福谷町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 愛知県 > みよし市 > 福谷町
福谷町
福谷町の位置(愛知県内)
福谷町
福谷町
福谷町の位置
北緯35度6分59.4秒 東経137度6分6.9秒 / 北緯35.116500度 東経137.101917度 / 35.116500; 137.101917
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
市町村 Flag of Miyoshi, Aichi.svg みよし市
面積
 • 合計 2.174322088 km2
人口
2019年(令和元年)8月1日現在)[2]
 • 合計 2,578人
 • 密度 1,200人/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
470-0207[3]
市外局番 0561(瀬戸MA[4]
ナンバープレート 三河
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

福谷町(うきがいちょう)は、愛知県みよし市町名

地理[編集]

みよし市北東部に位置する[5]。北で三好丘あおば、東で三好丘旭三好丘、南東で三好丘桜、南で莇生町、南西で愛知郡東郷町諸輪、西で黒笹町に隣接する。また北東に飛地(字下り松の一部・上三戸口)を持ち、この飛地は北で豊田市保見町、東で豊田市浄水町、南から西で三好丘旭と隣接する。難読地名として知られる。

歴史[編集]

元々明治時代の福谷村を指す西加茂郡三好町大字福谷であり、昭和中後期の区画整理により三好ヶ丘が福谷から分離した。2020年(令和2年)7月1日より愛知大学名古屋キャンパス移転による宅地開発により福谷町根浦、福谷町定壱貫の各一部と黒笹町清水、黒笹町野田兼の各一部が統合され黒笹山手が新設された。

町名の由来[編集]

埿(うき)の字が浖に転じ、さらに福の字になったとする説があるものの、定説とはなっていない[6]。また、浖貝の表記も存在したという[6]

沿革[編集]

世帯数と人口[編集]

2019年(令和元年)8月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

大字 世帯数 人口
福谷町 1,087世帯 2,578人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移

2010年(平成22年) 7,271人 [7]
2015年(平成27年) 2,864人 [8]

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[9]

字・番地等 小学校 中学校
北井山、下り松の一部
上三戸口
みよし市立三好丘小学校 みよし市立三好丘中学校
広久伝の一部、四反田の一部
大沢の一部
みよし市立黒笹小学校
その他 みよし市立北部小学校 みよし市立北中学校

なお、公立高等学校全日制普通科に通う場合、三河学区[注釈 1]となるが、尾張地区の日進、日進西、東郷の各公立高普通科に通学できる調整特例がある。

交通[編集]

鉄道[編集]

名鉄豊田線が北部を走るが、駅は設置されていない。三好丘三好ヶ丘駅または黒笹いずみ黒笹駅が最寄駅となる。

バス[編集]

さんさんバス

道路[編集]

施設[編集]

旧跡[編集]

  • 福谷城跡[5]

その他[編集]

日本郵便[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 公立高校の専門学科、総合学科、定時制、通信制は全県学区[10]
出典
  1. ^ 愛知県みよし市の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年8月11日閲覧。
  2. ^ a b 統計データのダウンロードサービス - 町字別人口統計表” (日本語). みよし市 (2019年8月1日). 2019年8月11日閲覧。
  3. ^ a b 福谷町の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月11日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ a b c d 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1967.
  6. ^ a b c d e f g h i 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 214.
  7. ^ 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年3月23日閲覧。
  8. ^ 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年3月23日閲覧。
  9. ^ みよし市立小中学校の学区”. みよし市 (2014年7月22日). 2019年8月11日閲覧。
  10. ^ 平成29年度以降の愛知県公立高等学校(全日制課程)入学者選抜における通学区域並びに群及びグループ分け案について”. 愛知県教育委員会 (2015年2月16日). 2019年1月14日閲覧。
  11. ^ Yaokami.jp
  12. ^ 浄土宗Facebook 公式Yaokami.jp
  13. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年6月10日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編 『角川日本地名大辞典 23 愛知県』角川書店、1989年。ISBN 4-04-001230-5