直収電話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

直収電話(ちょくしゅうでんわ)とは日本ではNTT東西以外の電気通信事業者(電話会社)が提供する固定電話サービスである。総務省の統計では、IP電話・IP電話を除くCATV電話に分類されないものを指す。直加入電話、地域系電話(事業者)とも称する。

光ファイバーダークファイバーを含む)を利用したISDNの1次群速度インターフェースで大企業に、ドライカッパを利用したISDN基本速度インターフェース・アナログ回線インターフェースで中小企業・個人向けに提供される。IP電話を除くCATVの回線を利用したものはCATV電話と分類されている。広義では足回り回線に他社のデジタル専用線サービスを使用するもの、電話のみの加入ができるケーブルテレビIP電話(ケーブルプラス電話など)も含まれる。

概要[編集]

現状[編集]

2017年3月末現在の加入契約数は直収電話172万、IP電話を除くCATV電話12万である[1]。ちなみに、通常の市外局番(0AB〜J)のIP電話の電話番号利用数は3241万となっている。

2001年3月から、従来のNTTの固定電話の電話番号をそのまま他社に移行する片方向番号ポータビリティが可能となっている(一部移行できない番号あり)。しかし、番号ポータビリティの際に必要となる電話回線の名義人の特定などに手間取るなどの問題も一部に出ている。

各社が他の電気通信サービスと組み合わせた料金表に載っていない相対取引による、法人向けの拡販を行っている。工事料・基本料金・通話料・割引の適応条件等の算出方法が各事業者が同一条件ではない(単位料金区域を参照)ので、安いか高いか判別しにくい。

類似サービスとの比較[編集]

2017年現在、FTTHのIP加入者線を利用したブロードバンドインターネット接続通常の市外局番(0AB〜J)を使用するIP電話(NTT東日本・NTT西日本の「ひかり電話」など)組み合わせが、一般企業・個人向けの電気通信サービスの中心となっている。直収電話は、停電時も通話疎通が必要な企業向けとなっている。

なおマイラインはNTT東・西の固定電話回線からの発信時の中継電話会社優先選択サービスであり、直収電話を契約した場合にはマイラインは無関係となる。元の固定電話のマイライン・マイラインプラス契約を条件に無料となる付加サービス・割引サービスが直収電話に変更後に有料となるため、それらの解約などの手続きが必要な場合もあり要注意である。

さらに国際電話を多用している場合、直収電話を契約すると00XY番号への接続ができず直収電話キャリアが提供する国際サービス以外には利用できないことから契約前に確認する必要がある。

提供電気通信事業者[編集]

いずれも主要事業者のみ。

新規加入可能なサービス[編集]

過去に営業していた主なサービス[編集]

  • KDDI - メタルプラス電話(アナログ、BRIのみ)2013年6月17日 (月) 受け付け終了、2016年6月30日 サービス終了[4]
  • 平成電電 - CHOKKA(チョッカ)
    • 2006年6月破産の為、新規募集中止。事業は日本テレコム(現:ソフトバンク)に譲渡。2006年10月31日にサービスを終了し「おとくライン」に統合。
本記事においてはこれより下も便宜上、平成電電の名義として記述する。

切り替えた場合の主なメリットとデメリット[編集]

2007年4月時点におけるもの[5]

メリット[編集]

  • NTT東・西の固定電話回線よりも、基本料金の月額料金が安い。
  • NTT東・西の固定電話回線よりも、NTT東・西同等の付加サービスの月額料金が安い。
  • 新規回線に加入する場合では、施設設置負担金(電話加入権)が不要である。
  • NTT東・西や中継電話マイライン)よりも通話料が安くなるケースが多い。
    • KDDIとソフトバンクでは、電話やプロバイダ関係のサービスを同一グループ事業者で統一(携帯電話にau/SoftBank、プロバイダにau one net/Yahoo!BBを利用)すると、囲い込みの意図から割引が大きくなる。
  • 通話料がいくら使っても定額となる音声通話定額制をオプションで提供。
    • 平成電電「CHOKKA」
      • かけ放題(現在はサービス終了)
    • KDDI「メタルプラス」(事業所用)
      • 事業所間定額かけ放題
    • ソフトバンク「おとくライン」(事務所用)
      • ボイスネットライト

デメリット[編集]

初期費用やランニング費用の安さと引き換えに、次のようなデメリット(NTT回線では利用できるサービスが、直収電話に切り替えることによって利用できなくなる)が生じる場合がある。なお、電話事業者によって受けられないサービスは異なる。

  • サービス提供地域が主要都市部に限定される場合が多い。また、サービス提供区域内でも交換所との間の回線が光収容の場合は利用できないことがある。
  • 家庭用・事業所用の判定区分が少々厳しい、家庭用を利用するためには設置場所が住宅であるほかに個人が料金の支払いを行うことが必要である。個人契約であっても会社や私書箱等自宅以外に請求を出す場合は事業所用と判断する。
  • 特殊な電話番号にかけられない。→下記番号ごとの接続可否一覧を参照。
  • 権利がないので相続・遺贈・譲渡を行うことはできない(同一の番号で再契約をする制度がある事業者もなくはないが再度契約料を取られたり生計を同一にする家族に限られる場合が多い、個人→法人もしくはその逆も不可能)。
  • 付加機能で、使えないものや仕様が異なるものがある。→下記付加(オプション)サービス一覧を参照。
  • 直収電話を提供している事業者以外のサービスが利用できなくなる。
    • マイライン中継電話のサービス。
    • NTTからの屋内配線や電話機のレンタル。
    • 特殊なFAXモデムのサービス:Lモード(2010年3月でサービス終了)・DDXFネット信号監視通信など
    • ノーリンギング:電気都市ガス自動検針システム・警備システム(ホームセキュリティ
    • オフトーク通信
    • 着信側として設定できるフリーダイヤル類のサービスは、その直収電話事業者またはその系列事業者のものに限定される事が多い。また0570(統一番号)サービスについても同様か、または設定ができない場合あり。
    • 他の系列事業者の国際電話サービスを利用できないか、または一部の国際電話会社を利用できない場合がある。また、国際不取扱いについては再登録が必要になるか使えない場合がある。
  • 直収電話回線で利用できるADSL回線サービスは、その直収電話事業者またはその系列事業者のものに限定される[6]
    • 平成電電「CHOKKA」(現在はサービス終了)は自社のサービス「でんわ石火」のみ。
    • ソフトバンク「おとくライン」はYahoo! BB おとくラインタイプのみ。
    • KDDI「メタルプラス」はADSL one(旧:メタルプラスネットDION ADSL)のみ:050のIP電話サービスも提供され(「050番号サービス」)、KDDIメタルプラスの直収電話や、au one netのIP電話などとの間の通話は無料となる。
  • NTTのサービス仕様に合わせた電話機の機能が正しく使用できない事がある(スティミュラスプロトコルなど)。
  • ISDNサービスを提供していない場合がある(J:COM)。また、提供してもNTTとは仕様が異なる場合がある(DSUの交換が必要、市販のターミナルアダプタなどのISDN機器の一部機能が使えない等)[7]。また、フレッツISDN相当のサービスは提供されない。[8]
  • PHSからの発呼にかかるアクセスチャージがさらに加算される事業者がある(CATV回線・KDDIを除く。対象事業者はウィルコムドコモPHS(サービス終了)で多少異なるが、電力系通信事業者[9]ベライゾンジャパンはいずれのPHS事業者も追加徴収する)。
  • メンテナンスのため電話サービスが停止する事がある[10]
  • 回線故障時の対応について、NTT東日本NTT西日本と同程度のサービスを受けられない可能性がある。回線構成が異なるため、災害時などの稼働率もNTTグループのそれとは異なる。
    • ドライカッパはNTT東日本・NTT西日本よりリース契約により提供を受けるものであり、そのメタル線の保守責任はNTT東日本・NTT西日本にあるが[11]電話交換機や幹線電話網は独自のものを使うため直収電話事業者に保守責任が生じる。
  • 電話帳の配付については、無料のまま・有料になる・未対応の各種がある。電話帳への掲載は1つめは無料のことが多いが、発行都度の申し込みが必要な場合があるので要注意である。

番号ごとの接続可否一覧[編集]

  • ○ - 接続可能
  • ▲ - 一部制限付きで接続可能
  • × - 接続不能
  • 空欄 - 未判明
直収電話の電話番号ごとの接続可否
番号 用途 CHOKKA メタルプラス おとくライン J:COM PHONE 備考
110 警察
118 海上保安庁
119 消防・救急 ▲(*) (*)一部接続不能な地区あり。
100 100番通話 × × × ×
104 電話番号案内 各社指定の番号案内会社へ接続される
106 オペレータ扱いのコレクトコール × × × ×
108 自動コレクトコール × × × ×
113 故障受け付け窓口 × × × 各社の故障窓口
114 お話し中調べ × × × ×
115 電報 各社指定の会社へ接続
116 NTT電話局窓口 × × × 各社の営業窓口
117 時報
121 クレジット通話サービス × × × ×
136 ナンバーアナウンス(月額料金制) × × (*)着信番号案内サービス
ナンバーお知らせ136(使用都度課金) × × ○(*) ×
141 でんわばん、二重番号サービス × × ○(*) × (*)ダブル番号サービス
142 ボイスワープ 転送電話
サービスの設定、解除
▲(*) (**) × (*)開始、停止、拒否のみ
(**)番号143で開始、停止、拒否のみ
144 迷惑電話おことわりサービス ○(*) ▲(*) ○(*) (*)登録と一括削除のみ。
145 キャッチホン2
サービスの設定(開始/停止)
▲(*) × × ▲(*) (*)発信前または通話中に1450をダイヤルすることで、その通話中のみ話中着信機能を停止可能
146 キャッチホン2・話中電話応答サービス × × × ×
147 ボイスワープセレクト、なりわけサービス
サービスの設定(開始/停止)
× × × ×
148 ナンバーリクエスト(番号通知お願い機能) (*) (*)設定番号は未判明
159 空いたらお知らせ159
電話をかけた相手が話中状態でなくなったとき知らせてくれる
× × × ×
171 災害用伝言ダイヤル
177 天気予報
市外局番+177で各地の予報を聞くことが出来る
184 発信者番号非通知
186 発信者番号通知
020 発信者付加課金(*)
YOZANのまるとくプラン無線呼び出しD-FAX
× × ×
050 IP電話(*) (*)一部接続不能な社あり
0120 0800 着信課金 ▲(*) (*)NTT東西のフリーアクセスは一部CATVのみ[1]
0120/0800以外の着信課金 ▲(*) ▲(**) ▲(***) × (*)0037・0070・0077・0088へ接続可
(**)自社および0044・0066・0088へ接続可
(***)自社および0037・0053(0053-1を除く)・0070・0077へ接続可
0170 伝言ダイヤル × × × ×
0180 テレドーム ×
0180 テレゴング × × × ×
0570 ナビダイヤル(*) × ▲(**) (*)NTT東西のナビアクセスはすべて不可
(**)一部接続不能な番号あり
0990 ダイヤルQ2 × × × ×
#(シャープ)ダイヤル
例:#9110=警察への問い合わせ窓口、他
- - ×
他社直収電話 ▲(*) ▲(*) (*)CHOKKA→メタルプラスは不可、他の組み合わせは未確認

付加(オプション)サービス一覧[編集]

  • サービス名 - あり 「()」は制限事項
  • × - なし
  • - - ISDNサービス未提供
  • ? - 未判明
直収電話の付加サービスの名称
NTTの固定電話 CHOKKA メタルプラス おとくライン J:COM PHONE
テレホーダイ かけ放題
(CHOKKA契約先に限る)
メタルプラスネット
(au one netダイヤルアップに限る)
× ×
キャッチホン 話中着信 割込通話 キャッチ電話サービス キャッチコール
キャッチホンディスプレイ × 割込番号表示 × キャッチコールディスプレイ
トリオホン 三者通話 × 三者通話サービス トリオコール
ナンバーディスプレイ ナンバーディスプレー 発信番号表示 番号表示サービス 番号ディスプレイ
ナンバーお知らせ136 バンゴーアナウンス × 着信番号案内サービス 番号ゲットミー
ナンバーリクエスト バンゴーリクエスト
(アナログ回線のみ)
番号通知リクエスト 番号通知リクエストサービス 番号お知らせリクエスト
迷惑電話おことわりサービス めいわく電話拒否 迷惑電話撃退 着信お断りサービス 迷惑番号ブロック
ボイスワープ 自動着信転送 着信転送 多機能転送サービス リレーフォン
iナンバー aナンバー BRI追加番号サービス ISDN番号追加サービス -
二重番号サービス × × ダブル番号サービス ツーナンバーライン
ダイヤルイン バンゴープラス ダイヤルイン ダイヤルインサービス ?
ダイヤルイン任意番号通知機能 ?  × ダイヤルイン番号通知サービス ?
代表取扱サービス 代表機能 代表 代表取扱サービス 代表機能
代表番号通知機能 代表親番号通知機能 基本番号通知 代表番号通知サービス ?

仕組み[編集]

加入者通信線路については、NTT東日本西ドライカッパダークファイバを使用する場合は電話交換機等の収容場所としてNTT東・西の電話局を使用する。またそれ以外の光ファイバや同軸ケーブルを使用する場合は、NTT局舎ではなく自社の局舎に直接収容することがほとんどである。

交換・局間網はそれぞれ自前の設備を用い、各レベルでNTT東・西とは異なる独自技術や仕様の設備を用いている場合が多い(CATV回線、VoIP交換機RT等)。各事業者毎の一般的な回線構成は以下の通りである(代表例として主にドライカッパ使用時のものを掲載する)。

平成電電「CHOKKA」、ソフトバンク「おとくライン」
光RTを用いる。
一般電話機--一般加入者線(ドライカッパ)--RT(収容局に設置)--光幹線網--中央電話交換機--公衆網
KDDI「メタルプラス」
IP電話交換機を用いる。
一般電話機--一般加入者線(ドライカッパ)--VoIP交換機(収容局に設置)--VoIP幹線網--ゲートウェイ交換機--公衆網
J:COM「J:COM PHONE」
双方向ケーブルテレビにおいてサービスされるCATV電話。IP電話も、2005年4月20日J:COM札幌でサービス開始。
一般電話機--加入者変換器--同軸ケーブル・光幹線網--CATV局(ヘッドエンド)--CATV局交換機--公衆網

歴史[編集]

かつての国鉄が自社および関連会社との間の電話網として整備していた「鉄道電話」や東京電力などの電力会社が給電指令所と発電所・変電所等の間の連絡に使用していた電力保安通信線等の、いわゆる指令電話を前身とする。

当時はあくまで独自インフラによる大規模な内線電話網に過ぎなかったが1985年電電公社民営化やそれに伴う通信自由化によりNTTグループ以外の事業者が一般向けの電話サービスに参入できるようになったことから、当時鉄道電話の運営を引き継いでいた日本テレコムや電力電話のインフラを共有していた東京通信ネットワークなどが1987年頃よりいわゆる「0AB〜J番号」の割り当てを受けて直収電話サービスを提供するようになった。ただし当時はNTTの交換機が「NTT以外の事業者が提供する0AB〜J番号の電話への着信」に対応していなかった等の事情から「NTT網への発信はできるが、NTT網からの着信は受けられない」といった制限があり、事実上鉄道・電力会社の内線電話網としての利用が続いていた。

1997年にようやくNTT側の交換機が「NTT以外の事業者が提供する0AB〜J番号の電話への着信」に対応したことから「中継電話よりもさらに割安な電話サービス」として一般企業(主に大企業)への販売が本格化したほか、CATV業界でも同年にジュピターテレコムやタイタス・コミュニケーションズなどが相次いで電話サービスを開始するなど家庭向けのサービスもスタートした。

1999年ドライカッパダークファイバの開放、2001年3月のNTT東日本西の固定電話からの片方向の番号ポータビリティ制度の開始、固定電話の通話の減少による2003年からの接続料金の値上げなどのため各社が中継電話の代替として中小企業・一般家庭向け固定電話市場へ本格的に参入した。2003年に平成電電が「CHOKKA」(チョッカ)、20042005年に掛けて日本テレコム(現・ソフトバンク)が「おとくライン」、次いでKDDIが「メタルプラス」の商標でサービス開始した。

これら他社電話の本格参入に対してNTT東・西も基本料金や通話料等の値下げ、施設設置負担金(電話加入権)の引き下げ・段階的廃止などを実施した。これまでにない競争激化が予想され、厳しい経営判断が要求されている。

2004年11月29日、平成電電が日本テレコム及び日本テレコムの親会社であるソフトバンクに対し自社の買収を提案(このときは実現しなかったが、のち同社の破産により日本テレコムに営業譲渡された)。この際に機密保持契約の元で提供された「CHOKKA」の技術情報を不正に使用した不正競争防止法違反で「おとくライン」のサービス差し止めを求めて提訴していたが、2006年3月に平成電電敗訴の判決が出ている。なお、ソフトバンク及び日本テレコムは「おとくライン」は独自に開発した技術であるとしている。

2005年5月18日から5月31日の間、「メタルプラス」は静岡県浜松市の818回線において119番通報ができない状態にあり総務省から行政指導を受けた。

2005年10月3日には、平成電電が東京地裁に民事再生法の適用を申請。そして2006年6月7日に平成電電の破産手続きが開始され、既存サービスは日本テレコムに譲渡された。同年8月9日、CHOKKAサービスを将来的に廃止する方針を発表。同年10月31日をもってCHOKKAサービスを終了している。CHOKKA契約者は「おとくライン」へ移行したが、音声通話定額制サービスである「かけ放題」オプションは廃止された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表 (平成28年度第4四半期(3月末))” (プレスリリース), 総務省 総合通信基盤局, (2017年6月29日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000493813.pdf 2017年6月30日閲覧。 
  2. ^ 足回り回線に別途デジタル専用線を必要とする場合があるため、直収電話に含めないこともある。
  3. ^ 情報通信審議会 電気通信事業政策部会 電話網移行円滑化委員会(第16回)配布資料・議事 (参考資料) 電話網移行円滑化委員会ヒアリングを踏まえた事業者等・団体への質問 36ページ - 総務省 (PDF)
  4. ^ “「メタルプラス電話サービス」、「ADSL one」および「au one net ADSL」の一部コースの提供終了について” (プレスリリース), KDDI, (2014年12月12日), http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2014/12/12/816.html 2015年12月20日閲覧。 
  5. ^ なお特記ない限り、主要4事業者についてのみ記述する。また、今後においてサービス提供される可能性もある。メリット・デメリットの記述は、概略であるため詳細仕様においては相違する場合もある。またメリット・デメリットのいずれと判断するかは、ユーザ自身の状況や判断に左右される場合もある。料金等の算出方法が各事業者が同一条件ではないので、広告の内容とは異なる場合がある
  6. ^ ホールセール型ADSLサービス(イー・アクセスアッカ・ネットワークスなど)やフレッツADSL、フレッツISDNは利用できない。J:COMではADSLの提供自体がない。またKDDIを除き、その回線上で(050)番号のIP電話サービスは提供しない。
  7. ^ 例えば平成電電はISDNサービスで欧州型のエコーキャンセラ方式を採用したため、NTTのピンポン伝送方式と互換性がなかった。
  8. ^ http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20051020/223156/
  9. ^ 楽天コミュニケーションズの直収電話うち、パワードコムから継承したものを含む
  10. ^ J:COM。他は未確認
  11. ^ ただし、J:COMはCATV電話のためこの限りではない。またドライカッパでも、そのリース契約によっては保守責任の担保時間帯が限定される場合「営業時間中のみ保守の場合と、24時間保守の場合がある」もあり要注意。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]