黒笹駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒笹駅
MT-Kurozasa Station-Building.jpg
駅舎(2018年11月)
くろざさ
KUROZASA
TT05 米野木 (2.3 km)
(1.9 km) 三好ヶ丘 TT03
愛知県みよし市黒笹いずみ1丁目9-1
北緯35度7分39.7秒 東経137度5分29秒 / 北緯35.127694度 東経137.09139度 / 35.127694; 137.09139座標: 北緯35度7分39.7秒 東経137度5分29秒 / 北緯35.127694度 東経137.09139度 / 35.127694; 137.09139
駅番号 TT  04 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 豊田線
キロ程 7.1km(赤池起点)
上小田井から27.5 km
駅構造 高架駅
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
2,540人/日
-2020年-
開業年月日 1979年昭和54年)7月29日
備考 無人駅
駅集中管理システム導入駅)
テンプレートを表示

黒笹駅(くろざさえき)は、愛知県みよし市黒笹いずみ1丁目にある、名鉄豊田線である。駅番号はTT04

歴史[編集]

  • 1979年昭和54年)7月29日 - 開業。当時は無人駅[1]
  • 1984年(昭和59年)3月20日 - 7時 - 19時のみ駅員が配置される[1][2]
  • 2003年平成15年)10月1日 - トランパス使用開始に伴い駅集中管理システム導入、無人化[2]
  • 2006年(平成18年)4月1日 - エレベータ設置。
  • 2011年(平成23年)2月11日 - ICカード乗車券「manaca」供用開始。
  • 2011年(平成23年)5月7日 - 三好ヶ丘第三特定土地区画整理事業の換地処分に伴い、町名・番地変更。
  • 2012年(平成24年)2月29日 - トランパス供用終了。

駅構造[編集]

相対式2面2線ホームの高架駅である。駅集中管理システムが導入された無人駅で、豊田市駅から遠隔管理されている。

駅の西(米野木駅側)には愛知池を跨ぐ愛知池橋梁(全長256m)が架橋されており、安全のため風速計が設置されている。そのため、強風時の折り返し運転用に渡り線が設置されている[2]

のりば
番線 路線 方向 行先
1 TT 豊田線 上り 豊田市ゆき[3]
2 下り 赤池伏見上小田井方面[3]

配線図[編集]

黒笹駅 構内配線略図

赤池方面
黒笹駅 構内配線略図
豊田市方面
凡例
出典:[4]
赤池方に渡り線あり


利用状況[編集]

  • 『移動等円滑化取組報告書』によると、2020年度の1日平均乗降人員は2,540人である[5]
  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は2,657人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中159位、 豊田線(8駅)中8位であった[6]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は4,161人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中111位、豊田線(8駅)中5位であった[7]

『愛知県統計年鑑』、『みよしものしり専科』各号によると、乗車人員の推移は以下の通りである。

乗車人員の推移
年間乗車人員一日平均
乗車人員
備考
総数定期
1979(昭和54)年度75831329103187月29日開業[8]
1980(昭和55)年度15848888170438[9]
1981(昭和56)年度185504102150512[10]
1982(昭和57)年度197473109710545[11]
1983(昭和58)年度196760113340543[12]
1984(昭和59)年度217665126840601[13]
1985(昭和60)年度240032147930663[14]
1986(昭和61)年度258641162390715[15]
1987(昭和62)年度269093169350743[16]
1988(昭和63)年度6501765203501801[17]愛知大学開校
1989(平成元)年度6329355140201754[18]
1990(平成02)年度6726235630401864[19]
1991(平成03)年度6896995728201910[20]
1992(平成04)年度6979345767801934[21]
1993(平成05)年度7546426216602091[22]
1994(平成06)年度7754116471302149[23]
1995(平成07)年度8024606710402223[24]
1996(平成08)年度8433946999602337[25]
1997(平成09)年度8778537268402433[26]
1998(平成10)年度9358077774802594[27]
1999(平成11)年度9797288215802714[28]
2000(平成12)年度9877238256302737[29]
2001(平成13)年度10167488484902818[30]
2002(平成14)年度10301818638802856[31]
2003(平成15)年度10216958428202830[32]
2004(平成16)年度9441467544102616[33]
2005(平成17)年度9904017635302743[34]
2006(平成18)年度10261368091602842[35]
2007(平成19)年度10351247987202865[36]
2008(平成20)年度11089388618403071[37]
2009(平成21)年度11168558732703093[38]
2010(平成22)年度11648809178203227[39]
2011(平成23)年度1188159[40]
2012(平成24)年度468016[40]愛知大学移転
2013(平成25)年度482014[40]
2014(平成26)年度498798[40]
2015(平成27)年度535251[41]
2016(平成28)年度553948[41]
2017(平成29)年度571558[41]
2018(平成30)年度598848[41]
2019(令和元)年度602691[42]

駅近くにあった愛知大学のキャンパスがささしまライブ24に移転した[43]ため、2012年平成24年)度から急激に利用者が減少している。

駅周辺[編集]

駅周辺には、住宅地が広がる。駅の北東部には、三好黒笹研究開発工業団地があり、トヨタ自動車の研究所等が立地している。

なお当駅は日進市との境界近くにあり、米野木町の一部は当駅からの徒歩圏になる。

愛知大学三好キャンパス跡地は、ミヨシミライトという名称で戸建ての団地になるが、バスがないため、当駅まで徒歩か自転車が必要となる。

公共施設[編集]

商業施設[編集]

スポーツ施設[編集]

その他の施設[編集]

バス路線[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
TT 豊田線
米野木駅(TT05) - 黒笹駅(TT04) - 三好ヶ丘駅(TT03)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、871頁。 
  2. ^ a b c 清水武 『名古屋鉄道各駅停車』洋泉社、2016年、112頁。ISBN 978-4-8003-0800-9 
  3. ^ a b 黒笹(TT04)(くろざさ) 路線一覧”. 名古屋鉄道. 2021年10月3日閲覧。
  4. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  5. ^ 令和2年度 移動等円滑化取組報告書(鉄道駅) (PDF)”. 名古屋鉄道. 2021年10月3日閲覧。
  6. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、160-162頁。 
  7. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。 
  8. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和56年刊』、愛知県、1981年、228頁
  9. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和57年刊』、愛知県、1982年、240頁
  10. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和58年刊』、愛知県、1983年、224頁
  11. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和59年刊』、愛知県、1984年、224頁
  12. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和60年刊』、愛知県、1985年、242頁
  13. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和61年刊』、愛知県、1986年、236頁
  14. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和62年刊』、愛知県、1987年、224頁
  15. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 昭和63年刊』、愛知県、1988年、224頁
  16. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成元年刊』、愛知県、1989年、226頁
  17. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成2年刊』、愛知県、1990年、224頁
  18. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成3年刊』、愛知県、1991年、226頁
  19. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成4年刊』、愛知県、1992年、230頁
  20. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成5年刊』、愛知県、1993年、222頁
  21. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成6年度刊』、愛知県、1995年、222頁
  22. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成7年度刊』、愛知県、1996年、第10章 運輸・通信
  23. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成8年度刊』、愛知県、1997年、第10章 運輸・通信
  24. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成9年度刊』、愛知県、1998年、第10章 運輸・通信
  25. ^ 愛知県企画部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成10年度刊』、愛知県、1999年、第10章 運輸・通信
  26. ^ 愛知県企画振興部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成11年度刊』、愛知県、2000年、第10章 運輸・通信
  27. ^ 愛知県企画振興部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成12年度刊』、愛知県、2001年、第10章 運輸・通信
  28. ^ 愛知県企画振興部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成13年度刊』、愛知県、2002年、第10章 運輸・通信
  29. ^ 愛知県企画振興部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成14年度刊』、愛知県、2003年、第10章 運輸・通信
  30. ^ 愛知県企画振興部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成15年度刊』、愛知県、2004年、第10章 運輸・通信
  31. ^ 愛知県企画振興部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成16年度刊』、愛知県、2005年、第10章 運輸・通信
  32. ^ 愛知県企画振興部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成17年度刊』、愛知県、2006年、第10章 運輸・通信
  33. ^ 愛知県県民生活部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成18年度刊』、愛知県、2007年、第10章 運輸・通信
  34. ^ 愛知県県民生活部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成19年度刊』、愛知県、2008年、第10章 運輸・通信
  35. ^ 愛知県県民生活部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成20年度刊』、愛知県、2009年、第10章 運輸・通信
  36. ^ 愛知県県民生活部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成21年度刊』、愛知県、2010年、第10章 運輸・通信
  37. ^ 愛知県県民生活部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成22年度刊』、愛知県、2011年、第10章 運輸・情報通信
  38. ^ 愛知県県民生活部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成23年度刊』、愛知県、2012年、第10章 運輸・情報通信
  39. ^ 愛知県県民生活部統計課(編)『愛知県統計年鑑 平成24年度刊』、愛知県、2013年、第10章 運輸・情報通信
  40. ^ a b c d 政策推進部 企画政策課(編)『みよしものしり専科 平成27年版』、みよし市、2015年、71頁
  41. ^ a b c d 政策推進部 企画政策課(編)『みよしものしり専科 令和元年版』、みよし市、2020年、65頁
  42. ^ 政策推進部 企画政策課(編)『みよしものしり専科 令和2年版』、みよし市、2021年、65頁
  43. ^ “100メートルモール壁面に植物 愛知大名古屋新キャンパス”. 中日新聞 (中日新聞社). (2012年4月1日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]