黒笹駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黒笹駅
高架の黒笹駅と駅前広場(2007年3月)
高架の黒笹駅と駅前広場(2007年3月)
くろざさ
KUROZASA
TT05 米野木 (2.3km)
(1.9km) 三好ヶ丘 TT03
愛知県みよし市黒笹いずみ1丁目9-1
駅番号 TT  04 
所属事業者 Meitetsu logomark 2.svg 名古屋鉄道
所属路線 名鉄豊田線
キロ程 8.1km(梅坪起点)
駅構造 高架駅
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
2,722人/日
-2014年-
開業年月日 1979年(昭和54年)7月29日
備考 無人駅
駅集中管理システム導入駅)
テンプレートを表示

黒笹駅(くろざさえき)は、愛知県みよし市黒笹いずみ1丁目にある、名鉄豊田線である。駅番号はTT04

駅構造[編集]

相対式2面2線ホームの高架駅である。駅集中管理システムが導入された無人駅で、豊田市駅から遠隔管理されている。

駅の西(米野木駅側)には愛知池を跨ぐ愛知池橋梁(全長256m)が架橋されており、安全のため風速計が設置されている。そのため、強風時の折り返し運転用に渡り線が設置されている[1]

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 豊田線 上り 豊田市方面
2 豊田線 下り 赤池伏見上小田井方面

配線図[編集]

黒笹駅 構内配線略図

赤池方面
黒笹駅 構内配線略図
豊田市方面
凡例
出典:[2]
赤池方に渡り線あり


利用状況[編集]

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は2,657人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中159位、 豊田線(8駅)中8位であった[3]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は4,161人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中111位、豊田線(8駅)中5位であった[4]
  • 『みよしの統計』によると、近年の1日平均乗車人員・乗降人員は、以下の通り。
年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
2003年 5,605 2,799
2004年 5,164 2,586
2005年 5,417 2,713
2006年 5,621 2,811
2007年 5,688 2,835
2008年 6,072 3,038
2009年 6,117 3,060
2010年 6,385 3,191
2011年 6,496 3,249
2012年 2,555 1,282
2013年 2,634 1,321
2014年 2,722 1,367

駅近くにあった愛知大学のキャンパスがささしまライブ24に移転したため、2012年度から急激に利用者が減少している[5]

駅周辺[編集]

駅周辺には、住宅地が広がる。駅の北東部には、三好黒笹研究開発工業団地があり、トヨタ自動車の研究所等が立地している。

公共施設[編集]

商業施設[編集]

スポーツ施設[編集]

その他の施設[編集]

バス路線[編集]

  • さんさんバス くろまつくん・さつきちゃん
  • 愛・地球博開催時は当駅より会場行きのシャトルバス(有料)が出ていた。)

歴史[編集]

  • 1979年昭和54年)7月29日 - 開業。当時は無人駅[1]
  • 1984年(昭和59年)3月 - 有人化。7時-19時のみ駅員が配置される[1]
  • 2003年平成15年)10月1日 - トランパス使用開始に伴い駅集中管理システム導入。再度無人化[1]
  • 2006年(平成18年) - エレベータ設置。
  • 2011年(平成23年)2月11日 - ICカード乗車券「manaca」供用開始。
  • 2011年(平成23年)5月7日 - 三好ヶ丘第三特定土地区画整理事業の換地処分に伴い、町名・番地変更。
  • 2012年(平成24年)2月29日 - トランパス供用終了。

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
豊田線
米野木駅 - 黒笹駅 - 三好ヶ丘駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 清水武 『名古屋鉄道各駅停車』 洋泉社、2016年、112頁。ISBN 978-4-8003-0800-9
  2. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  3. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』 名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  4. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  5. ^ “100メートルモール壁面に植物 愛知大名古屋新キャンパス”. 中日新聞 (中日新聞社). (2012年4月1日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]