市外局番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

市外局番(しがいきょくばん)とは、電話番号の前半部分として、政府またはそれに準ずる組織によって、国内地域に割り当てられた番号。

概要[編集]

多くの国では固定電話無線呼び出しに用いられる。北米電話番号計画のもと国際番号や地域番号と同じ扱いとなるアメリカ合衆国カナダでは、携帯電話IP電話にも用いられている。

一般的に、同一地域の閉域番号ダイヤルでは省略される。ただしイギリスには、同一単位料金区域でない閉域番号ダイヤル区域がある。また北米電話番号計画のもとアメリカやカナダなどでは、同一地域に複数の地域番号が割り当てられることがあるため同一地域間でもこれを省略できない場合が多い。

日本の場合[編集]

市外局番には固定桁数の地域と可変桁数の地域がある。可変桁数の場合、加入者数の多い電話加入区域には短いものが割り当てられて、市内局番+加入者番号の桁数を多くしている。通常1 - 4桁で[1]、地域ごとに総務省告示で規定している。 「市外」といっても市町村の行政区域と市外局番の区域は完全には一致しないため、同一市町村内であっても市外局番を入力する必要がある地域もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 初めの「0」は国内プレフィックスと呼ばれ、国内通話を示す「合図」であり、市外局番には含まれない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]