VoLTE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

VoLTE英語: Voice over LTE, Voice over Long Term Evolution、ボイス・オーバー・ロング・ターム・エボリューション)とは、携帯電話に利用されるデータ通信技術、及び通信技術規格の名称である。

Long Term Evolution網は高速なデータ転送が可能であるが、音声通話のための回線交換を想定していない。そこで、音声およびビデオ通信をLTEでデータ(パケット)として取り扱えるようにし、LTE網で音声通話およびビデオ通信を実現するための技術としてGSMAで標準化が進められている[1]。携帯電話上でのIP電話では遅延が発生しやすいが、VoLTEでは遅延を抑え、従来の第3世代移動通信システムを上回る通話品質を得られる[2]

概要[編集]

VoLTEは、IPマルチメディアサブシステムでLTEが音声を取り扱えるようにするためGSMAが規格文書PRD IR.92で定義した手法である[3]

VoLTEの特徴は以下の通りである。

  • LTEデータベアラ内で音声サービス(コントロールプレーン、メディアプレーン)をデータフローとして転送できる。これにより、従来の回線交換網に依存する必要がなくなる。
  • 3G UMTSの3倍以上、2G GSMの6倍以上のデータ容量を有する。またVoLTEパケットのヘッダは通常のVoIP/LTEのヘッダより小さいため、帯域幅を有効活用できる[4]
  • 新しいコーデックAMR-WBEVS)の採用により音声品質が向上する。

日本では、NTTドコモが2014年6月24日から[5]KDDI沖縄セルラー電話連合(各au)が同年12月12日から[6]ソフトバンクモバイルが同年12月19日から[7]、それぞれVoLTEサービスを開始し、揃って「ボルテ」という呼称・表記を使用している。VoLTEによる他社回線との相互接続や国際ローミングは世界的にもまだ試験段階であり、2016年現在、VoLTE対応機種同士での高音質通話は同じ携帯電話会社の回線を使用している人に通話する時にのみ使えて、他社回線の人に電話をかけた場合、VoLTE対応機種同士であっても高音質通話にはならない(VoLTE対応機種から非対応機種に電話した時のようになる)。ただしこの場合でも、自分の携帯電話と電話会社の設備との間はVoLTEを使って音声のやり取りをしているため、音声品質以外の部分(通話中の高速データ通信など)においてVoLTEのメリットを享受できる。また、PHS、固定電話相手など、それまで携帯電話側のコーデック(EVRC-BAMR-NBなど)が音質のボトルネックになっていた場合は、その分の音質改善が期待できる。

ソフトバンク株式会社(SoftBank、Y!mobileの両ブランドとも)のVoLTEは、110番通報などの緊急通報ダイヤルに関しては、2016年2月時点で接続不可としており、LTEエリア内からの発信であっても、3Gにフォールバックされて接続される。

脚注[編集]

  1. ^ Voice and Video calls over LTE
  2. ^ ASCII.jp:ドコモで始まるVoLTEってなに? それってメリットあるの? (2/2)”. ASCII.jp (2014年5月16日). 2014年12月26日閲覧。
  3. ^ Nick Russell (2013年3月3日). “Official Document IR.92 - IMS Profile for Voice and SMS (PDF)”. GSMA. 2014年9月14日閲覧。
  4. ^ Elkin, Ed (2014年4月10日). “The Secret Value of VoLTE”. TMCnet. http://blog.tmcnet.com/next-generation-communications/2014/04/the-secret-value-of-volte.html 2014年9月14日閲覧。 
  5. ^ 国内初、VoLTEの提供を開始”. NTTドコモ (2014年6月18日). 2015年2月15日閲覧。
  6. ^ 次世代音声通話サービス「au VoLTE」の提供開始について”. KDDI (2014年10月27日). 2015年2月15日閲覧。
  7. ^ 「VoLTE」による音声通話サービスの開始について”. ソフトバンクモバイル (2014年12月12日). 2015年2月15日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]