固定電話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

固定電話(こていでんわ)とは、携帯電話などの移動体電話に対するレトロニムで、一定の場所に固定された電話を指す。特に、個人宅に設置されたものは俗に「家電」(いえでん)と呼ばれることもある。

主な特徴[編集]

  • 設置場所が電気通信事業者により特定されている。
  • 使用場所へ物理的な加入者線の引き込みが行われる場合がほとんどである(無線方式の加入者収容もごく少数存在する)。
  • 携帯電話に比べると通信が安定しており、音声の帯域が広く高音質である。

日本の固定電話[編集]

日本[1]では、0AB~J方式の電話番号を付与された加入電話ISDN含む)/共同電話/IP電話を指す場合がほとんどで、移動しない050番号のIP電話、固定して使用することを想定した携帯電話[2]を含む場合がある。

0AB~J電話の場合、設置場所が電気通信事業者により特定され加入者が無断で移動できないようになっているため、電話番号(市外局番、市内局番)から契約者の所在地が判別できる(例・東京23区:03、名古屋市:052、大阪市:06)。このことから、許認可や契約行為の際の所在地を確認する電話番号として使用される(携帯電話や050番号は所在地確認には利用できない)。貸金業者貸金業法の規定により、貸金業登録簿に記載できる電話番号は0AB~J電話のみとされる。

警察消防当局はそれぞれの緊急番号である110番受報、119番受報においてその位置を知る事ができる。

申し込みにより、当該番号に付加する特殊電話サービス(フリーダイヤルやナビダイヤルなどの着信)を利用が可能な場合が多い。

日本の固定電話
電話番号 中継網 加入者線 種別 電気通信事業者 備考
0AB~J PSTN ツイストペアケーブル 加入電話 NTT東西
ISDN NTT東西 KDDI ソフトバンク
直収電話 KDDI ソフトバンク
同軸ケーブル CATV電話 JCOM
IP網 FTTH 光IP電話 ISP ブロードバンドインターネット接続とセット
同軸ケーブル CATV電話
IP
JCOM KDDI ソフトバンク 電話の単独利用可
050

現況[編集]

2014年(平成26年)固定電話の世帯普及率は76.2%で、世帯主年齢が20代で11.9%・30代で50.0%である[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “参考資料” (プレスリリース), 総務省 総合通信基盤局, (2016年2月25日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000401341.pdf 2016年3月28日閲覧。 
  2. ^ “SIMフリー電話機 「ホムテル 3G」を発表” (プレスリリース), エイビット, (2015年11月16日), http://www.abit.co.jp/press-release/450.html 2016年3月28日閲覧。 
  3. ^ “通信利用動向調査(世帯編)” (プレスリリース), 総務省, (2016年2月25日), http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/statistics05b1.html 2016年3月28日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]