名古屋市営地下鉄鶴舞線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名古屋市営地下鉄 鶴舞線
N3000形電車
N3000形電車
路線総延長 20.4 km
軌間 1067 mm
電圧 1500 V 架空電車線方式直流
HST
犬山駅
LSTR
名鉄犬山線
WBRÜCKEa
新川
exGRENZE legende hBHF exGRENZE legende
0.0 T01 上小田井駅
hSTRrg hABZrf
hAKRZu
名古屋第二環状自動車道
hKRZhu hKRZhu hSTRq
東海交通事業城北線
hSTR TUNNELa
hSTRrf tSTR
犬山線
tBHF
1.4 T02 庄内緑地公園駅
tWSTR
庄内川
tBHF
2.7 T03 庄内通駅
tBHF
4.1 T04 浄心駅
tBHF
4.9 T05 浅間町駅
tWSTR
堀川
tSTRq tTBHFt tSTRq
6.3 T06 丸の内駅
tSTR
桜通線
tSTRq tTBHFt tSTRq
7.0 T07 伏見駅
tSTR
東山線
tBHF
7.8 T08 大須観音駅
tSTRq tTBHFt tSTRq
8.8 T09 上前津駅
tSTR
名城線
tWSTR
新堀川
tBHF
9.7 T10 鶴舞駅
hSTRq tKRZh hBHFq
中央本線
tSTR
tBHF
11.0 T11 荒畑駅
tSTRq tTBHFt tSTRq
11.9 T12 御器所駅
tSTR
桜通線
tBHF
13.1 T13 川名駅
tBHF
14.1 T14 いりなか駅
tSTRq tTBHFt tSTRq
15.0 T15 八事駅
tSTR
名城線
tBHF
16.4 T16 塩釜口駅
tWSTR
植田川
tBHF
17.6 T17 植田駅
tWSTR
天白川
tBHF
18.4 T18 原駅
tAKRZu
名古屋第二環状自動車道
tBHF
19.3 T19 平針駅
tBHF+GRENZE2
20.4 T20 赤池駅
tABZlf tSTReq KDSTr
日進車庫・日進工場
TUNNELe
名鉄豊田線
ABZrg
名鉄三河線
HST
梅坪駅
STR
名鉄三河線
HST
豊田市駅

鶴舞線(つるまいせん)は、愛知県名古屋市西区上小田井駅から愛知県日進市赤池駅までを結ぶ、名古屋市営地下鉄の路線。正式名称は名古屋市高速度鉄道第3号線ラインカラーは名鉄線と見分けがつくよう名鉄の色と区別した水色 )である。

すべての駅でmanaca(2011年2月11日に導入)などの交通系ICカード全国相互利用サービス対応カードが使用できる。

概要[編集]

名古屋鉄道犬山線を経由して岩倉駅柏森駅犬山駅まで、名古屋鉄道豊田線三河線を経由して豊田市駅まで、それぞれ相互直通運転を行っている。高架駅の上小田井駅を出るとすぐ地下に潜り、浅間町駅付近までは愛知県道63号名古屋江南線名古屋市道江川線の下を通る。浅間町 - 大須観音間は伏見通国道22号国道19号)の下を通る。大須観音駅を過ぎて西大須交差点の下から大須通を通り、進路を東向きに変える。荒畑 - 川名間は山王通(名古屋市道山王線)の下を通る。川名駅を過ぎて山中交差点の下からは、進路を南東向きに変え、飯田街道(国道153号)の下を通る。植田駅からは国道から離れ、東向きに進路を変える。終点の赤池駅も地下駅となっている。また、赤池駅と日進工場は名古屋市外の日進市にある。

沿線には大学が多数立地している(いりなか駅 - 塩釜口駅間に所在する、南山大学中京大学名城大学など)。また、直通運転先の名鉄豊田線沿線にも名古屋商科大学東海学園大学などがあることから、学生の利用が多い(以前はみよし市愛知大学もあったが、現在は名古屋駅南の「ささしまライブ」地区に移転した)。また、平針駅から市バスに乗り換えた先には愛知県運転免許試験場(通称:平針試験場)がある。

平日朝ラッシュ時は最短4分間隔で運行されており、朝の八事駅→上前津駅間、夜の上前津駅→八事駅間は非常に混雑している。上前津駅 - 御器所駅間は終日にわたり混雑している。丸の内駅から上小田井駅方面は、朝の都心方向と夕方以降の郊外方面は混雑するが、昼間時などは比較的空いている。

名鉄線と相互乗り入れを行う計画が建設当初からあったため、ホームが8両対応であったり、車両が20m車であるなど、余裕を持った構造となっており、名鉄と同じ軌間1067mmの線路とパンタグラフを利用した架空電車線方式を採用している。

他の名古屋市営地下鉄路線と異なり、可動式ホーム柵は鶴舞線には設置されていない。また、LED旅客案内装置は庄内緑地公園駅から赤池駅の各駅に設置されており、各種運行情報やニュースなどが表示できる。ただし、上小田井駅は名鉄仕様の従来のソラリー式のまま存置されている。このほか、2012年2月15日までは電車が接近すると「○○駅を出ました」との表示が点灯する内照式が採用されていた。

使用されている接近メロディの曲名は赤池方面が「サンライト」、上小田井方面が「ファンタジー」である。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):20.4km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:20駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:全線
  • 電化区間:全線(直流1500V・架空電車線方式(カテナリー電車線・剛体電車線))
  • 地上区間:上小田井駅付近
  • 閉塞方式:車内信号式
  • 最高速度:75Km/h

運行形態[編集]

すべての列車が普通列車である。以前の内照式行先案内板には、「普通」と列車種別の案内が表示されていた。

  • 運転間隔
    • 平日:朝4分毎、昼間7.5分毎、夕方5分毎
    • 土曜・休日:朝6 - 8分毎、昼間以降10分毎

朝から昼・昼から夕方に変わる時間帯や深夜・早朝など、上記の間隔で運行されていない時間もある。

始発と最終に浄心駅八事駅を終起点とする列車が設定されている。また、台風など災害時には、庄内緑地公園駅止まりの列車が設定される場合もある。

従来は平日も土曜・休日も昼間毎時10本(6分毎)運行されていたが、2003年3月の改正で平日昼間は毎時8本(7.5分毎)、土曜・休日は昼間以降毎時6本(10分毎)に減便された。平日夜7時以降は8分間隔になり、夜間は10 - 12分間隔に開く。また長年、鶴舞線だけが最終電車が早い(0時前に運行を終了する)状況が続いていたが、2003年に他線と同様、0時30分頃までの運行となった。

大晦日から元旦は終電後に終夜運転を行う(30分間隔、鶴舞線内全線通し。2003年大晦日までは20分間隔、2008年大晦日までは25分間隔だった)。ただし名鉄線への直通は行わない。

名鉄のダイヤが改正されると、同時に鶴舞線のダイヤも改正されることがある(行き先変更のみを含む)。

名鉄犬山線直通列車[編集]

かつては毎時4本(犬山行きと岩倉行きが各2本)運転されていたが、上小田井駅にすべての急行が停車するようになった2001年10月以降、上小田井駅での急行・準急との接続(乗換)を優先して、犬山線への乗り入れ本数を減らし、原則として平日・休日ともに毎時2本ずつの運行としている(ただし平日の10時 - 15時台は毎時1本になる)。行先は基本的に岩倉駅止まりであるが、平日の朝と夕方(土休日は朝1本のみ)は柏森駅行きや、朝・夜には犬山駅行きがあり、平日に1本だけ扶桑駅行きもある。名鉄犬山線内は原則普通列車で各駅に停車するが、2005年1月改正時より平日朝に犬山線内で急行となる列車が岩倉方面行きで設定されるようになり、2011年3月改正時点では犬山行き急行3本と岩倉行き急行2本が設定されている。なお、現在のところ、赤池・豊田市方面行きや平日朝間帯以外での急行は設定されていない。これらの列車はすべて名古屋市交通局所有の車両で運転されている。

土休日の朝には布袋駅始発が2本あるが、これは岩倉から回送される。また、昼間の上りは現在のダイヤでは赤池行きが多いが、夕方になると豊田市行きが多くなる。犬山線からは豊橋行きの列車も運行されており、語呂が似ていて紛らわしいこともあって、必ず「地下鉄鶴舞線経由豊田市行き」と頭に「鶴舞線経由」であることを強調して案内される。「豊田市」行きではなく「豊田」行きと言うこともある。

犬山線内でも自動放送が行われている(夜8時以降になると名鉄バスの乗り換えの放送が無くなる)。ただし、前述の急行は2008年のダイヤ改正で扶桑駅にも停車するようになった後も、3000形と3050形の自動放送(3050形は加えてLEDによる案内表示)が更新されていないため、N3000形以外は自動放送とLEDを切り車掌による肉声での案内を行っている。

名鉄線内でダイヤが何らかの原因で乱れると、犬山線への直通運転を中止することもある。

2004年までは、毎年8月10日日本ライン夏まつり花火大会や大晦日深夜の初詣時に運行される臨時列車については犬山駅発着を延長し、犬山遊園駅まで直通していたことがあった。その後2008年までは、花火大会の臨時列車に限り新鵜沼駅まで運行していたが、犬山駅直通が減少した2009年以降は鶴舞線からの延長運転は行われていない。

名鉄豊田線直通列車[編集]

原則として平日・休日ともに毎時4本が運転されている。ただし平日の朝・夕方、休日の朝は本数が増え、早朝や夜間は本数が減る。平日昼間は上小田井方面から赤池駅行きと豊田市駅行きが交互に運行されるダイヤとなっている。休日は豊田市ゆきが2本の後に赤池ゆきが来る(豊田市ゆきの2本に1本は赤池駅で時間調整)。名鉄豊田線内は全列車が普通で運転される。朝の一部の車両は三河線土橋駅留置線に留置されている関係で土橋駅から豊田市駅まで三河線の普通列車として運転され、その後、豊田線・鶴舞線の列車となる運用がある(一例は平日の朝6時30分豊田市駅発車の列車)。なお、かつて(上小田井駅が急行停車駅となった2001年以前)昼間の豊田線直通列車は原則として犬山線へも直通していたが、現在のダイヤでは原則として上小田井駅止まりになっている。

豊田線内でも自動放送が行われている。しかし豊田線内の梅坪駅での車内案内表示器には2004年に廃止された旧三河線の西中金駅方面の表示が2010年8月時点でもいまだに表示されている。

名鉄線内や地下鉄線内でダイヤが乱れても、豊田線は地下鉄線へ直通することが基本であるため、豊田線内で運転見合わせが発生しない限り、最優先で直通運転を復帰させる(ただし地下鉄線内で運転見合わせの場合は赤池駅で折り返すことは可能)。

車両[編集]

車両の規格は20m4ドアである。開業当初から名鉄犬山線との相互直通開始までは4両編成で、これは直通先の名鉄豊田線も同様であった。4両編成で運行されていた当時は交通局が3000形23編成92両、名鉄が100系6編成24両(1 - 3次車。このほかに1991年製の4次車4編成16両が在籍していたが、こちらの方は1993年7月の3500系就役まで暫定的に犬山線や名古屋本線などで運用されていた)を保有していた。その後、犬山線との相互直通開始に際して6両編成化されることとなり、交通局側は3000形を4両から6両に組み替え、不足する分は3050形52両(6両編成8編成と3000形の組み換えで余剰となった2両を組み込み6両編成とするための4両)の新製で補われた。名鉄側は100系の中間車のみ20両を新製し、4次車も含めた既存の車両10編成に組み込むことで対処した。また、1994年には交通局と名鉄の双方で1編成ずつ増備した。この結果、交通局は25編成、名鉄は11編成の保有となり現在に至っている。

自局車両[編集]

  • 3000形
    • 開業時より使用。車体はステンレス製で、制御方式は電機子チョッパ制御。当初は4両編成であったが、1993年の全線開業時に6両編成に組み替えられ、その際に余剰となった2両(3706・3806)は3050形3159編成に組み込まれた。老朽化により初期車が運用離脱する見込み。
  • 3050形
    • 1993年の全線開業時に登場。桜通線6000形をベースとしたステンレス車体のVVVFインバータ制御車。当初より6両編成を組んでいるが、3159編成は3000形2両(3706・3806)を中間に組み込んだ2形式混結の6両編成を組んでいる。
  • N3000形
    • 2012年3月16日より営業運転開始。老朽化した3000形初期車を置き換えるため、2014年度以降も順次導入される予定。N3101編成はアルミ合金製の車体で、N3102編成以降はステンレス製の車体で、制御方式はVVVFインバータである。

いずれも鶴舞線内折り返し運用のほか、名鉄線直通列車にも使われている。名鉄線内のみの運行はない。

このほか、1987年 - 1989年の間には先行して製造された桜通線用の6000形1編成を試験的・暫定的に使用していたこともあった。この車両は名鉄式ATSを装備していなかったことと、右側運転台であったため鶴舞線内のみで用いられ、名鉄線には直通しなかった。また、2010年3月には同じく桜通線所属で当時落成したばかりの6050形が試運転を行った。

乗り入れ車両[編集]

  • 名古屋鉄道
    • 100系・200系
      • 1979年の名鉄豊田線開通時より鶴舞線でも使用。全車両とも車体は普通鋼製であるが、制御方式は製造された年代によって異なり、1978年と1979年に製造されたものは抵抗制御、1989年と1991年に製造されたものは界磁添加励磁制御で、以上のグループは当初4両編成を組んでいたが、1993年の全線開業時に全編成とも中間車を新造して組み込み6両編成化された。この時に製造された中間車と翌1994年に製造された6両編成1本はVVVFインバータ制御である。名鉄線からの直通列車や鶴舞線内折り返し運用に使われているほか、ごく一部のみではあるが、名鉄線内のみの運行も設定されている。1991年に製造された車両は当初名古屋本線・常滑線などで運用され、1993年8月の犬山線との相互直通運転開始時から鶴舞線・豊田線の運用に就いた。2012年より、抵抗制御車はVVVFインバータに順次更新されている。

利用状況[編集]

名古屋市営地下鉄鶴舞線の輸送実績を下記に表す。表中、最高値を赤、最低値を緑で表記。

鶴舞線輸送実績
年度 年間輸送人員
(千人)
一日平均輸送人員
(人)
輸送人キロ
(千人キロ)
最混雑区間乗車率
(%)
輸送密度
(人/日)
特記事項
1977年(昭和52年)            
1978年(昭和53年)            
1979年(昭和54年)            
1980年(昭和55年)   157,847   185    
1981年(昭和56年)            
1982年(昭和57年)            
1983年(昭和58年)            
1984年(昭和59年)            
1985年(昭和60年)   203,532   179    
1986年(昭和61年)            
1987年(昭和62年)            
1988年(昭和63年)            
1989年(平成1年)            
1990年(平成2年) 81,207 222,485   232 74,064  
1991年(平成3年) 85,663       77,439  
1992年(平成4年) 83,971       75,936  
1993年(平成5年) 91,094 249,573     81,925  
1994年(平成6年) 95,147 260,677     84,508  
1995年(平成7年) 97,187 265,538   163 86,636  
1996年(平成8年) 97,904 268,230     88,732  
1997年(平成9年) 97,998 268,488 655,398   88,020  
1998年(平成10年) 98,232 269,129 665,604   89,391  
1999年(平成11年) 96,805 265,219 658,500 161 88,437  
2000年(平成12年) 95,990 262,986 653,547 159 87,772  
2001年(平成13年) 96,844 265,326 657,414 155 88,291  
2002年(平成14年) 93,583 256,392 633,746 154 85,112  
2003年(平成15年) 101,250 279,644 631,535 154 84,815  
2004年(平成16年) 102,070 277,397 682,670 138 91,683  
2005年(平成17年) 101,351 277,674 610,230 136 81,954  
2006年(平成18年) 104,617 286,622 622,889 141 83,654  
2007年(平成19年) 104,928 287,474 629,610 138 84,557  
2008年(平成20年) 105,605   630,809   84,718  
2009年(平成21年) 103,914   621,395   83,454  
2010年(平成22年) 104,054   634,708   85,241  

歴史[編集]

八事 - 赤池間は、新三河鉄道が昭和期に収得し、名古屋鉄道が継承していた八事 - 挙母(後の豊田市)間の免許を、名鉄から譲り受ける形で開業した。残る赤池 - 梅坪間は、名鉄豊田線として開業を見ている。

  • 1977年(昭和52年)3月18日 伏見 - 八事間 (8.0km) が開業。3000形電車営業運転開始。
  • 1978年(昭和53年)10月1日 八事 - 赤池間 (5.4km) が開業。
  • 1979年(昭和54年)7月29日 名鉄豊田新線(現在の豊田線)開業により相互直通運転開始。
  • 1981年(昭和56年)11月27日 浄心 - 伏見間 (2.9km) が開業。
  • 1984年(昭和59年)9月6日 庄内緑地公園 - 浄心間 (2.7km) が開業。
  • 1987年(昭和62年)12月28日 桜通線用6000形電車が当線で暫定営業運転開始。1989年まで運行。
  • 1993年(平成5年)
    • 4月1日 3050形電車営業運転開始。
    • 8月12日 上小田井 - 庄内緑地公園間 (1.4km) が開業。名鉄犬山線と相互直通運転開始。当時上小田井駅の折り返し設備が未完成であった関係で犬山線に直通しない列車については従来どおり庄内緑地公園駅で折り返し。
  • 1994年(平成6年)3月30日 上小田井駅の折り返し設備完成によるダイヤ改正により同駅での折り返し運転が開始、すべての列車が同駅に乗り入れ。
  • 2003年(平成15年)3月27日 終車時間の30分延長。これにより他線とほぼ同じ終車時間となる。
  • 2007年(平成19年)
    • 3月18日 3050形電車を使用した鶴舞線開通30周年記念列車が、桜通線今池 - 赤池間で運転される。
    • 3月19日 上小田井駅をのぞく全駅で列車到着前の接近チャイムに代わり、接近メロディを導入。
    • 5月 上小田井駅以外の駅の男声アナウンスを他の名古屋市営地下鉄路線と同じ声優に一新(3月より何度かテストを繰り返していた)。2010年3月に2007年5月までに使用していた旧アナウンスに一時的に戻される。
  • 2012年(平成24年)
    • 2月16日 上小田井駅をのぞく各駅ホームの旅客案内装置を内照式からLED式に更新。
    • 3月16日 N3000形電車営業運転開始。

駅一覧[編集]

駅番号 駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
T01 上小田井駅 - 0.0 名古屋鉄道犬山線(最長犬山駅まで直通運転)
東海交通事業城北線小田井駅
名古屋市 西区
T02 庄内緑地公園駅 1.4 1.4  
T03 庄内通駅 1.3 2.7  
T04 浄心駅 1.4 4.1  
T05 浅間町駅 0.8 4.9  
T06 丸の内駅 1.4 6.3 名古屋市営地下鉄:Nagoya Subway Logo (Sakura-dori Line).svg 桜通線 (S04) 中区
T07 伏見駅 0.7 7.0 名古屋市営地下鉄:Nagoya Subway Logo (Higashiyama Line).svg 東山線 (H09)
T08 大須観音駅 0.8 7.8  
T09 上前津駅 1.0 8.8 名古屋市営地下鉄:Nagoya Subway Logo (Meijo & Meiko Line).svg 名城線 (M03)
T10 鶴舞駅 0.9 9.7 東海旅客鉄道中央本線
T11 荒畑駅 1.3 11.0   昭和区
T12 御器所駅
(昭和区役所)
0.9 11.9 名古屋市営地下鉄:Nagoya Subway Logo (Sakura-dori Line).svg 桜通線 (S10)
T13 川名駅 1.2 13.1  
T14 いりなか駅 1.0 14.1  
T15 八事駅 0.9 15.0 名古屋市営地下鉄:Nagoya Subway Logo (Meijo & Meiko Line).svg 名城線 (M20)
T16 塩釜口駅
名城大学前)
1.4 16.4   天白区
T17 植田駅 1.2 17.6  
T18 原駅 0.8 18.4  
T19 平針駅 0.9 19.3  
T20 赤池駅 1.1 20.4 名古屋鉄道:豊田線
三河線豊田市駅まで直通運転)
日進市

関連項目[編集]