三河鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三河鉄道株式会社
Santetsu logomark Variant.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
愛知県碧海郡刈谷町大字刈谷25[1]
設立 1912年(明治45年)5月30日[1]
業種 鉄軌道業
事業内容 旅客鉄道事業、バス事業、旅館事業 他[1]
代表者 社長 米山辰夫[1]
資本金 4,687,500円(払込額)[1]
発行済株式総数 93,750株[2]
主要株主
特記事項:上記データは1940年(昭和15年)11月1日現在[1]
テンプレートを表示

三河鉄道株式会社(みかわてつどう)は、愛知県にかつて存在した鉄道事業者である。1941年に名古屋鉄道に合併された。

本項では、1927年に三河鉄道に合併された岡崎電気軌道株式会社(おかざきでんききどう)についても合わせて記述する。

概要[編集]

1910年11月に刈谷出身の代議士三浦逸平や刈谷の有力者大野介蔵、太田平右衛門、高野松次郎らと大阪の才賀電機商会の才賀藤吉ら計31人が発起人となって、大浜(現在の碧南市)から高浜を経て、刈谷駅東海道線に接続し碧海郡役所のある知立を結ぶ碧海軽便鉄道[3](軌間762mm 動力蒸気)を申請した。1911年7月に免許が下付されたが、同年8月に知立 - 挙母(豊田市)の敷設免許が下付された才賀が発起人総代の知挙軽便鉄道[4](軌間762mm 動力蒸気)と合同することになり、1912年5月に創立総会を開き社長は地元の武山勘七が就任[5]。社名を三河鉄道とすること、軌間を762mmから1067mmにすることを決議した。

1913年1月刈谷から大浜港までの工事に着手したが、不況により株式の払込が不調であり、また株主から経営者に対する不満から武山勘七は社長を辞任。久保扶桑にかわった。1914年2月に刈谷新駅 - 大浜港駅間が、1915年10月刈谷新駅 - 知立駅(現在の三河知立駅)間が開業して旧碧海軽便鉄道区間が全通した。ただその間社内では1914年9月に久保が死去、さらに事業不振の責任をとって役員全員が辞任するという事態が生じていた。困った株主達は神谷伝兵衛に社長の就任を要請し1916年4月になり神谷は社長となった[6]

神谷は1916年11月に臨時株主総会を開き猿投越戸まで路線を延長すること、資本金を125万円にすることを提議し決議を得た。そして自ら沿線町村をまわり株の引受を依頼し応募は順調にすすんだ。路線は1920年7月から順次開通して同年中に挙母駅に達し、1922年1月に越戸駅まで開通した。開通してまもなく財政を立て直した神谷は4月に死去した[7]。しばらくの間社長は空席状態が続き、専務に東京渡辺銀行渡辺勝三郎がついた[注釈 1]。1924年2月には増資して資本金を525万円とすることにして北は足助町、南は蒲郡町への延長と既設線の電化を決定した[9]。1926年11月になり2代目神谷伝兵衛が社長に、専務には電気鉄道経営の専門家として伊那電気鉄道社長の伊原五郎兵衛がついた[10]。1926年9月に神谷伝兵衛の出身地である松木島まで延長され、その功績をたたえて駅名を神谷とした。その後1928年には三河吉田駅(現在の吉良吉田駅)、1929年には三河鳥羽駅、1936年には蒲郡駅まで開通した。

一方、1927年に岡崎電気軌道を合併して岡崎進出を果たし、資本金は625万円となっていたが、この時期の三河鉄道は路線延長や電化による設備投資により多額の債務を抱えており、くわえて不況に見舞われることになり経営は苦境に立っていた[注釈 2]

このため三河鉄道は愛知電気鉄道(愛電)との合併を画策し、東邦電力に斡旋を依頼した。1930年4月に合併契約書の調印にこぎつけたが、愛電の経理担当者が三河鉄道が粉飾決算をして利益を計上していることを発見したため大問題となり、愛電は合併契約破棄を宣言した。窮地に立った神谷らは私財提供による粉飾決算の是正を申出たが愛電の藍川清成はこれを拒否。1931年6月の株主総会で合併取消を決議してしまった[12][注釈 3]

この粉飾決算のなかには三河鉄道が出資している新三河鉄道への融資金の流用があった。1929年に新三河鉄道は日本興業銀行より40万円の融資を受けたがうち20万円を三河鉄道が流用していた。その後10万円は返済したが10万円は返済不能となってしまい、このため1931年に興銀から派遣された半田貢[注釈 4]、鈴木均平が取締役[15] となり三河鉄道は銀行管理となってしまう[16]。1934年7月には1/4減資を断行資本金468万7500円[17] となる。

歴史[編集]

三河鉄道[編集]

岡崎電気軌道[編集]

  • 1898年(明治31年)
    • 2月 - 国鉄岡崎駅と岡崎の市街地が離れていたのを結ぼうと馬車鉄道の敷設計画が出され、この月に岡崎馬車鐵道を創立。
    • 12月28日 - 岡崎停車場(後、岡崎駅前) - 明大寺間開業[注釈 10]。軌間762mmの単線軌道。
  • 1907年(明治40年)6月22日 - 康生町まで延伸。
  • 1911年(明治44年)10月2日 - 電気鉄道への脱皮を計画し、社名を岡崎電気軌道と改称[51]
  • 1912年(大正元年)9月1日 - 電気鉄道の運転開始。同時に1067mm軌間へ改軌。
  • 1921年(大正10年)8月10日 - 軌道特許状下付(岡崎市康生町-同市井田町間)[52]
  • 1922年(大正11年)
    • 4月20日 鉄道免許状下付(岡崎市井田町-東加茂郡松平村間)[53]
    • 岡崎停車場 - 殿橋(後、岡崎殿橋)間複線化。
  • 1923年(大正12年)9月8日 - 康生町駅 - 岡崎井田駅間延伸[54]
  • 1924年(大正13年)12月27日 岡崎井田駅 - 大樹寺駅 - 門立駅間開業[55]
  • 1926年(大正15年)9月29日 鉄道免許状下付(額田郡岩津村-西加茂郡挙母村間)[56]
  • 1927年(昭和2年)7月19日 - 三河鉄道への合併により解散(7月29日登記[34])。

保有路線[編集]

碧海西部より南北に延びる三河本線と、挙母と岡崎とを結ぶ岡崎線の2線区を有した[57][58]。前者の開業当初は単に三河鉄道線[59]、三河線[60]などと呼ばれていたが、岡崎電軌を合併し同社線を岡崎線とした頃[61]より「三河本線[62][63]」「本線[64][65]」などの路線名が付されるようになった。

岡崎線は岡崎井田駅を境に南部が軌道線(軌道法)、北部が鉄道線(地方鉄道法)である。広義にはその両方を指す[65]が、鉄道線区間のみ[66]、あるいは運用上の境界駅である大樹寺駅以北[67]を狭義の岡崎線とすることもあり、路面電車区間は「軌道線[68]」「市内線[69]」「岡崎市内線[70]」などの名でも呼ばれた。

保有路線

廃止路線

車両[編集]

1500V線区[編集]

三河本線の三河鳥羽 - 西中金間、岡崎線の上挙母 - 大樹寺間で使用された車両は以下の通り。

600V線区[編集]

岡崎線の岡崎駅前 - 大樹寺間で使用された車両は以下の通り。

  • 1 - 12号電車 - 岡崎電気軌道から承継
名鉄への合併時に1 - 3,7 - 12の9両が48 - 56に改番されている。
49 - 53,56の6両は1946年 - 1947年に車体新造により名鉄モ50形電車(59 - 64)となった。
原型で残った48,54,55は1949年に名鉄モ45形電車(47 - 49)となった。

非電化線区[編集]

三河本線の蒲郡 - 三河鳥羽間で使用された車両は以下の通り。

名鉄合併前に廃形式[編集]

1926年から1936年までの間は非電化線区が存在しなかったため、三河本線大浜港 - 猿投間で電化前に使用されていた蒸気機関車・客車・蒸気動車は一旦全廃されている。

車両基地[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 取締役の神谷伝兵衛は2代目[8]
  2. ^ 1930年時点の借入金は402万円、支払手形43万円、未払金44万円であった。[11]
  3. ^ 競争相手の吸収、輸送需要の誘発など、三河鉄道の合併は愛知電鉄側にも十分にメリットがあった。にもかかわらず合併が実現しなかったのは、愛知電鉄側も実情として豊橋線の高規格設備投資に起因する経営危機が背景にあり、三河鉄道と合併する余裕が無かったからともされている[13]
  4. ^ 小田原電気鉄道技師から専務取締役になり退社後は湘南電気鉄道京浜電気鉄道海岸電気軌道の役員を歴任[14]
  5. ^ この契約書では、主務官庁の認可が下りることを条件に、合併予定日を4月16日としている。後述の通り認可が下りたのは6月1日であるが、1961年発行の『名古屋鉄道社史』751頁の年表では合併期日を4月16日としており、同年以降複数の書籍がこれを採用している。
  6. ^ 文面は2月15日付けとなっている。またこの公告では合併予定日に関する言及はない。
  7. ^ この官報では三河鉄道の合併を4月16日としているが、後述の通り岡崎電気軌道の解散は7月19日としている。
  8. ^ 官報では岩津村門立となっているが、1928年に町制が施行され岩津町となっている。
  9. ^ 官報では中区広路町となっているが、同年10月1日に昭和区が新設されている。
  10. ^ 『地方鉄道及軌道一覧 : 附・専用鉄道. 昭和10年4月1日現在』『鉄道院年報. 明治42年度 軌道之部』(国立国会図書館デジタルコレクション)は明治32年1月1日であるが、『名鉄岡崎市内線』4頁では『帝国鉄道要鑑. 第3版』、『扶桑新聞』明治31年12月29日では28日を開業式としている

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『地方鉄道及軌道一覧. 昭和15年11月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ a b c d e 『株式会社年鑑. 昭和16年版』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ a b 「軽便鉄道免許状下付」『官報』1911年7月24日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  4. ^ a b 「軽便鉄道免許状下付」『官報』1911年8月10日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  5. ^ a b 『日本全国諸会社役員録. 第21回』”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  6. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第24回』”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  7. ^ 『名古屋鉄道社史』名古屋鉄道、名古屋鉄道、1961年、293-294頁。ASIN B000JAMKU4
  8. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第31回』”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  9. ^ 『名古屋鉄道社史』名古屋鉄道、名古屋鉄道、1961年、296-297頁。ASIN B000JAMKU4
  10. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第35回』”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  11. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第38回』”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  12. ^ 『名古屋鉄道社史』名古屋鉄道、名古屋鉄道、1961年、163-164頁。ASIN B000JAMKU4
  13. ^ 『名古屋鉄道社史』名古屋鉄道、名古屋鉄道、1961年、164-165頁。ASIN B000JAMKU4
  14. ^ 『人事興信録. 9版』”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  15. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第40回』”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  16. ^ 小川功『企業破綻と金融破綻』318-319頁
  17. ^ 『株式投資年鑑.昭和12年版』”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  18. ^ a b 『地方鉄道及軌道一覧 昭和10年4月1日現在』”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  19. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1914年2月10日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  20. ^ 「軽便鉄道免許状下付」『官報』1914年9月9日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  21. ^ 「軽便鉄道貨物運輸開始」『官報』1915年8月23日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  22. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1915年11月6日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  23. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1915年12月14日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  24. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1920年7月8日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  25. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1920年9月6日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  26. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1920年11月9日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  27. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1920年12月3日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  28. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1921年11月3日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  29. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1922年2月4日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  30. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1924年11月7日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  31. ^ 「地方鉄道運輸開始並営業哩程変更」『官報』1926年9月10日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  32. ^ 『新編岡崎市史』10巻(近代下、史料編)1194-1195頁
  33. ^ a b 『新愛知』朝刊、1927年2月16日
  34. ^ a b c 『官報』1927年9月9日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  35. ^ a b 『鉄道統計資料. 昭和2年』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  36. ^ a b 朝日新聞朝刊、1928年2月25日
  37. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1927年9月17日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  38. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1927年9月23日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  39. ^ 『官報』1928年1月9日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  40. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1928年1月30日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  41. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1928年9月4日”、国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月20日閲覧。
  42. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1929年8月19日 - 国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月19日閲覧。
  43. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1929年12月24日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  44. ^ 「鉄道免許取消」『官報』1931年8月10日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  45. ^ 『地方鉄道及軌道一覧 : 附・専用鉄道. 昭和10年4月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  46. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1936年8月6日 - 国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月19日閲覧。
  47. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1936年11月18日 - 国立国会図書館デジタルコレクション、2014年10月19日閲覧。
  48. ^ 『官報』1937年12月23日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  49. ^ 「鉄道営業廃止」『官報』1939年10月7日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  50. ^ 新實守「三鉄ものがたり」『名鉄の廃線を歩く』徳田耕一、JTB、2001年、156頁。ISBN 978-4533039232
  51. ^ 『官報』1911年10月14日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  52. ^ 「軌道特許状下付」『官報』1921年8月12日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  53. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1922年4月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  54. ^ 『鉄道省鉄道統計資料. 大正12年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  55. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1925年1月15日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  56. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1926年10月1日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  57. ^ 『名古屋鉄道社史』名古屋鉄道、名古屋鉄道、1961年、226頁。ASIN B000JAMKU4
  58. ^ 『貨物営業料程表ト小運送認可運賃料金表. 昭和16年3月現行』”、国立国会図書館デジタルコレクション、2019年9月11日閲覧。
  59. ^ 『鐵道旅客手小荷物運賃算出表. 昭和2年7月1日現行』”、国立国会図書館デジタルコレクション、2019年9月11日閲覧。
  60. ^ 『連帯事務便覧』”、国立国会図書館デジタルコレクション、2019年9月11日閲覧。
  61. ^ 『夏季案内』三河鉄道、n.d.。
  62. ^ 『名古屋鉄道社史』名古屋鉄道、名古屋鉄道、1961年、753頁。ASIN B000JAMKU4
  63. ^ 『岩津町誌』”、国立国会図書館デジタルコレクション、2019年9月11日閲覧。
  64. ^ 『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、名古屋鉄道、1994年、949頁。
  65. ^ a b 『郷土教育愛知県誌』”、国立国会図書館デジタルコレクション、2019年9月11日閲覧。
  66. ^ 市川満 「姿を消した岡崎の名鉄線」 『鉄道ピクトリアル』1979年12月号(通巻370号) p.139
  67. ^ 『路面電車と街並み―岐阜・岡崎・豊橋』日本路面電車同好会名古屋支部、トンボ出版、1999年6月、67頁。ISBN 978-4887161245
  68. ^ 藤井健『名鉄岡崎市内線 -岡崎市電ものがたり-』ネコ・パブリッシング、2003年、6頁。ISBN 978-4777050055
  69. ^ 『岩津町誌』”、国立国会図書館デジタルコレクション、2019年9月11日閲覧。
  70. ^ 岡崎市内線写真展(平成24年 春季特別展)”. 名古屋鉄道. 2019年9月11日閲覧。

参考資料[編集]

WEB[編集]

書籍[編集]

  • 名古屋鉄道(編)『名古屋鉄道社史』名古屋鉄道、1961年。
  • 名古屋鉄道(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年。
  • 宮脇俊三『鉄道廃線跡を歩く 2』日本交通公社出版事業局、1996年。
  • 日本路面電車同好会名古屋支部『路面電車と街並み : 岐阜・岡崎・豊橋』トンボ出版、1999年。
  • 徳田耕一『名鉄の廃線を歩く : 愛執の30路線徹底踏査』JTB、2001年。
  • 藤井建『名鉄岡崎市内線 : 岡崎市電ものがたり』ネコ・パブリッシング、2003年。
  • 鉄道ピクトリアル別冊. 鉄道ピクトリアルアーカイブスセレクション ; 30『名古屋鉄道 : 1960-70』電気車研究会鉄道図書刊行会、2015年。
  • 清水武・田中義人『名古屋鉄道車両史 上巻』アルファベータブックス、2019年。