電話番号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

電話番号(でんわばんごう)は、電話網において、固定電話加入者線携帯電話などの移動体通信IP電話の特定のサービスアカウント、電気通信サービスを選択・接続するために用いられる有限の数値配列による識別子である。

通常は電話番号と加入者などは一対一対応するが、共同電話のように同一の番号を複数の加入者で共用する場合や、単一の加入者線に複数の論理番号(ダイヤルイン番号)を割当る場合もある。

加入者線・サービスアカウント・通信サービスなどに重複や矛盾なく割り当て管理する電話番号計画は、国際公衆交換電話網ではITU-T勧告E.164で規定されている。

電話番号の社会的役割[編集]

電話番号には、電話網の接続・サービスの選択以外に次のような役割もある。

また、企業商店などでは、企業価値の構成要素の一つとなり、広告などで使用されることもある。そのため、覚えやすい又は縁起の良い番号は高値で取引されている。

各国の電話番号[編集]

電話番号の記述表記[編集]

一般的に電話番号は「市外局番」または「エリアコード」と、「市内局番」、「加入者番号」の3種から成り立ち、記述する場合はそれぞれをハイフン(-)記号または半角スペースで区切って記述する。(例:03-9999-0000、03 9999 0000)

しかし、半角スペースを用いると同一地域内から発信する場合に省略可能な市外局番やエリアコードが見分けづらかったり、ハイフンを用いて記述する場合、近年の情報通信機器の発達と普及に伴って電話番号が数式と誤認識されてしまうなどの問題もあり、「( )」(丸括弧)記号を用いた表記も一般的となっている。この場合、丸括弧はハイフンの代用として用いられたもの(例:03(9999)0000)であるが、丸括弧が学術表記において省略を表す記号として用いられていることや、国際電話番号表記において発信しない番号を括弧書きで記す(例:+81 (0)3-9999-0000)ことが一般的であることから、同一地域内において省略可能である市外局番を括弧書きにするという記述(例:(03)9999-0000)も普及した。通信事業を所管する各国の省庁(日本では総務省)は記述方法にまで言及しておらず、電話番号を自ら表記する者や電話番号の記入を求める者の判断に任されている。日本の場合、公文書や履歴書等の電話番号記入欄においては通常ハイフンを用いるかハイフンの代用として丸括弧を用いて記述することが一般的であるが、記入欄にあらかじめハイフンが書かれている場合はそれに従い、丸括弧が書かれている場合は、丸括弧が記入欄の冒頭(左端)にある場合はその中に市外局番を記入して市内局番と加入者番号はハイフンを用いて記入し、丸括弧が記入欄の中央付近に書かれている場合はハイフンの代用として記入を行う。

関連項目[編集]

  • 「1XY」型の電話番号
    • 110:警察への通報
    • 113:故障受付
    • 114:お話し中調べ(NTT固定電話のみ)
    • 115:電報受付
    • 116:新設・移転・各種相談(営業受付)
    • 117:時報
    • 118:海上保安機関への通報
    • 119:消防への通報
    • 122:電話会社固定サービスの解除(平成13年5月1日より)
    • 136:ナンバーお知らせ
    • 159:空いたらお知らせ
    • 171:災害用伝言ダイヤル
    • 177:天気予報(市外局番の前置可能)
    • 184:発信者番号呼毎通知拒否(通常通知を選択した際、発信電話番号の通知を行わない)
    • 186:発信者番号呼毎通知(通常非通知を選択した際、発信電話番号の通知を行う)
    • 188:消費者ホットライン
    • 189:児童相談所
  • 「1XY」型の廃止された電話番号
    • 100:通話料金案内(オペレータ経由)
    • 104:電話番号の案内
    • 106:コレクトコール(オペレータ経由)
    • 108:コレクトコール(自動)
    • 111:線路試験受付
  • 郵便番号
  • 識別信号

外部リンク[編集]