西加茂郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 中部地方 > 愛知県 > 西加茂郡
愛知県西加茂郡の範囲

西加茂郡(にしかもぐん)は、愛知県にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史[編集]

郡発足までの沿革[編集]

郡発足以降の沿革[編集]

  • 明治11年(1878年)(144村)
    • 12月20日 - 郡区町村編制法の愛知県での施行により、行政区画としての西加茂郡が発足。郡役所が挙母村に設置。
    • 力石村・東枝下村・東広瀬村が合併して石下瀬村となる。
    • 牛野村・東山室村が合併して野見村となる。
  • 明治14年(1881年) - 南莇生村・北莇生村が合併して莇生村となる。(143村)
1.挙母村 2.梅坪村 3.宮口村 4.逢妻村 5.明越村 6.三好村 7.莇生村 8.伊保村 9.橋見村 10.広沢村 11.上郷村 12.藤河村 13.高岡村 14.豊原村 15.福原村 16.清原村 17.本城村 18.富貴下村 19.石下瀬村 20.中野村 21.七重村 22.四谷村 23.平井村 24.寺部村 25.市木村 26.上野山村 27.渋川村 28.益富村 29.野見村 30.根川村(桃:豊田市)
  • 明治22年(1889年10月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。特記以外は全域が現・豊田市。(30村)
    • 挙母村(単独村制)
    • 梅坪村(梅ヶ坪村が単独村制)
    • 宮口村(西宮口村が単独村制)
    • 逢妻村 ← 本地村、千足村、土橋村
    • 明越村 ← 打越村、明知村(現・みよし市)
    • 三好村 ← 三好村、福田村、西一色村(現・みよし市)
    • 莇生村 ← 莇生村、福谷村、黒笹村(現・みよし市)
    • 伊保村 ← 上伊保村、伊保堂村、殿貝津村、下伊保村、田籾村
    • 橋見村 ← 篠原村、大畑村、八草村、西広見村
    • 広沢村 ← 加納村、亀首村、舞木村、乙部村、本徳村、猿投村
    • 上郷村 ← 花本村、荒井村、越戸村、御船村、四郷村
    • 藤河村 ← 飯野村、深見村、田茂平村、迫村、北一色村、石飛村、西中山村
    • 高岡村 ← 白川村、石畳村、木瀬村、上渡合村、折平村、北曽木村、西市野々村、三箇村、大岩村
    • 豊原村 ← 乙ヶ林村、大平村、寺平村、荷掛村、大洞村、三ツ久保村、沢田村、西萩平村、千洗村、喜佐平村、北篠平村
    • 福原村 ← 上仁木村、東市野々村、小村、川見村、柏ヶ洞村、雑敷村、前洞村、大ヶ蔵連村、北村、田代村
    • 清原村 ← 永太郎村、西丹波村、平岩村、苅萱村、岩下村、宮代村、大倉村、北大野村、松名村、下仁木村、遊屋村
    • 本城村 ← 市場村、大坂村、大草村、鍛冶屋敷村、李村、百月村、簗平村、川下村、日面村、平畑村、榑俣村、西細田村
    • 富貴下村 ← 富田村、西枝下村、西広瀬村、藤沢村、押沢村、松嶺村、御作村、上川口村、下川口村
    • 石下瀬村 ← 石下瀬村、国附村、小峯村
    • 中野村 ← 中金村、山路村、椿村、室村、野口村、小白見村、中切村
    • 七重村 ← 寺谷下村、手呂村、成合村、千鳥村、上鷹見村、下鷹見村、小呂村
    • 四谷村 ← 元山中村、岩滝村、矢並村、池田村
    • 平井村寺部村市木村上野山村渋川村(それぞれ単独村制)
    • 益富村 ← 古瀬間村、南古瀬間村、飛泉村、西大見村
    • 野見村 ← 野見村、下渡合村、御立村、森村
    • 根川村 ← 長興寺村、金谷村、下林村、下市場村、西山室村、今村
  • 明治24年(1891年4月1日 - 郡制を施行。
  • 明治25年(1892年1月29日 - 挙母村が町制施行して挙母町となる。(1町29村)
  • 明治39年(1906年7月1日 - 以下の町村の統合が行われる。いずれも新設合併。(1町7村)
    • 挙母町 ← 挙母町、梅坪村、根川村、宮口村、逢妻村
    • 高橋村 ← 益富村、野見村、寺部村、渋川村、上野山村、市木村、平井村、四谷村[岩滝・矢並・池田]
    • 石野村 ← 七重村、石下瀬村、中野村、富貴下村[藤沢・富田・松嶺・押沢]、四谷村[元山中]
    • 猿投村 ← 富貴下村[西広瀬・西枝下]、広沢村、上郷村
    • 保見村 ← 橋見村、伊保村
    • 三好村 ← 三好村、明越村、莇生村
    • 小原村 ← 豊原村、福原村、清原村、本城村
    • 藤岡村 ← 藤河村、高岡村、富貴下村[上川口・下川口・御作]
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和26年(1951年3月1日 - 挙母町が市制施行して挙母市となり、郡より離脱。(7村)
  • 昭和28年(1953年)4月1日 - 猿投村が町制施行して猿投町となる。(1町6村)
  • 昭和30年(1955年)3月1日 - 猿投町・保見村・石野村が合併し、改めて猿投町が発足。(1町4村)
  • 昭和31年(1956年9月30日 - 高橋村が挙母市に編入。(1町3村)
  • 昭和33年(1958年)4月1日 - 三好村が町制施行して三好町となる。(2町2村)
  • 昭和42年(1967年)4月1日 - 猿投町が豊田市に編入。(1町2村)
  • 昭和53年(1978年)4月1日 - 藤岡村が町制施行して藤岡町となる。(2町1村)
  • 平成15年(2003年8月5日 - 三好町が豊田加茂合併協議会から離脱。
  • 平成17年(2005年)4月1日 - 藤岡町・小原村が豊田市に編入。(1町)
  • 平成22年(2010年1月4日 - 三好町が改称してみよし町となる。みよし町が即日市制施行してみよし市となり、郡より離脱。同日西加茂郡消滅。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 幕府領分の記載は重原藩領。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

先代:
加茂郡
行政区の変遷
1878年 - 2010年
次代:
(消滅)