タウンページ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タウンページTown Page)は、東日本電信電話(NTT東日本)及び西日本電信電話(NTT西日本)が発行する業種別電話帳

概要[編集]

多くの国で発行されているイエローページYellow Pages)と呼ばれるものの日本版(正確にはNTT版)であり、タウンページもまた表紙などの色が黄色となっている。

発行元はNTT東日本及びNTT西日本で、NTTタウンページ株式会社が運営・編集を行っている。また、株式会社NTTクオリスが印刷にあたっている。

一部地域ではハローページの企業名版と合刷されておりデイリータウンページ&ハローページ(後のタウンページ&ハローページ)という名称になっていたが、のちにハローページの個人名版・企業名版を含めて3分冊となった(さらにデイリータウンページ発行に伴い一部の業種の企業名が分割されたビジネスタウンページを含めた4分冊体制からビジネスタウンページと自エリアのデイリータウンページが合冊となり、デイリータウンページ&ビジネスタウンページに発展、後に以前と同じタウンページに戻る、最後のタウンページの1冊化は東京23区版の発行をもって終了予定)。

タウンページのインターネット版として「iタウンページ」、紙のタウンページを電子化したものに「タウンページライブラリー」がある。

なお、タウンページという愛称は1983年から使用されている(当時は日本電信電話公社が発行元だった)。

配布方法[編集]

全てのNTT東西の電話加入者は、加入地域に対応したものが1冊配布される。また同一都道府県内のものを1冊は無料で、他の地域のものも送料・料金を支払うことで入手可能である。

また、他の電気通信事業者の加入者も入手可能である。他の電気通信事業者が無料もしくは有料で配布する場合と、NTTに有料配布を依頼する場合とがある。

なお、全国のタウンページは一定の公立の図書館等で閲覧することができるようになっている。

掲載方法[編集]

日本では電話加入者が申し出ることにより通信事業者や電話帳会社等で運営されている番号情報データベースシステム(TDIS)に登録される仕組みになっている。ただし、番号情報については電話加入者の希望により電話帳へ掲載しないようにする掲載省略サービスもある(番号案内のみとすることもできる)。

掲載料金についてはNTTの電話加入者の場合、電話帳へは1電話番号につき1掲載までは無料である。また、複数掲載・他の地域版への掲載は発行の都度ごとの別料金となる。

また、他事業者加入の場合は他の事業者を通じて申し込むこととなっている。

デイリータウンページ[編集]

デイリータウンページは、主に家庭や事業所の日常生活を対象とした職業分類によるものである。

ビジネスタウンページ[編集]

ビジネスタウンページは、専門業務を対象とした職業分類によるものである。原則として県別に編集されており、事務用契約のNTTの電話加入者に配布される。後に、デイリータウンページと合冊となっている(配布されるのは原則として自エリアの収録されたデイリータウンページとの合冊「デイリータウンページ&ビジネスタウンページ」で、自エリア外のデイリータウンページは単独冊子となる)が、合冊を解消して、以前と同じタウンページに戻っている。

希望すれば個人名版ハローページ同様、個人でも入手可能。

CM[編集]

現在、石原良純が出演している(2010年10月より『巨人の星』を劇画風にしたCMを放送中)。過去には加山雄三が出演していたがそれ以降、有名人が起用された例は極めて少ない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]