愛知電気鉄道デキ400形電気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名鉄デキ400形電気機関車402(2008年豊明検車区にて撮影)

愛知電気鉄道デキ400形電気機関車(あいちでんきてつどうデキ400がたでんききかんしゃ)は、愛知電気鉄道(愛電)が新製した直流電気機関車。後年愛電と名岐鉄道が合併し名古屋鉄道(名鉄)が設立された際にも形式称号は変わらずデキ400形を名乗った。数多く在籍した名古屋鉄道の電気機関車では唯一の箱型電気機関車で、2両が在籍していた。

概要[編集]

愛知電気鉄道1930年に発注した機関車。同時に愛知電気鉄道が自社発注した最後の機関車でもある。

車体は日本車輌製造製だが、機器類はすべてアメリカのウェスティングハウス社製となっている。完成当初はデキ400形400, 401であったが、1935年の名鉄発足に伴い400は402に改番されて0起番から1起番とした。

本格的な機関車としては、EL120形が登場するまでは名鉄唯一の箱型機であり[注釈 1]、そのスタイルから更新前の本形式を好んで模型化するファンも多い。前面窓上の大きなひさしと窓下の砂箱が、特徴ある外観をさらにいかめしいものにしている。パンタグラフは当初ウェスチングハウス社製の独特な大きいものが2基取り付けられていたが、後にPS13形1基となった(更に現在はPT42-F形1基となっている)。

台車は日本車輌製造製の板台枠式で、名鉄では珍しく台車牽引式となっている点も特徴である。

かつて車体の塗装は黒地だったが、1993年6月に特別整備を行い、制御装置や電動発電機尾灯等を交換し、あわせて車体もノーシルノーヘッダー化、塗色はメイテツブルーに変更された。車体裾や前面のデッキ、手すりなどは黄色でこれは旧塗色当時と基本的に変更はない。

名鉄所有となってからも主に東部・三河線で使用されてきたが、貨物輸送廃止後は矢作橋駅構内に留置され、夜間に砕石運搬車を挟んでプッシュプル運転で使用された。なお、デキ401は一時期三岐鉄道岳南鉄道[注釈 2]に貸し出されていた。

老朽化が進んだため2015年にEL120形への代替が決まり、翌2016年6月6日付けで除籍・廃車解体された[1]

主要諸元[編集]

  • 全長:11,052mm
  • 全幅:2,700mm
  • 全高:4,120mm
  • 運転整備重量:40.0t
  • 電気方式:直流1500V(架空電車線方式)
  • 軸配置:B+B
  • 台車形式:板台枠、イコライザ式
  • 主電動機:WH-550-JF-6形(93.25kW)×4基
    • 歯車比:14:67=1:4.78
    • 1時間定格出力:360kW
    • 1時間定格引張力:4750kg
    • 1時間定格速度:27.5km/h
  • 動力伝達方式:歯車1段減速、吊り掛け式
  • 制御方式:抵抗制御、2段組み合わせ制御
  • 制御装置:電磁空気単位スイッチ式
  • ブレーキ方式:AMF空気ブレーキ、手ブレーキ

注釈[編集]

  1. ^ 過去には電車改造のデキ30形・デキ50形、電動貨車から編入されたデキ1000形デキ1500形が箱型機であった。
  2. ^ 吉原駅には岳南鉄道で使用されていた電気機関車の写真が展示されているが、その中に名鉄からの借入機としてデキ401がED281形電気機関車と一緒に並んでいる写真がある。
  1. ^ 『鉄道ファン』2017年8月号 交友社「大手私鉄車両ファイル2017 車両データバンク」