固定電話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

固定電話(こていでんわ)とは携帯電話などの移動体電話に対するレトロニムで、0AB~J方式の番号を付与された有線式加入電話ISDN含む)/共同電話/IP電話を指す。

特に、個人宅に設置されたものは俗に「家電」(いえでん)と呼ばれることもある。

概要[編集]

固定電話は設置場所が電気通信事業者により特定され、警察消防当局はそれぞれの緊急番号である110番受報、119番受報においてその位置を知る事ができる。

貸金業者貸金業法の規定により、貸金業登録簿に記載できる電話番号は固定電話のみとされる。

主な特徴[編集]

  • 使用場所への物理的な電話線(銅線、光ファイバー)の引き込みや配線が必要である。
  • 申し込みにより、当該番号に付加する特殊電話サービス(フリーダイヤルやナビダイヤルなどの着信)を利用が可能な場合が多い。
  • 設置場所が固定されているため、電話番号(市外局番、市内局番)から地域が判別できる(例・東京23区:03、名古屋市:052、大阪市:06)。
    • このことから信用度が高いとされ、許認可や契約行為の際の電話番号として使える(前述の貸金業登録をはじめ、ローンやクレジットの契約などで携帯電話の番号は認められない場合も多い)。
  • 携帯電話に比べると通信が安定しており、音声の帯域が広く高音質である。

現況[編集]

2007年(平成19年)あたりから、携帯電話の普及に連れて固定電話を引いていない世帯が増加しているといわれている[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]