷設を国鉄に要望する旨[注 2]が『加茂タイムス』[注 3]11月13日号[注 4]で報道された[15]
  2. 名古屋市高速鉄道の延長:名古屋市高速鉄道3号線(上小田井 - 八事 - 天白)をさらに豊田まで延伸する[14]
  3. 名古屋市高速鉄道線の終点から豊田市に至る間の鉄道を別個の鉄道として建設する案:八事 - 豊田間の先述の免許線の計画を一部変更し、名古屋市高速鉄道の終点(天白)から豊田市までの鉄道を建設し、天白で乗り換えるか両線を相互直通運転させる案[14]
  4. 名鉄名古屋本線・桜駅(名古屋市南区)から豊田市方面へ分岐延伸する案 - 1968年(昭和43年)7月7日に『加茂タイムス』が「かねてから豊田市が計画していた国鉄による千種 - 武節線(1.)に対し、名鉄も桜駅から豊田間を全線高架で結ぶ構想がある」と報じた[注 5][16]

結果的に、2. と3. を折衷したような形で豊田線が建設される形となった。1971年(昭和46年)11月17日には1市3町(豊田市・三好町・日進町・東郷町)の首長らが集まり、「名古屋豊田間鉄道建設促進協議会」の結成を決定[17]。ルートについては東郷町・三好町の中心部を経由し、豊田市と結ぶ南回りルートも予想されていたが、結果的には赤池駅(後の名古屋市営地下鉄鶴舞線との接続駅)から日進町の南部・三好町の北部を経由し、梅坪駅で三河線に乗り入れて豊田市駅まで結ぶルートに決定した[12]。また、豊田・名古屋間の鉄道の豊田側の終着駅は岡多線の駅(現在の新豊田駅)と名鉄の豊田市駅(約250 m離れている)の中間に設置することで、両駅の心理的距離を縮めることも構想された[18]が、結局は三河線を介して豊田市駅に直接乗り入れる形となった。所要時間については、豊田市 - 名古屋都心間を約30分で結ぶことも想定された[19]が、豊田新線開業時(1979年)時点では豊田市駅 - 名古屋都心部の所要時間は約45分となっている[20]

なお、名鉄は本来免許通り八事までの建設を計画していたが、都市交通審議会で名古屋市内の天白まで公営地下鉄を建設することが答申されたことと、用地買収の過程で市交通局の車庫を日進町(現:日進市) 赤池地区に確保する必要が出て来たため、名鉄と名古屋市が協議を行い、八事 - 赤池の免許を名古屋市に無償譲渡し(同区間は名古屋市営地下鉄鶴舞線として開業)、その見返りとして瀬戸線の東大手 - 栄町の免許を得たという経緯がある。また、同線の試運転にはモ805-ク2313の2両編成が使われた[3]。ただしATCが導入されていないため赤池駅には入線できずトンネル入口付近で折り返していた。その車両は豊田市の鞍ヶ池公園静態保存されている。この車両のほかにも6000系(6010編成。現在はmanaca未対応区間でのワンマン運転に対応済み)が試運転で乗り入れ、1987年には5700系が回送列車として黒笹駅まで一度だけ乗り入れた。開業前の地固めとしてデキ400形電気機関車が乗り入れたこともある。

豊田新線の開業により、名古屋・豊田間のバス路線は大幅に再編成され、豊田市内に設置された新駅(上豊田駅・浄水駅)と市街地・住宅地を直結する新路線が設けられた[21]。また、豊田新線の開業は三河線の梅坪駅 - 上挙母駅間の立体交差化事業[注 6]や、豊田市駅 - 岡多線・新豊田駅間の市民広場の建設などをさらに具体化する格好となった[12]

年表[編集]

  • 1926年(大正15年)10月9日 新三河鉄道が、西加茂郡挙母町 - 名古屋市東区東大曽根町および愛知郡天白村 - 中区広路町間の鉄道敷設免許取得[23][24]
  • 1927年(昭和2年)9月11日 三河鉄道の系列会社として、新三河鉄道設立[3]
  • 1932年(昭和7年)12月26日 八事 - 挙母間の工事施工認可[25]。しかし、経営困難のため、本格的着工はできなかった。
  • 1937年(昭和12年)
    • 12月16日 新三河鉄道から親会社の三河鉄道へ鉄道敷設免許を譲渡[26]
    • 12月16日 新三河鉄道解散[3]
  • 1941年(昭和16年)6月1日 名古屋鉄道が三河鉄道を合併。
  • 1972年(昭和47年)
    • 5月 八事 - 赤池間の鉄道敷設免許を名古屋市へ無償譲渡[24](名鉄は、見返りに瀬戸線の東大手 - 栄町間の免許を譲受)。
    • 10月 名鉄豊田新線 - 地下鉄3号線(鶴舞線) - 犬山線の相互直通運転について、名古屋市交通局と協定締結[24]
  • 1973年(昭和48年)10月 豊田新線建設着工(41年ぶりの再着工)、愛知池橋梁工事に着手[24]
  • 1978年(昭和53年)6月 東名高速架道橋の架設[24]
    • 10月1日 名古屋市営地下鉄3号線(鶴舞線) 八事 - 赤池間開通[3][24][27]
    • 12月 豊田新線用車両100系8両(2編成)が完成[24]
  • 1979年(昭和54年)7月29日 梅坪 - 赤池間が開業[3][28]。名古屋市営地下鉄鶴舞線と相互直通運転開始[24][28]
  • 1986年(昭和61年)9月29日 営業呼称を豊田線に改称[3]
  • 1993年(平成5年)8月12日 鶴舞線の全通により犬山線と相互直通運転開始[3]
  • 2003年(平成15年)10月1日 トランパス導入[29]
  • 2011年(平成23年)2月11日 ICカード乗車券「manaca」供用開始。
  • 2012年(平成24年)2月29日 トランパス供用終了。

運行形態[編集]

名鉄三河線名古屋市営地下鉄鶴舞線直通運転を行い、豊田市駅 - 上小田井駅間を往復する運行を基本としている。平日のほぼ全時間帯、および土曜、休日の早朝・深夜には名鉄犬山線直通列車も設定されている。日中は毎時4本(平日15分毎、土休日13分または17分毎)の運行であり、平日朝は増発される。犬山線直通列車は、平日ダイヤの昼間は原則として岩倉行きのみが1時間に1本運転される。上り列車は全て豊田市行きであり、梅坪駅や途中駅で折り返す列車はない。ただ、三好カントリークラブで東海クラシックが開催された際、黒笹行きが設定されたことはある。終点となる豊田市駅では三河線知立方面との対面接続が考慮されている。また、土休日は鶴舞線が10分毎の運転となるので、運転間隔の調整のため直通列車の半数は赤池駅で約3分停車する。なお、赤池駅は名古屋市交通局が管理しているため、名鉄の旅客案内上は無人駅となっている。

当線が建設された場所は元々山間部であったため急勾配は多いが、急カーブが存在しないため、全列車が各駅停車ながらも線内のみの所要時分は18分で、表定速度は50 km/hと名鉄の普通列車としては高く、河和線の急行とほぼ同等である。なお豊田市駅 - 伏見駅間の標準所要時分は46分となっている。

毎年夏に行われる豊田おいでんまつりの最終日や豊田スタジアムでのサッカーやコンサートなど、イベント開催時には豊田市発上小田井行きが臨時で増発される。

車両[編集]

車両は直通する名古屋市営地下鉄鶴舞線に合わせて、全て20 m両開き4扉ロングシート、6両固定編成になっている。ワンマン運転は行われていないが、豊田線内でも自動放送が行われている。「名古屋市営地下鉄鶴舞線#車両」も参照。

自社車両
豊田線で運用される名鉄の自社車両は次の1形式(200系も100系に含む)のみである。中間車が増結されたものの登場時より全車両健在であり、廃車は生じていない。
乗り入れ車両
名古屋市交通局
  • 3000形
  • 3050形
  • N3000形 - 乗り入れ車両で唯一、豊田線内で「普通」の種別表示を出す(赤池駅で変更)。

利用状況[編集]

年度別年間乗車人員の推移と増減率(1980年度比)
年度 上豊田駅 浄水駅 三好ヶ丘駅 黒笹駅 米野木駅 日進駅 備考
1979年(昭和54年) 46,788 62 % 240,508 50 % 66,992 99 % 75,831 48 % 381,091 48 % 648,708 57 % [30]7月29日開業(238日間)
1980年(昭和55年) 75,052 100 % 476,358 100 % 68,014 100 % 158,488 100 % 802,086 100 % 1,132,679 100 % [31]
1985年(昭和60年) 307,440 410 % 758,133 159 % 96,335 142 % 240,032 151 % 918,105 114 % 1,172,042 103 % [32]
1990年(平成02年) 371,160 495 % 1,098,598 231 % 217,512 320 % 672,623 424 % 836,957 104 % 1,351,400 119 % [33]
1995年(平成07年) 460,551 614 % 1,385,615 291 % 808,633 1189 % 802,460 506 % 1,106,317 138 % 1,729,131 153 % [34]
2000年(平成12年) 530,443 707 % 1,258,364 264 % 1,114,897 1639 % 987,723 623 % 799,060 99 % 1,725,949 152 % [35]
2005年(平成17年) 549,075 732 % 1,298,075 273 % 1,241,041 1825 % 990,401 625 % 870,420 109 % 1,684,099 149 % [36]
2010年(平成22年) 560,766 747 % 1,620,374 340 % 1,458,723 2145 % 1,164,880 735 % 795,977 99 % 1,752,645 155 % [37]
2015年(平成27年) n/a 1,632,445 2400 % 535,251 338 % 1,062,762 133 % 1,844,716 163 % [38][39]
2018年(平成30年) n/a 1,829,013 2689 % 598,848 378 % 1,154,294 144 % 1,896,064 167 % [38][39]
年度別年間乗車人員の推移(左)と1980年度の値を100%とした増減率(右)
  • 出典(いずれも名古屋鉄道提供資料):
上豊田・浄水:『愛知県統計年鑑』(2011年度以降データなし)
三好ヶ丘・黒笹:『愛知県統計年鑑』および『みよしものしり専科(みよしの統計)』
米野木・日進:『愛知県統計年鑑』および『日進市オープンデータポータルサイト』

駅一覧[編集]

  • 下り方向(梅坪→赤池)に記述。
  • 全駅愛知県に所在。
  • 普通列車のみ運行。全列車各駅に停車。
駅番号 駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
MY 三河線豊田市駅まで直通運転
MY08 梅坪駅 - 0.0 名古屋鉄道MY 三河線 豊田市
TT01 上豊田駅 2.0 2.0  
TT02 浄水駅 1.8 3.8  
TT03 三好ヶ丘駅 2.4 6.2   みよし市
TT04 黒笹駅 1.9 8.1  
TT05 米野木駅 2.3 10.4   日進市
TT06 日進駅 1.8 12.2  
TT07 赤池駅 3.0 15.2 名古屋市営地下鉄Nagoya Subway Logo V2 (Tsurumai Line).svg 鶴舞線 (T20)
Nagoya Subway Logo V2 (Tsurumai Line).svg 名古屋市営地下鉄鶴舞線伏見方面に直通運転

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 三河鉄道は現在の名鉄三河線にあたる路線のほかにも、上挙母駅 - 岡崎駅間を営業していたものの、名鉄への合併後に廃止となっている(「名鉄挙母線」および「名鉄岡崎市内線」を参照)。その後、新豊田駅 - 岡崎駅間に国鉄岡多線(現:愛知環状鉄道線)が開業している。
  2. ^ 『加茂タイムス』は「同市が(要望先を)国鉄にしぼった理由は、現在建設中の国鉄岡多線の支線とした方が便利である、国鉄の方が地元負担が少なくてすむ――とするもの」と報じた[15]
  3. ^ 現:新三河タイムス。
  4. ^ 『加茂タイムス』第1118号、1967年(昭和42年)11月13日「豊田―名古屋間 国鉄線敷設 豊田市が近く要望」[15]
  5. ^ 『加茂タイムス』第1185号、1968年(昭和43年)7月7日「名鉄から申し入れ 全線高架で名古屋まで」[16]
  6. ^ 梅坪駅は豊田新線開業を控えた1979年3月27日に高架化され、豊田市駅も1985年11月1日に高架化(1986年10月1日には両駅間が複線化された)[22]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 徳田耕一『名古屋鉄道 今昔―不死鳥「パノラマカー」の功績』交通新聞社〈交通新聞社新書〉、2017年8月、118頁。ISBN 978-4330819174
  2. ^ 清水武「豊田新線の運転計画」『鉄道ピクトリアル』第370巻、電気車研究会、1979年12月、 20頁。
  3. ^ a b c d e f g h 新實守「三鉄ものがたり」『名鉄の廃線を歩く』徳田耕一(編著)、JTB、2001年、168-169頁。ISBN 978-4533039232
  4. ^ “名鉄犬山線・地下鉄鶴舞線相互直通運転20周年記念イベントを開催します” (プレスリリース), 名古屋鉄道, (2013年7月30日), http://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2013/__icsFiles/afieldfile/2014/02/09/release130730_inuyamasen.pdf 2015年6月20日閲覧。 
  5. ^ 加算運賃の現状について (PDF)”. 名古屋鉄道 (2018年8月13日). 2019年10月7日閲覧。
  6. ^ “鉄軌道旅客運賃・料金等の改定について” (PDF) (プレスリリース), 名古屋鉄道, (2019年9月5日), https://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2019/__icsFiles/afieldfile/2019/09/05/release190905_unkai.pdf 2019年10月6日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f 山下武「豊田新線の計画と建設について」『鉄道ピクトリアル』第370巻、電気車研究会、1979年12月、 18頁。
  8. ^ 高橋大介「線路と保線」『鉄道ピクトリアル』第816巻、電気車研究会、2009年3月、 101頁。
  9. ^ 列車運行に支障がある場合の取扱い”、名古屋鉄道、2014年10月16日閲覧。
  10. ^ 豊田市 2019, p. 20.
  11. ^ 豊田市 2019, p. 7.
  12. ^ a b c 豊田市 2019, p. 72.
  13. ^ 豊田市 2019, p. 70.
  14. ^ a b c d 豊田市 2019, p. 8.
  15. ^ a b c 豊田市 2019, p. 69.
  16. ^ a b 豊田市 2019, pp. 69-70.
  17. ^ 豊田市 2019, p. 71.
  18. ^ 豊田市 2019, p. 9.
  19. ^ 豊田市 2019, p. 18.
  20. ^ 豊田市 2019, pp. 71-72.
  21. ^ 豊田市 2019, pp. 72-73.
  22. ^ 神谷力(編)『三河を走って85年―三河線・挙母線とともに歩んだ郷土の歴史と文化』郷土文化社、2000年、236頁。ISBN 978-4876701292
  23. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1926年10月13日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  24. ^ a b c d e f g h “〜名鉄豊田線開通30周年記念〜「記念乗車券」および「記念SFパノラマカード」を7月29日(水)から発売します。 - ニュースリリース” (プレスリリース), 名古屋鉄道 , (2009年7月22日), http://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2009/20090722_01.html 2015年6月21日閲覧。 
  25. ^ 『地方鉄道及軌道一覧 昭和10年4月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  26. ^ 「鉄道敷設権譲渡」『官報』1937年12月23日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  27. ^ 池田光雅『鉄道総合年表1972-93』中央書院、1993年、59頁。ISBN 978-4924420823
  28. ^ a b 池田光雅『鉄道総合年表1972-93』中央書院、1993年、63頁。ISBN 978-4924420823
  29. ^ 「鉄道記録帳2003年10月」『RAIL FAN』第51巻第1号、鉄道友の会、2004年1月1日、 19頁。
  30. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和56年刊』、愛知県、1981年、228頁
  31. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和57年刊』、愛知県、1982年、240頁
  32. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和62年刊』、愛知県、1987年、224頁
  33. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成4年刊』、愛知県、1992年、230頁
  34. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成9年度刊』、愛知県、1998年、第10章 運輸・通信
  35. ^ 愛知県企画振興部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成14年度刊』、愛知県、2003年、第10章 運輸・通信
  36. ^ 愛知県県民生活部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成19年度刊』、愛知県、2008年、第10章 運輸・通信
  37. ^ 愛知県県民生活部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成24年度刊』、愛知県、2013年、第10章 運輸・情報通信
  38. ^ a b 政策推進部 企画政策課(編)『みよしものしり専科 令和元年度版』、みよし市、2020年、65頁(PDF
  39. ^ a b 日進市オープンデータポータルサイト 行政活動情報 交通・運輸”. 日進市. 2021年1月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「第1章 産業と生活を支えるインフラ」『新修 豊田市史 資料編 現代II』14、新修豊田市史編さん専門委員会、愛知県豊田市、2019年3月31日、2-76頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]