三好ヶ丘駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三好ヶ丘駅
駅前広場(2010年3月)
駅前広場(2010年3月)
みよしがおか - MIYOSHIGAOKA
TT04 黒笹 (1.9km)
(2.4km) 浄水 TT02
愛知県みよし市三好丘二丁目1-1
駅番号 TT  03 
所属事業者 Meitetsu logomark 2.svg 名古屋鉄道
所属路線 名鉄豊田線
キロ程 6.2km(梅坪起点)
駅構造 高架駅
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
8,942人/日
-2014年-
開業年月日 1979年(昭和54年)7月29日
備考 特殊勤務駅
駅集中管理システム導入駅)
テンプレートを表示

三好ヶ丘駅(みよしがおかえき)は、愛知県みよし市三好丘二丁目にある、名古屋鉄道豊田線である。駅番号はTT03

駅構造[編集]

相対式2面2線ホーム高架駅である。開業当初は無人駅だったが、その後乗客の増加により駅員が配置されるようになった。窓口の営業時間は6:00から22:00までで、それ以外の時間は無人駅となり、駅集中管理システムによって豊田市駅から遠隔管理されている。 豊田市方には非電化の留置線があり、保線車両を停泊させるスペースとして利用されている。

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 豊田線 上り 豊田市方面
2 豊田線 下り 赤池伏見上小田井犬山方面

配線図[編集]

三好ヶ丘駅 構内配線略図

赤池方面
三好ヶ丘駅 構内配線略図
豊田市方面
凡例
出典:[1]


利用状況[編集]

市の北部にあるため市街地やみよし市役所からは離れている。三好丘地域からの通勤通学のための市民の足であると同時に、付近にある3つの大学へのスクールバス接続による通学利用の色も強い駅である。

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は9,167人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中45位、 豊田線(8駅)中3位であった[2]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は2,326人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中161位、 豊田線(8駅)中7位であった[3]
  • 『みよしの統計』によると当駅の1日平均乗車人員・乗降人員は、以下の通り。
年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
2003年 6,267 3,131
2004年 6,415 3,221
2005年 6,776 3,400
2006年 6,800 3,404
2007年 7,017 3,550
2008年 7,284 3,649
2009年 7,614 3,817
2010年 7,962 3,997
2011年 8,487 4,247
2012年 8,766 4,380
2013年 9,073 4,530
2014年 8,942 4,472

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

歴史[編集]

計画時の仮称は福谷(うきがい)駅だった[4]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
豊田線
黒笹駅 - 三好ヶ丘駅 - 浄水駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  2. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』 名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  3. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  4. ^ 清水武 『名古屋鉄道各駅停車』 洋泉社、2016年、111頁。ISBN 978-4-8003-0800-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]